シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


夏が終わります。

夏の最後の日、私の日々の活動になくてはならぬ、愛車Fit(その割には洗車は年に3,4回、車内は子どもと私が食べ散らかしたお菓子のゴミだらけ、という有様ですが)のメンテナンス、と、膝のメンテナンスに行きました。

今年の夏もいよいよ終わり、9月が始まります。
私の仕事は、9月からの数ヶ月間は、毎年大きな行事が目白押しです。
くわえて、今年はライブも沢山入っています。
・9月16日:カラフル女子会。出し物的ミニライブですが、通常ライブより、ある意味すごく仕込みに気合が入ります(^^)v
・9月22日:Cavern Beat祝開店カラフルライブ
・9月30日:ミュージックシティ天神
・10月20日:カラフルハロウィンライブ
がんばらなくては!

この夏、私の中で、大きな転機がありました。
それは、いつかは、とずっと持っているつもりだった、バイク関連グッズを、全て同僚にあげたことです。
これで、私の中では、本当にバイクとはお別れです。

バイクに乗ってた頃の私。
e0188087_2064112.jpg

これは、当時の同僚と四万十川までツーリングしたときの写真で、もう6年も前のことです。
暑くて暑くて、アスファルトからの照り返しが辛くて、コンビニで「六甲のおいしい水」の2リットル入りを買って、首から下にじゃぶじゃぶ浴びて走りました。
私が持ってたバイク。
e0188087_2084046.jpg

買ったときシルバーだったのに、ワザワザ青に塗りなおしたりして、結構夢中になっていたんですね。

だけど、1日の時間は誰しも「24時間」しかありません。
だから、何かを追うなら、何かは捨てなければならない、と去年思い、バイクは去年処分しました。
しかし、いつかは乗るつもりで、ウェア、ブーツなど一式、大事に持っていました。
けれど、同僚が「いまバイクの免許取ってるんです!」と話しかけてきてくれたとき、私の中で1つスイッチが入りました。
昨日、ほぼ全てのバイク関連グッズを彼女に手渡し、私の身の回りから、バイクに乗っていた名残は消えました。
何かをやっていきたいなら、何かは捨てる。
中途半端せずに、そのことに集中する。
この夏、私の中に訪れた転機でした。
by taka_hornetblue | 2012-08-31 12:40 | 日常

突発的カラフルライブ「Cavern Beat ライブ vol.1」と、人生の不思議。

9月22日、今年の活動計画にはなかった、突発的「カラフルライブ」を行います。
場所は、9月8日、福岡市中央区清川にオープンするライブハウス、「Cavern Beat」です。
Cavern Beat|キャバーンビートトップページ
ライブのプログラムです。
e0188087_11201672.jpg


Cavern Beatのオーナー町田さんは、私の高校時代の同級生です。
2年生のときは同じクラスで、私の前の席だったこともありました。
家もすぐ近くで、うちの子どもたちは全員、彼の家の前を通って小学校に通学していました。
この間、4番目Misakiと一緒にポスターを彼の家まで持っていったとき、Misakiが「ええ~~~っ、ここの家の人なのぉ~~~! めっちゃ前通ってたやん~~」と驚いていました。
なのに、高校卒業後は、まったく顔を見ることすらなく、30年以上の年月が経っていたんですよね。

今、彼が一念発起してオープンするライブハウスで、カラフルがライブすることになって、つくづく、「人生のめぐりあわせの不思議さ」を思います。
彼も、かるい気持ちで、ライブハウス経営を決断したわけではないと思います。
きっと悩みぬき、考え抜いての、人生の「次のステージ」へのスタートだと思います。
その決断に、心からエールを贈ります。

カラフルライブでは、礼儀上?私が所属するバンドは、どうしても最後に出演順を決めるのですが、今回だけは、最初と最後で固めさせていただきました。
来年の8月2デイズ(8月2日3日)は、すでにCavern Beatでの開催が決まっており、今後、カラフルともおつきあいの深くなるであろう、Cavern Beatの開店を、カラフルとしても、盛り上げることができたら、と思っています。

お時間あられる方、カラフルの皆さま、来年の2デイズの下見もかねて、よろしければ是非お越しくださいませ。
by taka_hornetblue | 2012-08-26 11:34 | colorful(カラフル)

大のオトナが嘘ついていいもんでしょうか?

さきほど、驚くべきニュースを聞きました。
それは、昨年、一昨年と続けて出た、地元祭ライブについてでした。

忘れもしない、去年の地元の祭での、「ベタメタル。」超アウェイライブ。
e0188087_18513928.jpg

あの時、ちゃんと「メタル」と書いて申請し、祭りの委員会がオッケーしたにもかかわらず、役員の1人が演奏中に「やかましい!」と怒鳴り、果てにはボーカルPAを切ってしまい。
その役員さんが、演奏中に「音量を下げろ!」とステージ前で怒鳴っていた、あの記念すべきライブ。
参考までに、去年の祭りライブのレポ。
さすがに野外ライブ2日連続は疲れました

記念すべきライブではありましたが、もう面倒だったのと、「ベタメタル。」も「ROSSO」も今年再編成で、いまスタートしたばかりなので、今年はエントリーしませんでした。

そしたら!(前置きが長くてすみません)
去年ご一緒したバンドマンの方が、先ほど電話をかけてこられ、
「去年出ていたバンドが1つも出ていないので、役員さんに聞いたら、「ベタメタルと進入禁止は、こっちから断った」と言われたんですが、本当に祭りの実行委員会から、出演を断られたんですか?」
と聞かれるのです。

「いえ、エントリーしなかったんですよ、もう面倒だから。」
とお答えしましたが、なんなんですか、これは。
ちゃんとエントリーシートに、「メタル」と書いて、エントリーして、その上で出演を承諾したくせに、当日になって「やかましい」の「うるさい」の、果てにはPAを勝手に切る、という暴挙。

それにくわえて、今年はエントリーしてもいないものを、「こっちから断った」とはナニゴトですか!
そう答えた役員さんの態度は、いやに「威張っていた」とのこと。
もちろん、役員さんすべてがこんな方ばかりではありません。
去年も、ケントスライブまで、時間使って、チケット代使って、ご夫婦で来てくださった役員さんもおられ、感謝してもし尽くせないような思いをしました。

しかし、ちょっと腹が立ちました。
最初はビックリしたけれど、じわーーーーっとこみ上げる怒り。
かなり今、怒っております。呆れてもおります。本当にもう、「なんやそら。ありえんやろう」って感じです。
by taka_hornetblue | 2012-08-19 22:21 | 日常

天神センタービルのお蕎麦屋さん、「信貴」に行きました。

「信貴」は誰あろう、ベンチャーズバンド、GRANDPASのギタリスト、久保山さんが経営されるお蕎麦屋さんです。
前々から、蕎麦好きのうちの子たちと行ってみたかったのですが、「天神のど真ん中のお蕎麦屋さん」といえば、いかにも高級そうで、3人も4人も食べ盛りを連れて行ったら、1万円でお釣りはくるかしら・・・と、行けずにいました。
今日は、真ん中の娘Yukiの河合塾の迎えに行き、2人きりだったので、今日を逃しては!と行ってみました。

私が食べたのは、夏季限定メニューの、「なすび蕎麦」(少々名前が違うと思います)700円。
e0188087_2223067.jpg

奥に見えるのが、Yukiが注文した、「トマト蕎麦」です。これも700円でした。
e0188087_2234050.jpg

トマトと紫蘇のトッピングがさわやかで、Yukiは「ばりうま」と言ってました。
手は久保山さんの手です♪
半熟卵は100円で、プラスできます。

おいしいうえに、量もたっぷりありました。
今度は他の子も連れてきます!
メニューの種類が豊富で、たくさんあるのも魅力的でした☆

私が中途半端に場所を覚えていた上に、店の名前すら聞いてこなかったので、さんざん迷いました。
天神センタービルって、1つじゃないということを、今日初めて知りました。

13日から17日まで、河合塾にYukiが通ったので、ほぼ毎日、Yukiと天神で待ち合わせてショッピングしたりしました。
とても楽しい夕方のひとときでした。
by taka_hornetblue | 2012-08-17 22:11 | グルメ

カラフル2デイズライブのライブレポ、vol.3♪

さて、2デイズライブのライブレポ、vol.3は2日目、音故知新ライブのレポートです。
前日に永遠のトップバッター、ジェイバンドは演奏を終えていたため、アコースティックtakaユニットで3曲お送りしました。

・「太陽がくれた季節」
e0188087_21492187.jpg

前から一緒にしようね、と言っていたpresenceの日下部さんと、カホンでヘルプしてくれたLoudBellsの西坂さんとで、「青い三角定規」ならぬ、「丸い三角定規」。
滅多にない組み合わせで、たのしく演奏できました。

・「雨の物語」
高校の入学祝で、念願のフォークギターを買ってもらい、大学では4年間フォーク研にいた私です。
この「雨の物語」は学祭で、何度も歌いました。
前からもう一度したいな、と思っていて、進入禁止のアコ部隊で、演奏が叶いました。
e0188087_21494631.jpg

このコード譜をコブチ師匠に渡したとき、折悪しく師匠はすっかり出来上がった状態で、「エーマイナーということは・・・(沈黙)・・・」と話が全然進みませんでした。
なんとか形になって、よかったです(^^)

・「海の中道」
今年カラフルに参加された、ゆらぎのJunkoさんのピアノが私は大好きで、無理をお願いして一緒に1曲させていただきました。
e0188087_2150555.jpg

しかし、その後、7月後半からJunkoさんが超多忙であったことを知り、ものすごく後悔しました。
けれど、Junkoさんは「自分の勉強にもなるから」と、ステキなピアノ伴奏をつけて下さいました。
昔両親から、さんざん言われた言葉、「実った稲穂は頭を垂れる」。Junkoさんと接していると、いつもこの言葉が頭をよぎります。
「海の中道」は、地元福岡出身のミュージシャン、宇佐元恭一さんの曲です。
私が学生時代にデビューされ、ライブも見に行きました。
日本にある「ご当地ソング」の中で、もっとも美しい歌だ、と思っています。

さて、そしてこの「スーパー前座ユニット」が終了し、いよいよ音故知新ライブが本格的にスタートしました。
2番目はSpherical。
e0188087_2156416.jpg

前回聴いて、もう一度聴きたいな、と思っていたボサ調アレンジの曲(すみません、曲名を知らなくて・・・)を、再び聴くことができて、うれしかったです。
e0188087_2252252.jpg

ライブ前に、進入禁止の練習が終わってスタジオから出てきたら、サックス田中さんが、個人練習に入っていかれるところとすれ違いました。
あの音色は、日ごろの精進の賜物です。

Sphericalは、毎回、とても緻密な演奏で、これはギターの加藤さんの影響によるものでしょうか。
e0188087_22818.jpg

キーボードのユウキくんも、すっかりバンドに溶け込んでいました。
大体が彼は度胸があり、年の差があっても、どこにでもけっこう平気で仲間に入っていけるほうです。
これからも、どんどん音楽仲間を増やして、自分の音楽の幅も広げていってね。

3番目は、カラフルライブ初出演、farmers。
e0188087_2312736.jpg

かなり前から、リーダーの只松さんとは、メールでやり取りしていたのですが、なかなかライブスケジュールと、バンドのスケジュールが合わず、やっと出演が叶いました。
私も、やっとお目にかかることができました。

会場入りする前、私が子どもを車に乗せて駐車場を探しているとき、前方から「カラフルサイトのバンドインフォで見た!」と確信できる4人が歩いてきました。
それがfarmersでした。
4人で笑いつつ、しゃべりつつ、音故知新の方に向かっていく姿をみて、「ああ、すごく仲のいいバンドなんだな」と思いました。
社会人バンドで、メンバー全員が、一緒に歩いて会場入りするって、実はあまりないんですよね。
私も毎回、1人で会場入りしています。
演奏を聴く前から、きっとすごく一体感ある演奏なんだろう、と思いました。
そして、そのとおりでした。
チャットモンチーや、椎名林檎というレパートリーを、確かな演奏力で聴かせていただきました。
e0188087_23232865.jpg

ボーカルのイチリさん、独得の雰囲気があり、MCも味がありました。
e0188087_23191876.jpg

「一生懸命するっていいじゃん、と思うようになりました。」
というMC。
私もまったく同感!
一生懸命、真面目、誠実、直球勝負。
こういうことをせせら笑う人とは、友だちにも知り合いにもならなくていい、と思っています。
繰り広げられる青春ミュージックの世界が、とてもうらやましく、
「いいなあ、私もゲストで混じれないもんかしら」とマジに思ったりしました。
進入禁止のトランペッター、荊木まーくんも、farmersがすごく好きだとのこと。
本当にストレートな、直球のタマが次々と飛んでくるような演奏でした。

そして4番目は、クラシックギターの大庭繁さん。
今回ばかりは、「大庭お茶目」さんというか、「大庭ぼろぼろ」さんというか。
e0188087_23242545.jpg

前日Dancityライブでの、ウェディングバンドでの演奏ですっかり燃え尽き、かつ、堪能してしまったそうです。
この日の1人リハーサルをするはずの前日の夜は、ウェディングバンドのビデオを何度もみては、おいしくお酒を飲んでいたとか。
あまりの音はずし、間違いに、みんなの笑いを取ることしきり。
ご本人も、いままでのライブでは見たことないくらい、満面の笑顔でした。
e0188087_23273492.jpg

ま、あれもご愛嬌でしょう。
楽しめました。

5番目は進入禁止。
e0188087_2328318.jpg

進入禁止は去年まで4人編成だったはずですが、今は倍の人数になっております。
前回から参加のパーカッション西坂さん。
アリが蟻地獄に落ちていくように、ずるずる、ずるずる、ずるずる、と心ならずも進入禁止の中に。
ま、今後ともよろしくお願いします。
練習もライブも、まったく差のない、「あなたの街のお茶の間バンド」と言いたいような進入禁止です。
この写真で、ドラマーのトリー内藤さんの胸に、ワッペンがついているのが見えるでしょうか。
e0188087_23322284.jpg

これは、「進入禁止」のマークを、コブチ師匠の奥さん、Kimieさんが、総ラメ刺繍で仕上げたものです。
手作りのプレゼントです。
この和気あいあい、とした雰囲気が常に漂いすぎるため、ライブも緊張感限りなくゼロなのが、課題といえば課題です。
けれど、これが持ち味でもあるので、このまま「お茶の間バンド」路線を貫いていこうかな、と思っています。

6番目はLoudBellsです。
前日のSuper Sonic Orchestraと同じく、10人編成ホーンバンドです。
e0188087_23383064.jpg

前日のDancityでは、ステージの上と下に分かれて立っていただきましたが、やはり前列、後列に分かれないと入りません。
ホーンが入るバンドは、やはりそれだけで迫力があります。
Super Sonic Orchestraは、ボーカルを立てないバンドですが、LoudBellsはボーカルのいるバンドです。
今回からコーラスのトモさん、パーカッションのしんのすけさんが参加。
e0188087_23412257.jpg

コーラスやパーカッションが入ると、ぐっと雰囲気が出ます。
コーラスのトモさんは、ブラックミュージック的な雰囲気のとてもある方で、この方が1人ステージに立つと、雰囲気がガラリと変わる・・・と思ったのは私だけではなかったようです。

トランペットのKanaさんは、前日のSSOでも参加していましたが、結婚されるとのことで、この2デイズを最後に、両バンドから抜けられるそうです。
LoudBells終了後、リーダーの西原さんが、お祝いのベースソロを弾きました。
e0188087_23445137.jpg

ベースソロが終わると、「おつかれさまでした」とKanaさんに声をかけ、会場からも「おめでとう!」の声が。
和やかなひとときでした。

7番目は、「ゆらぎ」。
e0188087_23455849.jpg

「ゆらぎ」の演奏を聴くために、音故知新斜め前の東映ホテルに部屋をとった、といっても過言ではないAsanoキッズ。
どまん前に陣取ってじーーーっと構えているので、ボーカルのカルベさんがたじろいでおられました。
超多忙の日々のあと、唯一の休みをカラフルライブに費やして下さったJunkoさん。
疲労の色がみえましたが、それでも最初から最後まで参加してくださり、感謝です。

今回、一番驚いたのは、いきなりMCが「笑えるMC」になっていることで、カルベさんは、歌がうまいのはもちろんですが、しゃべりが、また上手です。
Junkoさんとのかけあいも軽妙で、面白かったです。
e0188087_0233282.jpg

曲の途中で、なんの脈略もなく、
「今日は洗面器を買いました。いいものが買えました。」
と突然言われるので、思わず吹き出してしまいました。

うちの高校生の息子は、いま一番とんがっている時期で、どうかすると、猛禽類というか、猛獣というか、やたらと険しい目つきをしています。
しかし、「ゆらぎ」のときには、目元がとても和み、「ゆらぎ、MCゆるすぎやろ~」と笑顔で言うのがとても印象的でした。
大好きなユーミンの曲もあり、うっとりと聴いていたのですが、曲の途中に、すっかり出来上がったコブチ師匠が大きなゲップを!
リッチーさんから「退場」と言われ、
荊木まーくんからは、
「時と場合というものがありますよ。」
とたしなめられていました。
・・・というハプニング?は観客席でありましたが、本当に素晴らしい演奏でした。

そして、2デイズライブの最後を飾って下さったのは、1年8ヶ月ぶりにカラフルライブに帰ってきてくださった「HJ」です。
e0188087_0315983.jpg

カラフルライブは、2007年、福岡市南区野多目サウンド楽器地下ホールで行った、野多目ライブが第1回です。
このときから今も参加しているのは、ジェイバンド、進入禁止、そしてHJの3つだけです。
HJさんとも、思えば長いおつきあいです。
ここも、メンバー交代をせず、今まできました。
メンバーが転勤になれば、無理をせず、活動できるようになるまで待ち、そして再始動する、というバンドです。
ベーシスト吉村さんの転勤で、しばらく活動を休止していましたが、この頃、再始動し、カラフルライブに帰ってきてくださいました。

実は、私も長くHJを知っているとはいえ、親しくお話させていただく機会はあまりなく、「私にとって、HJって、よく知っている顔見知り」という感じかな、とずっと思っていました。
ところが、数ヶ月前、スタジオで、「今からHJの練習」と聞いて、思わず、「吉村さん、石見さん、お久しぶり!」とスタジオに乱入して挨拶してしまいました。
そのくらい、気持ちの中では近しい存在だったんだな、とその時初めて自分でも知りました。
吉村さんのベースソロ。
e0188087_0393152.jpg

吉村さんは、カラフルの最初の時期から、活動のよき理解者です。
帰ってきていただいて、本当にうれしいです。

社会人の常として、転勤などによる環境の変化は避けられないものです。
しかし、一時期、好きなバンド活動を休止していても、再始動したときには、再びライブできる場所がある。
カラフルは、そんな場を提供するサークルでもありたいな、と改めて思いました。
身体が思わず揺れてしまうような、ステキな演奏でした。
e0188087_038129.jpg

そして、信じられない光景をみました。
ジャズやらどっち向いてるかよくわからんはずの、Asanoキッズが、HJの音楽に合わせて、身体をゆらして、楽しそうに踊ってました。
e0188087_042561.jpg

これも、うれしい光景でした。

2日間に及ぶ、長いライブでしたが、多くの方に見に来ていただきました。
本当にありがとうございました。
参加者のみなさんも、お疲れさまでした。
カラフルは、
・アマチュアミュージシャンのサークルであり、
・参加費は自分たちで負担し、友人知人には、極力負担をかけず、
・みんなで盛り上げあい、
・職場でも、地域でもない、音楽仲間と出会い、交流しよう。
というサークルです。
これからも非営利を貫き、理想とするサークルの形を探っていきます。
どうぞよろしくお願い致します。

来年の2デイズは、2013年8月2日3日。
清川に9月オープンする、Cavern Beatです!
by taka_hornetblue | 2012-08-12 22:14 | colorful(カラフル)

カラフル2デイズライブのライブレポ、vol.2♪

さて、8月4日5日に行われました、カラフル2デイズライブ、初日のDancityライブ後半のレポです。
・・・とその前に!
今年の連休に、カラフル女子とパートナーの会(略してカラフル女子会)が本格的に始動いたしました。
Dancityライブの前にも、集まれる女子は集まって、「とんこつラーメンとプリクラ」に行こう、という企画をたてました。
3人でしたが、企画はたのしく成立!博多駅地下でおいしく「とんこつラーメン」(わたしはいつも「バリカタ」です)を食べ、その後、プリクラに行きました。
10年前のわたしたち出現!!!
e0188087_14523462.jpg

プリクラのブースを歩くのがいちばん勇気がいりました。
でも、楽しかったです☆

さて、Dancityライブ後半のレポです。
後半1番は、スペシャルユニット、「ウェディングバンド」。
e0188087_151325.jpg

結婚、転勤のため、福岡での音楽活動を、Dancityで区切りをつけるトーコさんを送り出すためだけに結成されました。
彼女がメインで出るはずだった「Team-N」が、メンバーの転勤状態次第では、出演しない可能性が大きく、それなら、と結成されました。(結局Team-Nも出演したので、トーコさんはともかく、私とジェイさんが、しょっちゅうステージに上がることになってしまいました。。。すみません。。。)

トーコさんの好きな曲だけで構成したセットリストでした。
上の写真は、Mr.Bigのスタートです。この曲でドリル奏法を、みんなでチャレンジしました!

・ドラマーエノさんは、マキタの電動ドリルに、古いスティック4本の先を切って取り付けたもの。
・ジェイさんは、ダイソーで買った、電池式ミニ扇風機。
・私は、電動泡立て器。(先だけ爪きりでカットしました)
・大庭さんは、これは本格的に手作りした、ドリル+ピック。
・トーコさんは、電動歯ブラシ。

5人がひとつになった、最高の瞬間でした。

最後は、アメリカのテレビドラマ、Gleeの中で出てきた、alone。
e0188087_152829.jpg

この曲をGleeでデュエット曲として聴いたとき、「トーコさんと歌いたい」と思いました。
なので、ボーカルはまったく本職ではない私ですが、BLACK SHEEPのベーシストHiroさん、Team-Nのキーボード竹ちゃんに手伝ってもらって、一緒に歌いました。
トーコさん、福岡に帰ってきたら、また一緒にしようね。

さて、Dancityライブレポ後半2番目は、徹頭徹尾ハードロック、純粋にハードロックの、「BLACK SHEEP」です。
e0188087_1527182.jpg

まず最初にお礼を言いたいのですが、BLACK SHEEPのメンバー全員、一番に会場入りして下さいました。
そして機材搬入、セッティング、ドラマーのエノさんに至っては1人でドラムセット組み立て、また、全盲のドラマー鍋島さんのセッティングのヘルプ、ほとんど1人でして下さいました。
若いボーカリストのKiyoshiくんも、最後の最後まで、本当によく動いてくれました。
心から感謝します。ありがとうございました。

さて、ライブステージは、毎回のことですが、「超アツイ」の一言に過ぎます。
e0188087_15342260.jpg

また、テクニカル的にも目を見張るものがあり、Tommyさんの高速ピッキングに、Hiroさんのベースがこれまたバッチリついていってて、一体お2人の指の運動神経?はどうなっておるのでしょうか。
今回キーボードYukaさんは妖艶なステージ衣装。
カラフルのロックキーボーディストを引っ張っていく方だなあ、と、そのプレイをみていて思いました。
午前中お仕事だったとのことで、ライブ後半、かなり疲れておられたご様子ですが、大丈夫だったでしょうか。
ボーカルKiyoshiくんは、初めてお会いし、初めて歌を聴きましたが、立ち姿からして華があり、声にもパワーがある方でした。
まだお若いので、これから人生でいろいろあるでしょうが、ボーカリストであることをやめないでね。
彼が40くらいになったとき、どんなボーカリストになっているのか、今から楽しみです。
(その時の私の年は考えないことにして・・・)

Dancityライブレポ後半3番目は、メンバー全員大阪出身!の「Blue Mullet」です。
カラフル初参加ですが、はやくも「ブルマレ」の略称で親しまれつつあります。
e0188087_1541523.jpg

あの、なんですね、「メンバー全員大阪出身」ときくと、その段階で、「なにか笑わせてもらえるんじゃなかろうか」と期待してしまう・・・のは私だけでしょうか?
メンバー全員が、同じ会社にお勤めだとのこと、幅広い年齢層のメンバーさんが、しっかりまとまった、一体感のある演奏でした。
e0188087_15512057.jpg

また選曲も、カラフル世代にドンピシャで、White Roomとか、ホテルカリフォルニアとか、もう、やってくれましたねえ、泣かせますねえ、という感じでありました。

途中、リーダーの浦さんが、会場の「なんでやねん」に対して「イントネーションが違います」と指摘されていたのも面白かったです。
次回ライブでは、MCを大阪弁でお願い致します!
博多最高!と、のぐちさんのMCにありましたが、大阪ピープルも最高!
次回お会いするのが、今からとても楽しみです。

Dancityライブレポ後半4番は、Presence。
e0188087_1624134.jpg

ボーカルYoshikiくんも、すっかりお馴染みのボーカリストになりました。
エアロスミスを、これだけ歌えるボーカリストは、滅多にいないと思われます。
ギターの王子さんも、いつも遠くから、少しでも早く、と会場に駆けつけて下さいます。
とても多忙な方ですが、そのお気持ちが、毎回とてもうれしいです。

Presenceさんも、カラフルライブ、すでに3回目を数えるのではないでしょうか?
回を重ねるごとに、メンバーの結束が固くなり、演奏がどんどんパワーアップしています。
e0188087_16124780.jpg

今回、ベーシストのzuntaさんと、アコースティックユニットでご一緒する機会がありましたが、その練習のときに、「今日はPresenceのライブ衣装を買ってきました」と、楽しそうに話しておられたのが印象的でした。
練習とライブの時だけではなく、それ以外の時も、なにかしらバンドのことで動いて、とても楽しいと感じるって、本当に幸せなことです。
王子さんのMCにもありましたが、この夏、zuntaさんは新しいキャリアのステージに進まれるとのこと、本当におめでとうございます。
よかったよかった。
迷わず、突き進んでください。

さて、カラフル2デイズライブ初日、Dancityライブもあと2つです。
ラストから2番目は、このライブで解散した、Team-Nです。
e0188087_16324754.jpg

Team=Nは、結成から解散まで、10ヶ月ほどの短い期間を走り抜けたバンドですが、密度の濃い時間を共有できました。
このバンドで私は、Crusin'CatとHeadley Grangeのボーカル、としてしか接点のなかったトーコさんと、初めて一緒に活動することができました。
また、Re Freeのキーボード、竹ちゃんとも、初めて一緒に活動しました。
得がたい出会いでした。

思い出の曲、パットベネターのハートブレイカーで、最後燃え尽きました。
e0188087_1637310.jpg

ライブ前1ヶ月ほとんど練習できず、個人練習頼みとなりましたが、やはりバンドはチームでするもの、個人練習だけでは限界がありました。
チームとして、一体感を持つことができず、悔やまれる解散ライブとなりましたが、メンバー全員、これからも音楽活動を続けていく中で、この教訓を活かしていくことができると信じます。
また、いつかまた、再結成することができたら、再び燃え上がりましょう!

さあ、Dancityライブのラストを飾るのは、キーボード加入によって、さらにパワーアップした「UK・PANDA」です。
e0188087_16414295.jpg

キーボード井上さん、マジでいい味出してる方です。
なんだか、視線が自然にひきつけられます。
みなさんちょっとだけ遠くにお住まいなので、カラフルライブにいつも参加していただけるわけはないのですが、UKの演奏がないと、物足りない感じがするくらい、確固たる存在感のあるバンドです。
オープニングは、ジャーニーの「Sepate ways」。
イントロを聴いたとたん、心が沸き立ちます。
いつもですが、UKのステージは、青春時代に戻っていく、そんな時間を与えてくれるステージです。

ラストの曲は、Don't stop believingでした。
e0188087_17505814.jpg

この曲はいま、ジャーニーの曲というより、アメリカのテレビドラマ、Gleeの曲としても有名です。
Gleeファンの私、リッチーさん、あーちゃん、この3人は、きっと頭のなかで、Gleeバージョンを重ねながらUKの演奏を聴いていたのではないでしょうか?
少なくとも私は、広尾さんの歌にあわせて、Gleeのコーラスを入れて1人盛り上がっておりました。
UK・PANDAのみなさん、また、UKのステージで、私たちを青春時代にタイムスリップさせてください!

カラフル2デイズライブの初日、Dancityには、本当に多くのお客さまが来てくださいました。
最後は、入りきれないほどでした。
アマチュアの私たちの演奏で、これだけ盛り上がっていただいて、感謝にたえません。
本当にありがとうございました。

また、参加者のみなさん、お疲れさまでした。
次回みんなが顔を合わせるのは、年末ライブとなります。
持ち時間の短い、サーキットライブですが、楽しい時間になるよう、がんばって企画しますので、どうぞお集まりくださいませ。
「カラフル2デイズライブのライブレポ、vol.2♪」は、これにて終了です!
最後まで読んでくださって、ありがとうございました!
by taka_hornetblue | 2012-08-12 16:13 | colorful(カラフル)

カラフル2デイズライブのライブレポ、vol.1♪

福岡発、社会人バンドのライブイベントサークル、Colorful(カラフル)も、徐々に仲間が増え、1回のライブで完結させることが難しくなってきました。
そこで、8月4日と5日に、初めて2デイズライブを企画し、無事終了いたしました。
いよいよ、その、2デイズライブのレポートを開始いたします(^^)/***
今回、通常のように小さめの大きさに加工していません。
携帯などで、見づらい場合がありましたら、コメント等お寄せくださいませ。

初日8月4日は、Dancity博多で、ロック系を中心に行いました。

トップバッターは、永遠のトップバッター、自称「スーパー前座バンド」、ジェイバンドです。
今回は、5月にヤクルトのイベントにお招きいただいた、スペシャルメンバーで演奏しました。
「ジェイバンド with トーコ」です。
e0188087_1217557.jpg

トーコさんと私は、このライブで解散したTeam-Nがきっかけで、一緒に活動するようになりました。
彼女の結婚、転勤のため、わずか10ヶ月あまりしか、一緒に活動できませんでした。
しかし、私にとって、こんなに「息の合う」パートナーは初めてで、ライブはもちろん、練習も楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。
1+1が2になるのではなく、1+1が5にも6にもなる、「息が合うことによって、更に生み出される楽しさ」を、身をもって体験しました。
最後の曲は、フィンガーファイブの「学園天国」。
e0188087_1221645.jpg

みなさんと一緒に、「ヘーイヘイヘイヘーイ・・・」と大騒ぎできて、本当に楽しいステージでした!

2番目は、結成後、カラフルライブ初出演の「Dream Gate」。
e0188087_12241020.jpg

ジェイバンドのドラマー夏田さんは、Dream GateとPresenceのドラマー、百田さんの大ファンなので、「ヒャクタさーん」と掛け声をかける、と、早くから構えていました。
ボーカルは、BLACK SHEEPで、以前ボーカルをつとめていた、田口さん。
ベーシスト片石さんは、なんとなんと、私が常日頃お世話になっている、福岡市東区のスタジオ、BEBOPの橋口さんの先輩だとか。
世の中狭いです。。。いやはや、悪いことはできん。。。
(BEBOPの橋口さんが、とても落ちついて見えるのと、片石さんが、とてもお若く見えるので、片石さんの「後輩」が「橋口さん」であることにも、すごーーく驚きました。)

田口さん、実は「ベタメタル。」のボーカル希望でお会いしたことがあったのですが、その時は、「このまま、こんな大音量バンドで歌ってもらってたら、声をダメにするのではないか」、と、気が気ではなく、それがネックとなり、「ベタメタル。」加入には至りませんでした。
ところが、あっという間に、こんなに歌える方になってしまわれるとは!
王子さんー百田さん、のラインは重低音が強めの傾向にあり、そこに片石さんのベースが加わり、Dream Gareは、お腹に響く重低音ハードロックバンドです。
その中に、田口さんのボーカルは、見事にハマっていました。
メタリカが最高でした。
e0188087_1233383.jpg


3番目は、カラフルに初めて出ていただいた、全盲のドラマー、ドラマー鍋島ファンキーズさんです。
e0188087_12345073.jpg

盲導犬、シーザーくんと一緒に会場入りされました。
私は間近で盲導犬の仕事ぶりを初めて見ましたが、感ずるところが多々ありました。
会場入りされた鍋島さんが、カラフルの仲間たちと一緒に、打ち合わせ、リハーサルのためにステージに上がると、シーザーくんは、
「主人が、複数の見知らぬ男性に囲まれている」
と思うのか、さっと立ち上がり、鍋島さんの方をじーーっと見つめるのです。
その後、鍋島さんがドラムをたたき始めると、主人に危険はない、とわかったのか、すっとすわり、その後、ライブの間中、じっと机の下に座ったままで、ワン、と一声なくことすらありませんでした。

そして、鍋島さんの演奏。
素晴らしいの一言でした。
この写真は、オリジナル曲、「ピクニック」を演奏されているところです。
e0188087_12392376.jpg

自分で曲を録音してこられ、それをバックに流しつつ、曲に合わせてドラムを叩かれます。
長く一緒に活動しているジェイさんが、「アマチュアで、聴いたこともないフィルをいくつか聴いた」と、鍋島さんの高いスキルに驚いていました。
オリジナル曲のあとは、ピンクレディーの曲もあり、みんな自然に身体が動いていました。
私も1人ご機嫌で踊っていたら、SSOの大坪さんが、「ステージに上がって!」と言ってくださったので、ほいきた、と大喜びでステージに上がり、鍋島さんのドラムに合わせて、ステージでちょびっと踊りました。
最高の気分でした!
ライブ後も、鍋島さんとメールをやり取りしていますが、ぜひまた出ていただきたいな、と思っているところです。

そして4番目、Super Sonic Orchestra。
今回10人編成です。
e0188087_12441385.jpg

ご縁があって、一度練習にお邪魔したことがあるのですが、リーダーの大坪さんを中心に、きちっと練習体制を組んで練習されるバンドです。
私くらいの年代のミュージシャンと、若い世代のミュージシャンが仲良く、数の多いホーンセクションがまとまってるなあ、と練習の時にも思いました。
そういえば、練習中に「今度メンバーの○○さんちで、バーベキューしよう」という話が出ていて、それは、みんなが仲がよくなければ、そんな話も出ないでしょう。
ボーカルを立てず、ブラスの音を前面に出してきての演奏、実にかっこよかったです。
e0188087_1322474.jpg

ギターのSEIJIさんと私は、ほぼ同世代(私がちょっとお姉さんです)で、SEIJIさんは元々ハードロック畑の方とのこと。
「ラウドネスの前身のレイジーは・・・」、なんてことを、普通に会話の中で話す方は、カラフルのロック系の方でも少ないです。思わず、「今後ともよろしく」と固い握手を交わした次第です。
その後、ナイトレンジャー好きのジェイ島さんとも、固い握手を交わしておられました。
SSOはほとんどのメンバーが、ずっとライブを見ておられ、その中で、カラフル先発隊の、他の仲間ともいろいろと交流があったようです。
ドラマーの方は、さっそく夏田さんネットワークに声をかけられていました。
夏田さんが、「カラフルドラマー対決を、そのうちせにゃならんなあ」と、楽しそうに言ってました。
進入禁止のコブチ師匠は、ブラスロック大好きなので、いつかご一緒できたら、きっと楽しいでしょうね!

さて、Live Movie Makerのyoutube15分制限と同じく、エキサイトブログも、一度に上げる字数に制限があるので、次のバンドで、ライブレポvol.1はラストとします。

Dancityライブ、5番目の出演は、「GRANDPAS」。
e0188087_134596.jpg

毎回、グランパを楽しみにしている方も、きっと多いと思います。
うちの子たちも大好きで、「グランパは、全てのおじいちゃんが網羅されている」と言います。(^^)
また、こう申しては人生の先輩に対して失礼ですが、カワイイんです、みなさん・・・。
この頃、リーダー笹田さんはパーカッションの楽しさに目覚めてらっしゃるようで、今回、タンバリン、カスタネット、トライアングル、とバリエーションゆたかでした。
これまた、笹田さんがタンバリンやトライアングルを持って演奏される姿に、会場から「かわい~い」の声が。
まったく同感でした。
かわい~い♪
私はベンチャーズほとんど知らず、グランパで初めて知ったようなものですが、どの曲も楽しく、身体が自然に動きます。
今回、トーコさんが福岡でのライブ活動は最後、ということもあり、スペシャルゲストで1曲参加。
e0188087_13231097.jpg

加山雄三の「君といつまでも」ベンチャーズ版での参加でした。
名セリフ、
「幸せだな~ 僕は君といるときが一番幸せなんだ
僕は死ぬまで君を離さないぞ いいだろ」
は、シャイボーイのトーコダーリンに代わって、トーコさんが。
会場はとても和やかな雰囲気に包まれ、みんな笑顔、笑顔。
いつまでも幸せにね♪

これで、2デイズライブレポvol.1は終了し、この後はvol.2に引き継ぎます。
レポを書く楽しさは、その場の空気に、一度戻れることです。
なので、書きたいことが、次々に湧いてきて、ついつい長くなってしまいます。
長さに懲りずに、voi.2以降もご愛読くださいませm(_ _)m
では、ここでアップ!
by taka_hornetblue | 2012-08-11 13:14 | colorful(カラフル)

カラフル2デイズライブ、初日と2日目の動画のダイジェスト版を編集、アップしました。

8月4日、5日、福岡発の社会人バンドライブイベントサークル、Colorful(カラフル)の、初の2デイズライブを行いました。
e0188087_4305135.jpg

夏休みのこととて、いろいろと子どもたちとの予定も多く、ライブレポが遅れて申し訳ありません。
先に、初日、Dancityライブと、2日目、音故知新ライブの、ダイジェスト版の動画をアップしました。
私の使ってるソフト、Windows Live Movie Makerの機能のせいで、(動画は15分までしか、1つの動画としてアップできません)。2分割しなければなりませんでした。
・Dancityライブvol.1とvol.2
・音故知新ライブvol.1とvol.2
に分けてアップしていますので、ご覧下さいませ。

カラフル2デイズライブ初日_Dancityライブvol.1
【Dancityライブvol.1】
・ジェイバンド with トーコ
・Dream Gate
・ドラマー鍋島ファンキーズ
・Super Sonic Orchestra
・GRANDPA
・ウェディングバンド

カラフル2デイズライブ初日_Dancityライブvol.2
【Dancityライブvol.2】
・BLACK SHEEP
・Blue Mullet
・Presence
・Team-N
・UK・PANDA

カラフル2デイズライブ2日目_音故知新ライブvol.1
【音故知新ライブvol.1】
・taka with Zunta & Zaka
・taka with ritchie & King
・taka with junko
・Spherical
・farmers
・大庭繁
・進入禁止
・LoudBells
・Happy Wedding for Kana from Kyo with a lot of love

カラフル2デイズライブ2日目_音故知新ライブvol.2
【音故知新ライブvol.2】
・ゆらぎ
・HJ

曲の流れを、できるだけ大切にして編集したため、各バンドの動画の長さが統一されていませんが、ご了承くださいませ。
by taka_hornetblue | 2012-08-10 04:25 | colorful(カラフル)

いよいよ明日からカラフル初の2デイズライブ!

ライブ前に必ずする、派手めのネイル。
e0188087_11205669.jpg

今回は、いつもの黒、紫をやめて、濃いピンクにしてもらいました!
このネイルをして下さったネイリストさんは、なんと、カラフル2デイズライブの2日めに出演する、ラウドベルズのメンバーさんの旧友だとか。
先日その事実を知ったときには、世間が狭いことを、改めて実感しました。

キレイなネイルに守られて、2日間のライブが成功しますように!
by taka_hornetblue | 2012-08-03 18:28 | 日常

海辺のリゾートが終わります。

朝7時の海の中道。
e0188087_8171929.jpg

今日は学校に行かなきゃ、と用意していた高校生の娘が、「わー、きらきらしてる!」。
本当に海も、プールの水も、きらきらしていました。
e0188087_8182978.jpg


先ほど朝ごはんに行きましたが、昨日の夜、全員食べすぎ、まったく食べられませんでした、
昨日の夜は、子どもたちの大好きな、「しゃぶしゃぶ温野菜」で、食べ放題。
e0188087_8195915.jpg

高校生2人、中学生1人で、豚肉牛肉を、合わせて20皿。
それに大き目のお皿にどっさりの、鶏肉。
さすがに今朝、子どもたちは、「しばらく牛肉はいらん」と言ってました。

今日は帰るなりテコンドーの練習があります。
私も明日あさってライブで、練習と、ドラムの搬出があります。
この3日間、充電できたかな?
夏はまだ続くけど、みんなそれぞれ頑張ろうね!
by taka_hornetblue | 2012-08-03 08:24 | 旅行


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧