シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



<   2011年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧


夏が終わります。

昨日は、独立している長女も交えて、夏の終わりのカラオケ大会でした。
e0188087_1101570.jpg

4人の子ども全員で歌う曲がいくつかあったのですが、GReeeeNの「ソラシド」という曲、私は初めて聴きました。
4人で声合わせて歌っているのをみていると、なんか、じぃぃぃぃぃん、ときます。
いろいろある我が家だけど、何があっても4人結束して生きていって欲しいな、とそれだけを願います。
GReeeeNの「ソラシド」が途中1回、ラスト近くで1回。
そして昨日のラストソング「みんなで歌おう」は「アジアの純真」でした。
みんな、熱唱。
e0188087_1103436.jpg
e0188087_1104163.jpg
e0188087_1104960.jpg

さあ、秋が始まります!
秋は本当に忙しいです。
年末まで、一気に走りぬけよう!
そしてまた年末カラオケ大会だ!
by taka_hornetblue | 2011-08-31 11:02 | 育児

バイオリンロックバンドROSSO、博多ケントスライブ動画。

バイオリンロックバンドのROSSOが、8月28日の日曜日、博多ケントスのハウスライブで、ライブさせていただきました。
e0188087_1513198.jpg

プレイは「わやくちゃ」なんですが、スペイン→ラ・イスラ・ボニータ→情熱大陸、のラテンメドレーをyoutubeにアップしました。
バイオリンロックバンドROSSO_博多ケントスライブ

私が一番の「わやくちゃ大将」であります。
どだい私はハカセタロウ氏ではないので、お客さんと一緒に盛り上がろうと思った段階で、
・騒がずにきちんとプレイに専念。
・プレイを捨てて大騒ぎ。
この二者択一しかありません。
(で、後のほうをとったわけですね)
で、なぜ恥かくことをものともせず、このような動画をアップしたかといいますと、博多ケントスライブの、この客席との一体感を、少しでも味わっていただけたらな、と思ったからです。

ケントスは、オールディーズメインのライブハウスで、常連さんはみんな曲により、「お揃いのステップ」を踏んで踊ったりするのですが、別に「揃いのステップを踏まんでも仲間はずれにならない」、というおおらかさがあります。
ほら、よくありますよね、常連さんがハバをきかせていて、同じステップ踏んだりできないと、「この新参者め」という感じで、なんとなく仲間はずれっぽい雰囲気になるってことが。
けれど、博多ケントスは、そんなこと全然ありません。
どんな妙ちきりんなステップであろうが、まったくオッケー!みんなで盛り上がろうよ!という雰囲気に満ちています。

だから、私たちのバンドが、オールディーズのエッセンス皆無であっても、会場のこの盛り上がり、この声援です。
本当にあたたかな、楽しい場所です。
会場とのこの一体感、みんなで青春時代、のこの雰囲気を、少しでも味わっていただけたらうれしいです。

徐々に、騒いでもきちんとプレイできるようになっていく所存ですので、プレイのアラは、どうぞ情愛をもって「笑って許して」くださいませ。
by taka_hornetblue | 2011-08-30 01:51 | 音楽

バイオリンロックバンド、ROSSOの博多ケントスライブ、終了。

バイオリンロックバンド、ROSSOの、博多ケントスでのライブが終了しました。
これで、この夏のライブはすべて終了です。
例によって、最初に演奏する箱バンがもう、うまいのなんの、という感じな上に、お客さんとの一体感がすばらしく、ケントス出演3回目にして、出番前に指先が冷たくなるくらい、緊張してしまいました。

ところが、ステージに上がってしまえば、お客さんのあたたかな雰囲気、箱バンのメンバーはじめスタッフの「盛り上げてあげよう」という心意気に、私はいつも以上にハジけたライブとなりました。

e0188087_136739.jpg

このギターは、やっぱり基本形はメタルです。本人は否定しますが、間違いありません。
e0188087_1363056.jpg

私の大好きな、そして尊敬する、人生の先輩がフロアで踊ってくださいました。
(ROSSOはサンバはしますが、ツイスト系はレパートリーに持っていません)
もううれしくて、私もフロアに降りて大騒ぎ。(音はずしまくりでした。ぜんぜん後悔してませんけど)
初めてバイオリン弾きながら踊りました。難しいもんです。
だけど、演奏クオリティを気にせず、踊ることメインに気持ちをシフトすれば、とても楽しい!
ワイヤレスにして本当によかった、と思った時間でもありました。
(ちなみに、ワイヤレスを装着しているバックは手作りです。GWに、ちくちくと手縫いしました)
e0188087_1364881.jpg


あんまりはしゃぎすぎて、足が痛いです。

大好きなシャドウズのベーシストさんのプレイを、今日はじっくり見ることもできました。
ものすごく、ものすごく、勉強になりました。ため息が出るくらい、かっこいいプレイでした。
うちのドラマーは、シャドウズのドラマーのプレイが、ものすごく勉強になった・・・と言っていました。

それから!
日の里祭りのスタッフだった方が、ご夫婦で来てくださいました。
今日はスタッフTシャツではなく(当たり前)、しかもとてもオシャレにキメてきてらっしゃったので、最初からいらしたにもかかわらず、声をかけていただくまで気づかず、本当に失礼いたしました。
奥様とお二人で、とてもステキなたたずまい、いいなあ・・・、と惚れ惚れと見てしまいました。
お忙しいのに、箱バンの演奏も見ず、アマチュアのROSSOだけを見に来ていただいて、とてもとても恐縮してしまいましたが、本当にうれしかったです。
とても静かなたたずまいの方なのですが、内に秘めたものは熱く、ブログの記事をみせていただいても、ほとばしるような思いをいつも抱いていらっしゃる方なんだなあ、と思います。
本当に、本当にありがとうございました。

この夏最後のライブは、最高にステキなライブでした。
今後につなげます。
by taka_hornetblue | 2011-08-29 01:48 | 音楽

明日は博多ケントスでROSSOがライブです。

明日8月28日の日曜日は、福岡は中洲にある、博多ケントスのハウスライブにROSSOが出演します。
私は、今年になってから、「ベタメタル。」と進入禁止で2回、出演させていただいています。
ケントスは、箱バンの演奏がめちゃくちゃ素晴らしいので、明日がとても楽しみです。

毎回、15時半開場、16時スタートです。
明日は、ROSSOは16時45分演奏開始だそうです。

チケットは2000円ですが、ドリンク、フード、なんでも持ってきていいそうです。
お客さんはケントス常連さんがほとんどなので、毎回、「勝手知ったる・・・」という感じで、イロイロ食べ物を持ってこられてテーブルに広げ、なんとなく「遠足」の光景に似てたりもして、とてもほのぼのとしています。

今まで、ゴスの衣装で出ていましたが、明日は相方のバイオリンの子と相談して、もうちょっと「場に合った」衣装を着ようかな、と話しています。

今から、練習です。
ケントスは箱バンのバンドマンたちが、毎回本当に親切で、きちんとして下さるので、妙な演奏はできないな、と気合が入ります。
とくにシャドウズのベーシストさんは、毎回、とてもフレンドリーで、私も大ファンであります。
明日はお会いできるかな?

このブログをご覧になったみなさま、お時間ありましたら、ぜひおいで下さいませ。
そして、私たちにも一言、声をかけてくださいね♪
お待ちしております☆
by taka_hornetblue | 2011-08-27 19:52 | 音楽

宿題から現実逃避して、「粘土細工」に熱中する小学校6年生。

宿題は、相変わらずほとんど進んでおりません。
宿題から逃げるように、一生懸命作っているのは、これ。
e0188087_18182690.jpg

テーマは「外人さん」だそうです。
(わたしは、お猿さんだと思ってました。人とは気づきませんでした。)
「彫りの深い顔にするのが大変だった・・・」と感想を述べておりました。
角度を変えて撮影会。
e0188087_18195326.jpg
e0188087_1820169.jpg

「まだ、色もつけないかんし、ニスもかけたほうがいいよね~。」

宿題からの現実逃避はまだ続きます。
さっさと終わらせればいいものを、こっちのほうが胃が痛くなりそうです。
by taka_hornetblue | 2011-08-27 18:23 | 小学生の工作と手芸

おもちゃみたいなネイル。

e0188087_0585054.jpg

8月28日の日曜日、博多ケントスで、この夏最後のライブがあります。
前回、ケントスに出たときには2回ともいつものブラックネイルだったのですが、日曜日はバイオリンロックバンドのROSSOで出ることもあり、オールディーズっぽい、カラフルなネイルにしました。
ネイリストさんと相談して、おもちゃみたいなカラーに。
右と左は、対象ではありません。
e0188087_1127.jpg

開くとこんな感じです。
e0188087_112595.jpg
e0188087_11337.jpg


大満足のネイルですが、ライブまで、数回の食事の用意と練習があります。
さてさて、どの程度保ってライブにのぞめることでしょうか?
明日夜、ラメを補い、トップコートを再度かけようとは思っています。

☆使用ネイルラッカーは、赤がEssieの90番です。ゴールドもEssie。イエローとオレンジはOPIです。
by taka_hornetblue | 2011-08-27 01:04 | 健康と美容

パロディーでギターを弾いているわけではない。

これは、1つ前の、私の激怒記事を読んで、このごろカラフルの仲間となってくださった、情熱ロックバンド「Black Sheep」のリーダーが、同じく怒りに燃えて私に下さった、メールの1文です。

この言葉は、私の心を深く打ちました。
パートにより、「ギター」を自分の楽器に置き換えてみてください。
ほんと、マジそうやぜ、と思われませんか?
とくにカラフルに参加している社会人ミュージシャンは、年齢が年齢なだけに、毎日があっという間にすぎていくのが実情です。
シャレやパロディーで、音楽続けていられるわけがありません。

Black Sheepのリーダーからは、かのベーシストさんに対して、
「人の気持ちを知らない卑怯な輩のために、1人のベーシストが今までやってきた音楽を封印してバンドを去るなんて許せない」、というような熱い熱いメッセージを寄せてくださいました。
私も胸があつくなりました。
仲間って、本当にいいですよね。

・・・しかし、物事ってわからないものです。
先日のベタメタルのお祭りアウェイライブでは、思いのほか住民の方も含めて、あたたかな励ましやメッセージをいただいたりして、「ベタメタル。」一同、ますます血気盛んに今後活動する所存でございます。

今回、この悪意あるメールを送った人は、このメールがきっかけになって、バンドが仲間割れしたりすることを期待していたのかもしれませんが、結果は、「残念でした。」
仲間の結束は固い、ということを再確認して終わりそうです。
by taka_hornetblue | 2011-08-26 23:03 | colorful(カラフル)

いま、私は怒っています。

は、しょっちゅうではないですか、と言われるでしょうが、まあそれはさておき。

実はカラフルの仲間から、先ほどメールをもらいました。
なんでも、そのバンドのベーシストさんが、急に「バンドに迷惑をかけるから辞める」と言い出してるとのこと。

彼がそう言うきっかけになったのは、そのバンドのリーダー宛てに来た、見知らぬ誰かからのメール。
そのメールには、彼のライブでのプレイのことを、非常に悪く書いてあったそうです。

もしもそのメールの送り主が、自分のことを何一つ見せずに、覆面したまま悪口だけ言ったとしたら、これは私は許せません。
言論の自由、というものは、覆面した状態で、後先考えず、相手の心情も考えず、何でもかんでも吐き出すことを言うのではありません。
少なくとも、私はそう信じています。

覆面して、人のことを悪く言うことに妙な快感を覚えるなんて、人として恥ずべきことだと私は思います。
そして、言われたほうも、それに乗ってはなりません。
まったくもって「被害」にあったベーシストさん、こんなことでバンドを去ったりしないで欲しいな、と心から願っています。
卑劣なやり方に、おめおめと屈しては、ミュージシャン魂、何よりロック魂がすたります。
反骨精神を持ち、いくつになっても卑劣なものや、悪辣な権力に歯向かっていく心を持つのがロックミュージシャンではありませんか!
風は、受けて立ってこそ、です。
負けないで下さい!
by taka_hornetblue | 2011-08-26 00:14 | colorful(カラフル)

家で娘とガールズトーク

今日から高校生の息子が、なんと「勉強合宿」に行きました。
(ヤツは先週、「勉強合宿に行くんだから課外はサボってもいいんだ」と抜かしておりました)

で、今日からしばらく、真ん中の娘と4番目の娘と私で、まったりのんびり晩御飯です。
いえなに、息子もまあ、可愛いっちゃ可愛いんですけど、女3人の「気のおけない」まったり感、これはもう大げさに言えば「至福の時間」といってもいいくらいです。

晩のおかずよりもたくさんのスイーツのある食卓。
チーズケーキ、アップルパイ、葡萄、アイスクリーム。
で、いろいろと「コイバナ」やらなんやら、ぺちゃくちゃと喋ってました。

みんなそうなんでしょうけど、娘たちと「コイバナ」などをするとき、私はありのままのことしか話しませんし、思ってることしか言えません。
いろいろと私も失敗の多い人生ではありますが、そこから何かを学んでくれたらな、と思います。
by taka_hornetblue | 2011-08-25 20:52 | 育児

宿題から現実逃避して、「切り紙工作」に熱中する小学校6年生。

夏休みも、あっという間に終わりつつありますが、4番目の小学校6年生は、宿題をほとんど手をつけていません。
昨日は左手に紙、右手にハサミを持ち、一心不乱にチョキチョキしてたかと思うと、まもなく、
「できた~!ほら、母ちゃん、これブログにアップしてぇ~!」
と見せてくれたのがこれです。
e0188087_21525080.jpg

たしかによくできております。
こういうのを、下絵もなく、あっという間にチョキチョキチョキっと切って作ってしまうなんて芸当は、私には生まれ変わってもできません。

そういえば、長女が小学校1年の頃、動物園でみたキリンを、足から描いていくのを見てビックリしたことがあります。
私は足から描いたら、頭まで画用紙に入りません。

絵は、本当に生まれ持ったものがあるように思います。
思い起こせば私が小学校1年のころ、学校で写生に出かけたのですが、私は画用紙いっぱい「木を1本」描いてあとどうしていいかわからず、ウロウロと歩き回っていました。
すると、同じクラスの男の子が、まさしく「遠近法」で、風景を切り取ったかのように描いているのを見て、ショックをうけました。
このとき、子ども心に、「才能のあるなし」ということを感じたように思います。

さて、工作はとても上手な4番目、今日も工作に現実逃避をしています。
さっきは紙粘土を買いました。もちろん、宿題とはなーんにも関係ありません。
「あんた、大丈夫なの?」と聞くと、
「大丈夫!だってこれがあるんだもんっ」
と、ドリルの別冊解答を高々と掲げて見せてくれました。
さては丸写しする気だな・・・。
by taka_hornetblue | 2011-08-24 22:01 | 小学生の工作と手芸


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧