シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



カテゴリ:colorful(カラフル)( 157 )


カラフルColorfulのベーシストたちが、ブログを始めました!

福岡発、社会人バンドのライブイベントサークル、カラフル(Colorful)の、ベーシストたちでブログを開設しました。
e0188087_22533211.jpg

カラフルColorfulベーシスト!たちのブログ

なんでブログをベーシストで開設したか、を一言で言いますと、「集まれないから」です。
カラフルのギタリストさんたちは、みんなでセッションパーチーをしよう、などと、楽しげな企画で盛り上がっていますが、おんなじサークルのミュージシャンでありながら、ベーシストたちは、なかなか集まれない環境にいます。

まず、私たちの居住地区。
福岡と言いましても、イササカ広う御座んして、北九州、宗像、福岡市、筑後、と、とっても広範囲に散らばっております。
そして、これがなきゃ始まらない、それぞれの仕事。
土日出勤、シフト制etc、これがまた、多様な勤務環境なのが、カラフルのベーシストです。
家庭環境。
子だくさんなベーシストが複数おり、まだ、小さい子どもさんがいるベーシストも。
となると、ライブや練習以外、なかなか家をあけられません。

・・・ということで、「カラフルベーシストの会」なるfacebookのグループで討議の末、ブログをやってみようか、どうしようか・・・となりました。
あーでもない、こーでもない、となったとき、SSOのバンマス、MASAさんの、「とりあえずやってみよー」のかけ声に、背中を押されました。

ベーシストブログが、実際に集まれない、私たちベーシスト軍団の、情報発信の場となり、交流の場となりますように!
皆さま、どうぞ時々のぞいてみてください!
よろしくお願い致します♪
by taka_hornetblue | 2013-06-11 22:57 | colorful(カラフル)

カラフル、ゲイツセブンライブのライブレポ!その2。

さて、2013年5月26日の日曜日、ゲイツセブンで行われた、カラフルゲイツライブのライブレポ、その2です。
その1が写真沢山アップしすぎて、読み込むのに時間がかかっている、とのことなので、2分割いたします。

それで、ライブレポその2のオープニングを飾りますのは、この写真!
e0188087_164121.jpg

これ、なーんでしょ?
答、「BLACK SHEEP弁当」なんです♪
なんとなんと、BLACK SHEEPのドラマー、enoさんの手作りとか。
私も1個、いただきました!
中身は、海苔で巻いた大きなおにぎり2個と、エビフライ、卵焼き、ソーセージ、ツナサラダ。
卵焼きは、前にenoさんが、「店に出してもいい自信がある」、と言われていただけのことはありました!
本当に美味しかったです。
BALCK SHEEPは仲のいいバンドなんだな、とこういうところからも思いました。

このお弁当を見せていただいたのは、まだリハーサル中でしたが、進行にピリピリしていた私を、とても和ませて下さいました♪

そして、ライブレポは続きます。
6番目は、GGR。
セッティング中。
e0188087_113715.jpg

セッティングしている姿すら、なんか微笑ましい師匠です。
師匠、熱唱。
e0188087_1161742.jpg

GGRはいつ見ても、安定した演奏、円熟のアメリカンロックを聞かせてくださいます。
CCRの名曲、「雨をみたかい」は、デューク松尾さんがボーカルをとられます。
e0188087_1162340.jpg

昔、進入禁止のドラマーをしておられたので、知り合ってから、8年近くなりますが、ちっとも変わられません。
ワッツ丸山さん。
e0188087_1175990.jpg

天国とGGRのベースをつとめられますが、「和して同ぜず」アンディ古川さん。
e0188087_1205260.jpg


いつもどおり、とても楽しい演奏だったのですが・・・!
なんと、演奏開始から15分後には「次が最後の曲になりました」
は?は?
タイムキーパーをして下さっていたLucyさんと、「うっそー」とのけぞってしまいました。
カラフルゲイツライブ、ハッキリ言って、参加費は通常のカラフルライブより、かなりお高いです。
だから、みんな、持ち時間30分の中で、目いっぱい演奏したい、しよう、と時間を計りながら、ギリギリで準備してきていました。
・・・という周りを尻目に、15分で「最後の曲」。
これがまた短く、17分半くらいでライブ終了。
おおらかというか、お金持ちというか・・・、なーんも考えとらんというか(ウソです)。
あんまりなので、1曲アンコールをお願いしました。すると師匠は、
「おんなじ曲でよかですか」と、「雨をみたかい」をもう一度。
だけど、このアンコール、盛り上がりましたね!
次回は、もうちょっと時間計って準備してきてくださいね(^^)v

さて、いよいよカラフルゲイツライブも大詰めです。
7番目は、カラフルの大御所ジャズバンド、HJです。
今回、楽屋のぞいて、ビックリ。
みんな、どうしちゃったのぉぉぉ????
全員、スーツでビシっと。リーダーのサックス「さっちゃん」は、頭までグリース?で固めてて、一体、誰なの???
e0188087_21543017.jpg

e0188087_21544164.jpg

ドラマー夏田さんのスーツ姿なんか、私、11年間ジェイバンドでご一緒してますけど、初めてみました。
e0188087_2156535.jpg

箱がいいだけに、音もすばらしく、隅々にまで緻密な演奏が響き渡っていきました。
Ryoさん、けっこう派手な?見た目の方ですが、毎回、プレイは本当に丁寧で、緻密。
1音、1音、丁寧に。
e0188087_2241845.jpg

ベーシスト吉村さん。生まれ変わっても真似できませんが、私は吉村さんのプレイスタイル大好きです。
指弾きですが、いろんな弾き方をされます。
e0188087_2252425.jpg

e0188087_2254171.jpg

このほかにコードワークもあり、毎回楽しみです。生まれ変わってもできないけど(しつこい)。

今回、RIEさんが歌姫として、2曲ゲストで入られました。
それがまあ、色っぽいことといったら!
Lucyさんから借りた、という美しいチャイナドレスで登場。
刺繍がキラキラ照明に輝いてました。
深い深いスリット、高いハイヒール。
男性のみならず、女性の目も釘付け。
e0188087_22131449.jpg

この時、SSOのキーボード、Yuyuさんと後ろで見ていたのですが、「うーむ、私たちには無理だ・・・」と話しておりました(^^)。
色っぽい方というのは、声も色っぽく、とても艶やかなステージでした。
e0188087_2229191.jpg


さて、いよいよ最後になりました。
オオトリは、Super Sonic Orchestra(SSO)!
演奏開始前から、和気藹々、余裕の表情です。
e0188087_2239233.jpg

e0188087_2241814.jpg

チーム感溢れる、結束感の強く感じられるバンドです。
どの曲もとても楽しい!
曲名を何回聞いても忘れるのですが、Yuyuさんの静かなキーボードから始まる曲が、大好きです。
e0188087_2249975.jpg

Yuyuさんは、ノアールという吹奏楽団ではパーカッションだそうですが、SSOではキーボードです。だからでしょうか、リズム感、タイム感にとても長けているキーボーディストです。
SSOのハードロッカー、Seiji&Miyaken。
e0188087_22505011.jpg

Seijiさんのギターは、思い切り音がハードです。
その音が、SSOを、普通のホーンバンドでない存在にしてる、と言えると思います。
また、Miyakenさんの、トロンボーンを吹くスタイルも、ほとんどハードロックです。
Miyakenさんは、金管バンドもしておられるそうで、夏にコンサートがあるとか。
ぜひ、カラフルのみんなにアナウンスして下さいね!
カラフル、というサークルが縁で、ハードロックやメタルの方が、ブラスバンドや、木管、金管楽器のコンサートを見に行ったり、その逆があったり、というのは、とても楽しいことだと思います。

SSOは、ドラマーさんが、まだ学生です。
e0188087_2255227.jpg

けっこうパワフルです!
彼のリズムに乗って、マイケルジャクソンの曲では、フロントの4人は順繰りに前を向く、という振り付けつき。
e0188087_22564656.jpg

このマイケルジャクソンのとき、私の後ろで、ベタメタルサポートの永友さん、大声で歌いまくっていました。

とてもとても楽しいステージで、カラフルゲイツライブを締めくくっていただきました!

およそ1ヶ月半の準備期間を経て、実現したカラフルゲイツライブ。
楽しいライブとなって、本当に感謝です。参加者の皆さん、お疲れさまでした。
見に来てくださったお客さま、心から感謝いたします。ありがとうございました。

みんなの思い出に残るライブとなったなら、これに勝る喜びはありません。
次は6月22日カラフルRainy Season Live@ZOE。
そして、8月2デイズライブ@Cavern Beatです。

みなさん、またよろしくお願い致します!
by taka_hornetblue | 2013-06-04 01:25 | colorful(カラフル)

カラフル、ゲイツセブンライブのライブレポ!その1.(OVER DRIVEまで)

2013年5月26日の日曜日、カラフルEarly Summer Liveと題して、Gate's7でカラフルライブを行いました。
ライブレポ、スタートです!
今回は、この写真からライブレポをスタートしたいと思います。
e0188087_2146668.jpg

ライブ終了までいた参加者全員で、記念写真を撮りました!
カラフルライブで、初めてのことです。お仕事やご家庭のご都合で、何人か、先に帰られていたのが残念でした・・・。
けれど、記念写真大会は、この写真撮影をキッカケに大盛り上がり!
カラフルギタリストの面々。トミーさぁぁぁぁん!探したのにー。
e0188087_2201757.jpg

一説に、このメンズのたたずまいから、リッチー部長率いる会社の飲み会軍団、との声も(^^)
それに対して、カラフルベーシストは、そうは見えませんよねえ。ふっ
イケメン3人と美女♪でございまから。ふふっ
海舟さん、古川さん、タッチの差で消えてしまった、Hiroさぁぁぁぁぁん!
e0188087_2223598.jpg


バンドで撮る方も多数。
私のカメラに入ってたのは、
Spherical。
e0188087_223296.jpg

OVER DRIVE
e0188087_2283434.jpg

HJ
e0188087_2285762.jpg

HJさんは、このほかにも写真を撮っていましたが、もう、誰かかんか、笑いころげていらっしゃいました。
今回、サポートボーカリスト、Nagatomoさんと出た、BETAMETAL。Gunちゃんが一緒に写れなかったのが残念。
e0188087_22103389.jpg

極めつけは、バンドじゃないけれど、「カラフル女子隊」!
e0188087_2211488.jpg

こんなふうに、写真を撮るなんて、本当に久しぶりでした。
みんな、青春時代に戻ったかのような時間でした。

記念写真撮影大会で、和気藹々と終わったカラフルライブでしたが、さて、ライブのスタート地点に戻って、ライブがどうであったか、のレポをしたいと思います。

11時半に会場入りしましたが、最初から、みんな、期待でムネいっぱい、ココロもいっぱい、という感じ。
e0188087_2216422.jpg

e0188087_2337546.jpg

e0188087_23372239.jpg

最初から、みんな笑顔、笑顔でした。
カラフルライブの、一番いいところは、搬入、セッティングのときから、和気藹々、というところではないかと思います。
最初から、本当に会場があったかーい雰囲気です。
BLACK SHEEPのリハーサル風景。
e0188087_23395972.jpg

GGRのリハーサル風景。
e0188087_23402880.jpg

計画中から、当日も、ゲイツセブンの方から、「時間は大丈夫ですか?」と聞かれましたが、バッチリ、時間通りでリハーサルを終了することができました。
タイムキーパーとして、夏田さんのパートナー、Lucyさんがずっと張り付いて下さったおかげです。
本当に最初から最後まで、ずっとタイムキーパーとして、働いて下さいました。感謝です!

そして、いよいよライブ開始!

トップバッターは、5月3日にカッカが卒業し、サポートボーカリストを迎えての、BETAMETAL。
Super Sonic Orchestraの「姫」2人による、紹介MCからスタートしました。
e0188087_8313416.jpg

もう「言いたい放題」のMCで、おかしいことこの上なし。
「ギターは・・・城さん!」
「さっき楽屋で髭剃ってましたねー」
「ドラムは・・・ガンさん!」
「なんでガンさんなの?」
「なんか知らないけど、ガンちゃんです、よろしくおねがいシマース」・・・続く・・・
ダダダーっと一気に休みなく続くMCで、後ろでウケまくっていました。

1曲目は、アースシェイカーのMORE、そのまま2曲目Crazy Doctor。
e0188087_8372561.jpg

e0188087_838048.jpg

3曲目は、サポートボーカリスト、永友さん自身のレパートリーから、Livin on a player、そしてアースシェイカーのFugitiveと続くセットリストでした。
ここまで、永友さんはギターを持って歌い、最後の2曲はギターを持たずに、ボーカル専念で暴れて・・・もらうはずが!
5曲目のアダムの林檎の途中、ギターの音が全く出なくなる、というアクシデント。
ライブ中に、様々なアクシデントは半ば「お約束」のようなBETAMETALですが、こんな長い時間、ギターの音が止まってしまったのは初めてでした。
今回は進行が厳しかったこともあり、演奏は中断できず、ドラムとベース、ボーカルだけで演奏続行。
駆け寄ってトラブル解決に総力を挙げて下さる、カラフルのギタリストの方たち。
そして、ギターソロが目前に迫り、ついに自分のギターを手にとる永友さん。
e0188087_8474551.jpg

「オレのギターを使え!」
e0188087_8494276.jpg

ギターソロに、ギリセーフで間に合いました!
e0188087_850315.jpg

ライブ終了後、ギターのジェイくんは、本当に悔しがっていたけれど、後で振り返れば、こんなステキな瞬間はないです。
私は自分が撮った動画、トラブル発生で、SSOの聖二さんがステージに駆け上がり、Sphericalの加藤さんが駆け寄り、ギターを永友さんが手渡すところまでを、何回も見ました。
心に刻まれる、カラフルライブの名シーンだと思います。

今回、サポートボーカルの永友さんは、2夜連続ライブでした。
しかも、お願いしてから、わずか20日余りでのライブでした。
本当にありがとうございました。私は言う間でもありませんが、Gunちゃん、ジェイくん、永友さんラブです(^^)。オトコに愛される(誤解なきよう)オトコっていいですね!
また、いつか、ぜひ一緒にしましょう!

次回、8月2デイズの、BETAMETALサポートボーカルは、BETAMETAL前身バンド、「いいちこ」のボーカル「たっちん」につとめていただきます。
彼はずっと、BAD FIXXXERという、オリジナル曲のバンドで活動中です。今日、6月1日も、アーリービリーバーズでライブです。
また、違うBETAMETALで、8月のライブは臨みますので、よろしくお願い致します!

そして、2番目は、Spherical。
e0188087_953510.jpg

今回、ゲストにパーカッションの西坂さんを迎えてのステージ。
これが、めちゃハマって、ものすごく楽しいステージでした。
パーカッションが入ると、ステージって一気に華やかになるものですね。
浅野キッズのアイドル、ボーカルのカルベさん。
e0188087_973463.jpg

時々4番目が、カルベさんの歌うところを、真似してます(^^)。
今回のライブの、4番目の感想その1は、
「カルベさんがしてた、蜘蛛のブローチ、かわいー。欲しー。」
・・・・・・・・
来てくれたから、よしとするか。
バンマスの斎藤さんと、8月2デイズで引退を表明している、キーボードのYUKIくん。
e0188087_9113762.jpg

このお2人、派手なアクションなど全くないのですが、その「たたずまい」が私は好きです。
とっても癒されます。
同じベーシストとして、斎藤さんの丁寧な弾き方は、見習うべきもの満載です。
しかし、同じように弾く私になるには、生まれかわって、性格から入れ替わらないと、たぶん無理だろうなあ、と思ったりします。
斎藤さんの、普段のメールのやり取りの感じ、話し方。
何によらず、とても、「柔らかなでしなやかな」方で、そういうこと全てが、プレイスタイルに反映されているんだな、と思います。
YUKIくんは、8月2デイズの、ROVERとSphericalのステージを最後に、学業に専念するとのこと。
ラストステージ、期待してます!

今回、華やかなギタープレイの目だった、ギタリスト「加藤主任」。
e0188087_9341646.jpg

このバンド、なぜか不思議な役職名?がついてて、加藤さんは主任だそうです。
(なぜかドラマー夏田さんは、工場長、だそうです。いつか理由が聞きたいです)
その後ろで、ゲスト西坂さん、存在感ありすぎます。
ラスト近くで、ドラマー夏田さんと、パーカッション西坂さんの「掛け合いリズム隊ソロ」があって、圧巻!
e0188087_15471568.jpg

e0188087_937168.jpg

本当に目が覚めるくらい、すごかったです。
ボキャブラリーの少ない浅野キッズの、感激の言葉、
「ヤバ」。
西坂さん、正式にSphericalに入る?という風の噂もありますが、もしそうなったら、毎回、このリズム隊バトルが見れるのでしょうか?
いっぺん、こんな「美味しいもの」を食べて(見て)しまうと、次も、次も、と期待してしまって、いかんですね。
ともかく、素晴らしいステージ、本当にありがとうございました!

3番目はBLACK SHEEPです。
今回、BLACK SHEEPのライブレポは、画像切り出しに命をかけてみました!
ブログのために、動画を少しずつ撮っていますが、いまBLACK SHEEPの動画を見ると、どの場面で停止しても、絵のように美しいです。
演奏がスンバらしいことは、今更私のへたくそな文章で書かなくても、「すでにみんな知っている」ことなので、今回は、ステージの美しさを中心に、お伝えできたら、と思います。

オープニング。
Tommyさんのギターから始まります。
e0188087_1614861.jpg

e0188087_1622190.jpg

背後で静かに流れるキーボードは、Yukaさん。
e0188087_1632232.jpg

TommyさんとYukaさんは、音楽でも、実生活でも、唯一無二のパートナーです。
視線1つ合わせることなくても、息が乱れることはまったくありません。
そして、ベースHiroさん、ドラムCozyさんが入ってきて、BLACK SHEEP参上!
e0188087_1694887.jpg

e0188087_1691157.jpg

Tommyさんとは、電話やメールなどで、親しくお話させていただく機会があるのですが、「情」にあつい、「情」に溢れた方だ、といつも思います。
そして、ギターに対して、常に、敬虔な気持ちで向き合っている。
そんな感じがしています。
一音一音、どんな速弾きでも丁寧に紡いでいかれます。
e0188087_1692849.jpg


この記事は、BLACK SHEEPのオープニングを何回も聴きながら書きました。
本当に、絵のように美しいステージを、ありがとうございました!

さて、BLACK SHEEPが「光と闇のステージ」だとしたら、(あくまでもビジュアル的な印象です!)、「天国」は、赤い、赤いステージでした。
e0188087_1713325.jpg

ギタリスト、Yuki、降臨。
e0188087_16515993.jpg

30分の持ち時間の中で、演奏した曲はただ1曲、Dazed and Confusedだけ。
最初30分1曲です、とメールでお聞きしたときには、かつがれてるのかと思いました。
まっさかー、と思ったものです。
ところが、本当に30分1曲でした。

ギタリストYukiさん降臨写真は、途中のバイオリン弓による、ボウイングパフォーマンスです。
途中でYukiさんが弓をギターに打ち付けると、白い粉が飛び散り、とてもキレイでした。
(何でも、弓に前もって小麦粉をつけておくとか。細部にまで、こだわりが違います!)

私は、ツェッペリンは、人並みくらいしか知らないので、コアな感想を述べることはできませんが、この曲は、歌詞が少なく・・・というか、合いの手、みたいな感じで歌というか、言葉を入れるところが多く、間合いを取るのが難しいように思いました。
e0188087_1713784.jpg

ボーカルの健さん、難しかったのではないでしょうか。
楽器隊の一員に、ボーカリストも組み込まれて、Dazed and Confusedは展開される、といように、私は思いました。
e0188087_174216.jpg

ベースの古川さん、このあとGGRでもベースを弾かれましたが、どのバンドで、どんな音楽をされても、「たたずまい」がほとんど変わりません。
どのバンドのステージに立っても、「○○バンドのベーシスト」ではなく、「古川さん」。
そして、古川さんとともに、「天国」のリズムを底から支える、ドラマーのはっくさん。
e0188087_1773370.jpg

とても寡黙な方なので、お知り合いになってから2年あまり経ちますが、トータルで3分もお話したことがない・・・ような(^-^;)
ステージ全景。
e0188087_1712495.jpg

不思議な雰囲気の、赤いステージに引き込まれてしまった30分でした。
なんだか、「赤い夢」を見ていたようです。

さて、ついにこの時が来てしまいました・・・。
とは、ライブ中の私自身の心境。
私がサポートベーシストをつとめる、5番目OVER DFRIVEです。
e0188087_22401217.jpg

もー、どれだけ緊張して、間違いを恐れて、このステージに上がったことでしょうか!
「ゲイツライブに出たいが、サポートベーシストがいない」と、リーダー岩永さんからお聞きして、かるーく、「私がしましょうか?」と、かるーく言ったのですが、いやはや、サポートというのは、「助っ人」でないといけないわけです。
普段のように、飛び跳ねてお茶を濁す、なんてことが許されるはずもありません。
めっちゃ練習しました、私。
そして私の前には、さん然と輝く(?)、ミス防止のための、譜面台!もちろん、アンチョコが乗ってます。
けれど、あっという間の30分でした。
ドラマーKimさん、とっても楽しいドラミングで、練習のときも、めっちゃリズム隊として楽しかったです。
e0188087_22441561.jpg

似てます、Tシャツのキャラクターと・・・。
e0188087_22445343.jpg

Kimさんは、とってもフットワークの軽い方で、日本も海外もなく、飛び回っておられます。
ドラムの軽やかで弾む感じと、おんなじです。
リーダー、岩永さん。
e0188087_22474938.jpg

ロッケンローラー、参上!
練習や、ステージ、ぱっと見では、けっこう硬派なイメージなのですが、情にあつく、元メンバーのこととか、いろいろと気にかけ続けていらっしゃる、心優しい方です。
お話させていただいて、感じ入ることが、いくつもありました。
そして、演奏隊のカナメは、この方。
ミスター江副。
e0188087_22512329.jpg

耳ざわりよい音作り、アイフォンで一度だけ聴いて、パッとその音を取ってギターで弾かれる耳のよさ・・・。
一緒にスタジオに入らせていただいて、学ぶものが沢山ありました。
今回、本当に貴重な体験ができました。
いろんな方から、「浅野さんがマジメにベース弾いてた」と言われました(^^)
ハイ、ほとんど定位置から動かず、頑張りました。
e0188087_2256233.jpg

BETAMETALとは、また違う意味で、思い出に残るステージとなりました。
途中の、岩永さんがメンバー紹介をするときの、短時間セッションも楽しかった。
あんなふうに、セットリストの間にメンバー紹介とセッションを組み込むのもいいな、と思いました。
OVER DRIVEの皆さん、本当にお世話になりました!

ここで、カラフルゲイツライブレポートその1を〆て、その2に移ります☆
(写真いっぱいで、読み込むのに時間がかかっているらしいので・・・)
by taka_hornetblue | 2013-05-30 22:17 | colorful(カラフル)

支えられて、カラフルゲイツライブ!

来る5月26日の日曜日16時から、カラフルライブを行います。
今回、縁あって、ゲイツセブンでカラフルライブを行うことになりました。
残すところ、あと3日です。

久々の大会場でのライブのため、準備が結構大変でした。
しかし、本当に多くの仲間に支えられ、励まされて、あと一歩のところまで来ました。

昨夜、BLACK SHEEPのドラマー、Cozyエノさんより、メールをいただきました。
それには、「時計付イーゼルを準備したので、リハーサル管理とライブ中のバンド名表示に使おうと思います」
とありました。
時間管理については、公共ホールと違って、ステージから見えるところに時計がないことなど、心配していたので、ドンピシャのタイミングでのメールでした。

準備して下さったという、リハーサル管理アイテム。
e0188087_2217412.jpg

e0188087_22172190.jpg

e0188087_22173735.jpg


本当に、どれだけ感謝してもし尽くせないです。

私は一応、カラフルという音楽サークルの「部長」をしていますが、支えられて、多くの仲間に手を差し伸べてもらって、サークルの運営ができていることを、改めて強く感じました。

今回のライブは、他にも様々なことがあり、準備期間中、ずっと、「支えられて、今ここにある。」ということを、強く感じてきました。
26日には、新しくカラフルに参加しようか、と思ってくださる方もお見えになる予定です。
26日が、たくさんの手と手をつなぎあえる、そんなライブとなりますように!
by taka_hornetblue | 2013-05-22 22:27 | colorful(カラフル)

「カラフルニューフェイスと女子力爆発ライブ」のライブレポ♪

昨日4月28日は、清川のCavern Beatで、「カラフルニューフェイスと女子力爆発ライブ」でした。
「女子力万歳」とか「女子力暴発」など、イロイロな名称アレンジも取り沙汰?されましたが(^^)、GW前半の1日、とても楽しい時間をみなさんと過ごすことができました。
では恒例、ライブレポです♪

結成して11年目になり、さすがにココロを入れ替え、オリジナル曲バンドとして新たなスタートを切った(少々大げさ)、ジェイバンドです。
1曲目、RightDirection。
e0188087_10571854.jpg

直前まで歌詞と歌メロに苦しんでいた、ギターのジェイくん、大健闘。
しかし、演奏後すかさず、私のミスを指摘してくるところは、相変わらず。(ムカッ)
e0188087_1163981.jpg

しかし、3人とも、「これからはオリジナル1本で頑張ろう」という気持ちは同じで、かなり練習もマジに取り組んできました。
最後の曲だけ、コーラスを入れましたが、これも、車で何度も練習音源を聴き、何度もボーカルラインの上や下でつけてみて、1人コーラス練習をしました。
e0188087_1194939.jpg

夏田さんのドラムも最後大炸裂。
今回は3曲でしたが、1曲ずつ増やしていけたらいいね。
滅多にしないYoutubeアップも最後の1曲だけ。
ジェイバンド「銀嶺の覇者」
これからもがんばろー(^^)v

さて、2番目は久々にカラフルライブ復活の、大庭繁さんです。
e0188087_11154138.jpg

このまーったりしたトークは彼の持ち味で、とても会場が和やかになります。
久々の登場で、今回は過去のカラフルライブでのレギュラー曲メインのセットリストでした。
画面の下にご注目ください。
e0188087_11171548.jpg

e0188087_11172950.jpg

これは1曲目の演奏中の様子ですが、間近で見よう、とする方の頭が増えています(^^)
一番下の「あたま」は、おそらく、Super Sonic OrchestraのYUYUさんだろうと思うのですが、彼女はご自身のFacebookにも、大庭さんの演奏中の写真をアップして
「ちょーーーーステキでした✨」
とのコメントを書いておられました。
最後は、私の大好きなマリオのテーマで終わっていただき、大満足のステージでした♪
ありがとうございました☆

さて、3番目は、「ベタメタル。」
今回も不安なまま、やっぱり不安的中の曲が2曲あり、ステージ上で数回の大間違いの末、ついに、アンチョコを演奏中みてしまいました。
e0188087_11263013.jpg

メタルでアンチョコ見て演奏って絶対あり得ないので、ホント、情けない~です。

今回は、英語の歌ばかりでセットリストを組み、「アメリカからやってきたベタメタル」?
いやいや、「アメリカに羽ばたくベタメタル」?
ゲストも入っちゃう!
e0188087_11314677.jpg

当然、曲は Rock in America♪
オクトパス大庭、エイトフィンガー!
曲が始まる前のMCで、アメリカン閣下?が、「8本の触手のような指で、ねちねちと弾くエイトフィンガーとやら・・・」と言ったのが、ツボに入ってしまい、曲が始まってからもしばらく笑いが。。。
しかし、「ねちねちと弾くエイトフィンガー」、つい私も覗き込んでしまいます。
e0188087_11325091.jpg

ラストはShot in the dark。
e0188087_11334337.jpg

ともかく「大騒ぎ」に始まり、「大騒ぎ」で終わることを身上としています。
楽しかったです!
しかし、どのバンドもですが、選曲って本当に大切ですね。
やってる人間が、ノビノビと楽しめる曲がまた、会場の皆さんとノビノビと楽しめる曲、という面がありますよね。
次回は5月26日のゲイツライブだ!

さて、今回のライブでは、たくさんのお客さまに来ていただきました。
本当にありがとうございました。
まだ進入禁止にリッチーさんが入るずっと前に、ライブさせていただいた、「木馬」の大将も来てくださいました。
e0188087_11594357.jpg

「木馬」はコアなオトナの遊び場所。
ライブハウス・・・なのでしょうが、なんというか、「行ってみないとわからない」、はかり知れない空間です。
木馬のサイトです。
ちょっとバー木馬
カラフルの仲間、Lip→Liesさんたちも、結成時から木馬さんにはお世話になっている由。
昭和のレコード、昭和の玩具、ウルトラマンなどがお好きな方は、ハマってしまうこと確実なお店です。
ぜひ一度、のぞいてみてくださいね!

さて、4番目は、「ニューフェイス」、Plastic"Yuki"Bandです。
「天国」での盟友、Yukiさんと古川さんのコンビが中心となって結成された、ビートルズやマッカートニーのナンバーをカバーされるバンドです(よね?)
ドラマーは「ベタメタル。」のGunちゃんです。
3ピースバンドで、Yukiさんがギターとボーカルを兼ねられます。
もともと、「天国」も3ピースで、私はYukiさんのボーカルは好きだったので、今回再び聴けてうれしかったです(^^)
古川さんのコーラスとの息もピッタリでした。

e0188087_22292167.jpg

これこれ。
Yukiさんといえば、この大きなストロークのあとの右手のアクション。
私はこのアクションをみると、Yukiさん降臨、といつも思います。
今回はなんと、Yukiさんがピアノを弾いてマッカートニーの曲をされる、というサプライズがあり、その時にはリッチーさんがゲストで登場!
e0188087_22324148.jpg

私もかつて、アフターアワーズの村田さんとご一緒にカバーしたことのある、「maybe i'm amazed」。
本当にキレイな曲です。
Yukiさんの汗がしたたり落ちていました。
e0188087_22385747.jpg

最後は3ピースに戻って。
e0188087_22462719.jpg

聴きどころ、満載でした!
次回も楽しみにしています♪

さて、今回のライブ、うれしいことが沢山あったのですが、その1つです。
このパンパンに膨れたバック、何かおわかりになりますか?
e0188087_22495670.jpg

この中身は、たくさんの「ガチャポンのケース」です。
e0188087_22503615.jpg

以前、私がFacebookで一度だけ、「ガチャポンのケースを下さい」と投稿したことがあります。
いずれ、ボランティア演奏などを本格的にするようになったとき、ガチャポンケースで作ったシェイカーは、気軽に配れるものだからです。
ガチャポンケースシェイカーは、基本的に返していただくものではなく、差し上げてしまうものなので、少しずつ作りためていこう、と思っているのです。
それを、Yukiさんの同僚の、「Naomiさん」が覚えていて下さいました。
そして、こんなにも沢山、ライブ会場に持ってきて下さったのです。
Naomiさんは、ワザワザ近くのスーパーマーケットに行き、貰い受けてきて下さったとのこと。
カラフルの仲間の、そのまた仲間の方の、このお気持ちに、もう言葉が出ないくらい、感激しました。
本当に、本当に、うれしかったです。
Naomiさん、ありがとうございました!

さて、中1日おいて、今日は5月1日です。
続きを書いてまいります!

カラフルニューフェイスと女子力爆発ライブの5番目は、「進入禁止」。
今年は、「あなたの街のザ・ベストテン」を掲げております。
今回も、めっちゃ練習してまいりました。(コレほんと)
1曲目は「天使のウィンク」。
振り付けつき。
e0188087_21381569.jpg

これも、私が図入りのペーパーを作って配る、という用意周到さでした。我ながらよーやる、というところ。
練習のときから、私は途中でコートを脱ぎ捨てる、と言っていて、タイミングが合うか心配でしたが、なんとか合ってよかったです。
e0188087_2139977.jpg

e0188087_21391715.jpg

キーボードあーちゃん、コーラスバリバリ入れてくれました。
e0188087_21412554.jpg

チェリーブロッサムでは、ほとんどメタル化してしまい、皆さんと一緒に「拳を振り上げろ!」
e0188087_21434024.jpg

途中くまもんトランペッターも登場し
e0188087_21472428.jpg

最後のハイティーンブギ、六本木心中まで一気に終わりました。
夏の2デイズでは、全曲入れ替え、という野望を抱く進入禁止、さっそく連休明けから練習です!
また皆さんと一緒に、青春時代を重ねあって、大騒ぎできたら、と思っています(^^)

さて、大騒ぎ系女子力がスパークした進入禁止の次、6番目はAfter Hoursです。
e0188087_21511295.jpg

今回からたおやかなRieさんがボーカルとして加わり、女子力倍増となりました。
・・・けど、最初は女子力はキーボードあーちゃん1人が支え、怪しすぎるメンズパワーが・・・(ウソだよん)
e0188087_21521333.jpg

とはいえ、今回からRieさんが加入ということを知っている私たちは、この瞬間を待ち望んでいたことも事実!
ヒュー♪
e0188087_21531831.jpg

進入禁止のときとは、別人のようです、キーボードあーちゃん。
e0188087_21541366.jpg

これは、「マスカレード」を演奏中の1場面ですが、ギターの村田さん、指弾きです。
これに、ジェイバンドのギタリスト、ジェイくんは「鳥肌たった」とのこと。
「オレもやってみるもんねっっ うーん、刺激を受けたっっ」と、言っておりました。
多くは語りますまい。
頑張っていただきたいものです。
ともかく、マスカレードはRieさんの雰囲気にぴったり、でした。
彼女はいつもニコニコして、たおやかな方なのですが、実は物事をよく観察しておられます。
「アタマのすばらしく切れる」女性です。
ところが、そんなところを、まったく見せず、常に柔らかに、にこやかに生きておられる。
そこが彼女のスゴイところだ、と常々思っています。
その生き方は、彼女の歌にも表れているように、私は思いました。

最後はメンバーみんなで大合唱。ゴスペルのようでした。
e0188087_2243581.jpg

終盤の演奏のとき、カウンター前で、SSOのMASAさんとナベさん、私、Plastic"Yuki"のYukiさんの4人で、飛び跳ねて踊っておりました。
じきに体力が尽きたのは、Yukiさん、ナベちゃん、私。
この頃12キロダイエット成功!したMASAさんだけが、「いつまでも飛べます」と言ってました。クヤシー。

After Hoursは「ベタメタル。」のカッカ念願のバンドだとのことで、この日もあっちこっちで嬉し気に「やっとやりたいことが・・・」と話す、カッカの姿が見受けられました(^^)。
カッカが、AKB卒業・・・じゃなく、「ベタ」を卒業する日も近いかも?

さてさて、大盛り上がりのカラフルニューフェイスと女子力爆発ライブ、残すところ、あと2つとなりました。
7番目は、Super Sonic Orchestra。
e0188087_22112780.jpg

看板娘の1人、Yuriyaさんがいる、ホーン隊。
e0188087_22121493.jpg

Yuriyaさんとは、去年1度お会いしたきりでしたが、久しぶりにお会いしました。
素直な、かわいらしい方でした(^^)
ホーン隊は、トロンボーンのMiyakenさんがカラフル初参加でした。
とても明るい方で、楽しそうに演奏される姿に、こっちまで楽しくなりました。
大体が、SSOは、とても楽しそうです。
思わず、「私も管楽器ができたらなー」と思ってしまうくらいです。
今回ちょっと長かったMCに、「座っとくか」
e0188087_222649100.jpg

さて、SSOの「女子力」といえば、この方を抜きにしては語れない、キーボードのYuyuさん。
e0188087_2214536.jpg

Yuyuさんと私は、Facebook友だちでもあって、互いの近況によくコメントいれたりしあうのですが、とにかく、多才な方です。
音楽だけではなく、お料理も、お菓子づくりも、パン作りも、素晴らしい腕前です。
そして、このスタイル!スラリと伸びた、うつくしーい足!
わたくし、恥ずかしながら、まるで「おぢさん」のように、Yuyuさんのスラリとした足に目が釘付けでした。
何にでも一生懸命な方で、本当にステキな「SSOの看板姉御」です。

機材のことなら彼に聞け!のギタリストSeijiさん。
e0188087_22254533.jpg

彼は機材のことについて、深い造詣があるのですが、それを惜しげもなく、みんなに教えてくれます。
聞けば、いくらでも手助けしてくれます。

Super Sonic Orchestraさんは、5月26日のカラフルゲイツライブでまたご一緒します。
また楽しい時間にしましょう!

さて、いよいよ最後になりました。
ボーカルにカルベさんが加わって、「オモロおかしい」雰囲気がちょっぴり漂うようになりました。
e0188087_2237321.jpg

なんといっても、カルベさんが学生時代「暗記するまで聴きこんだ」CDは、「嘉門達夫」だそうです。
私はそういう方に、初めてお目にかかりました。ホント。

キーボードにYukiくんが入って、だいぶたって、チーム感も高まっています。
e0188087_22375574.jpg

この画像↑、今回、もっともよく切り出せた、と私が1人悦に入ってる画像です。いいショット!
それから、ギターのKatoさん、今回初めて、こんなギターパフォーマンスを見ました。
e0188087_22404034.jpg

ドラムソロを披露する、「夏田工場長」。
e0188087_22421327.jpg


今回、初めてSphericalに1曲だけゲスト参加させていただき、何度か練習に参加させていただきました。
一番ビックリしたのは、「Kato主任」がエクセルで作られた、というスコアです。
そして、「丁寧な」練習のあり方にも、驚きました。
Sphericalの、丁寧なプレイは、こういう練習から生まれるんだ、と心底納得しました。

そして、最後に1曲だけ、私がバイオリンでゲスト参加させていただきました。
このときのために私がしたことは、練習ではなく、「人間コウモリダコ」の準備でした。
全員で「コウモリダコ」!
e0188087_22531135.jpg

これに血道を上げた当然の報いとして、プレイはガタガタでした。
いつか、リベンジさせてくださいませm(_ _)m

例によって、長いライブでしたが、GW前半に、本当に楽しい時間を皆さんと分かち合うことができました。
カラフルライブも、回数を重ね、仲間との絆が、どんどん強まってきている、と感じます。
次回は5月26日の日曜日、カラフルゲイツライブです。
皆さん、また楽しい時間をご一緒に分かち合いましょう!
お疲れさまでした!
by taka_hornetblue | 2013-04-29 11:05 | colorful(カラフル)

今日はカラフル春ライブpart2です。

今日、4月28日の日曜日は、清川にありますCavern Beatで、カラフル春ライブpart2です。
題して、「カラフルニューフェイスと女子力爆発ライブ」。
e0188087_235582.jpg

・・・とこの記事をアップしようとして、プログラムに大間違いを発見いたしました。
タイトルの下に18:00 start とありますが、大間違いです。
下のタイムテーブルが正しく、17時スタートです。
まったくもう、何度作ってまだこんなミスをするのやら。
自分で自分をぶん殴りたくなります。

グリーンの文字のバンドさんが、ニューフェイスとしてカラフル初参加のバンドさんです。
ピンクの文字のバンドさんは、「女子」が君臨?するバンドさんです。
その中で光る、黒一点のクラシックギターの大庭繁さん。

世の中は、GW気分が盛り上がりつつありますが、私たちも盛り上がって、たのしくハジける夜になればいいな、と思います。

お時間ある方、ぜひお越しくださいませ。
by taka_hornetblue | 2013-04-28 02:43 | colorful(カラフル)

3月23日は、今年初めてのカラフルZOEライブでした!

3月23日土曜日は、カラフルホームライブハウス、大橋駅前のZOEで、今年最初のカラフルライブでした。
1年ぶりに参加されたバンドさんもおられ、とても楽しい時間でした!
恒例、ライブレポです(^^)

永遠のトップバッター、ジェイバンド。
e0188087_1192237.jpg

カメラのアングルの関係で、ドラマー夏田さんは「鏡の精」として写っております。
今回から、心機一転、オリジナルバンドとしてスタートすることになりました。
とはいえ、まだぜーんぜん曲はないので、1回のライブごとに1曲ずつ増やしていく予定です。
今回は2曲。1曲は私の好きなDチューニング。全曲これでもいいんだけどな。
e0188087_11123049.jpg

去年、結成10年を迎えたジェイバンド、オリジナルを構築しながら、次の10年へと向かっていきたいです。

2番目はGRANDPAS。
テーマは「夏」かな?
e0188087_111431.jpg

今回、リズム隊絶好調!ほとんどシラフだったからでしょうか?(^^)
e0188087_1119222.jpg

酒豪のGRANDPASリズム隊、「シラフ」での演奏って、かなりレアでした。
石橋さんのドラムも、安定感スバラシく。
e0188087_11184235.jpg

うーむ、シラフだと凄いわ…、と思って聴いてた方は、きっと私だけではなかったと思われます。
キーボードあーちゃん、MCもすっかり板につき、主軸を担っています。
e0188087_11201092.jpg

・・・と絶好調リズム隊、好調キーボードとは裏腹に・・・
ギターのリッチーさん、「調子悪い…」とボヤキつつの演奏でした。
e0188087_11222049.jpg

確かに絶好調ではなかったかな?
だけど、その後のROSSOでの私のバイオリンに比べたら、「調子悪いときの演奏力」は私の100倍は上でした。さすがでした。

さてさて、3番目は引き続き、リッチーさん、あーちゃん参加の、進入禁止です。
e0188087_11282949.jpg

もう思い切り「歌謡ロック」です。
今年のテーマは、「あなたの街のザ・ベストテン」。
松田聖子を中心に、80年代ブレイクした歌謡ロックをカバーしていきます。
進入禁止は、ながく小淵さんがギター&ボーカル、私がベースでやってきましたが、去年から少しずつ形を変え、今年から本格的に私がボーカルをつとめることに。
年末から不安で、今年になってから、本当に練習を積んできました。
1ヶ月に3回は練習してきたような気がします。
・・・なのに、1曲目「チェリーブロッサム」が入れず。あららら、と。
e0188087_11323458.jpg

けれど、「練習してきた」という実績は、私たちの中で自信となっていて、その後の展開になんの影響もありませんでした。
2曲目の「ロックンルージュ」の、ベースの第1音をコブチ師匠がめっちゃ外したときも、笑って楽しくやり過ごせました。
e0188087_1133467.jpg

前半3曲が「松田聖子」、後半2曲は「ふぁっきゅーコーナー」で、女性陣は革ジャン(もちろんフェイクです)を羽織り、ちょいハード目の歌謡ロックというセットリストでした。
e0188087_11392039.jpg

本当に楽しいステージをつとめさせていただき、感謝です。

4番目は、年末ライブに引き続き、2回目のカラフルライブ参加、Crawler。
e0188087_11434264.jpg

WhiteSnakeのトリビュートバンドです。
なんとこの日、3時間直前練習をスタジオでして、会場入りされました。
ハードロックのベーシストをつとめるのは、初体験の海舟さん。
なんとまた楽しそうな♪
e0188087_11453191.jpg

キーボードIkuさんは、愛らしく。
e0188087_1146106.jpg

ドラマーGunちゃん、カッコよく。
e0188087_11471242.jpg

ボーカルの健ちゃんと、ギターの村田さんとは、ふるーいふるいお付き合いです。
お互いにぐっと痩せてる頃からの(^^)
e0188087_11484038.jpg

WhiteSnakeはみんなが知ってる曲も多く、会場も盛り上がりました!
e0188087_11492781.jpg

e0188087_11494881.jpg

e0188087_11501943.jpg


さて、5番目はROSSOなんですが、本当に、マジで、動画も画像も撮り忘れました。
なので、画像なしのレポです。
今回のROSSOの演奏(特に私)をまとめると、
「言い訳はしません」。
ということでしょうか。
この日の夜は、半分マジで、「バイオリン弾くの、やめちゃおうかな」と思ったりしました。
けれど、翌日、ゲストで招待されているSphericalの練習に参加させていただき、バイオリンを弾くと…。
もうすっかり楽しくなって、「また頑張ろ♪」と明るい気持ちに。
突然ですけど、Sphericalの練習風景です。
e0188087_11555143.jpg

e0188087_11561416.jpg

今度、Sphericalのカルベさんとご一緒に、私がバイオリン、カルベさんが歌でスタジオに入らせていただく予定で、とっても楽しみです!
次回ROSSOでは、明るく楽しく頑張ります!

6番目です。
本当に1年ぶりの、Crusin’ Catsです。
e0188087_14333839.jpg

去年3月、中洲スターゲイトでの、「カラフル春一番ライブ」以来です。
ボーカル、キーボード、ベース、ギター、ドラム、という構成から、
ボーカル、ボーカル兼サックス、ベース、ギター(兼キーボード見習い?)、ドラム、という構成に変わりました。
ボーカルのみっちーさん、ボーカル兼サックスのジョージさんは、カラフルにも初めて参加してくださいました。
とても明るいツインボーカル、とても楽しいステージング。
e0188087_14353283.jpg

ツインボーカルと言っても、2人で歌う曲ばかりではなく、ジョージさんが歌っている間は、みっちーさんは隣で踊られます。
e0188087_14363293.jpg

e0188087_14365793.jpg

なんてまあキュートな☆
目がハートになった男性の方も多いのではないでしょうか(^^)
その中で、グッと渋いリーダー、角さん。
e0188087_1438865.jpg

Crusin' Catsの曲は、聴いてると自然に身体が動き出して、「ツイスト」がしたくなるのですが、悲しいかな私は「ツイスト」が全くできません。(もちろん他の踊りもできません(>_<))
Crusin' Catsのライブ後、ベースのタケさんに「教えてください」というと、「まずその靴がダメ」と、靴から指導を受けました(^^)
うーん、深い…。
ちなみにドラマーの千代さん、いつもFacebookでボリューム半端ない昼ごはんの様子をアップされてますが、全然太っておられません。
なんだか、これって、不公平…、と常にダイエットが頭の片隅にあるカラフル女子は思ったりしておりました。
Crusin' Catsの皆さん、次回は8月の2デイズライブでお会いしましょう!

さて、残すところあと2バンドとなりました。
7番目は、これまた昨年のスターゲイトライブ以来の登場、Tommy Gardenです。
e0188087_14503946.jpg

今回は、ギターのTommyさん、キーボードYukaさんのご夫婦デュオでした。
当初は、Tommyさんは旧友が貸してくれた、というオベイションのアコギで、Yukaさんは、アップライトピアノを弾かれる予定でした。
ところが、ライブ直前になって、Yukaさんが料理中に火傷され、鍵盤の重いピアノでのプレイを断念。シンセに切り替えられました。
そこで、それにあわせてTommyさんもエレキギターでの演奏となりました。

「ほとんどぶっつけ本番」、「普段の家の様子そのまま」とのことで、お2人の普段のたたずまいが垣間見えるような、とてもステキな、ほのぼのとした演奏でした。
見ていて、こちらまでが幸せな気持ちになるような。
e0188087_14554977.jpg

e0188087_14561637.jpg

Tommyさんは、この間からBLACK SHEEPでボーカルをつとめておられるので、その歌のいいことは知っていましたが、一緒に歌うYukaさんのステキなこと。
同じように音楽が好きな2人が、実生活でも、音楽でもパートナーである、というのは、本当にいいなあ、とつくづく思いました。
今度は、今回お披露目が流れた、アコースティックピアノと、オベイションのTommy Gardenを見たいです。

さて、ラストを飾っていただいたのは、GGRです。
何度も申し上げますが、「爺ィであーる」=「GGR」だそうです。
毎回ステージには、全員がテンガロンハットをかぶっての登場です。
e0188087_9452468.jpg

ベースの古川さん、デカッ。
ただでさえ身長のある方ですが、テンガロンハットをかぶられると、4センチくらいはプラスされ、よりいっそう「大きい」印象に。
GGRはコブチ師匠のゆるーいMC、客席とのやり取りも楽しいステージです。
師匠、熱唱。
e0188087_9474172.jpg

師匠の後ろワッツ丸山さん、7年来の、師匠の音楽仲間です。
e0188087_9482239.jpg

リードギターのデューク松尾さん。
e0188087_9492124.jpg

CCR、ダウンタウンブギウギバンドの曲を中心に、懐かしい曲のカバーに、会場も和気藹々と盛り上がりました。
「春一番ライブ」の最後にふさわしい演奏、ありがとうございました!

最後に、GGRの演奏をバックミュージックに、この日の「ナイスカッポー」のご紹介です。
まず、先にご紹介しました、Tommy Gardenのお2人。Tommy & Yuka。
Crawlerの、Gun & Iku。
e0188087_9565724.jpg

このお2人は、2人とも身長が高いので、2人で向こうから歩いてこられると、群衆から頭1つ分出てたりして、迫力あります(^^)
Gunちゃんは4月から心機一転、新しい環境にまた飛び出していくとのこと、
♪ なにもーかもー 目覚めてくー あたらーしいー わたしー ♪
ですね!
最初は戸惑うこと、えぇぇぇぇっとのけぞることもあるかもですが、「ここで生きてく、これで食べてく」覚悟を決めて、頑張ってください。

それから、カラフルライブですっかりお馴染みの、Hiromi & Lily。
e0188087_103297.jpg

Lilyさん、ずっと夜もお仕事だったそうで、GGRの始まる前にやっと会場に来られました。
彼女が来てることがわかったときの、Hiromiさんのうれしそうな顔。
「あーららら、どうしたのーーー!」と、それはそれは最上級の笑顔で。
またLilyさんが、
「片付けとか、手伝ったほうがいいかな、と思って」
と愛らしい返事をされるので、Hiromiさんはいっそうトロケそうな笑顔になっておられました。

2013年最初の、カラフルZOEライブは、このようにして、沢山の笑顔、幸せな光景の中で終わることができました。
参加してくださったみなさん、会場に足をお運びくださったお客さま、本当にありがとうございました。
昨日、オーナーMayumiさんから、「うちは機材が良くないのに、カラフルの皆さんは文句1つ言わないで、演奏してくださるので、毎回心苦しく思っています。」とのメールをいただきました。
けれど、私はこう思っています。
音響設備や、音を出す環境は、上を望めばキリがない。
バンドが「カラフル」なだけに、全員が満足する環境、をカラフルライブで実現させるのは、確かに困難です。
だけど、「楽しいライブ、笑顔にあふれるライブ」は、私たち次第で、必ず実現できます。
そして、私たち1人1人が実現させた「楽しさ」は、全ての上に君臨(ちょっとオーバーな表現ですが)する、と思っています。

今年も、沢山の笑顔があり、沢山の音楽仲間との出会いがある、そんなカラフルライブでありますように。
次回は4月28日、清川のCavern Beatで、「ニューフェイスと女子力爆発」ライブです!
皆さん、よろしくお願いいたします!
by taka_hornetblue | 2013-03-25 11:57 | colorful(カラフル)

2月10日は、第3回、カラフル女子会でした☆

2月9日は2013年初の、カラフルライブがCavernBeatでありました。
そして、翌10日は、去年からスタートした、「カラフル女子会」をZOEで行いました。

「カラフル女子会」は、「カラフル女子ミュージシャンと、カラフル男性ミュージシャンのパートナーの会」、として去年からスタートしました。
結婚、出産、育児、仕事、介護その他、大人の女性が音楽を続けていくのは、いくつものハードルを越さなければならない現実があります。
また、「ダンナは楽しくバンドだ、ライブだって出て行くけど、私は子どもと家で留守番・・・?」と、寂しくも不本意にも思う、パートナーの女性もきっといることでしょう。

そこで、ともかく、カラフルに関わる女子たちが、手をつなぎ合って、いろんな場面で助け合えたら、と思ったのです。
そして、早くも2月10日は、3回目の女子会となりました。

今回は、参加者は諸事情によりすくなかったのですが、もう、むっちゃくちゃ盛り上がった会となりました。
ZOEのオーナーMayumiさんが、変身グッズなど並べて下さったもので、最初からテンションの上がる方たち。
e0188087_23152437.jpg

e0188087_23153960.jpg

2月10日は、奇しくも、修二さんの誕生日でもありました。
みんなでハッピーバースデーを歌い、和やかなひと時。
e0188087_2316301.jpg
e0188087_23164264.jpg
e0188087_23164949.jpg
e0188087_23165649.jpg

女子会では、女子たちの「出し物」があります。
修二さんと、初めて一緒に組みました。
仕事で何度も歌い、ギターを弾いた思い出の曲、スピッツの「空も飛べるはず」。
e0188087_2318417.jpg

初参加の、「健&Rie」。
リッチーさん、あーちゃんの助けを受けて、デュエット。
e0188087_23193056.jpg

私は昔から健ちゃん知っていますが、このとき、「アンタ、ほんとーによかったねぇ・・・。」と思っておりました。
幾山河越え、谷底に落ちることがあっても、生きてさえいれば、必ず笑える時はきて、幸せは気づけば手の中にある。
本当にそう思います。

前回の女子会より、「出し物」で歌うようになった、あーちゃん。
懐かしい、荒井由美の「卒業写真」を息子さんに向けて。
e0188087_2323427.jpg


この時間帯、ごそごそと小淵師匠がキミエさんの助けを借りて、準備をしておりました。
e0188087_2325430.jpg

準備、完了。
e0188087_23255612.jpg

次の出し物は、再び「健&Rie」による、「Can't Help Falling In Love」。
大好きな曲ですが、この光景の中で聴くのは、なかなか趣深すぎるというか、超微妙というか。
e0188087_23282100.jpg

フラッシュをたくと・・・
e0188087_23282227.jpg

そして、小淵英二&Kimieご夫妻のデュエット。
e0188087_23291591.jpg

今回は師匠が女性役、Kimieさんが男性役なんだそうです。

このような、怪しい雰囲気の中、けっこう真面目に演奏した、Riraiza(城島&浅野)。
ずっとあれこれ工夫を続けている、「情熱大陸」でした。
この中でコードワークをしたいけど、なかなかうまくハマりません。
e0188087_2331437.jpg

そして、この間にも、また1人怪しい人が・・・。
e0188087_23315469.jpg

「いいかしら?みなさん、よろしくて?」
で始まった「Stand by me」。
e0188087_23343691.jpg

演奏はマジなんです。
ギターの「少年」あーちゃん、ギターを一生懸命練習してて、左手が筋肉痛になった、と湿布を貼ってました(^^)

女子会の出し物を締めくくってくださるのは、やっぱりこのご夫婦しかいません。
e0188087_2336886.jpg

(この場面の直前、師匠は後ろ向いて、「ゲーーホゲッホゲッホ」と、思い切り「おぢさんの咳」をしておりました)。

前日のThe Lip⇒Liesの演奏のごとく、これまたジェットコースターに乗ってたような時間でした。
女子会はいつも時間通り終わるのに、今回は一度お開きにしたものの、みんなそのまましゃべり続け、飲み続け、ハッと気づけば夜の11時。
あわてて解散したのでした(^^)v
今回、カルコさんは、音楽パートナーの順子さんが欠席だったので、終始ご主人と、飲む、食べる、しゃべる、に徹しておられました。
私は前の席だったので、音楽の話など沢山しました。
今回するはずだった「ネタ」、4月のカラフルライブでして下さるとか。
めっちゃ楽しみです!

・・・楽しく笑いながら、ZOEを出て、そして・・・

今度は浅野女子が待っておりました。
深夜のドライブ。
人生初の、「お弁当のヒライ」で、焼き鳥とか買って、車の中で食べました。
そして、古賀インターから高速にのり、ちょびっとだけ「旅人気分」を味わうことに。
当然、サービスエリアに寄らなければ!
古賀SAは、「那の国SA」と今言うのでしょうか?なんだか、めちゃキレイになってて驚きました。
思い切り旅行者気分で写真とったりして。
e0188087_2346065.jpg

「博多の女」の顔出し看板があったので、順番に撮ってみたりして。(深夜で、ほとんど人がいないから出来ました。普通ハズイですよね・・・)
e0188087_2347850.jpg
e0188087_23472193.jpg
e0188087_23473027.jpg

この後、若宮インターで降りて、なぜか子どもたちの好きな「深夜のトライアル」に行って、買い物して、最後はセブンイレブンで〆て、帰って来ました。

さすがに、ヘトヘトでしたが、美咲と「いい夜だったねー」と言い合いながら布団に入ったのでした(^^)
女子会に参加してくださった皆さんも、「いい夜だったねー」と思っていただけたでしょうか?
カラフルライブとは、また違う「女子会」を、これからも大切にしていきたいと思います。
by taka_hornetblue | 2013-02-12 23:50 | colorful(カラフル)

2013年2月9日、カラフルCavernBeatライブのライブレポ♪

2013年のカラフルライブが、2月9日、福岡市中央区清川のCavernBeatでスタートしました。
恒例、ライブレポです(^^)

今回のライブは、個人的に「練習量の差」がモロに出たライブでありました。
ハイ、もちろん、ジェイバンドと「ベタメタル。」のことを言っております。_| ̄|○
「反省バンド」のドン、永遠のトップバッター、ジェイバンドでございます。
e0188087_1211986.jpg

文字通り「公開練習」という有様でした。
このバンドも、10年やってる割には、毎度毎度同じ曲でライブして、実に進歩、変化に乏しすぎるバンドでございます。
今回、「テーマ」としているオリジナル曲のイントロをちょっと変えてみたのですが、「変えてみた」練習からライブまで2週間。
この間に、すっかり「変えたところ」を忘れ果ててしまいました。

練習のときに譜面台も譜面もないジェイバンドですが、こうも忘れるなら、メモというか、構成をきちんとペーパーにして、自己確認しておかないといけない、とつくづく思いました。
若い頃と比べ、やることは増えてるのに、記憶力は確実に衰退の一途をたどっています。(哀しい現実です)
なのに、若い頃と同じような感じで、「自分の記憶力」に頼む練習をしても、ダメなものは、ダメなのである。
私は、忘れ果てるのである。
・・・ということを、改めて思いました。
で、肝心のライブです。
忘れ果てたもんは仕方ない、テーマの演奏では、ナッチーさんと私はギターのバックで、好き放題盛り上がってしまいました。
まだROSSOもベタもないころ、ジェイバンドの練習を軸にスタジオに入ってた頃が、ふと思い出された瞬間でした(^^)

さて、2番目は、クラシックギターの大庭繁さん。
e0188087_12361560.jpg

どの曲も好きなのですが、私はとくに、ヨーク作曲「Waiting for Dawn」(夜明けを待ちながら)が大好きです。
この曲、何度も聴いてるのに、今回初めて、曲名をちゃんと知りました。
e0188087_12391245.jpg

「夜明け」に向かう夜の中で、こんな曲を1人弾けたら。

今回、大庭さんの演奏で、初めて聴いた曲がありました。
それはヴィラ・ロボスの「エチュード1」。
あまりに美しい曲だったので、自分でも調べてみました。
12ある練習曲の1つで、ブラジルに激しく降る雨をイメージして作られた曲だとか。
流れるようなアルペジオの曲で、こういう曲を聴くと、バイオリンで勝手になにか旋律を弾きたくなります。
いま音源を落としたので、自分でいろいろ弾いて、ギターとバイオリンの、「ブラジルに激しく降る雨」の世界を勝手に作って、しばらく遊んでみようと思います。
本当に美しい、そして見るからに難しそうな曲でした。
次回も聴けたらいいな。

さて、今回はメンバーさんのお仕事の都合などで、遅い時間をご希望のバンドさんが多く、3番目まで終わったら、いちど休憩(オーダータイム)を挟みました。
3番目は「ベタメタル。」
閣下、勝手に「前半のトリ、ベタメタルだっ」
e0188087_12591189.jpg

ドラマーGunちゃん、入ってすぐから、じゃんじゃんライブに引っ張り出され、気づけば堂々たる「閣下の後継者」に。
e0188087_130186.jpg

テクニックは皆無でありながら、ヘドバンしながらベース弾く、飛び跳ねながらベース弾く、だけ特化して得意な私。
e0188087_1322860.jpg

これまた反省材料満載のライブでありました。
ライブ終了後、Facebookのベタメタルグループでは、リズム隊2人はマジメに反省した投稿をしておりました(^^)
今後につなげないと・・・。
試験が終わった後、「次はがんばるよ、お母さん!」と言ってて、次もそのままだった、中学生時代のまま、年をとっていきそうです。

ここで一度前半を終わり、オーダータイムとしました。
私、ライブハウスで、初めて「熱い紅茶」を飲んでる方を見ました(ノ゚ο゚)ノ
e0188087_1382549.jpg

久しぶりにカラフルライブ登場の、Presenceのボーカル、タルミンさんです。
Presenceの皆さん、テーブルでも和気藹々。

さて、続きです。今日は子どもたちと「ぐだー」としたかったので、久々に「のり弁」で晩ご飯にしてしまいました。デザートがないので、ブログ更新後、セブンイレブンにデザートとコーヒーを買いにだけ、出かけます☆
e0188087_19393581.jpg


オーダータイムを挟み、4番目はHJです。
e0188087_19411463.jpg

HardなJAZZバンド、の略ですので、お間違えなきよう(^^)
始まる前にベースの「よっちゃん」さんが、「枯葉さえ終われば」と言っているのを聞いたので、よほど難しいのだろう、と思っていました。
1曲目が「枯葉」。
ジャズとは、まったく接点なく生きてきた私ですが、HJのライブを通して、「いいなあ」と思える私になってこれました。
今回は、「八女が産んだDIVA」、RIEさんがゲストで2曲参加。
e0188087_19462322.jpg

彼女をカラフルライブでお見かけして、もう1年近くなりますが、いつも「たおやか」で「優しげ」な方です。
不思議な色っぽさのオーラがたゆたっている方でもあります。
歌っていない時ですら、ステキでした。
e0188087_19482025.jpg

今回、前回よりちょっと控えめなコードワークだった「よっちゃん」。(あくまでも、控えめだったのはコードワークだけです)
e0188087_1949168.jpg

いつか、コードワークで半分を占めるような、ベースソロを聴いてみたいです。
ちなみに、私もバイオリンで、中西俊博師匠の真似をして、コードワークに取り組んでいますが、まったくうまくいきません(>_<)
e0188087_195504.jpg

いつかこんなふうにステージでコードワークができたらなあ、と思うばかりです。
HJのバンマス、「さっちゃん」さん、いつものように、他のメンバーのソロのときは、ステージから降りたり、座ったりされます。
e0188087_1958685.jpg

この写真は、ドラムソロのとき、ドラマー夏田さんが見えるようにと、しゃがまれた時のものです。
この後、腕時計を見て、演奏時間を計っておられました。
こういうふとした姿に、「そのバンドのステージを取り仕切るバンマス」の責任感、を見る思いがします。
実は今回のライブで、とても感激した一瞬でした。

さて、5番目はThe Lip⇒Liesです。
躍動感あふれる、ブリティッシュロックバンドです。
e0188087_21151717.jpg

なんと言っても、この方。ドラマー上村さん。
立ってドラムを叩く。歌いながらドラムを叩く。騒ぎながらドラムを叩く。
e0188087_21163090.jpg

ステージ以外でお見かけする時とは、別人すぎます。
半分はオリジナル曲とのことでしたが、どの曲もとてもコンパクトにまとまっており、疾走感にあふれていました。
ダダダーっとほとんどMCらしいMCもなく曲をぶっ飛ばし、時間をみて、「1曲飛ばし!」とラストの曲へ。
e0188087_21185039.jpg

e0188087_211988.jpg

ジェットコースターに乗ってるような25分間でした。
メンバーの皆さん、今回2回目のカラフルライブ参加で、少しずつ私たちと打ち解けてきて下さっているようで、とてもうれしいです。
また、リーダー須川さん、実は私とはけっこう前からの知り合いですが、本当に何においても「面白い」方です。何においても「一言ある」というか。
リッチーさんがFacebookで「須川さんと友だちになった・・・」と、昨日、うれしそうに言っておられました。
ずっと仲良く、楽しい音楽仲間でいましょうね!

さてさて、久しぶりの登場です。Presence。
ベースのZuntaさん、お身内にご不幸があったとのことで、このライブ後、大急ぎで帰られ、翌日には遠方のご実家に帰られました。
大変な中、ライブに参加してくださり、本当に感謝です。
ありがとうございました。
そして、お祖母さまのご冥福を、心からお祈りいたします。

今回のライブでは、「Zuntaさんの隠し芸がありますよ」と、事前にギターの王子さんから伺っていましたが、実際始まってみて、ビックリ仰天しました。
まず、今回は頭の先から足の先までキメキメのZuntaさん。
e0188087_21293598.jpg

そのZuntaさんの、DJ的トークからライブスタート!
e0188087_21353228.jpg

「愛されたいと願っているパパも、融通のきかないママも、そして、今にもあきらめてしまいそうなキミにも、今夜はとびきりゴギゲンなロックンロールミュージックを届けよう!
アンテナを伸ばし、周波数を合わせて、システムの中に組み込まれてしまう前に、僕たちが送るこのナンバーをキャッチしておくれ。
愛を!愛を!愛を!
今夜は、オールナイトPresence!
ロックンロール!」
そして、ツェッペリンのロックンロールでスタート!
e0188087_21355435.jpg

e0188087_2136719.jpg

本当に「とびきりゴキゲン」なステージでした!
ボーカルのタルミンさん、歌がまた一段と上達しておられ、最後の曲とかもう・・・。
e0188087_21371560.jpg

Zuntaさんの最強のMCが加わって、ますますパワフルになっていくPresence。
次回のステージも、楽しみにしています!

さて、残すところあと2バンドです。
7番目はSpherical。
前回からボーカルの、カルベカルコさんが加わりました。
e0188087_22142372.jpg

カルコさんは、さわやか少年のような、ふんわり少女のような、はたまた吉本興業の芸人さんのような、多面的多角的な魅力のある方。
e0188087_2217124.jpg

そして、音楽に、真面目に、真剣に向き合っている方です。
私もこう見えて、案外「いつもマジに生きてる」ところがあるので、カルコさんと話すことが大好きです。
学ぶところが沢山あります。
演奏中、キーボードYukiくん、ベースの斉藤さんと向き合ったところ。
とても柔らかな雰囲気が漂います。
e0188087_22205410.jpg


この日のライブで大活躍だった、夏田さん。
e0188087_2222993.jpg

パワーでぶっ飛ばすジェイバンド、繊細な音の多いHJ、細かいプレイながら、ボーカルを包む骨太さもあるドラミングのSpherical。
何人ものドラマーが、夏田さんの中にいます。

次回ご一緒するのは、4月28日、カラフル女子力全開ライブ@CavernBeatです。
今回はカルコさんの軽妙なMCがあまり聞かれず、残念でしたが、次回の「女子力全開」では、きっとフル回転MCが聞けることと期待しています!

いよいよ最後になりました。
本当に久しぶりのカラフルライブ参加、ROVER。
e0188087_22293155.jpg

昨年3月の、中洲StarGateでのライブ以来です。
リッチーさん、全力疾走。
e0188087_22301746.jpg

リッチーさんは、翌日のカラフル女子会では女装してみたり、進入禁止ではそのミーハーぶりを十二分に発揮したり、と、オモロイ方ですが、ギターは本当に素晴らしいです。
長く一緒に活動してる私も、改めて聞き惚れておりました。
ROVERは、キーボードYukiくんと、ボーカルYuki父とのコーラスも、大きな聴きどころです。
e0188087_22513047.jpg

確かYukiくんは、大学でコーラスのサークルに入っていたのではないかと記憶していますが、歌が本当にうまいです。
ベースの内田さん、久しぶりにお会いしました。
そして、ドラマーのCozyさん、相変わらずカッコイイドラミングだったのですが・・・
e0188087_22363337.jpg

なんと体調が悪く、演奏途中で酸素を吸いながらのステージでした。
e0188087_2237694.jpg

なのに、本当にライブの「最初から最後まで」いて下さいました。
ありがとうございました。
心から感謝いたします。

参加者の皆さんの、楽しげな笑い声と笑顔と歓声に溢れた、今年最初のカラフルライブが、こうして終了しました。
皆さん、本当にお疲れさまでした。
そして、会場に足を運び、見に来てくださった多くのお客さま、本当にありがとうございました。
次回は3月23日土曜日、カラフルのホーム、ZOEです。
どうぞよろしくお願い致します!
by taka_hornetblue | 2013-02-11 13:09 | colorful(カラフル)

2月9日、2013年カラフルライブがスタートします♪

2013年のカラフルライブは、2月9日土曜日、清川にあるCavern Beatでスタートします。
去年は、雪とインフルエンザの時期は避けよう、と思って、1月2月はライブを企画しませんでした。
なので、久しぶりの冬ライブです(^^)

なんだかんだと慌しくて、ドリンクチケット、今回はパソコンで作って印刷して切って・・・ということができず。
ひさしぶりにColorfulのスタンプと、ドリンクのスタンプをぺったん、ぺったん、と押して作りました。
それから、もう1つ・・・。
e0188087_22371687.jpg

ちょうどバレンタインシーズンなので、初めて「おまけ」をつけてみました。
なんのことはない、FUJIYAのハートチョコレートピーナツ、の小さいのを1個なんですけどね。

参加者の皆さんと、先着5,6名のお客さまに、差し上げます。
e0188087_22401883.jpg

2つだけラッピングされてないです(> <)
足りませんでした。明日かあさって、買い足せたらラッピングいたします。

今年も楽しい1年になりますように。
みなさんと一緒に、普段と全然違う時間、エキサイティングな時間を、分かち合うことができますように。

どうぞよろしくお願い致します!
by taka_hornetblue | 2013-02-06 22:42 | colorful(カラフル)


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧