シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


カラフル、ゲイツセブンライブのライブレポ!その1.(OVER DRIVEまで)

2013年5月26日の日曜日、カラフルEarly Summer Liveと題して、Gate's7でカラフルライブを行いました。
ライブレポ、スタートです!
今回は、この写真からライブレポをスタートしたいと思います。
e0188087_2146668.jpg

ライブ終了までいた参加者全員で、記念写真を撮りました!
カラフルライブで、初めてのことです。お仕事やご家庭のご都合で、何人か、先に帰られていたのが残念でした・・・。
けれど、記念写真大会は、この写真撮影をキッカケに大盛り上がり!
カラフルギタリストの面々。トミーさぁぁぁぁん!探したのにー。
e0188087_2201757.jpg

一説に、このメンズのたたずまいから、リッチー部長率いる会社の飲み会軍団、との声も(^^)
それに対して、カラフルベーシストは、そうは見えませんよねえ。ふっ
イケメン3人と美女♪でございまから。ふふっ
海舟さん、古川さん、タッチの差で消えてしまった、Hiroさぁぁぁぁぁん!
e0188087_2223598.jpg


バンドで撮る方も多数。
私のカメラに入ってたのは、
Spherical。
e0188087_223296.jpg

OVER DRIVE
e0188087_2283434.jpg

HJ
e0188087_2285762.jpg

HJさんは、このほかにも写真を撮っていましたが、もう、誰かかんか、笑いころげていらっしゃいました。
今回、サポートボーカリスト、Nagatomoさんと出た、BETAMETAL。Gunちゃんが一緒に写れなかったのが残念。
e0188087_22103389.jpg

極めつけは、バンドじゃないけれど、「カラフル女子隊」!
e0188087_2211488.jpg

こんなふうに、写真を撮るなんて、本当に久しぶりでした。
みんな、青春時代に戻ったかのような時間でした。

記念写真撮影大会で、和気藹々と終わったカラフルライブでしたが、さて、ライブのスタート地点に戻って、ライブがどうであったか、のレポをしたいと思います。

11時半に会場入りしましたが、最初から、みんな、期待でムネいっぱい、ココロもいっぱい、という感じ。
e0188087_2216422.jpg

e0188087_2337546.jpg

e0188087_23372239.jpg

最初から、みんな笑顔、笑顔でした。
カラフルライブの、一番いいところは、搬入、セッティングのときから、和気藹々、というところではないかと思います。
最初から、本当に会場があったかーい雰囲気です。
BLACK SHEEPのリハーサル風景。
e0188087_23395972.jpg

GGRのリハーサル風景。
e0188087_23402880.jpg

計画中から、当日も、ゲイツセブンの方から、「時間は大丈夫ですか?」と聞かれましたが、バッチリ、時間通りでリハーサルを終了することができました。
タイムキーパーとして、夏田さんのパートナー、Lucyさんがずっと張り付いて下さったおかげです。
本当に最初から最後まで、ずっとタイムキーパーとして、働いて下さいました。感謝です!

そして、いよいよライブ開始!

トップバッターは、5月3日にカッカが卒業し、サポートボーカリストを迎えての、BETAMETAL。
Super Sonic Orchestraの「姫」2人による、紹介MCからスタートしました。
e0188087_8313416.jpg

もう「言いたい放題」のMCで、おかしいことこの上なし。
「ギターは・・・城さん!」
「さっき楽屋で髭剃ってましたねー」
「ドラムは・・・ガンさん!」
「なんでガンさんなの?」
「なんか知らないけど、ガンちゃんです、よろしくおねがいシマース」・・・続く・・・
ダダダーっと一気に休みなく続くMCで、後ろでウケまくっていました。

1曲目は、アースシェイカーのMORE、そのまま2曲目Crazy Doctor。
e0188087_8372561.jpg

e0188087_838048.jpg

3曲目は、サポートボーカリスト、永友さん自身のレパートリーから、Livin on a player、そしてアースシェイカーのFugitiveと続くセットリストでした。
ここまで、永友さんはギターを持って歌い、最後の2曲はギターを持たずに、ボーカル専念で暴れて・・・もらうはずが!
5曲目のアダムの林檎の途中、ギターの音が全く出なくなる、というアクシデント。
ライブ中に、様々なアクシデントは半ば「お約束」のようなBETAMETALですが、こんな長い時間、ギターの音が止まってしまったのは初めてでした。
今回は進行が厳しかったこともあり、演奏は中断できず、ドラムとベース、ボーカルだけで演奏続行。
駆け寄ってトラブル解決に総力を挙げて下さる、カラフルのギタリストの方たち。
そして、ギターソロが目前に迫り、ついに自分のギターを手にとる永友さん。
e0188087_8474551.jpg

「オレのギターを使え!」
e0188087_8494276.jpg

ギターソロに、ギリセーフで間に合いました!
e0188087_850315.jpg

ライブ終了後、ギターのジェイくんは、本当に悔しがっていたけれど、後で振り返れば、こんなステキな瞬間はないです。
私は自分が撮った動画、トラブル発生で、SSOの聖二さんがステージに駆け上がり、Sphericalの加藤さんが駆け寄り、ギターを永友さんが手渡すところまでを、何回も見ました。
心に刻まれる、カラフルライブの名シーンだと思います。

今回、サポートボーカルの永友さんは、2夜連続ライブでした。
しかも、お願いしてから、わずか20日余りでのライブでした。
本当にありがとうございました。私は言う間でもありませんが、Gunちゃん、ジェイくん、永友さんラブです(^^)。オトコに愛される(誤解なきよう)オトコっていいですね!
また、いつか、ぜひ一緒にしましょう!

次回、8月2デイズの、BETAMETALサポートボーカルは、BETAMETAL前身バンド、「いいちこ」のボーカル「たっちん」につとめていただきます。
彼はずっと、BAD FIXXXERという、オリジナル曲のバンドで活動中です。今日、6月1日も、アーリービリーバーズでライブです。
また、違うBETAMETALで、8月のライブは臨みますので、よろしくお願い致します!

そして、2番目は、Spherical。
e0188087_953510.jpg

今回、ゲストにパーカッションの西坂さんを迎えてのステージ。
これが、めちゃハマって、ものすごく楽しいステージでした。
パーカッションが入ると、ステージって一気に華やかになるものですね。
浅野キッズのアイドル、ボーカルのカルベさん。
e0188087_973463.jpg

時々4番目が、カルベさんの歌うところを、真似してます(^^)。
今回のライブの、4番目の感想その1は、
「カルベさんがしてた、蜘蛛のブローチ、かわいー。欲しー。」
・・・・・・・・
来てくれたから、よしとするか。
バンマスの斎藤さんと、8月2デイズで引退を表明している、キーボードのYUKIくん。
e0188087_9113762.jpg

このお2人、派手なアクションなど全くないのですが、その「たたずまい」が私は好きです。
とっても癒されます。
同じベーシストとして、斎藤さんの丁寧な弾き方は、見習うべきもの満載です。
しかし、同じように弾く私になるには、生まれかわって、性格から入れ替わらないと、たぶん無理だろうなあ、と思ったりします。
斎藤さんの、普段のメールのやり取りの感じ、話し方。
何によらず、とても、「柔らかなでしなやかな」方で、そういうこと全てが、プレイスタイルに反映されているんだな、と思います。
YUKIくんは、8月2デイズの、ROVERとSphericalのステージを最後に、学業に専念するとのこと。
ラストステージ、期待してます!

今回、華やかなギタープレイの目だった、ギタリスト「加藤主任」。
e0188087_9341646.jpg

このバンド、なぜか不思議な役職名?がついてて、加藤さんは主任だそうです。
(なぜかドラマー夏田さんは、工場長、だそうです。いつか理由が聞きたいです)
その後ろで、ゲスト西坂さん、存在感ありすぎます。
ラスト近くで、ドラマー夏田さんと、パーカッション西坂さんの「掛け合いリズム隊ソロ」があって、圧巻!
e0188087_15471568.jpg

e0188087_937168.jpg

本当に目が覚めるくらい、すごかったです。
ボキャブラリーの少ない浅野キッズの、感激の言葉、
「ヤバ」。
西坂さん、正式にSphericalに入る?という風の噂もありますが、もしそうなったら、毎回、このリズム隊バトルが見れるのでしょうか?
いっぺん、こんな「美味しいもの」を食べて(見て)しまうと、次も、次も、と期待してしまって、いかんですね。
ともかく、素晴らしいステージ、本当にありがとうございました!

3番目はBLACK SHEEPです。
今回、BLACK SHEEPのライブレポは、画像切り出しに命をかけてみました!
ブログのために、動画を少しずつ撮っていますが、いまBLACK SHEEPの動画を見ると、どの場面で停止しても、絵のように美しいです。
演奏がスンバらしいことは、今更私のへたくそな文章で書かなくても、「すでにみんな知っている」ことなので、今回は、ステージの美しさを中心に、お伝えできたら、と思います。

オープニング。
Tommyさんのギターから始まります。
e0188087_1614861.jpg

e0188087_1622190.jpg

背後で静かに流れるキーボードは、Yukaさん。
e0188087_1632232.jpg

TommyさんとYukaさんは、音楽でも、実生活でも、唯一無二のパートナーです。
視線1つ合わせることなくても、息が乱れることはまったくありません。
そして、ベースHiroさん、ドラムCozyさんが入ってきて、BLACK SHEEP参上!
e0188087_1694887.jpg

e0188087_1691157.jpg

Tommyさんとは、電話やメールなどで、親しくお話させていただく機会があるのですが、「情」にあつい、「情」に溢れた方だ、といつも思います。
そして、ギターに対して、常に、敬虔な気持ちで向き合っている。
そんな感じがしています。
一音一音、どんな速弾きでも丁寧に紡いでいかれます。
e0188087_1692849.jpg


この記事は、BLACK SHEEPのオープニングを何回も聴きながら書きました。
本当に、絵のように美しいステージを、ありがとうございました!

さて、BLACK SHEEPが「光と闇のステージ」だとしたら、(あくまでもビジュアル的な印象です!)、「天国」は、赤い、赤いステージでした。
e0188087_1713325.jpg

ギタリスト、Yuki、降臨。
e0188087_16515993.jpg

30分の持ち時間の中で、演奏した曲はただ1曲、Dazed and Confusedだけ。
最初30分1曲です、とメールでお聞きしたときには、かつがれてるのかと思いました。
まっさかー、と思ったものです。
ところが、本当に30分1曲でした。

ギタリストYukiさん降臨写真は、途中のバイオリン弓による、ボウイングパフォーマンスです。
途中でYukiさんが弓をギターに打ち付けると、白い粉が飛び散り、とてもキレイでした。
(何でも、弓に前もって小麦粉をつけておくとか。細部にまで、こだわりが違います!)

私は、ツェッペリンは、人並みくらいしか知らないので、コアな感想を述べることはできませんが、この曲は、歌詞が少なく・・・というか、合いの手、みたいな感じで歌というか、言葉を入れるところが多く、間合いを取るのが難しいように思いました。
e0188087_1713784.jpg

ボーカルの健さん、難しかったのではないでしょうか。
楽器隊の一員に、ボーカリストも組み込まれて、Dazed and Confusedは展開される、といように、私は思いました。
e0188087_174216.jpg

ベースの古川さん、このあとGGRでもベースを弾かれましたが、どのバンドで、どんな音楽をされても、「たたずまい」がほとんど変わりません。
どのバンドのステージに立っても、「○○バンドのベーシスト」ではなく、「古川さん」。
そして、古川さんとともに、「天国」のリズムを底から支える、ドラマーのはっくさん。
e0188087_1773370.jpg

とても寡黙な方なので、お知り合いになってから2年あまり経ちますが、トータルで3分もお話したことがない・・・ような(^-^;)
ステージ全景。
e0188087_1712495.jpg

不思議な雰囲気の、赤いステージに引き込まれてしまった30分でした。
なんだか、「赤い夢」を見ていたようです。

さて、ついにこの時が来てしまいました・・・。
とは、ライブ中の私自身の心境。
私がサポートベーシストをつとめる、5番目OVER DFRIVEです。
e0188087_22401217.jpg

もー、どれだけ緊張して、間違いを恐れて、このステージに上がったことでしょうか!
「ゲイツライブに出たいが、サポートベーシストがいない」と、リーダー岩永さんからお聞きして、かるーく、「私がしましょうか?」と、かるーく言ったのですが、いやはや、サポートというのは、「助っ人」でないといけないわけです。
普段のように、飛び跳ねてお茶を濁す、なんてことが許されるはずもありません。
めっちゃ練習しました、私。
そして私の前には、さん然と輝く(?)、ミス防止のための、譜面台!もちろん、アンチョコが乗ってます。
けれど、あっという間の30分でした。
ドラマーKimさん、とっても楽しいドラミングで、練習のときも、めっちゃリズム隊として楽しかったです。
e0188087_22441561.jpg

似てます、Tシャツのキャラクターと・・・。
e0188087_22445343.jpg

Kimさんは、とってもフットワークの軽い方で、日本も海外もなく、飛び回っておられます。
ドラムの軽やかで弾む感じと、おんなじです。
リーダー、岩永さん。
e0188087_22474938.jpg

ロッケンローラー、参上!
練習や、ステージ、ぱっと見では、けっこう硬派なイメージなのですが、情にあつく、元メンバーのこととか、いろいろと気にかけ続けていらっしゃる、心優しい方です。
お話させていただいて、感じ入ることが、いくつもありました。
そして、演奏隊のカナメは、この方。
ミスター江副。
e0188087_22512329.jpg

耳ざわりよい音作り、アイフォンで一度だけ聴いて、パッとその音を取ってギターで弾かれる耳のよさ・・・。
一緒にスタジオに入らせていただいて、学ぶものが沢山ありました。
今回、本当に貴重な体験ができました。
いろんな方から、「浅野さんがマジメにベース弾いてた」と言われました(^^)
ハイ、ほとんど定位置から動かず、頑張りました。
e0188087_2256233.jpg

BETAMETALとは、また違う意味で、思い出に残るステージとなりました。
途中の、岩永さんがメンバー紹介をするときの、短時間セッションも楽しかった。
あんなふうに、セットリストの間にメンバー紹介とセッションを組み込むのもいいな、と思いました。
OVER DRIVEの皆さん、本当にお世話になりました!

ここで、カラフルゲイツライブレポートその1を〆て、その2に移ります☆
(写真いっぱいで、読み込むのに時間がかかっているらしいので・・・)
by taka_hornetblue | 2013-05-30 22:17 | colorful(カラフル)

支えられて、カラフルゲイツライブ!

来る5月26日の日曜日16時から、カラフルライブを行います。
今回、縁あって、ゲイツセブンでカラフルライブを行うことになりました。
残すところ、あと3日です。

久々の大会場でのライブのため、準備が結構大変でした。
しかし、本当に多くの仲間に支えられ、励まされて、あと一歩のところまで来ました。

昨夜、BLACK SHEEPのドラマー、Cozyエノさんより、メールをいただきました。
それには、「時計付イーゼルを準備したので、リハーサル管理とライブ中のバンド名表示に使おうと思います」
とありました。
時間管理については、公共ホールと違って、ステージから見えるところに時計がないことなど、心配していたので、ドンピシャのタイミングでのメールでした。

準備して下さったという、リハーサル管理アイテム。
e0188087_2217412.jpg

e0188087_22172190.jpg

e0188087_22173735.jpg


本当に、どれだけ感謝してもし尽くせないです。

私は一応、カラフルという音楽サークルの「部長」をしていますが、支えられて、多くの仲間に手を差し伸べてもらって、サークルの運営ができていることを、改めて強く感じました。

今回のライブは、他にも様々なことがあり、準備期間中、ずっと、「支えられて、今ここにある。」ということを、強く感じてきました。
26日には、新しくカラフルに参加しようか、と思ってくださる方もお見えになる予定です。
26日が、たくさんの手と手をつなぎあえる、そんなライブとなりますように!
by taka_hornetblue | 2013-05-22 22:27 | colorful(カラフル)


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧