シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


カラフルの仲間が、MCT(ミュージックシティ天神)に参加しました。

今日9月30日の日曜日、カラフルの仲間の中から、
・ROSSO
・大庭繁
・Spherical
・GRANDPAS
が、MCTの天神センタービル会場に参加しました。
この場所にて、もう8年実施している・・・とは、今回の世話役で、天神センタービル地下1階にて、お蕎麦屋さん「信貴」を営まれる、GRANDPASの久保山さんの弁。

10時集合で、搬入、会場設営。
e0188087_22333222.jpg

e0188087_22335062.jpg

機材のセッティングはもちろん、椅子並べまで、和気藹々とした雰囲気で、みんなで協力して行いました。
こういう時間も、とても楽しいものです。

1番はROSSO。
e0188087_22372685.jpg

ベーシストさんが変わってから、初めてのライブです。
ソウルフルなベーシスト、海舟さんを迎えて、いままでのレパートリーもガラッと雰囲気が変わりました。
練習時間は全く足りてませんでしたが、もう、めちゃくちゃ楽しかったです。
e0188087_2239675.jpg


2番目は、大庭繁さん。
e0188087_22392882.jpg

今回、ビルのエントランスという会場の特性に、もっともマッチしていて、素晴らしい音でした。
ご本人も、楽しくて仕方なかった様子・・・。この笑顔です。
e0188087_22404038.jpg


3番目は、Spherical。
Saxも、アコギに劣らず、ステキな響きでした。
e0188087_22414757.jpg

今回、アコ楽器軍団は、かなりいい響きでうれしかったです。
e0188087_22441013.jpg

滅多にMCをしない、リーダーのsaitoさんが、マイクを手に取った・・・と思ったら、「ありがとうございました。」と一言だけ(^^)。
こうなると、マスマス、saitoさんのMCが聞きたくなるってもんです。
次回はぜひ!

最後はGRANDPASでした。
e0188087_22473694.jpg

e0188087_22463315.jpg

今日はドラマー石橋さん、絶好調!
e0188087_2248518.jpg

客席から、我らが夏田さん、惜しみない声援と拍手です。
e0188087_22483573.jpg


今日は、「ゆらぎ」のボーカル、カルベさんが、ご主人と一緒に見に来てくださいました。
ジェイさん、リッチーさん、記念写真をパチリ☆
リッチーさん、「緊張した~~」とのことでしたが、なぜ???
e0188087_22495744.jpg
e0188087_2250337.jpg


搬出、撤収後、私は一路「玄海ロイヤルホテル」へ。
2浪して、今年晴れて大学生となった姪の、半年遅れの「成人を祝う会」に参加してきました。
1人暮らししている長女も昨日から実家に泊まり、久々に、いとこたち7人が終結。
Asanoキッズも、とても楽しそうでした。
e0188087_22515416.jpg

長女はなんと、お出かけ用ドレスに「カビが生えてた」とのことで(何たること!)、まるで就活中の、学生さんのようでした。
e0188087_22531142.jpg

今回の世話役、私の父も、2つの大きなガンと闘いつつ、まだまだ元気、人生現役!
e0188087_2254073.jpg


昨夜の、4時間に及ぶ「ROSSO一夜漬け練習」に始まり、あっという間に過ぎていった週末でした。
いよいよ明日から10月!
今年もあと3ヶ月です。
元気に、明るく、たのしく、頑張っていきたいと思います!
by taka_hornetblue | 2012-09-30 22:56 | colorful(カラフル)

カラフルCavern Beatライブvol.1が終わりました!ライブレポPart2。

さて、9月22日に行われた、カラフルCavern Beatライブvol.1の後半のライブレポです。

後半のライブレポ1番目は、クラシックギターの大庭繁さん。
e0188087_2322329.jpg

「顔の割りに優しい曲を演奏する大庭繁」のキャッチフレーズが、今回はでませんでした。
もう飽きたのかな?

今回は、ビートルズナンバーを2曲、新たに仕込んでのご参加です。
聞いているだけでも、また、指を見ているだけでも「ムズッ」とつぶやいてしまいそうでした。
けれど、やっぱりクラシックギターっていいなあ、とシミジミ。
優しい音色に癒されます。
私の大好きなイエスタディが演奏されて、本当にうれしかったです。
中学校の頃、イエスタディを初めて聞いて、なんてキレイな曲だろう、と思ったものです。

軽妙なMCも相変わらず。
e0188087_2325579.jpg


この頃の定番曲「ひまわり」。
映画をやっと見られたそうです。
映画のワンシーンを思い浮かべながら演奏されたとか。
最後は私の大好きなマリオの曲で締めくくっていただき、大満足!

さて、ラスト2つは、Cavern Beatオーナーの同級生が在籍するバンドで締めくくりました。
今年1年、キャンディーズをやってる「進入禁止」。
e0188087_23371751.jpg


いつも振り付けがバラバラなんですけど、今回は3人が一度も練習で揃わなかったので、バラバラ度が更にアップしてしまいました。
e0188087_23362993.jpg

でもまあ、毎回にこにこ楽しいバンドです。
ライブ中も、さまざまなハプニングがあります。

今回は、2,3曲目の途中で、ベースの音が出なくなり、すわ、機材トラブルか!と思ったジェイさんが、「ベースの音が出てない!」と教えてくれました。
えっ、とコブチ師匠の方を振り返ると、
じわじわじわ、と隅のほうへ、暗い方へと下がっていく師匠の姿と、まったくストップしてる、師匠の指が目にはいりました。
師匠は、ベースラインをすっかり忘れ果ててしまったようです。

だいぶ前も、ライブを見に来たうちの子たちが、「ときどきコブチさん、ベース弾いてないけんね~~」と言って、ひっくり返ったことがあります。
今回も、再び、その光景にお目にかかりました。

また、陶酔型ギタリスト、リッチーさんは、キャンディーズでも、このように。
e0188087_23412049.jpg


キャンディーズは、あとライブ2回で、おしまいとなりますが、有終の美を飾れるよう、がんばります!

そして、最後は「ベタメタル。」
メンバー4人のうち、2人がCavern Beatオーナーのマッチさんと、高校時代の同級生です。
不思議な感じがしました。
e0188087_23495828.jpg

暴れまくり、ヘドバンしすぎで、翌日から首がいたくなりました。
そのうち、ライブ中に首のホネがぽきっと折れるかもしれません・・・(コワイよぉ)

いつもMCはしっかり考え、組み立ててくる閣下ですが、今回は今までのライブでも、1,2を争う素晴らしいMCでした。
全員が大暴れするのが身上のバンドです。
e0188087_2352610.jpg

最後は「蝋人形」で締めくくり、みなさんの応援のおかげで、とても楽しいステージとなりました。
e0188087_23531122.jpg


あっという間の、カラフルCavern Beatライブvol.1でした。
後半のyoutube動画はこちらです。
2012colorful_CavernBeatライブvol.2~part2~
たくさんの方に見に来ていただきました。
また、動画撮影などのお手伝いをお願いした方もいらっしゃいましたが、こころよく引き受けてくださり、本当に感謝です。
参加者のみなさんも、お疲れさまでした。

次回カラフルライブは、10月20日、カラフルホームライブハウスの、大橋駅前のZOEです。
ハロウィンライブ、と銘打って行います☆
また、カラフルライブで、沢山の方とお会いできたらな、と思っています。
どうぞよろしくお願いいたします!
by taka_hornetblue | 2012-09-27 23:58 | colorful(カラフル)

カラフルCavern Beatライブvol.1が終わりました!ライブレポPart1。

高校時代のクラスメートが経営する、清川のライブハウス、Cavern Beatでの、カラフルライブが、9月22日土曜日、無事に終了しました。
参加者のみなさん、来てくださったお客さま、本当にありがとうございました。

ちょっと遅くなりましたが、恒例のライブレポをお届けします!

エントランスには、ちゃんとカラフルライブのポスターが貼ってあって、ちょっとうれしかったりして(^^)
e0188087_034811.jpg

「ベタメタル。」の閣下は、私の高校時代の同級生なので、当然、 Cavern Beatのオーナーさんとも同級生です。この日、30年ぶりの再会となりました。(閣下は素顔であります)
e0188087_055181.jpg

現在ただいま、進入禁止でパーカッションをつとめてくださる、ZakaさんとCavern Beatオーナーのマッチさんと、マッチさんの奥さま。
e0188087_07307.jpg

Zakaさんは、この日、ずっとPA張り付きで、PAを担当して下さいました。感謝です。
カラフルは、文字通り、いろんなバンドが「カラフルに集う」のが身上ですが、PAさんからしてみれば、きっとこの上なくやりにくいことと思います。
事前に機材チェックにも出かけてくださり、カンペキでした。

さて、いよいよライブスタート・・・の前に。
Super Sonic Orchestraのキーボーディスト、yuyuさんが、大口あけて、差し入れのケーキをパクついておりました。
e0188087_0102761.jpg

yuyuさんも、私と同様、4人の子持ちとか。
お互い、がんばりましょー。

ライブのスタートは、恒例「ジェイバンド」です。
結成10年目、いよいよ次回10月20日カラフルハロウィンライブ(ZOEライブ)は、ジェイバンド10周年記念ライブも、勝手に兼ねさせていただきますm(_ _)m
e0188087_0131478.jpg

・・・の割にはですね、1ヵ月半くらいジェイバンドの練習もないまま、ライブとなりました。
e0188087_0152485.jpg

e0188087_0155111.jpg

私とドラマーHiromiさん、もう不安で仕方ありませんでした。
2人とも、ギターのジェイさんが何を弾きだすのか、曲が始まる前には、恐る恐る彼の方をうかがっておりました。
ジェイさんはともかく、私もHiromiさんも、曲を把握してたような、してなかったような、曲をわかって演奏してたような、してなかったような、「反省!」というステージでございました。
でも、ま、いっか。ねっ
これでライブやってしまう、という摩訶不思議、厚顔無恥、心臓に毛皮がフサフサ、という私たちだからこそ、10年も続いてきたのかも、ねっ (ちょっと無理があるか)

さて、2番目は、毎回人気のGRANDPAS。
AsanoKidsにも、「かわい~」と人気です。
タンバリンを持つ修二さんは、ことにも「かわい~」。
e0188087_2228825.jpg

今回から、キーボードの「あーちゃん」がMC担当となりました。
あーちゃんのMCは、「普段着トーク」というのか、普通の会話そのままで、とても自然でした。
修二さんの後ろ、ベーシストKandaさん、毎回、とても味のあるプレイで、大好きです。
e0188087_22305759.jpg


また、今回、ライブの集合前に、音楽ボランティアチーム、「カラフルアンプラグド」について、ミニ説明会をさせていただきました。
修二さんは、ご自分から、事務局をかって出てくださっており、私と一緒に前に出てくださいました。
前日には、参加呼びかけの原稿も書いて、私に送ってくださいました。
本当に感謝です。

さて、楽しい演奏が続き、この頃定番曲となりつつある、「蒼い影」。
リッチーさん、熱唱、ならぬ、熱演。
e0188087_22352312.jpg

蒼い影のとき、世の中はリッチーさんのために回ってる、というようなプレイでした。
素晴らしかったです!

3番目は、Super Sonic Orchestra。
今回からネームカードを導入したのですが、首から下げる式のネームカードというのは、紐と本体を取り付けたり、案外セッティングに時間がかかるものでした。
SSOのみなさん、率先して手伝って下さって、本当にありがとうございました。

ビートルズナンバーで幕開け。
e0188087_22382878.jpg

今回はトランペット隊がおらず、ホーン隊としては、サックス2本の構成でした。
e0188087_22394039.jpg

しかし、SSOのサックス隊には、「華」があります。

しかし、普段はいるトランペットがいないわけで、キーボードのお2人、大活躍でした。
e0188087_22404368.jpg

また、最後の曲など、ギターがフューチャーされていて、ギター好きの私としては、うれしかったです。
Seijiさんのギターが、またいいんです。
e0188087_22424193.jpg

実際にお会いする前、Super Sonic Orchestraの音源を聞かせていただいたことがあるのですが、その時から、「ギターばりうま」と思ってました。
いま、Facebookでもお友だちになれて、とってもうれしかったりします(^^)v

SSOは、ベースのMASAさんを中心に、仲のいいバンドさんです。
私と同世代のミュージシャンから、学生さんのメンバーさんまで、幅広い年齢層ですが、とてもチームとしてまとまっていて、いろんな意味で勉強になります。

また、ぜひご一緒しましょう!
そうそう、会場には、元SSOのメンバーさんで、現Loudbellsのサックス奏者、Goroさんも来てくださいました。なんと、うちの息子の高校の先輩とか。
e0188087_230953.jpg


あっという間に4番目です。
またガラっと世界が変わりまして、超ハードロック一筋、鋼鉄のメタル・ハードロックバンド、BLACK SHEEPです。
e0188087_22462876.jpg

今回から、オリジナル中心のセットリストでした。
BLACK SHEEPさんを、私の言葉で表現するとしたら、
「信念と情熱」
でしょうか。
どこまでも、一直線、というバンドのあり方、そして演奏です。

ギターのTommyさんは、見るたび痩せて、いよいよ熟年メタラーの風格を増してこられ、ベースのHiroさんは、日に焼けて、温和な顔が精悍になっていき・・・と、ビジュアル的にも、鋼鉄のロックバンド一直線、です。
e0188087_22524934.jpg

ドラマーのCozyさんは、言わずもがなのカッコイイパフォーマンス。
e0188087_22532679.jpg

キーボードYukaさんは、前回のダンシティライブから、衣装がぐっとセクシー路線で、演奏ともどもキマッています。
e0188087_2315868.jpg

前回のライブから参加の、ボーカルKiyoshiくん。
e0188087_22522158.jpg

客席で、「イケメン!」と、お姉さまたちに評判でしたよ♪

BLACK SHEEPをみていると、ケーキや菓子パンから脱却できずに、ハッピーぷくぷく状態をキープしている自分が、ちょい情けないかも、と反省させられたりします。

以上、カラフルCavern Beat ライブ vol.1のライブレポでした!
youtubeはこちら。
2012colorful_CavernBeatライブvol.1~part1~

それから、パート1のライブレポ最後に、うれしいお客さまをご紹介させていただきます。
昨年の、悪夢のベタメタルアウェイライブで、私たちアマチュアミュージシャンの側に立ち、公正に物事をみていてくださった、「つくねさん」ご夫妻。
来てくださいました。
本当にうれしかったです。最後まで、ありがとうございました。
思わず記念写真を!
e0188087_2351314.jpg

e0188087_2353216.jpg


いろんな方たちの、応援があって、カラフルは楽しく続けていくことができています。
本当に感謝いたします。

では、パート2も、どうぞお読みくださいませ!
by taka_hornetblue | 2012-09-26 00:20 | colorful(カラフル)

カラフル女子会vol.2が終わりました♪

昨日9月17日の日曜日、カラフルのホームハウスである、大橋駅前のZOEで、カラフル女子会vol.2が行われました。
社会人(オトナ)の女子ミュージシャン、パートナーたちが、手をつないでいけたらいいな、と思って始めた女子会ですが、2回目を、楽しい雰囲気で終わらせることができて、とてもよかったです。
参加者14名、というこじんまりした会でしたが、出し物など、みなさんライブより凝ってたりして。
そして、会を盛り上げてくれるお料理は、なんとなんと、今回ZOEのオーナー、Mayumiさんの手料理でした。
めちゃくちゃ美味しく、いやー、美しい人は料理も上手です☆


一番気合が入っていたのは、このご夫婦。
e0188087_21373369.jpg

ザ・ピーナッツならぬ「ザ・落花生」のコブチご夫妻です。
まるでアイドルのように、記念写真を頼まれまくり。
e0188087_21384731.jpg

e0188087_2139465.jpg


毎回、カラフル女子の「出し物」があるのですが、今回のお題は
「なりきって、あの頃といま」でした。
あの頃になりきって、思い出の曲を1曲。いま好きな曲、いまの気分の曲を1曲。
ダイジェスト版をyoutubeにもアップしております。
カラフル女子会vol.2

では、「出し物」レポを。
画像は、臨場感あるものを使いたくて、ほとんど動画からの切り出しです。
なので、画質が悪くて申し訳ありません。

まずは「なりきって、あの頃」から。
1番は、わたくしtaka。
私にとってアイドルは、中森明菜と松田聖子だ、と言っても過言ではありません。
中森明菜のDesireを。
e0188087_21534413.jpg

夏のあいだ中、子どもたちとアイスクリームざんまいの日々を送ったツケが見事に来て、体重がぐっと増え、衣装がとってもカワイソウな状態でございます。
次回着るときまでには、もうちょっとなんとかしておきたいと・・・。
合いの手で、順子さんが「はーどっこい」と入れるもんで、吹きだしてしまいました(^^)

2番、朋子さんによる、「Close to you」。
豪華サポートメンバーで演奏していただきました。
e0188087_21565219.jpg

ピアノ担当の朋子ジュニアのまーくん、これが「遅れたけど、母の日のプレゼント」だそうです。
くーーーーーーっ、うらやましい。。。
リッチーさん、ドラマーデビューでした。いけてます。
修二さん、スコアをカンペキに作っての演奏、ステキでした。

修二さんは、始まる前の乾杯の挨拶の中で、「2年後、自分は定年退職するので、カラフルアンプラグドの活動を手伝います」と言ってくださいました。
本当にうれしかったです。

3番は、毎回あっと驚く選曲の、Megumiさん。
娘さんのMoeちゃんと一緒に、懐かしいTHE STALINの「ロマンチスト」を。
e0188087_2204159.jpg

今回のプログラムを作るに当たって、本当に25年ぶりくらいに、THE STALINという名前を聞きました。
私はほとんど通っていないバンドですが、それでも、THE STALINと聞けば、「遠藤ミチロウ」という名前が思い出されるくらい、1つの時代を築いたバンドであったと思います。
Megumiさんは、なんと小学生の頃に好きだったとか。
根っからのパンク・メタル少女です。

4番目は、衣装から気合120%のコブチ夫妻。
ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」。
e0188087_2233423.jpg

大将、のりまくって、とんでもないお姿を・・・。
おえ。(ウソです)
さて、みなさん、どっちが大将で、どっちが奥さんかわかりますか?
e0188087_2252740.jpg

ちょっと離れてみたら、本当に区別がつきません。

さて、「なりきって、あの頃」のラストは、「ゆらぎ」。
e0188087_2261871.jpg

曲はしっとりと、「We've only just begun」だったのですが、曲が始まる前に、カルベさんの、
「コブチ夫妻をみていて、むくむくと沸き上がってきた”インスピレーションストーリィ”」
が語られ、とても面白かったです。
順子さんは、IPad→ステレオケーブル→変換ジャック→PAで、Ipadに入れていらした、志賀島の海の音をバックに流しながらの演奏をされ、これがまた・・・くぅぅぅっというほど、よかったです。

前半和やかに終わり、再び歓談・食事タイムを挟んで、後半の出し物、「いま」へ。

「いま」の1番は、わたくしtaka。「SARA」を。
今回、盟友ジェイさんに加えて、トリー内藤さんに、パーカッションでお手伝いいただきました。
e0188087_2213188.jpg

トリーさんは、終始笑顔で、この「楽しそうな雰囲気」って本当に大切だなあ、と改めて動画をみていて思いました。
トリーさん、またお手伝いくださいませ!

2番は、朋子さんのソロ。「彼方の光」。
初めて朋子さんのソロ演奏をみました。
e0188087_22152739.jpg

うっとり。
ステキでした!
実はわたくし、大学時代にエレクトーンにチャレンジしたことがあったのですが、右手左手右足左足が、全部違うことをする、というのに挫折いたしました。
「んなことが出来るかっ」とエレクトーン教室をとっととやめたのですが、出来る方は出来るんです。
両手ひきながら、足でベース踏むなんて、私には絶対できません。スゴイ。

3番目、Megumi with Moe。「行くぜっ怪盗少女」。
わたし、「ももクロ」(ももいろクローバーZ)って、今回、Megumiさんのプログラム原稿をみるまで、まったく知りませんでした。「ももクロ」とは、「チョコクロ」の仲間かと思ってました。
Megumiさんのご主人が、ずっと客席で、ダンスをしていらしたそうで、気づかず、残念。
次回は、コブチ大将と2人で、前で踊って下さるそうです!
それにしても、この2人のときは、平成の風が吹いてまいります。

そして、再び昭和の風が吹きまして、
4番、コブチ夫妻のザ・落花生による「恋のフーガ」。
e0188087_22215246.jpg

どこまでも、愛らしく、おもしろく。
コブチの大将は、人生で怒ったことがないそうです。
子どもさんを育てていた頃も、「こら」と一言いって、それでオシマイだったとか。
・・・という話に始まって、コブチ家、カルベ家のケンカの様子ネタが、とっても面白かったです。

ラストは、ゆらぎ。
なんと、ユーミンの「あの日に帰りたい」にのせて、「カラフルのあるある」。
e0188087_22494316.jpg

カルベさん、私は今日いちにち、「♪ カラフルのぉーあるあーるいいたいー♪」がアタマの中で鳴っておりました。
詳しく書きません。どうぞyoutubeをご覧下さいませ。

とっても楽しい時間でした。
来年も続けていきたいな、と思います♪
by taka_hornetblue | 2012-09-17 22:26 | colorful(カラフル)

透き通ったピアノの音と歌声が響いた午後。

9月12日水曜日、私の職場に、「鍵盤」の木下順子さんと、ボーカリストの大塚れなさんが、ボランティア演奏に来てくださいました。
e0188087_23214988.jpg

13時30分~14時10分までと、14時20分~15時までの2回、演奏してくださいました。

セットリストです。
♪13:30の部♪
アメージンググレイス(アカペラ)
愛は花、君はその種子
童神(わらびがみ)
いのちの歌
名前のない空を見上げて
ありがとう(平原綾香)
未来へ
アヴェ・マリア(カッチーニ)

♪14:20の部♪
アメージンググレイス(アカペラ)
愛は花、君はその種子
明日(平原綾香)
you raise me up(ケルティック・ウーマン)
いのちの歌
ありがとう(平原綾香)
名前のない空を見上げて
アヴェ・マリア(カッチーニ)

素晴らしかったです。
澄み切った秋の空のかなたまで、どこまでも飛んでいきそうな、れなさんの歌声。
e0188087_23241919.jpg

歌うようなピアノもさることながら、ていねいに、曲の説明もおりまぜて下さる順子さん。
e0188087_2325157.jpg


お2人の、心と魂のこもった演奏に、いつも半分目を閉じている方が、「アヴェマリア」の一番高い音のところで、パッチリ目を見開くと、という驚きの現象もおこりました。
本当に、ありがとうございました。

れなさんは、この日初めてお会いしましたが、とてもチャーミングな、可愛らしい方でした。
アロマテラピーの勉強もされていて、そちらでもボランティア活動されている、とのことで、図々しく、さっそく来ていただくようにお願いしてしまいました。
順子さんとれなさんは、もう○十年にも及ぶ大親友とか。
お2人が積み上げてきた時間が、演奏にもそのまま表れているようでした。
おだやかに、おだやかに。
なだらかに、なだらかに。
心をこめて、1つ1つの音を紡いでいく。
そんなお2人が、これからも、いろいろなところで、「奇跡と不思議」をおこし、「喜びとたのしさ」を生み出していかれますように。
by taka_hornetblue | 2012-09-14 23:34 | ボランティア

20年目の葡萄。

今年もまた秋がきて、先日、久留米の忠雄さん(仮名)から、見事な葡萄が送られてきました。
e0188087_21395124.jpg

私は21年前、最初の夫と別居して、長女を連れて、東京から福岡に帰ってきていました。
そのとき、わずか4ヶ月間いた職場で、ご一緒だった美智代さん(仮名)のご主人が、忠雄さんです。

わずか4ヶ月間でしたが、美智代さんには、言葉では言い表せないくらい、力になっていただきました。
4ヶ月間の間に、長女は3歳の誕生日を迎えました。
そのときに、少しでも長女が楽しい気持ちになれるようにと、会ったこともない長女に、大きなぬいぐるみを贈って下さいました。

そのぬいぐるみは、長女が今も大切にしています。

春になり、長女の幼稚園が始まるため、再び東京に帰りましたが、それからずっと、美智代さんは、毎年秋になると、選りすぐりの葡萄と柿を東京まで送ってくださいました。
その後、福岡に戻り、北九州、宗像と引っ越しましたが、そのたびに住所を書きかえて、送り続けてくださいました。

信じられない手紙を忠雄さんから受け取ったのは、長女が大学に合格した、6年前の春でした。
一度、美智代さんにご報告に行かねば、と話していた矢先のことでした。

忠雄さんから届いた、長い長い、一通の手紙。
その中には、美智代さんが、定年退職を目前に、末期癌に倒れられたこと、そして、春が来るのを待つようにして亡くなられたことが書いてありました。

それは、思いもかけぬ知らせでした。
長女も私も、ただ呆然とするばかりでした。
なんでもっと早くに会いに行かなかったのだろうと、悔やんでも悔やみきれませんでした。

そして、その哀しみの知らせから、今年で6年目の秋になります。
初めて、美智代さんに葡萄を送っていただいてから、20年目の秋です。

今年も、葡萄が届きました。
美智代さんがずっと続けていたことだからと、忠雄さんが、美智代さんの遺志をひきつぎ、会ったこともない私たちに、ずっと送り続けてくださっているのです。

ずっしりと重い、一房の葡萄を手にするとき、美智代さんの笑顔を思い出します。
日なたの匂いのする方でした。

私には、美智代さんや忠雄さんに、同じだけの恩返しをすることはできません。
だから、困っている方が身近にいたら、その方に、できるだけのことができたら、と思います。

今年も、忠雄さんから、葡萄が届きました。
美智代さん、長女はすっかり大きくなりました。
元気で、1人暮らししながら、働いています。
もう安心ね、と日なたのような笑顔で、にっこり笑ってくださるでしょうか。
by taka_hornetblue | 2012-09-09 21:43 | 日常

「Colorful アンプラグド」について、もう少しお話を(^^)/♪♪

昨日ブログにアップした、「Colorful アンプラグド」について、今日はもう少し詳しく書いてみたいと思います。
(昨日もアンタ、じゅうぶん長かったですぜ、と思われるかもですけど、お付きあい下さいませ)

アマチュアミュージシャンによる、
「音楽の楽しさをあなたに」プロジェクト
Colorful アンプラグド。
e0188087_214273.png


昨日アップしてから、思いもよらぬ多くの方々から、応援、参加希望のメッセージをいただきました。
本当に感謝です。
今日、もう少し詳しく書かせていただく中で、「どうしてすぐに開始できないか」ということも、ご説明したいと思います。

Colorfulアンプラグドは、「一隅を照らす」活動に徹したいと思います。
福祉施設で生活する方々に、音楽の楽しさをお届けすることを目指しますが、その手段として、「大きな音楽的イベントの企画・開催」は選びません。
日常生活の中の、たとえば重度心身障がい者施設であるならば、日々の療育活動の中に参加させていただき、皆さんと一緒に音楽を楽しむ時間を共有する。
あくまでも「日常の生活の中で」、というところを、大切にしたいと思います。

ですから、演奏させていただく、施設の生活パターンに寄り添って、私たちも動かなければなりません。
たとえば、Aルームから10分後にはBルームでお願いします、ということも、ままあると思います。
となると、移動が困難な機材(生のドラムセットなど)は使うことができません。
音量的にも、生のドラムによる演奏が可能な施設のルームは、かなり限られてきます。(私の知る限り、滅多にない、といっても過言ではありません)

しかし、リズム楽器というものは、人間の原始的な魂に触れるもので、聞いてくださる方を、ぐっと音楽に近づけてくれるものです。
以前、私が見よう見真似でボンゴを叩いていたら、はるかかなたにいた、重度の障害を持たれる方が、一生懸命にお尻で這い進みながら、私のところまで一直線にやってきました。
そして、一緒にボンゴを叩いて、しばし過ごしました。
私にとっても、「音楽」の意味を再確認するような時間でした。

ですから、もしも、将来的に、バンド単位で「Colorfulアンプラグド」に参加したい、と思ってくださるバンドさんがおられるなら、ドラムを、パーカッションや、電子ドラムに変えていく、などの工夫が必要になってきます。

今すぐにはColorfulアンプラグドを始動できない、というのは、このあたりが大きいのです。
何より私自身が、いまから工夫して、しっかり練習を積んでいかなければ。
そうなると、とてもじゃないけれど、来年から活動開始、というわけにはいきません。

Colorfulアンプラグドは、アマチュアミュージシャンによる、「音楽の楽しさをあなたに」プロジェクトです。
アマチュアミュージシャンというのは、幸いにして、「好きなジャンルの音楽に特化して楽しむことができる」人たちのことだ、と私は考えています。
ですから、自分たちがプロではない、ということを理由に、「ボランティアしてます」という自己満足?で音楽をお届けするわけにはいきません。
短くとも2,3年、できれば4,5年は、しっかりと準備して、出発したい、と思うのです。

カラフルに参加してくださっている皆さん、
「いまの音楽活動形態を、ちょっと工夫して、アンプラグドでも、やってみようかな。」
そんなふうに思っていただけましたら、ぜひ、ぜひ、ご一緒に活動したいと思います。

長々と書いてしまいました。
お読みくださった方、ありがとうございました。
「一隅を照らす」活動を、一緒にさせていただければ、本当に幸せです。
ご参加、心からお待ちしております。
by taka_hornetblue | 2012-09-05 22:11 | colorful(カラフル)

5,6年先の、本格的な活動開始を夢みて。「Colorful アンプラグド」。

私は職業柄、福祉施設にお邪魔させていただくことが、よくあります。
決して多くはない経験ですが、その中でも、いろいろと考えることがあります。

そして、その、「いろいろと考える」中から、「こんなことができたらステキなのに」と、ふいにアイディアが閃くことがあります。
いま、私に1つのアイディアがあり、それを5,6年先に本格的に活動開始できないかと考えています。
それは、「Colorful アンプラグド」。
e0188087_214273.png

自分の中でイメージが膨らむままに、ロゴなどエクセルで作ってみたりしました。
このロゴのとおり、
「アマチュアミュージシャンによる、「音楽の楽しさをあなたに」プロジェクト」。
これが、Colorful アンプラグド、です。

様々な福祉施設では、日々の療育活動や、レクなどが行われ、それとはまた別に、クリスマス会などの行事も行われています。
私が知っている施設では、クリスマス会などには、予算を組んで、プロの音楽家などをお招きして、ステキな催し物が行われています。

そして、どこの施設も、潤沢な資金があるところはありません。
なので、行事にお招きする方に予算を割けば、当然、日々の活動には、多額の予算は組めません。
したがって、日々の活動は、施設のスタッフさんが支え、変化をもたらす役割を、ボランティアさんが担っている、というところが多いと考えられます。

私が、5,6年後の活動開始を目指して、いまから少しずつ準備を始めたい、と考えているのは、福祉施設が予算を割けない、日々の療育活動、レクリエーション活動での、「音楽ボランティア」です。

福祉施設の現状から、この活動は、こんな感じでやっていけたら、と考えています。

・アンプラグドで演奏が可能である。(小さなGtアンプ、Baアンプは可)
・施設の方の手助けを受けずに、セッティングから演奏までができる。
・ライブ、普段からの練習を積み、聞いてくださる方に、「よりよい時間」、「楽しい時間」、「特別な時間」を共有しようとする情熱をもって活動する。
・「お客さんに楽しんでいただくこと」が、自分たちにとって、かけがえのない宝物である、という思いを抱く。

まだまだ、影も形もないような、小さな閃きにすぎませんが、この「Colorful アンプラグド」の活動を思いついたとき、神さまから、耳打ちされたような気がしました。
本当に、天から降ってきた、そんな感じがしました。

福祉施設で生活される方のもとに、わたしたちアマチュアミュージシャンがお邪魔して、互いに喜びを共有しあうことができるなら、どんなにステキなことでしょう。
5,6年後に本格的に活動開始できる日を夢見て、私も、自分自身を磨いていきたいと思っています。

いま、カラフルに参加して下さっているアマチュアミュージシャンの方で、こんな活動に、いずれ参加してみたい、と思われましたら、ぜひぜひ、ご一緒に活動いたしましょう!
by taka_hornetblue | 2012-09-04 22:04 | colorful(カラフル)


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧