シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


さよなら、「草ヒロ」ホンダフィット。

日曜日、ついに9年間乗ったホンダフィットと別れを告げました。
せめて20万キロは乗りたかったのですが、19万9695キロで挫折。
e0188087_23191879.jpg

とくに最後の1週間は走行中のノッキングもひどく、信号待ちで何度かエンストし、かなりヤバイ状態でした。
なんとかもってよかったです。

いよいよホンダに持っていって代車と交換するとき、子どもたちと記念写真を撮りました。
フィットに別れを告げる下3人の子たち。
e0188087_23213767.jpg

現在高校1年の真ん中の双子が小学校に入学した年の6月に買った車なので、この子たちの義務教育の9年間は、この赤フィットとともにありました。

いよいよホンダに到着し、代車に全て荷物を移し変えて、ホンダのスタッフに写真を撮ってもらいました。
e0188087_23234715.jpg

この後代車のこれまたフィットに乗って帰りましたが、走行中のあまりの静かさにびっくり。
ううむ、本当にあの赤フィットは「老体に鞭打って」よくがんばってくれたんだなあ、と今更ながらシミジミと思いをはせました。
さよなら、私の赤フィット。「草ヒロ」と言われながらも、本当によく走ってくれました。
次に来るフィット2世も、同じくらい長くつきあいます。
by taka_hornetblue | 2011-06-28 23:26 | 日常

バケツプリン成功!

一昨日、4番目の子とバケツから買いに行って作った「バケツプリン」、昨日の晩ごはんの時に出しました。
冷蔵庫から出し、ラップをとって傾けると、きちんと固まっている様子がわかります。
e0188087_23343227.jpg

何度か揺すってみて、「このまま出せそうだね」ということになり、お皿の上にバケツをひっくり返します。
e0188087_23352181.jpg

この状態でお皿ごと上下に揺すると、ごとん、と音がしてプリンがお皿の上に落ちたようです。
崩れてないかな・・・と、ドキドキしながら、4番目がバケツをそぉ~~っと持ち上げます。
e0188087_233642100.jpg

カンペキ!
e0188087_23365913.jpg

搾り出すだけの、かんたんホイップを、プリンの上に絞り出してデコレーションします。
e0188087_23374292.jpg

e0188087_23375848.jpg

完成!
e0188087_23381611.jpg


ハウスプリンエル3箱分の、この「バケツプリン」、とってもおいしいのですが、実は1日たった今日もまだ残ってます。
さすがに3箱分は多いです。
もう1回り小さいバケツで、ハウスプリンエル2箱分くらいが、ちょうどいい分量かもしれません。

次回は、ゼリエースのいちご味の箱に、アレンジメニューとして「いちごババロア」の作り方がのっていたので、「よし、いちごババロアを作ろう!」と4番目と2人で話しています。
今年4月から長女は独立して家を出、真ん中の双子は高校生になって、それぞれの生活に忙しく、小学生の4番目は、登下校その他、急激に寂しくなりました。
けれど、私が4月の人事異動で転勤し、今までで一番家から近い職場になったので、帰りが幾分早くなりました。
おかげで、4番目と夕方買い物に行ったり、ちょっとマックやロッテリアでお茶したり、こういうデザートを一緒に作ったりすることができるようになりました。
こんな夕方のひとときこそが、後々とても懐かしく思い返すことなのかもしれません。
by taka_hornetblue | 2011-06-23 23:45 | 育児

特大プリン!

カラフル春日ライブから1週間が過ぎ、ブログのライブレポートのアップも終わって、やっとひと段落ついたところで、4番目と「特大プリン」をつくりました。
簡単に「ハウスプリンエル」を2箱買ってきて、ボウルで固めただけですが、お皿に出すときは4番目も私もドキドキしました。
キレイに出て、かなりうれしい!
e0188087_22282271.jpg

ホイップで4番目が飾り付けました。
e0188087_22284965.jpg

最初にスプーンを入れる4番目の子の手です。
e0188087_22294089.jpg

そして今日、職場の同僚が、「バケツプリンも楽しいですよ。」というので、よし、やってみよー、と100均に4番目とバケツを買いに行きました。
本当はブリキのバケツとかがオシャレなんでしょうが、100均に売ってたブリキのバケツは「防水加工はしていません。水を入れると漏れることがあります」と書いてありました。
万が一冷蔵庫の中でプリン液がダダ漏れしたとしたら・・・想像するだに恐ろしい事態となってしまいます。
なので、ブリキはあきらめ、プラスチックのバケツにしました。
今日は「ハウスプリンエル3箱分」です。
バケツに入れたところで、ラップをかけます。
e0188087_22325443.jpg

いそいそと冷蔵庫へ。
e0188087_223316100.jpg

さて、想像どおり、お皿にでっかいプリンを登場させることができるでしょうか。

明日の晩ごはんで登場予定です!
わくわくわくわく・・・。
by taka_hornetblue | 2011-06-21 22:34 | 育児

Colorful(カラフル)春日ライブレポート、その3。

長い長いライブレポートですが、いよいよこれで最後です。
10番目以降の終盤は、演奏順の入れ替えがかなりありました。
社会人バンドの常として、メンバーの中にはライブ当日仕事の方もいらっしゃるわけで、メンバーが揃わないバンドと、いま揃っているバンドの順番の入れ替えをかなりしました。

10番目は、本当なら「大豆&コーンフーズ」というツェッペリントリビュートバンドだったのですが、時間までに揃わず、急遽カラフル初出演のBAD FIXXXER。
e0188087_22593064.jpg

BAD FIXXXERのボーカルと、一時期一緒にバンドしていたこともあり、懐かしかったです。
また、昨年の「ベタメタル。」のライブに、BADのギタリスト、義人さんが来てくださって、いろいろと仲良くお話させていただいていたので、BADは精神的にとても近しい存在でした。
ご一緒にライブできて本当にうれしかったです。
e0188087_22594611.jpg

おそらく、今回のライブ出演者のなかで、若い順で3本の指に入る、ベーシストさんとギタリストさん。
e0188087_2305128.jpg

なかなか絵になっております。
e0188087_2322958.jpg

他のバンドマンたちと、いろいろと話がはずんだとか。「交流」がカラフルの大きな目的のひとつなので、とても嬉しいです。
ぜひまた、カラフルライブに参加してくださいね。


そして11番目は、こちらもカラフル初出演、大豆&コーンフーズ。
e0188087_239168.jpg

ボーカルがライブ直前に震災の影響から急遽避けられない出張が入り、ライブにバンドとして出ることが不可能となりました。また、ベーシストさんも、参加ができなくなってしまいました。
しかし、ボーカルとベースを、DMM(Drive Me Mad)のメンバーがサポートし、ぶっつけ本番でツェッペリンのロックンロールを演奏することが叶いました。
大豆&コーンフーズは今回が初出演ですので、DMMのメンバーとは当然今回が初対面です。
しかし、初対面、ぶっつけ本番、なんてどこかに消えてしまうくらいの、ノビノビとしたロックンロールを聴かせてくださいました。
e0188087_2384693.jpg

この次には、ぜひフルメンバーで参加してくださいませ!


12番目はオールディーズバンドのCrusin'Cat。
前回同様、今回もヘルプドラマーさんでの参加だったのですが、前回といい、今回といい、美人ドラマーを連れてこられるのがビックリです。
e0188087_23111931.jpg

最初にお会いしたときから、ずっと「誰かに似ている・・・」と思っていて、しばらくたって気づきました。
若い頃のアグネス・チャンにそっくりでした。
Crusin'Catは美しき女性ミュージシャンがメンバーの半分以上を占めるのが1つの特徴です。
キーボーディストは、休む間もなく、フルで鍵盤と向き合っての演奏でした。
e0188087_23162927.jpg

e0188087_2317017.jpg

オールディーズは、聴いていると自然に身体が動き出します。
知らず知らずのうちに、オールディーズって、身体の中に入ってきているものなんだなあ、と改めて思います。
今回は私が写真を撮るのに忙しく、ダンスモードになかなかなれませんでした。
残念・・・。次回はまた踊り狂います。


さて、このあと順当にいけば13番目は「天国」で14番目ラストが「DMM」だったのですが、この日は大雨。
「天国」のドラマーは熊本から福岡入りされるのですが、家を出て5時間近くたっても南関インターにのれない、という状況でした。この時点でもまだ九州道にはのっていませんでした。
もう到着は無理かな・・・と思ったのですが、最後の最後まで望みを捨てずに、最後のDrive Me Madと「天国」を入れ替えました。
Drive Me Madの演奏。
e0188087_23253660.jpg

e0188087_23471222.jpg

DMMのドラマーとギタリストとは、学生時代、それから数年前、一緒にバンドをしていました。
昔からの友人と、この年になってもつながっている、ということは幸せなことです。
バンドとして、きちんとまとまっている、大人のバンドでした。
・・・しかし、ギタリストのムラタさん、お会いするたびに、大きく、大きく、大きくなっていっているような・・・。


いよいよ最後、「天国」。
「天国」は前回の3月大橋ZOEライブが、カラフルライブ初出演だったのですが、このときにはDMMは不参加でした。したがって、この2つのバンドは今回が初対面です。
しかし、「天国」のドラマーが間に合いそうもない、という切羽詰った状況になったとき、DMMのドラマーが「天国」ヘルプを快く受けてくれました。
DMMのドラマーを迎えての、「天国への階段」。
e0188087_23302853.jpg

ライブバージョンのため、独特のドラムの入り方だったと思われるのですが、DMMのドラマーはギターとベースの動きをしっかりと見ながら、きっちりとついていきました。
鳥肌がたつくらい、素晴らしい演奏でした。
最後の最後にドラマーが間に合い、1曲演奏することができました。
e0188087_2335284.jpg

本当によかったです。
熊本から会場まで、実に7時間以上かかったと思います。
お疲れさまでした。
次回、9月のカラフル大橋ZOEライブでは、ぜひリベンジしてください!


以上、長い長いライブレポートでした。
毎回毎回、カラフルライブはメタル・ロック・オールディーズ・フュージョン・クラシックギターなどなど、10バンド以上が出揃います。
これからも、お互いに学びあい、楽しみあい、交流しあえるようなサークルの場であるように、と願っています。
by taka_hornetblue | 2011-06-17 23:41 | colorful(カラフル)

Colorful(カラフル)ライブvol.3 春日ライブレポートその2。

さて、6月11日土曜日に行われた、カラフル春日ライブレポートその2です。
今日は5番目からのレポートです。

5番目に登場したのは、「Captain Cry」。
今回から、キーボーディストが参加しています。
e0188087_21524133.jpg

なかなかアマチュアのライブではお目にかかれない、2段組のキーボードを駆使しての演奏でした。
ドラマーは、ロッソ・JBandでも大活躍の夏田広巳さん。
e0188087_21575244.jpg

前回のカラフルZOEのときにも書いたのですが、Captain Cryの一番の特徴といっていいのは、
「メンバーの人柄のよさがプレイの隅々にまであらわれている」
ということではないかと思っています。
ステージでは、どちらかというとおとなしい感じのベーシストさんですが、スタジオでは大暴れしているとか?
次回はぜひ暴れてくださいね。


6番目はROSSO。
バイオリン2人、ドラム、ベース、ギターという構成のロックバンドです。
e0188087_2235469.jpg

e0188087_227037.jpg

タイタニックのテーマ、バーンの「ロリポップバージョン」(なんのこっちゃ)、
それに、スペイン・ライスラボニータ・情熱大陸の「ラテンメドレー」。
こういう構成のバンドは、なかなかレパートリーが増えません。
ちょっと進んではちょっと後退し、またちょこっと進んではちょこっと後退する、この繰り返しです。
それでも、このメンバーで固定してから、はやくも4年はたつのではないでしょうか。
これからも楽しみながら、ずっと続けていきたいです。


7番目は、いまやすっかりカラフルの顔、GRANDPAS。
e0188087_2291398.jpg

毎回毎回、演奏が素晴らしいだけではありません。
一番のベテラン、大先輩なのに、いろいろと腰軽く多方面から協力してくださっています。
ドラマーは、誰よりも早く、前日にドラムセットを搬入し、組み立ててくださいました。
e0188087_22172368.jpg

今回、リーダーの方に写真データを差し上げたときに、「楽しいことをしているのに、顔が楽しそうでない」ことに気づいて、反省しています、というようなメールをいただきました。
けれど、このバンドのすごいところは、ニコニコしてようが仏頂面だろうか、そんなところには全く関係ないところで、「音楽を楽しみ続けてきたバンドマンオーラ」が立ち上っているところだと思います。
わたしもいつかは、ステージにただ楽器持って立っているだけで、そんなオーラが漂えるようになったらいいなあ、と思います。


さて、8番目は進入禁止。
ついにドラマーが決まり、久しぶりに正規の固定メンバーでの出演です。
新メンバーのトリー内藤さん。
e0188087_22185849.jpg

外国語も堪能なインテリドラマーさんなのですが、そんなことはこれっぽっちも表に出さず、みんなのために、陰で本当によく働いてくださいました。
搬入・搬出は言うに及ばず、他のバンドの動画を撮ってくださったり、合間に私に「食べてないでしょう?何か買ってきましょうか?」と気遣ってくださったり、どれだけ感謝しても足りないくらいです。
このライブ中に、ご家庭でとても嬉しいことがあったとのこと、本当におめでとうございます。

進入禁止としては、やっと固定メンバーとなったので、久しぶりに新しい曲を演奏しました。
私はベイシティローラーズ世代で、ベイシティの曲を2曲歌いました。
e0188087_2224668.jpg

歌っていると、中学校の頃の私がどこかに現れてくるような感じでした。
リーダーも、赤いタータンチェックのパーカー姿でした。
e0188087_22263681.jpg



ライブも後半になって、9番目は「ベタメタル。」
今回はボーカルはツタンカーメンでした。
e0188087_22285014.jpg

相変わらずの大バカ軍団で、自分たちがはしゃぎまくり、大騒ぎしまくりでした。
まあ当然なんですが、私たちはライブ前にMCの打合せなど全くしません。
なので、曲順はきちんと覚えておかないと、ボーカルがいかにも「次の曲だぁぁぁ」という感じで喋りを切ったときに、曲に入り損ねます。
今回はギターが思い切り曲に入るのを忘れ、しぃぃぃぃぃぃん、と静まり返る場面がありました。
まあこれはこれで面白かったです。
今回も最後に、クラシックギターの大庭繁さんをゲストに迎え、「アダムの林檎」を演奏しました。
e0188087_2238562.jpg

ここのところワイヤレスにした私が、しょっちゅうノコノコと大庭さんのところに出かけていくのが、めちゃくちゃ邪魔だったそうです。いや~、ごめんごめん。(またやったろー)

・・・というあたりで、カラフル春日ライブレポートその2はいったん〆させていただきます!
この次で最後のレポートとなります!
by taka_hornetblue | 2011-06-17 22:42 | colorful(カラフル)

Colorful(カラフル)ライブvol.3 春日ライブレポートその1。

6月11日土曜日に、春日市ふれあい文化センターサンホールで行った、カラフル春日ライブのレポートです。
今日は早くも木曜日。もっと早くアップしなきゃと思いつつ、今週から職場で「プール」が始まったので、プールに入水した日は動くのも大儀で・・・。
いやー、私は自分の仕事大好きで、生まれ変わっても今の仕事がいいと思ってる人間ですが、プールは苦手です。入ってるときは楽しいのですけど、後の倦怠感が。

まあそんなことはどうでもいいとして、春日ライブのレポートです。

まず、永遠のトップバッター、「スーパー前座バンド」、JBandです。
e0188087_2237221.jpg

こんなに練習せずにライブしたのも初めてじゃなかったでしょうか?
ドラムソロとギターソロのかけあいが、最初の曲にはあるはずでしたが、すっかり忘れ果てておりました。
でもまあいいんです。
こんな感じで9年間。
これからもこんな感じでしょう。
3曲やって、最後の1曲は「ベタメタル。」のボーカル兼ROVERのボーカル、かつ私の高校の同級生がゲスト参加。
e0188087_2239226.jpg

ホワイトスネイクのフールフォーユアラビングを演奏。

そして2番目は、ツェッペリントリビュートバンド、「Headley Grange」です。
ここのドラマーさんの、mixiの日記を時々拝見させていただいていますが、確かに今回、ベーシストさんがキーボードを弾かれました。(当然、「天国の階段」です)
このバンドは全員がコスチュームに身を固めること、いろいろと仕掛けがあることが特徴です。
e0188087_2242247.jpg

女性ボーカル、熱唱。
e0188087_22433833.jpg

ギタリストさんの、ダブルネックギター。
e0188087_2244495.jpg


3番目は、早くもカラフルの顔となりつつある、クラシックギターの大庭繁さん。
e0188087_22452613.jpg

彼のテーマといっても過言ではない(と私が思っている)「風笛」や、さまざま美しい曲が演奏されました。
ホールの音響のなかで奏でられるクラシックギターの音色は、本当に美しかったです。
ホールの隅々にまで、一音一音が届けられているような、そんな感じでした。
サンホールは若干古いホールなので、古いホール独特の、「アコースティックに強い」という特性がやはりあるように思いました。
大庭繁さんの演奏は、ホールのつくりにも叶った演奏であったと思います。
素晴らしかったです。
彼はまた、妙にトボけた語りに味があり、ぺらぺら喋る人ではないのですが、かなりMCが面白いです。
次回もまた、楽しみにしています。

4番目は、今回カラフルライブに初出演の、ROVER。
パープル、レインボーのトリビュートバンドです。
e0188087_0334633.jpg

ROVERのギタリストとは、進入禁止というバンドで、もう数年来の付き合いですが、彼が「リッチー前川」としてがんばるROVERは、なかなかボーカルとキーボードが定まらずに、長い間微妙な活動だったようです。
しかし、今回、「ベタメタル。」のボーカルがボーカルとして、また、彼の息子さんがキーボードとして参加し、一気にバンドとしてパワーアップしました。
キーボードの彼、数回の練習で初舞台を踏みましたが、なかなかどうして、大健闘でした。
e0188087_0345266.jpg

ドラマーはほとんどコージーパウエルでした。
重低音の出力に弱いホールの特性なんぞぶっ飛ばすような、力強いドラミングでした。
また、ROVERのドラマーさんは、前日の搬入作業で人の何倍も働いてくださいました。
地面から舞台裏の搬入口までの、1m45cmくらいの落差をものともせず、私のベースアンプやらなんやら、1人でひょい、と持ち上げて搬入口に入れてくださいました。
本当に感謝です。

とりあえず、ここで一度〆まして、この続きは次の記事で書きたいと思います。
ではでは。
by taka_hornetblue | 2011-06-16 22:58 | colorful(カラフル)

Colorful(カラフル)ライブvol.3 春日ライブが終了しました。

2011年6月11日土曜日、春日市ふれあい文化センターサンホールでの、カラフル春日ライブが無事終了しました。
雨、体育館でのイベント開催で駐車場が満杯、という状況でしたが、それでも参加者のみなさん、見に来てくださった方々、本当にありがとうございました。
また、前日、私たちの契約時間をはるかに越えて、音響関係を整備してくださったSLIのスタッフのみなさんに、心から感謝申し上げます。
アマチュアだからこの程度でいいだろう、なんてことは一切なく、すばらしい環境を整えていただきました。
前日のリハーサルのときには、音が若干回ったりしてしまっていました。
しかし、22時に私たちが撤収する少し前からSLIのスタッフがマイクチェックを入念にされており、翌日の本番では、いままでのカラフルライブの中で最高の音響でした。
ありがとうございました。

写真はリハーサル風景です。
e0188087_015426.jpg

ライブレポートは次の記事にて。

次回カラフルは9月24日の大橋ZOEライブです。
9月24日大橋ZOEでは、新しく参加して下さったバンドや、今回の春日ライブで、急遽メンバーが揃わなかったバンド、春の人事異動でしばらく活動休止していましたが、また再開するバンドなどが出演します。
またアナウンスしますので、お近くの方はどうぞお越しくださいませ。
by taka_hornetblue | 2011-06-13 00:19 | colorful(カラフル)

いよいよカラフルライブvol.3が目前です。

1年半から2年に1度くらいのペースで開催している、大きな会場でのColorful(カラフル)ライブですが、vol.3が目前に迫ってきました。
毎回、開催地の名前を冠して行っていますが、今回は福岡県春日市の、ふれあい文化センターサンホールでの開催のため、「春日ライブ」と銘打っています。
(ちなみにvol.1は野多目ライブ、vol.2は筑紫野ライブでした)

今までで一番キャパの広い会場なので、かなり不安はありますが、舞台さんが入ってのライブ、いい経験にも勉強にもなるはずで、楽しめたらいいな、と思います。

今回、初めて出演するはすのバンドの1つ「大豆&コーンフーズ」が、今回の震災の影響をうけ、急遽メンバーが出張となり、バンドとしては出演できなくなりました。
しかし、DMMというバンドのボーカルとベーシストがヘルプして、1曲、ステージでの演奏が叶うこととなりました。

もともと、カラフルは、「音楽仲間との交流」が主目的の1つなので、本当にうれしいことでした。

カラフル春日ライブ、6月11日土曜日12時からスタートです。
福岡県春日市のふれあい文化センターサンホールで行います。
入場は無料です。
フュージョン、ロック、メタル、クラシックギターなど、本当に多彩な、カラフルな仲間がそろいます。
どうぞみなさま、おいでくださいませ。
by taka_hornetblue | 2011-06-09 22:34 | colorful(カラフル)

何回目だっっ 使い方のなっとらん息子のパソコンクラッシュ。

高校一年の息子が、2年前、しょっちゅうパソコンを使っていた頃、わずか1年間に2回初期化しました。
セキュリティソフトをきちんと入れていたにもかかわらず、いろんなサイトを見まくって、かつイロイロとダウンロードしまくって、ある日どうもこうも動かなくなったからです。
その間に1度、ワンクリックを踏んでしまい、ポップアップが消えず、これも消すのに大変でした。

それからしばらくパソコン禁止だったのですが、高校に合格してからこの数ヶ月は解禁となっておりました。
そうしたら、今日。

帰ってみると息子の使っているXPマシンには深刻な状況を示すメッセージが出ており、その後は再起動もできず、セーフモードにもならずの状態です。お手上げです。
息子は「ヤバイ!!!」と思ったのか、雨の中逃走しておりました。

わずか4ヶ月半でこの有様。
今は私も忙しくて、とてもじゃないけど復旧させてやるヒマがありません。
どうせ勉強で使ってるものではなし、しばらく復旧させないことにします。
(しかし、何が原因なのか、探りたくて仕方ありませんが。)

帰ってくるなりイライライラ~~~っとした、今日の出来事でした。
by taka_hornetblue | 2011-06-08 00:49 | コンピュータ


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧