シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



カラフルCavern Beatライブvol.1が終わりました!ライブレポPart1。

高校時代のクラスメートが経営する、清川のライブハウス、Cavern Beatでの、カラフルライブが、9月22日土曜日、無事に終了しました。
参加者のみなさん、来てくださったお客さま、本当にありがとうございました。

ちょっと遅くなりましたが、恒例のライブレポをお届けします!

エントランスには、ちゃんとカラフルライブのポスターが貼ってあって、ちょっとうれしかったりして(^^)
e0188087_034811.jpg

「ベタメタル。」の閣下は、私の高校時代の同級生なので、当然、 Cavern Beatのオーナーさんとも同級生です。この日、30年ぶりの再会となりました。(閣下は素顔であります)
e0188087_055181.jpg

現在ただいま、進入禁止でパーカッションをつとめてくださる、ZakaさんとCavern Beatオーナーのマッチさんと、マッチさんの奥さま。
e0188087_07307.jpg

Zakaさんは、この日、ずっとPA張り付きで、PAを担当して下さいました。感謝です。
カラフルは、文字通り、いろんなバンドが「カラフルに集う」のが身上ですが、PAさんからしてみれば、きっとこの上なくやりにくいことと思います。
事前に機材チェックにも出かけてくださり、カンペキでした。

さて、いよいよライブスタート・・・の前に。
Super Sonic Orchestraのキーボーディスト、yuyuさんが、大口あけて、差し入れのケーキをパクついておりました。
e0188087_0102761.jpg

yuyuさんも、私と同様、4人の子持ちとか。
お互い、がんばりましょー。

ライブのスタートは、恒例「ジェイバンド」です。
結成10年目、いよいよ次回10月20日カラフルハロウィンライブ(ZOEライブ)は、ジェイバンド10周年記念ライブも、勝手に兼ねさせていただきますm(_ _)m
e0188087_0131478.jpg

・・・の割にはですね、1ヵ月半くらいジェイバンドの練習もないまま、ライブとなりました。
e0188087_0152485.jpg

e0188087_0155111.jpg

私とドラマーHiromiさん、もう不安で仕方ありませんでした。
2人とも、ギターのジェイさんが何を弾きだすのか、曲が始まる前には、恐る恐る彼の方をうかがっておりました。
ジェイさんはともかく、私もHiromiさんも、曲を把握してたような、してなかったような、曲をわかって演奏してたような、してなかったような、「反省!」というステージでございました。
でも、ま、いっか。ねっ
これでライブやってしまう、という摩訶不思議、厚顔無恥、心臓に毛皮がフサフサ、という私たちだからこそ、10年も続いてきたのかも、ねっ (ちょっと無理があるか)

さて、2番目は、毎回人気のGRANDPAS。
AsanoKidsにも、「かわい~」と人気です。
タンバリンを持つ修二さんは、ことにも「かわい~」。
e0188087_2228825.jpg

今回から、キーボードの「あーちゃん」がMC担当となりました。
あーちゃんのMCは、「普段着トーク」というのか、普通の会話そのままで、とても自然でした。
修二さんの後ろ、ベーシストKandaさん、毎回、とても味のあるプレイで、大好きです。
e0188087_22305759.jpg


また、今回、ライブの集合前に、音楽ボランティアチーム、「カラフルアンプラグド」について、ミニ説明会をさせていただきました。
修二さんは、ご自分から、事務局をかって出てくださっており、私と一緒に前に出てくださいました。
前日には、参加呼びかけの原稿も書いて、私に送ってくださいました。
本当に感謝です。

さて、楽しい演奏が続き、この頃定番曲となりつつある、「蒼い影」。
リッチーさん、熱唱、ならぬ、熱演。
e0188087_22352312.jpg

蒼い影のとき、世の中はリッチーさんのために回ってる、というようなプレイでした。
素晴らしかったです!

3番目は、Super Sonic Orchestra。
今回からネームカードを導入したのですが、首から下げる式のネームカードというのは、紐と本体を取り付けたり、案外セッティングに時間がかかるものでした。
SSOのみなさん、率先して手伝って下さって、本当にありがとうございました。

ビートルズナンバーで幕開け。
e0188087_22382878.jpg

今回はトランペット隊がおらず、ホーン隊としては、サックス2本の構成でした。
e0188087_22394039.jpg

しかし、SSOのサックス隊には、「華」があります。

しかし、普段はいるトランペットがいないわけで、キーボードのお2人、大活躍でした。
e0188087_22404368.jpg

また、最後の曲など、ギターがフューチャーされていて、ギター好きの私としては、うれしかったです。
Seijiさんのギターが、またいいんです。
e0188087_22424193.jpg

実際にお会いする前、Super Sonic Orchestraの音源を聞かせていただいたことがあるのですが、その時から、「ギターばりうま」と思ってました。
いま、Facebookでもお友だちになれて、とってもうれしかったりします(^^)v

SSOは、ベースのMASAさんを中心に、仲のいいバンドさんです。
私と同世代のミュージシャンから、学生さんのメンバーさんまで、幅広い年齢層ですが、とてもチームとしてまとまっていて、いろんな意味で勉強になります。

また、ぜひご一緒しましょう!
そうそう、会場には、元SSOのメンバーさんで、現Loudbellsのサックス奏者、Goroさんも来てくださいました。なんと、うちの息子の高校の先輩とか。
e0188087_230953.jpg


あっという間に4番目です。
またガラっと世界が変わりまして、超ハードロック一筋、鋼鉄のメタル・ハードロックバンド、BLACK SHEEPです。
e0188087_22462876.jpg

今回から、オリジナル中心のセットリストでした。
BLACK SHEEPさんを、私の言葉で表現するとしたら、
「信念と情熱」
でしょうか。
どこまでも、一直線、というバンドのあり方、そして演奏です。

ギターのTommyさんは、見るたび痩せて、いよいよ熟年メタラーの風格を増してこられ、ベースのHiroさんは、日に焼けて、温和な顔が精悍になっていき・・・と、ビジュアル的にも、鋼鉄のロックバンド一直線、です。
e0188087_22524934.jpg

ドラマーのCozyさんは、言わずもがなのカッコイイパフォーマンス。
e0188087_22532679.jpg

キーボードYukaさんは、前回のダンシティライブから、衣装がぐっとセクシー路線で、演奏ともどもキマッています。
e0188087_2315868.jpg

前回のライブから参加の、ボーカルKiyoshiくん。
e0188087_22522158.jpg

客席で、「イケメン!」と、お姉さまたちに評判でしたよ♪

BLACK SHEEPをみていると、ケーキや菓子パンから脱却できずに、ハッピーぷくぷく状態をキープしている自分が、ちょい情けないかも、と反省させられたりします。

以上、カラフルCavern Beat ライブ vol.1のライブレポでした!
youtubeはこちら。
2012colorful_CavernBeatライブvol.1~part1~

それから、パート1のライブレポ最後に、うれしいお客さまをご紹介させていただきます。
昨年の、悪夢のベタメタルアウェイライブで、私たちアマチュアミュージシャンの側に立ち、公正に物事をみていてくださった、「つくねさん」ご夫妻。
来てくださいました。
本当にうれしかったです。最後まで、ありがとうございました。
思わず記念写真を!
e0188087_2351314.jpg

e0188087_2353216.jpg


いろんな方たちの、応援があって、カラフルは楽しく続けていくことができています。
本当に感謝いたします。

では、パート2も、どうぞお読みくださいませ!
by taka_hornetblue | 2012-09-26 00:20 | colorful(カラフル)
<< カラフルCavern Beat... カラフル女子会vol.2が終わ... >>


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧