シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



カテゴリ:ボランティア( 8 )


テコンドーボランティア、来校!

6月10日、我が家の双子が、テコンドーボランティアとして、病棟の授業にやってきました。
e0188087_1802543.jpg

授業テーマは、「韓国を知ろう」。
第1部は、民族衣装や、芸能や、食べ物など「文化一般」について。
第2部は、テコンドーを中心に「スポーツ」について。
その第2部の「スポーツ」で、昨年まで選手生活を送っていた2人に、テコンドーの型、組手(試合)のデモ、ミット蹴りなどを実演してもらい、子どもたちに、ミット蹴りの体験をしました。
組手の前に、得点の説明を。
ヘッドギアを示し、「頭部に蹴りが当たれば4点です。」
e0188087_20115083.jpg

組手開始。
もちろん、子どもたちが周囲にいますので、本気の試合ではなく、第1ラウンドは、軽めの技を互いに出し合い、第2ラウンドは、少しずつ高度な技を出し合う、という構成です。
e0188087_20133977.jpg

審判役の先生、昨日からyoutubeの動画を研究し、アンチョコを片手に持って(なぜか折り紙でした)、2人の動きについていきます。(選手2名と審判で、三角形になるように、審判は自分の位置を取るのだそうです)
e0188087_20163252.jpg
e0188087_20164161.jpg

そして、組手の後、ミット蹴りの実演。
ほとんどの子どもは、「ミット」を見たことがなく、かつ、ミットを蹴る音も聞いたことがありません。
初めて聞く、独得のパァーン!! という音に、アハハハッと楽しげに笑う子どももいました。
e0188087_2018306.jpg

ミット蹴りを、順番に体験してみます。
ミットを子どもが叩きやすい(蹴りやすい)ところに保持してもらい、教員が支援し、ミットを叩いたり、蹴ったりする体験をしました。
e0188087_20193536.jpg


和やかに、楽しく時間は過ぎ、最後、2人の挨拶。
e0188087_20202419.jpg

考えるところ、感じるところが、沢山あったようです。
子どもたちから、手作りのプレゼントをもらって、本当にうれしそうでした。
e0188087_2022335.jpg

e0188087_20224178.jpg

いい時間になって、本当によかったと思います。

実は、この企画は、かなり前から一度は実現させたい、と思っていたものでした。
特別支援学校や、病院などには、様々なボランティアさんがいらっしゃいますが、「スポーツ系」のボランティアさんは、私が知る限り、お会いしたことがありません。
★まったく個人的な感覚ですが、有名選手が訪問してきて、こんにちはー、といってニコヤカに握手などして、ニコヤカに帰っていく、というのは、スポーツボランティアとは言わない、と私は思います★

重度の障害がある方たちには、「本格的なスポーツ」は危ないものである。
そんな感覚が、一般的であるように思います。
アメリカ大好き、では決してありませんが、アメリカでは、スポーツボランティアは確立されているそうです。
だから、重度の障害を持つ方を、車椅子ごとアメフトのフィールドにお連れして、その方のまん前で、フル装備のアメフト選手がキャッチボールをして見せたりするとか。
このような体験を、日本の重度障がいの方たちにも・・・、と思わずにはいられません。

同じ命でありながら、タマタマ生まれた国が異なるだけで、体験の幅が著しく異なっている現実。
運動と無縁の私に何ができるのか、皆目見当もつきませんが、このような問題意識は、常に頭の片隅においておきたい、と思うのです。

今日来てくれた2人には、心からありがとう、を言いたいと思います。
そして、楽しい時間にするために、たくさんの先生方たちから、支援、応援、手助けを受けました。
本当にありがとうございました。
次なるステップ、次の活動に、必ずつなげていきます。
by taka_hornetblue | 2014-06-10 20:37 | ボランティア

ちょっと早いクリスマスコンサート

今日、11月20日、私の職場にカラフルの仲間がやってきて、「ちょっと早いクリスマスコンサート」を開催しました。
今回は、なんと5名もの仲間が来てくださいました。
みんな仕事を休んだり、仕事の合間を縫って来てくださいました。
感謝に尽きません。
けれど、最高にステキな時間を、生徒たちと過ごすことができました。

セットリストはクリスマスの曲4曲と、先日の運動会で使った、スクエアのTruth。
これは、最後のTruthの演奏場面です。
e0188087_23273969.jpg

このように、今回はあちらこちらから、クリスマスのイルミネーションをお借りして、クリスマス気分満載でのコンサートでした。
このイルミネーションは、カラフルベンチャーズの笹田さん、The Lips⇒Liesの坂口さんの労作です。
出来上がった直後の写真。
e0188087_23292157.jpg

いつもなら12時集合なのですが、今回はセッティングするものが沢山あったため、11時45分でお願いしました。
みんな総力あげて、クリスマスイルミネーション、楽器、PA機材のセッティングをしました。
e0188087_23303864.jpg

ちょうど少し前に、Riraiza用に、スクリーンやプロジェクターを購入していたものが、大活躍でした。
クリスマスソングでは、私がしこしこ撮り貯めたクリスマスの画像を流し、Truthでは、映画「ドリブン」のラストのレースシーンを流しました。
やはり、音楽と映像が一緒になると、より楽しさが増すように思います。

準備を整えてスタートしたクリスマスコンサート、今回は、サックスの友永さんが大活躍でした。
e0188087_23461014.jpg

MCの語り口もとても優しく、演奏のみならずMCでも、みんな癒されました(^^)

私はといえば、「Yourself A Merry Little Christmas」のピアノ伴奏者、「Truth」のキーボード担当として、今回初めて、演奏者の中に参加しました。
e0188087_2337022.jpg

いやー、もうこの1ヶ月、「Have Yourself A Merry Little Christmas」漬けであった、と言っても過言ではありません。
今わたしはバンドでピアノやキーボードを弾くことがありません。
なので、楽譜の音符と、鍵盤の上に落ちる指の箇所は、不正確きわまりなく、想像以上に苦戦しました。
連日、練習を欠かしませんでした。
その割にはミスがしっかりありましたが、本当によくピアノを弾いた1ヶ月でした。

・・・この中で、1つ大きなことを学習しました。
私が担任する生徒さんの1人は、音楽は大好きですが、今まで「ピアノの音はそんなに好きではない」と思っていました。
ストリングスの音には笑うのに、ピアノの音にはあまり反応しないからです。
ところが、私が「Have Yourself A Merry Little Christmas」の最初を弾けるようになり、生徒さんに弾いて聞かせると・・・。
もう、笑う笑う。声すらあげて笑ったのです。
つまり、ピアノの音は好きではない、のではなく、私のピアノが下手くそ過ぎた、ということだったのでしょう。
「生徒さんの反応が薄いときは、まず自分の技量を疑え」
教員の基本のキを、改めてかみ締めた出来事でした。

さて、楽しく時は過ぎて。
児童生徒のみんなが、協力し合って作ったプレゼントを最後にお渡ししました。
とても喜んで受け取っていただけました!

記念写真をパチリ!
e0188087_2342891.jpg

e0188087_23421869.jpg
e0188087_23423463.jpg
e0188087_23424544.jpg

e0188087_23444073.jpg


5人の先生、笹田さん、坂口さん、友永さん、城島さん、西坂さん。
本当にありがとうございました!
ぜひまた、いつか来てくださいね♪
来年からは、カラフルアンプラグドも、いよいよ定期ライブをスタートします。
いつか、堅固なチームを組んで、あちらこちらに「音楽を届けに」行きたいです♪
by taka_hornetblue | 2013-11-20 23:52 | ボランティア

カラフルの仲間のボランティア演奏活動♪ 「ふわり」デビュー☆

美しき鍵盤奏者、Junkoさんと、「見た目の割りにキレイな曲を弾く」クラシックギターの大庭さんが、今日、私の職場にボランティア演奏に来てくださいました。
e0188087_21514977.jpg

ピアノとギターのユニットは、とても珍しいものです。
なんとなれば、「ピアノもギターも伴奏楽器だから」、だそうです。
ユニット名は、「ふわり」。
本日デビューライブでもありました。
ライブハウス以外での演奏に慣れているjunkoさん、PAやマイクスタンドなど、機材を愛車に詰め込んで、更に大庭さんも乗っけて(^^)、さわやかに登場!
テキパキ、サッサとセッティングされます。
e0188087_21505694.jpg
e0188087_2151597.jpg

セッティングされたら、音を出してみながら、2人の音のバランスの調整をされていきます。
e0188087_21503911.jpg

大庭さん、真剣そのもの。
e0188087_21524040.jpg

美しい音色が、どこまでも広がって、リハーサルを1人聴く私は、本当に幸せでした。
e0188087_2153317.jpg


入念なリハーサルの後、本番となりました。
重度の障害を持つ方たちは、本当に率直です。
いい加減なものを出せば、明らかに「しらけ果てて」しまわれます。
今日は、みなさん、「楽しいよ」と、身体中で、目の動きで伝えてくださいました!
音楽には人一倍ウルサイ、2人のMさん、1人はしっかと目を見開き、1人は、どんどん近づいて来られて。
感性が研ぎ澄まされている方たちに、お聞かせする音楽は、決していい加減なものであってはならない。
プレイヤーが、常日頃から、精進しているものでなくてはならない。
普段から思っていることですが、今日また、改めて、強く強く感じました。

「ボランティア」という言葉は、提供する側が、とても未熟、初心者の域であっても容認される、危険性を常にはらみます。
しかし、カラフルの、「ボランティア」は、決してそうはなるまい、と思います。

junkoさん、大庭さん、今日のために、お2人で、またそれぞれで、練習を積んでくださいました。
心から感謝です。
お2人の「ふわり」の演奏は、次回はカラフル2デイズライブの2日目、8月4日の日曜日にまた聴くことができます。
お時間ある方、ぜひ、清川にあります、Cavern Beatに足をお運びくださいませ。
by taka_hornetblue | 2013-06-26 22:07 | ボランティア

楽器で遊ぼう!

今日は、今年度最後の、カラフルの仲間がボランティアとして活動する、ゲストティーチャー授業でした。
題して、「楽器で遊ぼう!」
今回から、「Mカラフル星雲からやってきた、音楽戦士」」と、勝手に名乗らせていただきました(^^)
今回の「Mカラフル星雲からやってきた音楽戦士」は、前回の「パーカッションで遊ぼう」の西坂さんに加え、ドラマーの夏田さん、ギタリスト城島さん。
みんな、1日年休を取って来てくれました。

2回目にして、すでに「ボランティアミュージシャンのプロ」の風格、西坂さん。
e0188087_22285222.jpg

「目が優しい先生」と、ベテランの職員から評判です(^^)
西坂さん、普段の口の悪さはどこへやら、本当に「とけそうな笑顔」でした。

そして、ずっと来る前はいろいろと不安もあった・・・かもしれない夏田さんと城島さん。
けれど、始まってしまえば、ずっと笑顔で楽しんでくださいました。
そして、次々と「こうしてみよう」と工夫を凝らしてくださいました。
夏田さんは、最初から楽器を手に持ち、「さあ、鳴らしてみましょう!」と、積極的にみんなの中に入ってくださいました。
e0188087_2232320.jpg

城島さんは、「振動って大切なんだね。次からはアコギ1本の方がいいかもしれない。エレキは音はアンプから出てるから、音までの距離が遠い」と。
e0188087_22321050.jpg

私は年末年始から研究?した、「音の降る道」を。
e0188087_22361553.jpg

そして、最後には3人揃って。
e0188087_2255261.jpg


カラフルの仲間たちは、普段はそれぞれ、「自分の好きな音楽を極め、お互い認め合」っています。
しかし、「Mカラフル星雲」からやってくれば、それはもっと根底の、「音楽そのものの楽しさを分かち合う」ことを大切にして活動します。
いろんな場で、音楽の楽しさを分かち合う、ボランティア活動をしていく。
これを、ライフワークとしていけたら、と思っています。
単に楽器を演奏したり、歌ったりするだけではなく、「楽しさや喜びを分かち合う」ことを大切にしていきたいです。

それにしても、勤め人が、平日まるまる1日休むということが、どんなに大変なことか。
西坂さん、夏田さん、城島さん、本当にありがとうございました。
笑い声と、笑顔に溢れた、ステキな午後でした。
by taka_hornetblue | 2013-02-27 22:45 | ボランティア

パーカッションで遊ぼう!

11月28日水曜日は、パーカッション奏者の西坂さんが、私の職場にゲストティーチャーとして登場!
「パーカッションで遊ぼう!」という授業をしていただきました。

私も楽器の一部を分担して搬入しましたが、本当にたくさんの荷物でした。
黙々とセッティングをする西坂さん。
e0188087_08955.jpg


ティンバレス、カホン、スティックタンバリン、スネアドラム、シンバル2種類、カウベル、シェイカー、ボンゴ、コンガ。
こんなに準備していただきました。他にも、靴に差し込む小さいタンバリンとか、小さなものがいろいろありました。

楽器について、優しく説明し、デモ演奏をしていただきました。
e0188087_0104656.jpg

e0188087_0111730.jpg


このデモ演奏のとき、しばらく笑顔を忘れていた子が、パアっと弾けるような笑顔になりました。
信じられないような光景でした。

打楽器の響きというものは、人間の魂に触れるのか、本当に人をひきつけます。
笑顔、笑顔、笑顔でした。

ゲストティーチャー(ボランティアさん)をお招きしての授業では、毎回、いろんな発見があり、驚きと喜びの連続です。
今回もそうでした。
「西坂先生」には、本当に感謝です。

私は今まで、バイオリンやギター、ウクレレなどの弦楽器は授業で積極的に使ってきましたが、パーカッションは選択肢に全く入っていませんでした。

しかし、今日つくづく思ったのですが、打楽器・・・パーカッション・・・というものは、「奏法がかなり自由」です。
手のひらで叩いてもいいし、棒切れでもいい。
これが弦楽器などとは大きく違うところのように思います。
そして、今日も、みんな、思い思いのやり方で楽器を鳴らして楽しむことができました。
充実の午後、ステキな午後でした。

また来てくださいね!「西坂先生」!
by taka_hornetblue | 2012-11-29 00:19 | ボランティア

大塚れなさんと、アロマクラフトを楽しんだ午後。

9月にヴォーカリストとして、職場を訪れてステキな歌声を響かせてくださった、「天使の歌声」の大塚れなさん。
10月24日は、アロマセラピストとして、再び職場を訪れてくださいました。
れなさんは、本格的にアロマについて学んだ、アロマセラピストなのですが、いまなお、様々な講習会、勉強会での学びを怠らない方です。

JR福岡工大前にお迎えに行くと、大きな大きな袋を手に、待っていて下さいました。
私よりも少しお年上なのですが、本当に、かわいらしい方です。

今回は、アロマクラフトの指導をしてくださいました。
静かに準備をする、れなさん。
e0188087_22493474.jpg

e0188087_2250912.jpg


机の上に並べられたものは、
100均の紙粘土と、ちょっと紙質のいい、お茶パック。
それにリボンと、エッセンシャルオイル。ビニール袋。

最初、それらの材料が机に並んだとき、なにをどうして、匂い袋をつくるのか、さっぱり見当もつきませんでした。
しかし、れなさんのご指導のもと、みんなで作業していくと・・・。
こんなステキな匂い袋が完成!
e0188087_2253596.jpg

中には、いい香りのする丸い可愛い紙粘土ボールがぎっしり。
e0188087_22544242.jpg


☆作り方です☆
・紙粘土を小さめに成型する。(丸めてもいいし、花びらのような形にしても☆)
・お茶パックに入るくらいの量ができたら、成型した紙粘土を、ビニール袋に一度いれる。
・好みのエッセンシャルオイルを3,4滴。
・袋の口を持ってシェイクして、しっかり香りを移す。
・お茶パックに、香りの移った紙粘土を入れ、閉じてリボンを飾る。
(予算があるなら、オーガンジーの袋に入れると良い)

れなさんは、2回目の来訪でしたが、一緒にクラフトを作る方たちのことを、本当によく理解して、準備してきてくださいました。

「みんなで活動できる」材料の選択。
「それぞれの意思」が反映されること。
(今回は精油を3種類持ってこられ、その中で選択できるようにされていました)

アロマオイルのいい香りに包まれて、優しい時間が過ぎていった午後でした。

・・・そして、クラフトの時間が終わって・・・
私はれなさんを、天神までお送りしました。
そこで、少し時間があったので、2人でお茶しました♪
2人とも、迷わずケーキセット!
e0188087_23281261.jpg

「大人の恋愛談義」などなどに花が咲き、とても楽しい時間でした!

【簡単アロマクラフトの、アフターケアについて】
これを書き忘れていました。
紙粘土とエッセンシャルオイルで作る、簡単アロマクラフト「匂い袋」、大体1週間ほどで香りが薄くなってきます。
香りがうすくなってきたときの、アフターケアについてです。

○準備するもの
・100ml入る、空のボトル(できれば、10mlごとに目盛りがついているもの)
・水(出来れば精製水)
・エタノール
・エッセンシャルオイル(最初につけた香りと同じもの)

○手順
・ボトルに、10mlのエタノールを入れる。
・ボトルに、90mlの水を入れ、100mlにする。
・匂い袋につけたものと、同じエッセンシャルオイルを3,4滴、ボトルに落とす。
・ボトルの中身を降り混ぜ、匂い袋の中にシュッシュッと吹きかける。

以上です。
とても簡単です。
アフターケアーをしながら、長く香りを楽しんでいきたいです☆
by taka_hornetblue | 2012-11-02 23:25 | ボランティア

透き通ったピアノの音と歌声が響いた午後。

9月12日水曜日、私の職場に、「鍵盤」の木下順子さんと、ボーカリストの大塚れなさんが、ボランティア演奏に来てくださいました。
e0188087_23214988.jpg

13時30分~14時10分までと、14時20分~15時までの2回、演奏してくださいました。

セットリストです。
♪13:30の部♪
アメージンググレイス(アカペラ)
愛は花、君はその種子
童神(わらびがみ)
いのちの歌
名前のない空を見上げて
ありがとう(平原綾香)
未来へ
アヴェ・マリア(カッチーニ)

♪14:20の部♪
アメージンググレイス(アカペラ)
愛は花、君はその種子
明日(平原綾香)
you raise me up(ケルティック・ウーマン)
いのちの歌
ありがとう(平原綾香)
名前のない空を見上げて
アヴェ・マリア(カッチーニ)

素晴らしかったです。
澄み切った秋の空のかなたまで、どこまでも飛んでいきそうな、れなさんの歌声。
e0188087_23241919.jpg

歌うようなピアノもさることながら、ていねいに、曲の説明もおりまぜて下さる順子さん。
e0188087_2325157.jpg


お2人の、心と魂のこもった演奏に、いつも半分目を閉じている方が、「アヴェマリア」の一番高い音のところで、パッチリ目を見開くと、という驚きの現象もおこりました。
本当に、ありがとうございました。

れなさんは、この日初めてお会いしましたが、とてもチャーミングな、可愛らしい方でした。
アロマテラピーの勉強もされていて、そちらでもボランティア活動されている、とのことで、図々しく、さっそく来ていただくようにお願いしてしまいました。
順子さんとれなさんは、もう○十年にも及ぶ大親友とか。
お2人が積み上げてきた時間が、演奏にもそのまま表れているようでした。
おだやかに、おだやかに。
なだらかに、なだらかに。
心をこめて、1つ1つの音を紡いでいく。
そんなお2人が、これからも、いろいろなところで、「奇跡と不思議」をおこし、「喜びとたのしさ」を生み出していかれますように。
by taka_hornetblue | 2012-09-14 23:34 | ボランティア

大庭繁さん、来る!

今日は初めて、カラフルの仲間「大庭繁さん」が、私の職場にボランティア演奏にやってきます☆
午前中から準備万端・・・のはず・・・。

いまから待ち合わせ場所に向かいます!
午後の時間が、ステキなひとときとなりますように!
そして、次へとつながっていきますように!

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

そして、すべて終了して、いまは夜です。
大庭さん、2ステージでしたが、1ステージ目、珍しいことにめちゃ上がってらっしゃいました(^^)
ほとんどミスしたことのないような曲でミスしたり、普段のトボけたMCも影をひそめて、カチンコチンと固く、
「いったいどうしたのぉ~」。

しかし、2ステージ目では、普段の、いえ、普段以上の大庭繁さんでした!
e0188087_21405050.jpg

みんなニコニコと大喜び。アンコール!アンコール!の声も出ました。
ステキなコンサート、ステキな時間でした。
これを縁に、時々ボランティア演奏に来られるかも、とのことで、うれしい限りです。
音楽は、本当に人と人を、言葉以上のなにかでつないでいくのですね。
今日はそのことを、目の当たりにしました。

大庭繁さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。
9月には、木下順子さんと大塚れなさんが、来てくださる予定です。
心からお待ちしています(^^)/***
by taka_hornetblue | 2012-05-30 12:30 | ボランティア


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧