シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


カラフル夏の2デイズライブ@Cavern Beat、2日目のライブレポ!

8月2日、3日に行われました、カラフル夏の2デイズライブから、はやくも2週間近くが経っております。
亀よりも遅い歩みの、ライブレポでございます(T_T)。。
さて、本日より2日目のライブレポ、スタートいたします。
8月3日、終了後撮影した、参加者による集合写真(^ ^)。
e0188087_11102950.jpg

そして、この日見に来てくれた、カラフルの仲間を入っての集合写真♪
e0188087_11111510.jpg

にぎやかに、たくさんの仲間と集えて、本当に楽しい2日間でした。
あらためて、参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

さて、2日目で、わたしがどうしても実現させたかったのは、facebookで絶賛活動中の、「ガンプラ部」のご紹介!
「ガンダム・プラモデル部」の略だそうです。
投稿をいつも楽しく拝見させていただいていて、いいなぁ~、と思っていたんです。
ライブ開始時点でのメンバーは、Super Sonic Orchestraベーシストの大坪さんと、HJのベーシスト、吉村さん。そして、ライブ終了時には、楽団のベーシスト、Gakuさんが参加されました★
なぜか、ベーシストの集まりになっている、本格的趣味の世界大爆発的「ガンプラ部」。
お願いして、作品を展示していただきました。
作品展示&マニアックな(^ ^)会話が展開ちゅう。
e0188087_11153875.jpg
e0188087_11154510.jpg
e0188087_11155471.jpg

飾りつけ完了!
e0188087_1118168.jpg

いいですねぇ!
大のオトナが、ある種の方々から「ケッ お金と時間の無駄遣い!」と言われるような、かくも夢のある世界に、「わくわく」「にこにこ」と夢中になっておられる様子って、本当にステキです。
「ガンプラ部」という看板をつくりたいくらいです。
みなさんにお披露目できて、うれしかったです。
これからも、折々に作品展示をお願い致します♪

さて、ガンプラ部の飾りつけ、展示準備のあいだ、ステージではリハーサルが始まっています。
例によって、「揃ったメンバーで」「サポートできるところは、お互いにサポートしあう」リハーサルです。
楽団さんのリハ。
ドラムサポートは、ROSSO、HJのドラマー、夏田さんです。
e0188087_11253592.jpg

そして、今回、ファンキー鍋島さんは、「バンドで参加」!
リハーサルをラスト、出演を1番に設定して、少しでも、ゆっくりセッティングしていただけるように、工夫してみました。
ファンキー鍋島バンドセッティング中。みんな協力しあいます。
e0188087_1128082.jpg

じっと控える、鍋島さんのパートナー、ヤックルくん。
e0188087_11283831.jpg

準備ととのって、ファンキー鍋島バンド、リハーサル開始!
e0188087_11293076.jpg

・・・となんたること、客席では、ファンキー鍋島バンドの前にリハーサルが終わったGGRの面々が、
「いやぁ、無事に音が出ましたねぇ!」
と祝杯をあげているではありませんか!まだライブも始まっておらんのに、早すぎ。
e0188087_1131387.jpg

GGRには、べろんべろんデューク松尾さん、どこまでも飲みますアンディ古川さん、ちょっとだけよ小淵師匠と、酒豪が3人揃っております。
ライブ前に、はやくも出来あがりそうな勢いに、若干不安になったりして。

さて、本日は8月18日。島根県は松江市宍道湖のほとりで更新しております。
カラフル夏の2デイズ、2日目のトップバッターは、今回初お披露目の、ファンキー鍋島率いる「ファンキー鍋島Band」。
e0188087_2313398.jpg

e0188087_23201382.jpg

今まで、鍋島さんは、打ち込みでのソロ演奏でしたが、今回、バンドでのご参加でした!
昨年の年末ライブ終了後、鍋島さんから「セッションをしてみたいので、セッティングをしていただけないか」というご依頼を受け、さて、どなたにお声をかけたものか、と思ったとき、鍋島さんご自身が拍手喝采を送っていた、After Hoursのマイナス2バンド、クロスオーバー5のギタリスト村田さんに、声をかけよう、と決め、連絡してみました。
快諾を得、その後無事、バンド結成となりました。(ベーシストは、横山ほっとさんにお願いしよう、とすでに決めていました)
当初3人で練習開始されたようですが、その後、キーボードのNoriさんが参加され、
e0188087_2392699.jpg

より広がりと厚みのあるサウンドに。
今回は、オールカシオペアのセットリストで、とても楽しいステージでした。
ほっとさん、他のバンドでは、余裕かましてお茶目さ爆発ですが、相当忙しいらしく
じっと立って真面目に弾きつづけておられました(^^)
e0188087_2310194.jpg

とはいえ、みなさん、ノビノビと音楽を楽しんでいる様子が、とてもよく伝わってきました。
珍しい村田さんの「アレ、間違っちゃった、テヘへ」画像。
e0188087_23122113.jpg

と、演奏途中に、ふと夏田さんが立ち上がりました。
e0188087_23155151.jpg

ステージに、「はい、ごめんなさいよ」と上がっていき、どうしたのかな、と思っていると、
e0188087_23155055.jpg

鍋島さんのドラムセッティングの「直し」をされたのです。
とてもステキな光景でした(^ ^)
最後は、カシオペアがアンコールで必ずするという、そして私もこれはよく知っていた、「朝焼け」。
村田さんのカッティングが光る!
e0188087_2312824.jpg

爽やかな、夏らしいステージでした。
是非これからも、カラフルに参加していただきたいな、と思います。

さてさて、ずいぶん間が空いてしまいました。
今日は宮崎より更新いたします。
カラフル夏の2デイズライブ、2日目の2番目(アラ、2,2,2、と続きました♪)は、ROSSOです。
e0188087_2105442.jpg

大好きなG線上のアリアの、Sword of the Far Eastバージョンからスタート。
タケちゃんとのデュエットから始まります。
e0188087_212488.jpg

練習中も、この部分が大好きで、何度でも繰り返したいくらいでした。
途中からロックに変わるのですが、どうしたことか、バイオリンがとても小さかったらしく(私はイヤホンをつけていたので、全く気づきませんでした)、ほっとさんが、「バイオリンの音量上げて!」
e0188087_214214.jpg

夏田さんが、「聴こえない!」
e0188087_2144830.jpg

それで、ついに城島さんが、モニターと飛び越え、音量バランスを確認に客席へ。
e0188087_2155997.jpg

私より体重の少ない彼のこととて、録画を見てると、ヒラリッと身軽なことこの上なく。
ROSSOは、毎回、音量バランスが難しいんですよね。。。
さて、1曲終わって、
「お足もとの悪い中、家で笑点を見てればいいものを、ワザワザお越しいただき、ありがとうございます。」とほっとさん(^^)。
e0188087_219237.jpg

この調子で、ライブの最後のほうでは、「残すところあと49曲(だんだん増えていきます)となりました。」とMCされるので、おかしくてたまりません。
ラストの曲は「夜空のムコウ」。
これは、ギターとバイオリンからスタートでした。
e0188087_21105157.jpg

今回のセットリストは、ほとんど横山ほっと本庄アレンジによるものでした。
ステキなアレンジなのですが、けっこう複雑で、ほっとさんの
e0188087_211263.jpg

シャキーン!
の合図を見逃すと、入りのタイミングを完全に見失います。
しかし、最後まで、みんなよく頑張りました♪
e0188087_21132998.jpg

ROSSOは、いろいろな変遷を経て、試行錯誤しながら、今まで7年間、活動してきています。
停滞して、レパートリーが1曲も増えなかった時期も長く、ほっとさんが、大ナタをふるって、現在一気にレパートリーが増えました(^ ^)♪
それで、これからは、増えたレパートリーを基盤にしつつ、ROSSO流アレンジを、自分たちで加えていこう、と思っています。
年末ライブでは、また違うROSSOで、お目見えしたいな、と思います!
乞うご期待・・・と言えるように、練習を積んでいきたいです。

さて、ROSSOに続いて、3番目は、サックスのロンさんが転勤で活動休止され、残された3人で活動されている、HJです。
e0188087_21211370.jpg

素晴らしかったです。
トリオ編成でここまでやれる、ということを、見せつけられました!
「3人になったので、音数1,5倍でいきます」とのことでしたが、息をのむばかり、すばらしいステージでした。
ギターのRyoさん、ベースの吉村さんのユニゾンの素晴らしさ。
e0188087_21231596.jpg

e0188087_21225473.jpg

そして、ギターとベースのフレーズの、「キメ」をピタリ合わせて、夏田さんが叩きます。
e0188087_21321976.jpg

文章では、「音」をお伝えできないのが、とても残念です。
吉村さん、ご機嫌よくプラモデル作ってるだけではありません!
ベーシストとしての吉村さん。
e0188087_21245173.jpg

私は吉村さんの、親指弾きと、バッキング奏法(というのかは知りませんが)が好きで、これをされると、じーっと見てしまいます。
私はバッキングを、バイオリンでしたいとずっと思っていますが、なかなか実現できません(>_<)
ロンさん活動休止後、フロント&MCは、ギターのRyoさんです。
e0188087_2127172.jpg

これがまた、優しい口調、MC終了と同時に弾きはじめるギターと、なかなかにステキなんです。
e0188087_21274077.jpg

HJは、カラフルにいるバンドさんの中で、もっとも長く「同じメンバーで」「活動を続けている」バンドさんです。
ステージでも、和気藹々です。
e0188087_21295467.jpg

私は、ライブ中に、メンバーさんどうしがアイコンタクトしあったり、笑いあったりする光景が大好きです。
HJさんのライブ中には、たくさん、そんなステキな光景が見られました。
風の噂ですが、年末ライブの構想も、すでにあるとの由、今からとても楽しみです!
HJさん、本当にどうもありがとうございました!

さて、静かに更けていきます、宮崎の夜。
せっせと更新作業に励みます♪

カラフル夏の2デイズ2日目、4番目は、蔵人です。
e0188087_21421180.jpg

ボーカルMegちゃんは、Super Sonic Orchestraのキーボード奏者でもあるので、今回から、キーボード弾きながら歌う、という曲もありました。
e0188087_2143834.jpg

ぐっと音に広がりが出て、とてもよかったです♪

さて、ミニマムなボーカルMegちゃんと、巨漢ぞろい、かつ、インパクト大の蔵人の楽器隊。
e0188087_21444393.jpg

e0188087_21443752.jpg

e0188087_21445985.jpg

ベースは、この日「本庄祭り」の横山ほっと本庄さん。
e0188087_2145261.jpg

ドラマー大林さん、ギター斜木さん同様、顔のアップをトリミングしようかと思ったら、右手の小指に目がいってしまい、このカットで切り出しました。
巨漢ベーシストさんなのに、なぜか「おネエ」な小指だったりして(^ ^;)
本庄祭りなもんで、ボーカルMegちゃんの後ろで、あれこれ勝手にポーズを取って遊んでおられました。
e0188087_21474094.jpg

Megちゃんが「ふなっしー!」と叫んで飛び跳ねるのは、愛らしさバツグンでしたが、
e0188087_21481289.jpg

ほっとさんの「ふなっしー!」は、割愛させていただきマスm(_ _;)m。
これからも、オリジナルロックと、曲想に相反するビジュアル(?)で、私たちを楽しませてください!

さぁ、5番目です。GGR!
私、全然気づきませんでしたが、この日を入れて4回連続、カラフルライブのプログラムは、蔵人⇒GGR、だったんだそうです。
この2バンドさんが、ずっと一緒の日であった、ということも全く気づきませんでした。
「カラフル」ライブは、「カラフル」になるよう、変化をもたせたプログラムにすることが多いので、蔵人さんと趣の違うGGRさんが、組み合わせとしていい感じなんですよね。
・・・という言い訳はいいとして。
さて、GGRです。
e0188087_21562980.jpg

前回までと、なにかが違います。
そうです、キーボードに、ベースのアンディ古川さんの盟友、Kikoさんが参加されました!
初日ラストの紹介にて(^ ^)
e0188087_226124.jpg

たおやかな、やさしげな女性ミュージシャンですが、ステージではキリッと。
キーボードソロもバリバリです。
e0188087_21594853.jpg

バリバリといえば、この方。
e0188087_220530.jpg

進入禁止のベーシストでもある、コブチ師匠。
ベースをギターに持ち替え、シャウトしておられたり、
はたまた、ギターソロで聴かせます。
e0188087_221753.jpg

ベースのアンディ古川さんは、ベタメタルのボーカルさんですが、GGRでは、「もう1人のアンディ」。
e0188087_222035.jpg

まったく別人のようです♪
前回の敗者復活戦で、セットリストに入ったとみた、デューク松尾さんの、「While My Guitar Gently Weeps」(「ギターが泣いている」)。
デュークさんは、ギターばかりでなく、歌もステキです。
e0188087_2263439.jpg

客席ではお酒のんで、冗談ばっかり言ってた方が、ステージでは大変身。
デュークさんがギターを弾くところを、楽団のギター少年、Shoheiさんが、じっと見つめます。
e0188087_2271125.jpg

セットリスト最後にもってきた、サンタナの「Oye Como Va」(オイコモバ)。
この楽しい曲調が、GGRさんのもつ雰囲気にピッタリです♪
次のカラフルライブは年末ライブ・・・でしょうか?
また楽しいステージを、どうぞよろしくお願い致します!

・・・というところで、本日、宮崎市内より、更新をアップいたします!

引き続きまして、本日は8月24日の日曜日。
宮崎は県立総合体育館(武道館)より、4番目が所属するチームの試合の合間に、更新しております。
できて間もない感じの、とてもキレイな施設です。

さて、カラフル夏の2デイズ2日目、6番めは@PRAUBです。
オリジナルロックや世良正則など、元気と躍動感あふれるロックバンドです。
e0188087_10424275.jpg

e0188087_1045236.jpg

この日、バンドの総大将、ドラマーの中村さんが具合悪く、「みなさんに移しては悪いから」と、ずっと入口のあたりで立っておられました。
きつかったことと思います。
この後大丈夫だったでしょうか。
それでも、ステージでは体調の悪さは微塵も感じられない、パワフルなドラミングでした!
e0188087_10441556.jpg


@PRAUBは、随所に見せ場がありますが、その1つがキーボードおっちーさんと、ボーカルのMr.Sera山脇さんのコーラスワークです。
e0188087_10462270.jpg

e0188087_10463963.jpg
e0188087_10465283.jpg

このコーラスワークも、動きがあって、すごく「魅せ」ます♪
真っ赤なギターがトレードマークの、ギターSeijiさん。
我ながら「かっこよく切り出せた・・・」と、1人しずかに嬉しく感じるワンショットです。
e0188087_10482676.jpg

そして、忘れてはならぬ、動きのあるメンバーさんの中で、1人、静かなプレイスタイルながら、その着実・堅実・グルーブ感あるベースで、「上手いベースさんや~」と評判の、ベーシスト小原さん。
e0188087_1050457.jpg

そういえば、@PRAUBの演奏中、客席で「正統派のベースさんやわぁ」とおお盛り上がれの、横山ほっと本庄さんの一群、アサノに「うるさいよっ」と注意されたのでありました(^ ^;)
いやー、つい職業柄・・・。へへ。

いやー、楽しい楽しいステージでした。
世良正則、ツイストの曲って、かつてファンでなくとも、身体にあるものですね。
文句なく盛り上がれて、とっても楽しかったです!
@PRAUBの皆さま、またよろしくお願い致します!

というところで、ちょっくら試合の進捗状況を見てまいります。
一度ここでアップいたします!

さてあれから(?)数時間たちまして、ウチの道場から出た選手の試合は全て終了いたしました。
残念なことに、2人出て、2人とも負けてしまいまいした。
悔しかったことと思いますが、ぜひ、今日流した涙を、次回につなげて欲しいです!

それでは、カラフリ夏の2デイズライブ2日目、いよいよ大詰めとなりました。
今回、ラスト2つを、大編成ホーンバンドにしてみました。
7番目は、Super Sonic Orchestra!
e0188087_1575721.jpg

今回、ホーン隊の脇を固めるリズム隊、コード楽器隊をクローズアップして、画像を切り出してみました。
ホーン隊がズラリッと4人並ぶSuper Sonic Orchestraでは、これがなかなか至難の業でありました。
まずは、ココが揺らいでは、ホーン隊が10人いてもまとまらぬ、リズム隊です。
e0188087_16225353.jpg

ベースのMASAさんは、バンマスも務めておられます。
e0188087_16232688.jpg

これだけの人数のバンドを牽引していくことは、なかなかに大変なことであろう、と思います。
そしてドラマーHONDAさん。
e0188087_16253440.jpg

SSOでは、撮影する時から、ハイ、ちょっとごめんなさいよ、と分け入っていかないと、写真も映像も撮れません。
で、今回、曲と曲の間で、写真を撮らせていただきました。
思いのほかお茶目な方です♪
e0188087_16271912.jpg

コード楽器隊のカナメは、全てにおいてSuperな女性、Yukoさん。
e0188087_16291357.jpg

・・・と、なんと驚くまいことか、ここまで書いて、宮崎県武道館の片隅で、パソコンを膝に置いたまま、すやすやと眠り込んでおりました(>_<)。
はっと気づいた時にはソロソロ閉会式になろうか、という時で、いま現在、久々の家で書きついでおります。

SSOの、コード楽器隊は、美しきコード隊リーダー(と勝手に書いております)Yukoさんと、愛らしきMegちゃんが鍵盤で両翼を支えています。(立ち位置も、まさに「両翼」です)。
e0188087_1361342.jpg

そして、Megちゃんの後ろには、コード楽器の雄であり、キレのあるカッティングで半ばリズム隊のようでもある、ギターの聖二さんが控えています。
e0188087_1371852.jpg

e0188087_1373640.jpg

今更ながらに、このようにレポしてみると、SSOさんの立ち位置は、よく考えられているな、と思います。

さて、今回、身に余るような「カラフルへの謝辞」をバンマスの大坪さんからいただき、恐縮至極のところに、サプライズで「青い珊瑚礁」の演奏があり、会場が沸きに沸きました!
音をお伝えできないのが残念です。
e0188087_1414874.jpg

最後まで、本当に楽しい演奏でした。
ありがとうございました!

なんとなんと1ヶ月近くもかかって、えっちらおっちらと更新してきました、カラフル夏の2デイズライブ、ついに最後のバンドさんとなりました!
夏の2デイズ、ラストを飾っていただくのは、楽団さんです。
e0188087_1555912.jpg

5月のゲイツライブの時から、ボーカルにありささんが加入され、華やかさ、かっこよさが増しました♪
時にしっとりと。
e0188087_23458.jpg

ありささんは、リハのとき、とても頼りになる方で、時間的に厳しいカラフルのリハのやり方を、さっと理解され、タイムマネージメントも抜かりなく、本当に助かりました。
・・・という楽団さんなんですが、ステージ直前まで、楽団を率いるKim隊長、「やばいっす、やばいっす」と言いながら「予習」をしておられました(^ ^)。
e0188087_1565389.jpg

e0188087_15799.jpg

Kimさんは、この日の夜、韓国から帰国されたばかりだったそうです。

さて、楽団さんは、すっかりお馴染みになったインストのナンバーからスタート。
e0188087_1582069.jpg

今までのライブですと、ホーン隊の誰かがキーボード兼任、だったのですが、今回はキーボードの専任、信親しいさんが参加され、コード感にぐっと厚みが出ていました♪
e0188087_22465.jpg

楽団さんは、ギター2人体制です。
元はロン毛のメタラーだったというのが信じられない、江副さん。
e0188087_243668.jpg

いつもにこにこ、お優しい人柄で、何度かブログにも書いてるように、私は心の中でいつも「ムーミンさん」とお呼びしております(^^)v。
いつか、ベタメタルのゲストでお呼びしたい、と思っております。
もし、これをお読みになったら、ぜひとも、前向きにご検討くださいませ。

楽団のもう1人のギタリストは、Shoheiさん。
e0188087_262899.jpg

若く、初々しく、勉強熱心、研究熱心なギタリストさんです。
常にステージでは「一生懸命」プレイしておられ、ゲイツライブの時にも、感じるところが多々ありました。
この姿勢を失ってはいけないな、と思います。

さて、ホーン隊は2人ですが、なかなかに芸達者で、コーラスもしてしまいます。
e0188087_284155.jpg

私がこのお2人で一番好きなのは、自分たちのパートが休みのときは、にこにこと、踊ったり?してしまうところです。
e0188087_294641.jpg

これは、ドラムのKimさんと、ベースのGakuさんのグルーブに合わせて2人で「のっちゃって」いるところです。
そのGakuさん。
e0188087_2122011.jpg

入れ替われるなら、一度Gakuさんと入れ替わって、Gakuさんのスタイルのベースを弾いてみたいです。
Gakuさんは、一見無口そうに見えるのですが、にこにこと優しい語り口で、とてもお話しやすい方です。
GakuさんとKimさんの生み出すグルーブの中、みずいろの雨や、Skip Beatなど、楽しい曲の数々で、2デイズを大盛り上がりで締めくくっていただきました。
本当にありがとうございました!

2日間にわたり、楽しい夜を皆さんと過ごせたことを、本当に感謝いたします。
次回は、早くも年末ライブとなります。
12月20日(土曜日)、21日(日曜日)、場所はCavern Beatです。
また、皆さんと楽しい時間を過ごせますように!
by taka_hornetblue | 2014-08-16 11:34 | colorful(カラフル)

カラフル夏の2デイズライブ@Cavern Beat、初日のライブレポ!

すっかり恒例となりました、カラフル夏の2デイズライブ、今年も福岡市中央区のCavern Beatで、8月2日、3日で行いました!
久々に参加してくださった仲間、新しく入ってくださった仲間。
久しぶりに顔を見せてくださった仲間。
とっても楽しい2日間でした。
初日、私があたまが回らず、集合写真を撮り忘れ、あっと思ったときには半分は帰られた後でした(T_T)。。
残ってた方と集合写真。
e0188087_22581872.jpg

みなさん、集合写真のコールを私がし忘れた時は、ぜひ「集合写真は?」とご指摘ください!
かえすがえすも残念でありました。
さて、初日のリハーサル風景を少し。
まず、Hiroさんが帰ってこられたBLACK SHEEP。
e0188087_2304816.jpg

ギターのTommyさん、どれほど嬉しかったことでしょうか(^^)
The Lips⇒Liesは、例によってリハーサル時間には揃わず、ドラムは進入禁止のトリー内藤さんがサポート。
e0188087_2324571.jpg

こういう、「みんなで協力し合」えるところも、手前味噌ではありますが、カラフルのいいところかな?

さて、18時、ライブスタート!
2デイズのスターターを務めてくださったのは、カラフルベンチャーズ!
「夏だ、ベンチャーズだ!」
e0188087_234017.jpg

回を重ねるごとに、軽妙さを増す、あーちゃんのMC。
e0188087_2343611.jpg

しかし、あーちゃんは2回のライブに1回は、「このごろ、カラフルベンチャーズが出したCDに・・・」って言うんですよね(^ ^)。
それを受けて、リッチィさんが「出してぇへん、出してぇへん」というのは、もうお約束となっております。
今回は、初めて聴く曲がたくさんありました。
ユーミンのルージュの伝言や、プリティウーマンなど。
e0188087_2374691.jpg

笹田さんがアーム使うのを、私は初めてみたような。
e0188087_238166.jpg

知らず知らずのうちに、身体が動き出すような、とっても楽しい演奏に、Hiroさんも、久しぶりの大庭さんも、とても楽しそうに聴いておられました♪
e0188087_2391238.jpg

e0188087_2392031.jpg

カラフルベンチャーズの皆さん、本当に楽しい演奏でした!ありがとうございました!
e0188087_2310719.jpg

夏は引っ張りだこで、大忙しでしょうが、体調に気をつけて、頑張って下さいね★

さて、2番目はベタメタル。
e0188087_22323884.jpg

この頃、定番となっております「リアルSE」からスタート。
e0188087_2233133.jpg

振り返りますれば、私の衣装が超場違いでございました。
これ着るなら、ロックインアメリカをせんと、形にならん感じです(>_<)。
今回、私がものすごくミスが多くて、ガックリと落ち込んで次の日まで持ち越しました。
けれど、後でおそるおそる動画を見ると、やっぱり楽しそうで、ちょっと安心しました。
今回のセットリストには44マグナムがあって、私は決して「大好き」ではなかったのですが、やっぱり「あの次代」を思い出して、とっても楽しかったです。
e0188087_22483672.jpg

この日、バースデーのヒロシジョージマ、叫んでおります。
e0188087_2240384.jpg

ベタの守護神、Gunちゃん。
e0188087_22405072.jpg

身体が大きいのに(ってのも変ですが)、身軽で、絶対私はできないステップを踏む、アンディ古川さん。
イントロの時のダンス?を4コマ漫画ふうに(^ ^)v
e0188087_22464140.jpg

e0188087_22424586.jpg

e0188087_22425551.jpg
e0188087_2243545.jpg

アンディ古川の絶妙なダンスは、各曲のイントロにて、絶賛公開中でございます(^^)
私は反省点が多々ありますが、それでも、みんなで一丸となったライブでした!
e0188087_22475838.jpg


そして、3番目は、ベーシストHiroさんが戻ってきた、BLACK SHEEP!
e0188087_0374715.jpg

ささやかながら、「アーチの花道」を作ってステージに上がっていただき、ステージで笹田さんに待ち構えていただいて、ハグして「お帰りなさい」!
やっぱりHiroさんのいないBLACK SHEEPは、クリープのないコーヒーみたいなものです。(お若い方にはわからんでしょう、このたとえが。)
最初の曲は、BLACK SHEEPの代表曲(と私が勝手に思っている)、「Stay in my heart」。
客席から、カルちゃん、Ikuちゃんがミラーボールを持って、キレイな空間を演出します。
e0188087_0563421.jpg

Tommyさんの歌声が、会場に力強く響きました。
e0188087_056561.jpg

Tommyさんは、「永遠の少年」で、喜びも悲しみも人一倍強く感じる方なので、Hiroさんが戻ってこられて、一緒にステージに立って、どれほど強く喜びを感じておられただろうか、と思います。
Hiroさん、おかえりなさい!
e0188087_103940.jpg

BLACK SHEEPの守護神、Cozyさんも、
e0188087_112420.jpg

BLACK SHEEPの女神、Yukaさんも、
e0188087_114721.jpg

この4人での演奏を、心から楽しんでいる、という様子が、とてもよく伝わってきました。
MCの時も、和気藹々(^ ^)v
e0188087_14414.jpg

Hiroさんが一度抜けて、そして戻ってきて、チーム力が一段と強くなったように思える、BLACK SHEEP。
ロック街道を、これからも4人で、まっすぐに、どこまでもまっすぐに、突き進んで下さい!
e0188087_1739.jpg

e0188087_17131.jpg

この日、4人のうち2人が、体調があまりよくなかったのですが、そんなことを微塵も感じられない、素晴らしい演奏、素晴らしい時間でした!
ありがとうございました♪

さて、4番目は、カラフルのポールこと、Yukiさんが率いる、Little Wings!
e0188087_4123098.jpg

Yukiさん、衣装もポールです♪
e0188087_413916.jpg

エリのところは、ご自分で作られたのでしょうか?気になるところでした(^ ^)。
さて、Jetなどの楽しい曲や、キレイなラブソング、My Love、そして必要に応じてメンバーがパートを入れ替わる、という、盛りだくさんな仕掛け満載のライブでした★
仕掛け(と言っては失礼ですが)の、最たるものは、右利きギタリストYukiさんが、ポールをリスペクトしての、左利きベース演奏(日本語が変ですみません)でしょう。
e0188087_4164110.jpg

何度見ても、「よーやらはる・・・」と畏敬の念を抱きます。
それから、ほとばしる汗を吹き飛ばしながらの、ピアノ。
e0188087_4173655.jpg

e0188087_4183135.jpg

飛び散りながら、ライトに光る汗を、うまく撮ることができず、残念。
半端じゃない「カバー」をされるYukiさんを、メンバーたちもしっかりと支えます。
リンダが入ったような?コーラスのあーちゃん。
e0188087_4203136.jpg

キーボード誠くんは、大学の試験のため、ついにこの日までメンバーと合わせることができなかったとか。
心なしか、「必死の形相」に見えましたね(^ ^)
お疲れさまでした!
ドラムはLittle Wingsで早くもお馴染みになった、Mr.ノグチ。
e0188087_421281.jpg
e0188087_4213996.jpg

相変わらず、タイトな音、正確なリズム。
そして、ギターとベースはこのお2人。
e0188087_4221260.jpg

なんですが、あれっ?
e0188087_4224025.jpg

パートを交代して、こんな場面も(^ ^)
e0188087_4225894.jpg

これは、アメリカ建国200年を祝う曲、Let 'Em Inの演奏場面です。
アンディさん、ちっちゃなオモチャのタイコを手に大真面目です。
この曲も、ポールと同じように、学校のキンコンカン・・・というチャイムから始まりました。
Little Wingsを見た後、私はポールマッカートニーの同ライブ映像を見ましたが、Yukiさんの細部にいたるまでのこだわりに、改めて「スゲー」と思った次第です。
Little Wingsの皆さん、お疲れ様でいた!
また次回も、楽しい仕掛け、驚く演出を期待していまーす♪

さて、マッカートニー正規カバーバンドLittle Wingsの次は、本家とかけ離れるも甚だしい、進入禁止のメタル聖子です。
e0188087_22111957.jpg

練習は、かなり真面目にするほうで、演奏隊は完コピに近いです。
トリーさんは、どんどん腕を上げてこられ、師匠も「やったことない」ベースパターンを、毎回完コピしてこられるので、これまた腕を上げておられます。
進入禁止の大黒柱、「音職人」あーちゃんがサウンドを支え、演奏隊の総監督はリッチーさんで、細部にいたるまで、指示が飛びます。
問題はわたしで、そりゃわかっとるわけです。
なので、歌唱力のないのは、演出でカバー!
先日の某イベントで準備した、「シャンパンクラッカー」登場!
e0188087_22134125.jpg

この後すぐ、3曲目の「輝いた季節に旅立とう」にいくつもりが・・・
リッチーさん曲順を間違え、ストップ。
「あんたねー」とバリバリ文句言われております。
e0188087_2215483.jpg

4曲目のスコールでは、イントロの後、上に来てたゴス浴衣をかなぐり捨て、ゴールドに変身!
e0188087_22241336.jpg

いちお、本家のスコールのライブ衣装を参考にしたんですけど、
e0188087_22202567.jpg

わたしが着れば「女子プロやないかい」。
リッチーさんは「ココがリングかなと思った」。と言った挙句、リングに上がる真似をしたりして。
e0188087_22235731.jpg

ま、たしかに。
私は職業柄、上腕から肩の筋肉がめっちゃ発達しているので、肩が出る服を着ると、「たくましーわー」感が半端ないです。
メタル聖子ならぬ、女子プロ聖子になって、ラスト「夏の扉」はぶっ飛ばしました。
e0188087_2230868.jpg

e0188087_22301685.jpg

みなさま、どうもお騒がせいたしました。
当面、この路線ですので、どうぞまたお付き合いくださいませ!

さて、カラフル夏の2デイズライブ、初日もいよいよ大詰めです!
6番めは、Spherical。
ボーカルのカルコさんの、楽しげな表情から始まります!
e0188087_0212160.jpg

今回は、ノリノリな曲がたくさんあって、とっても楽しいステージでした。
ノリノリな曲のときの、カルコさんの楽しげな表情が、私はとても好きです(^ ^)
「楽しさに引き込まれそう」な感じがするからです。
今回も、カルコさんの盟友、Makiさんが、はるばる長崎からサポートに駆けつけてくださいました。
e0188087_0244057.jpg

「このためだけに、やってまいりました!」
とのこと、本当に友情あればこそ、ですね。
ミラーボールの効果もバツグン、ステキなステージです。
e0188087_0262216.jpg

e0188087_0272441.jpg

実は、この日、Sphericalは1つの区切りの日でした。
Spherical(結成当時はCaptain Cryというバンド名でした)結成から、4年間、バンドを牽引してきたドラマー夏田さんが、バンドから離れられることとなりました。
2011年、春日ライブの時のCaptain Cry。
e0188087_21524133.jpg

e0188087_21575244.jpg

一番最初は3人で、その後キーボードのKayoさんが参加され、そして紆余曲折を経て、今の形になりました。
Sphericalでの最後の演奏、夏田さん!
e0188087_0352639.jpg

演奏が終わって、「お疲れさまでした!」
e0188087_035534.jpg

花束贈呈(^ ^)
e0188087_0361249.jpg

この直後、ベーシストの斉藤さんが、すっと手を差し伸べ、夏田さんと握手!
e0188087_0365565.jpg

とてもステキな光景でした。
長く一緒に活動していると、時に互いの歩みに違いが出てきたり、見つめるものが異なってきたり、また、それぞれを取り巻く環境が異なってきたりするもので、「ここはいったん、互いに離れよう」となることは、えてしてある、と思います。
しかし、ここに互いの感情が悪く作用すると、ニコヤカに、「じゃ、またいつか一緒にやろうね!」という別れ方ができないように思います。
けれど、時が来れば、またSphericalの現メンバーで集う日も来る・・・と、そんなことを思えた、夏田さんの「お別れ」でした。
最後、Makiさんは帰られた後でしたが、4人で記念写真を撮りました。(撮影がヘタでゴメンナサイ)
e0188087_0432266.jpg

Sphericalの皆さん、ありがとうございました!

さあ、いよいよカラフル夏の2デイズライブ、初日のラストとなりました。
最後は、The Lip⇒Lies!
わたし長いこと、The Lips⇒Liesと、両方ともに「s」をつけて表記してたらしく、たいへん失礼いたしました。
どうして、そう思いこんだものかなぁぁぁ。
さて、ソロソロ、準備が終わって、ドラマー上村さん「いいかも知れん。」
e0188087_21532239.jpg

それを合図に?ライブ開始!
最初はお馴染み、London Boy!
e0188087_21535941.jpg

最後は飛んでおります!
シンバルはタテになっております!(上村さん、まったく構わずこれで演奏してました)
e0188087_21542065.jpg

そして、続いて、Beach BoysのI get around!ヒュー♪
e0188087_2205585.jpg

右端でわたしが大喜びしております。
これはいつだったか、進入禁止が、ナイスビームのCスタジオで練習したとき、隣のFスタジオからこの曲が聴こえてきて以来、とっても楽しみにしてたんです。
この時、進入禁止の面々で、「きっと2デイズでするに違いない!」と話してたんですよね。
ヤッパリーでした。
しかし、The Lip⇒Liesは全員歌えるんですよね。これが強い。
だからBeach Boysなんぞが出来るんでしょう。
さて、躍動感溢れるライブは毎回のことです。
e0188087_2233567.jpg

e0188087_223456.jpg

その中にあって、木村さんは1人、「静かにハジケる」タイプかと(^ ^)
e0188087_2242126.jpg

2デイズ初日を、本当に楽しいステージで締めくくっていただきました!
The Lip⇒Lieの皆さん、ありがとうございました!

そして、最後に、新しい仲間の紹介を。
GGRに新しく入られた鍵盤奏者、「きこちゃん」です。
師匠にエスコートされ、ご挨拶(^^)
e0188087_226124.jpg

初日に参加された方は、ほとんどの方が2日目はお見えにならないため、急遽ご挨拶をお願いしました。
たおやかな大人女子で、カラフルの大人女子に、また力強い仲間が増えて、とってもうれしいです!
カラフル大人女子は、これで、Junko、Kiko、Takakoの3本柱となりました♪
後に続くカラフル女子の皆さんに、「トシとって、あーはなりたくない」と思われぬよう、これからも精進いたします!(・・・って、私は女子プロ道ですかね・・・)

さて、えっちらおっちらと、書きついできた、カラフル夏の2デイズライブ初日のライブレポ、めでたく完了です!
では、みなさま、ごきげんよう!
by taka_hornetblue | 2014-08-06 23:11 | colorful(カラフル)


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧