シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



カテゴリ:バイク( 4 )


さよならホーネットブルー。

年々忙しくなるバンド活動のため、昨年はついに2回しかバイクに乗れませんでした。
ホーネットもさぞ不本意だろう・・・と、ついに今日、バイクを手放しました。
査定の方が18時に見えることになっていたので、その前に子どもたちと記念写真をとりまくりました。
e0188087_21124283.jpg

e0188087_2116387.jpg

e0188087_21165665.jpg

e0188087_21171444.jpg

e0188087_21173833.jpg

e0188087_2113669.jpg

そして、全て終わって、トラックに積み込まれ、去っていきました。
e0188087_21181231.jpg

寂しさでいっぱいですが、もっと乗ってくれる持ち主と出会うことを祈っています。
さよなら、ホーネットブルー。
あなたを手放して私の手元に来たお金は、すべてベースアンプなど機材に変えて、あなたの存在を忘れないようにします。
どうか第三の持ち主に恵まれますように。

【バイクを手放すにあたって思ったこと】
ショップか、買取専門業者か、個人売買か、ということになるのが一般的かと思います。
私は買取専門業者、という選択はできませんでした。
右から左へ業者に転売、という流れにのせてしまうことは、とても不憫でできませんでした。
私は地元のショップに手放すことはできませんでしたが、地元のショップに手放すのが一番いいように思います。
売却値の高い安いでは計れないものがあるように感じました。
by taka_hornetblue | 2011-02-22 21:29 | バイク

軽自動車届出済証再交付の手順。

福岡での再交付の場合ですが、こんな流れでした。

「軽自動車会館」(電話の人は「軽自動車協会」と言いましたが、実際には「軽自動車協会」という表示は見渡す限りどこにもなく、「軽自動車会館」という表示しかありませんでした。)の窓口で、
「軽自動車届出済証の再交付はどうしたらいいですか」と聞くと、
「ナンバーを言ってください。」
そこで、ナンバーを答えると、
「しばらく待っていてください」
しばらく待つと、再度呼ばれます。
そこで、「誰名義ですか」と聞かれるので、フルネームで答えると、手にしている軽自動車届出済証の原本を見せてくれ、それを再交付用の届出済証に写し、書類代30円を支払います。
そして、あと2枚の書類(申請書など)を記入し、窓口に持っていくと、ほどなく呼ばれて、再交付した届出済証をもらえます。
住民票も、自賠責の保険証書も、何もいりませんでした。

申請から再交付そのものは、手順もシンプルで、すぐ交付してもらえてよかったのですが・・・。
「再交付」についてのインフォメーションを、もうちょっと庶民にわかりやすくしてもらいたいものです。
by taka_hornetblue | 2011-02-22 21:00 | バイク

軽自動車届出済証再発行についての不思議。

ついに、昨年は2回しか乗れなかったホーネットを手放しました。
手放すにあたって、軽自動車届出済証を再発行してもらう必要があり、ネットで調べたとおり、今日福岡運輸支局に行きました。
行くに当たって、福岡運輸支局に電話し(050-5540-2078)、音声ガイドで、軽自動車届出済証の再発行について必要なものを調べて行きました。

050-5540-2078に電話します。
すると音声ガイダンスが始まり、まず、識別番号0をプッシュ。
次にオペレーターにつなぐか、音声ガイダンスにするか選びますが、オペレーターにつなぐ(26プッシュ)はまずつながりません。
そこで音声ガイダンスを選び、サービスコードを入力します。

1桁目のサービスコード。126cc以上250cc以下の2輪車は「4」をプッシュ。
2桁目のサービスコード。軽自動車届出済証再交付は「5」をプッシュ。
3桁目のサービスコード。私はファックスを持たないので、音声ガイダンスを選び、「1」をプッシュ。
すると、再交付の手続きにおいて、「必要なものは申請者の印鑑・申請書」などという案内が流れ、
「申請書を運輸支局などで申請してください。」
という案内が流れて、これでおしまいです。

これを後からもう一度聞くと、たしかに「運輸支局など」と「など」がついていますが、運輸支局に電話して聞いたガイダンスなのに、運輸支局でこの申請ができない、などとは思いもしませんでした。

ところが、これができなかったんですねえ。びっくりしました。
「軽自動車届出済証の再交付はどうしたらいいですか」と窓口で聞くと、
「ここではできません。軽自動車検査協会に行ってください」とのつれない答。

それならそうと、音声ガイドで言ってくれてもよさそうなもんです。
年休とって、ギリギリの時間で行動している人間としては、ほんとーに困ります。
もちろん、「福岡運輸支局」と「軽自動車検査協会」は隣の建物なんかではありません。
時間をめちゃくちゃ気にしつつ、焦りつつ「軽自動車検査協会」に行きました。

すると、今度は駐車場待ちで車がずらーーーっと並んでいます。
「もう間違えたくない」という気持ちから、待ちの間に携帯で軽自動車検査協会の電話番号を調べ、確認の電話をしました。
すると、
「再交付はうちでなく、軽自動車協会です。電話番号を言いますからそっちにかけてください」との返事。
「今、軽自動車検査協会のところに来てるんですけど、じゃあ場所が違うんですか」と聞くと、
「いえ、同じ建物なんですけど」という返事。

うううううううう。
今の時代、市役所区役所、どこに行っても親切丁寧、キビキビ対応、なんですが、こと自動車関係、二輪関係というのは、どうも昔ながらのお役所そのままの体質が温存されているように思います。
どっと疲れました。
具体的な再交付手続きについては次の記事で。
by taka_hornetblue | 2011-02-22 20:40 | バイク

半年ぶりにバイクに乗りました。

昨年10月か11月くらいに乗ったまま、冬は恒例の「新年1人短距離ツーリング」もしないまま終わってしまいました。
とにかくエンジンだけは定期的にかけて、バッテリーだけは上げずに冬越しした私のホンダホーネット250です。
今日、「よし!乗るぞ!」とエンジンかけて近場をぐるっと回っていきました。
私の好きな「お手軽でいて、ダム・山・田園風景・海が楽しめる贅沢コース」があるのですが、今日はそのショートバージョンに出かけました。
e0188087_1791246.jpg

右手にはダムの水がキラキラと陽に輝いていました。
e0188087_1710939.jpg

この道はやがて左右にダムの広がる橋に続き、それをさらにずっと進むとちょっとした山の中になり、またさらに進むと視界が突然開けたかと思うと、はるか前方には海が見えるという、とてもステキなコースです。

いかんせん、本当にバイクに乗るのが久しぶりだったので、家の駐車場から出すときには、最初の取り回しからふらふらしてしまうし、走り出してからも、しばらくは自分で自分に、「教習場に行きなおせ」とツッコミを入れてしまうくらい怪しい運転でしたが、次第にカンを取り戻しました。

なんといっても、長いことほったらかしておいてホーネットちゃんごめんなさい、という感じです。
楽器もですが、やっぱり持ち主と通じ合う何かがあって、こちらの気持ちが遠ざかると応えてくれなくなるように思います。これからは気候もいいので、ちょっとは乗りたいなあ、と思います。

それにしても、私はバイクに乗るたび「命が洗われた」と思います。
私のバイクは完全にホビーで、ちんたらちんたら、自然の中を走るのが好きです。飛ばすのはキライだし(技術もないし)、できれば集団でのツーリングは行きたくなく、1人で気の向くまま、自分の運転技術にみあったところを走るのが一番いいです。
車とは違いカーステレオも冷暖房もなく、全身でその時々の風をうけながら走っていると、車では味わえないものが本当にたくさん味わえます。
今日も帰り道、「ああ、命が洗われたなあ」と思いました。
by taka_hornetblue | 2010-04-25 17:19 | バイク


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧