シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧


鍋炊きごはんにチャレンジ!

昨日の夜中、久しぶりに胃痙攣に見舞われ、「うーむうーむ」と唸っているときに、気を紛らわそうとヨシケイ(食材配達)のカタログを見ていました。
そこに、「ビストロパパ」なる方の連載がのっているのですが、今回は「鍋炊きごはんの炊き方」が書いてありました。
これがめちゃくちゃシンプルで、以前、料理雑誌でみたときには「めんどくせー」と思ったような気がするのですが、このやり方なら私でも!と思い、今日さっそくチャレンジしました。
ちなみに私自身は玄米大好き人間なので、鍋炊きの白ごはんはキッズ用です。
玄米の濃い味になれてしまうと、多少もっちり感に欠けていても、どうも白ごはんは物足りなく感じます。
キッズたちは「母ちゃんのご飯は食えん」と言いますが。(キッズ用、私用に炊飯器も分けてます)

さて、「ビストロパパ」氏による鍋炊きごはんの炊き方です。
鍋は、うちには適当な大きさのものがなかったので、ミスターマックスで1480円の、大きめのテフロン加工の深鍋を買ってきました。じゅうぶんでした。

①米1合あたり水200ccを加えて30分浸す。(私はここだけは少し時間かけて、朝浸水させていって、帰ってきてすぐザルに上げ、しばらくしてから水加減して炊き始めます)
②蓋をして強火にかける。
③沸騰したら弱火にして、13分炊く。(タイマーをかけると確実です)
④13分たったら火を消して、蓋をしたまま10分間蒸らす。(10分タイマーをかけて、子どもたちと待っている間がかなりわくわくします)
⑤いただきます!

実にシンプル、そしてたくさん炊く場合には、炊飯器で炊くよりもずっと短い時間で炊けます。
鍋炊きごはんを定番にしようかな、と思っています。
by taka_hornetblue | 2010-10-28 22:13 | グルメ

セブンにLiveムービーメーカーがどうしても入りません。

セブンになったとたんに、ムービーメーカーはLiveムービーメーカーとなってデフォルトで入っているものではなくなり、自主選択でダウンロードするものに代わりました。
職場のセブンマシンに入っていたのはDVDメーカーだけで、こんなもん単独で入っていて、なにか使い道あるんでしょうか?
私はやったことありませんが、たとえば他のソフトで書き出したビデオデータを、DVDメーカーで編集する、なんてことが可能なんでしょうか?まさか。
一度書き出したビデオデータは、チャプターなどもすべて「編集済み」の状態のはずですよね。たぶん。
ということは、この段階でDVDメーカーの出番はもはやないように思われます。

なのに、なぜDVDメーカーだけが入っていて、ムービーの編集ソフトが入ってないのか、本当に理解に苦しみます。
そしてまた、このLiveムービーメーカーが入らないんです。
何度やってもエラーが出ます。
お手上げです。
Liveムービーメーカーでは、以前対応していなかったmovファイルにも対応しているので(私のデジカメ動画はmovファイル形式の動画です)、こりゃラッキーと思っていたのですが、入らないんじゃどうしようもありません。

結局職場のセブンマシンにもDVDFlickを入れました。
すんなりインストールでき、起動もでき、無駄な時間をユーザーに使わせない優秀ソフトです。
by taka_hornetblue | 2010-10-27 21:06 | コンピュータ

子どもの進路問題で、担任と進路担当と激突モードです。

このところ、子どもの高校受験について、子どもの担任と、進路担当者と激突モードです。

ことの起こりは、子どもが受けたいと言っている高校の、受験日程をまったく教えてくれず、受験先に尋ねたところ、「先週入試要項は各学校にお渡ししています。」との返事。
しかし、受験先の学校は親切で、いろいろ教えてくれました。

ところが、受験先から子どもの学校に「どうなっているんですか?」という問い合わせがあったらしく、子どもの学校の進路担当から、端的に言うと「恥をかかされた」というような抗議の電話がありました。
これって、一般社会では、「お手数かけました。」というところではないでしょうか?
この話には後日談があって、今日、その学校の入試要項のコピーを、その進路担当者から子どもが貰ってきました。
貰うとき、進路担当者から、
「僕が渡していないと思われたら嫌だからな。」と言われたそうです。
これまた、社会人としてどうなんでしょうか?

加えて、担任からは
「その学校は無理」
「入学できても続かないだろう」
と息子に連日の「あきらめろ面談」。
そして今日に至っては、今まで全く意識にもなかった学校の名前を担任が挙げ、
「ここの入試を考えとけ」

聞いた瞬間、子どもは「おーお、これでまた母ちゃんが激怒するだろうなあ」と思ったらしいです。
そのとおり、激怒しています。
これら一連の担任と進路担当の態度に、「生徒の将来を支援しよう」という情熱と愛情が全く感じられないところが、激怒の根幹なような気がしています。
激怒する私が間違っているのでしょうか?

担任、進路担当とはいえ、子どもが卒業してしまえば「赤の他人」です。
もちろん、中にはいつまでも心にかけて下さる先生もいらっしゃいます。
しかし、その先生がたでさえ、子どもの将来に責任があるわけではありません。
無論、独立してしまえば親ですら「あとは達者でやってくれぃ」となりますが、それまでは、親と子は一蓮托生のところがあります。
「卒業後は赤の他人」に、ごちゃごちゃ言われたくない、と思う次第です。
もっと生徒、そして保護者の思いを支援するような進路指導ができないものでしょうか。
by taka_hornetblue | 2010-10-23 00:20 | 育児

カエルマニアの小学5年生の机の上は。

e0188087_2149130.jpg

驚くくらいの数です。
聞けば25あるらしいです。
よくまあ集めたものです。
わたしは「コレクション」の経験があまりないので、「へえ~」という感じです。
私が「コレクション」したことのあるものといえば、
・紅茶のティーバックの紙(なんでだか、幼稚園のころ、ティーバックの周りのジャバラ?がすごく好きでした。同じものをたくさん集めていました)
・えんぴつ(小学校時代。集めても集めてもキリがなく、引き出しいっぱいになったところで終了)
・切手(大学時代。おこづかいが続かなくなり、あっという間に挫折)
このくらいです。

どれもこれも長くて1年くらいなので、4番目のカエルマニアのように、何年も集めつづけることのできる「情熱」に脱帽、というところです。
by taka_hornetblue | 2010-10-22 22:06 | 育児

松本清張に出てくる女性には、時々イライラ~ッとします。

松本清張が生きた時代のせいもあるのでしょうか。
彼の小説の中に出てくる女性には、ときどき、とんでもなくイライラさせられます。
ついこの間も、『花氷』を読んでいる途中、「馬鹿じゃないの?」という言葉とともに本を投げ捨ててしまいました。

下心の見え透いている性悪男に、「きちんとした約束」をして欲しくて、2軒、3軒とバアをつきあい、挙句の果てには家に上げてしまうとか。

ありえません。
今の女性たちは、昔のオトコに今の住所をつきとめられたら、とっとと引っ越すことでしょう。
バアにつきあう?家に上げる?とんでもありません。

こと女性描写に関していえば、松本清張はどうもいまひとつ・・・ということが50%くらいの確率であるように思います。これは男性読者にはきっと理解できない心情ではないかと思います。

とはいえ、私は決して松本清張嫌いではなく、ファンであることに間違いはありません。
たくさん読み出したのはここ2,3年ですが、時にイライラ~っとしつつも、やはり本屋に行けば真っ先に松本清張のところからチェックしています。
by taka_hornetblue | 2010-10-21 21:40 | 松本清張

ウィンドウズメディアプレイヤーでmovは再生できないと思っていましたが・・・。

今日、職場のセブンのメディアプレイヤーではmovビデオが再生できることを知りました。
それから、セブン機は職場にしかないため、「なんでムービーメーカーがないのかな。」と思うだけだったのですが、ビスタ以前のムービーメーカーにあたる、Live Movie Makerというソフトが無料でダウンロードできることを知りました。
それはmovビデオに対応しているようです。
今度やってみようと思います。
いろいろな方の使用感の報告によれば、「すぐ固まる」とか、「使い物にならない」というものから、「めちゃくちゃ使いやすい」というものまで、様々です。
自分でも一度使ってみようと思います。

なんといっても、ファイル形式によって、いちいち再生ソフトや編集を変更する、というのは大変面倒なことなので、できれば一本化したいのは山々です。
by taka_hornetblue | 2010-10-19 23:14 | コンピュータ

フェルトでオリジナルキャラクターの「大根マン」制作。

ヒマさえあれば工作と手芸をしている4番目の子が、今日はアイロンの上でなにやら一生懸命していました。
のぞきこむと、
「いま集中しているところだから、見ないで。」

出来上がってから、その作品を「プレゼント」だといって私にくれました。
オリジナルキャラクターの「大根マン」だそうです。
e0188087_028799.jpg

左の大きいのから順に
私、姉、兄、姉、自分、だそうです。
このままにしておいても、どこかにバラけてしまうので、パソコンに貼り付けました。
e0188087_0292445.jpg

貼り付けた「大根マン一族」をみて、4番目が喜んでいました。
けっこうかわいいです。
by taka_hornetblue | 2010-10-18 00:31 | 小学生の工作と手芸

カードリーダー不調続編。ビスタのUSBポートの認識を簡単に調べました。

カードリーダー以前に、もしやパソコン本体のUSBの認識ができてないのかも、と一応は疑い、検索しながら調べてみました。

私のビスタの場合の手順です。
1.コントロールパネルを開き、クラシック表示にします。
e0188087_1530351.jpg

2.このなかの、「システム」をクリックします。
e0188087_1530524.jpg

3.デバイスマネージャーを開きます。「あなたの許可が必要です。」というメッセージが出ますが、「続行」をクリック。
e0188087_1532640.jpg

4.デバイスが表示されますので、「ユニバーサルシリアルパスコントローラ」をクリック。
e0188087_1534910.jpg

5.認識されていれば、下のような表示が現れ、認識されていなければクエスチョンマークが現れるようです。
まず、職場用に買っておいたカードリーダーを差し込んでチェック。
e0188087_15351956.jpg

e0188087_15445594.jpg

不調になったと思われるカードリーダーを差し込んでチェックすると・・・。
e0188087_15453363.jpg


ということで、私の場合は上記のようにUSBポートそのものは正常に動き、カードリーダーが不調だということのようです。
実は、差し込むメディアをいろいろ変えて試してみましたが(とりあえず、試せるだけ試さないと納得できない性分です)、やはりいまひとつでした。
ここにきて、カードリーダー買い替えが現実的になりました。
by taka_hornetblue | 2010-10-17 15:37 | コンピュータ

カードリーダーにも寿命があるようです。

カードリーダーには寿命はないと考えてよい、といろんなサイトに書かれているようですが、やっぱりモノである以上、寿命があるように思います。
私の場合、転送速度がこのところ落ちてきて、認識具合も悪くなりました。
職場用にこの頃買ったカードリーダーを使ってみると、転送速度も速く、メディアの認識もさっといきます。

もちろん、古い新しいの差はあるのでしょうが、ちょっと前まで普通に使えていたリーダーなので、やはり少しずつ寿命がきている、と考えたほうが無難なように思います。

前から使っているカードリーダーは、ハブ兼用なので、ずいぶん便利で使い倒してきました。
ところが、このところ私の頭では理解不可能なことが起こっています。
それは、「プリンタケーブル」をつないでいるとSDカードが認識され、「プリンタケーブル」を外すとSDカードは突然認識されなくなる、ということです。(まさかそんなこととは思わないので、外付けハードにSDカード内のJPEGデータを転送していたところ、プリンタケーブルを抜いたとたん、「データがありません」とメッセージが出ました)

どなたかこの理由を教えてください。
とりあえず、このリーダー兼ハブは使用凍結しかないかな、と思います。
意地になって使っていて、データが転送中に損傷しては困るかな、と。(そんな心配は無用なのでしょうか)
まあ、「君子危うきに近寄らず」。近日中に家用のリーダーを買ってこようと思います。
by taka_hornetblue | 2010-10-15 23:06 | コンピュータ

フェルトで手縫いの筆箱。オリジナルキャラクターが笑えます。

工作好き4番目の最近の作品。フェルトの筆箱です。
e0188087_2212384.jpg

左が「ちょんまげくん」で、右が「アフロちゃん」。
4番目オリジナルキャラクターです。
この子のオリジナルキャラクターには他にも「大根マン」とかがいて、2,3年前「大根マンごっこ」にハマっていたときは、大根の形のかぶりものを手作りして友だちと遊んでいました。

この「ちょんまげくんとアフロちゃん筆箱」は私へのプレゼントです。
全部手縫いです。
工夫したところは、実はキャラクターではなく、継ぎ目の縫い方だそうです。
e0188087_2215244.jpg

開け閉めしても壊れないように、しっかり縫った、とのことでした。
後ろには製作者4番目のサインならぬアップリケ入りでした。
e0188087_22161270.jpg

by taka_hornetblue | 2010-10-15 22:17 | 小学生の工作と手芸


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧