シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


9月15日、敬老会でパレットライブ♪

9月15日の敬老の日、福岡市南区にあります、高齢者施設で開かれた「敬老会」に、パレットが演奏させていただきました。
e0188087_22345078.jpg

私の仕事柄、重度心身障がいの子どもたちとは、普段から音楽遊びなどをよくしていますが、居並ぶ人生の先輩方の前での演奏は初めてでした。
この日、人生の大先輩の前での演奏に、豊富な経験をもつ、鍵盤の順子さんがメンバーに入っていたので、本当に心強かったです。

とはいえ、私自身の緊張感は長く続きましたし、事前学習もしました。
まずは2冊の本の購入から。
e0188087_2240291.jpg
e0188087_2240816.jpg

以前、生徒の実習の引率でうかがった施設で、「ケアビクス」というものをしていました。
楽しく明るい音楽に合わせ、無理なく身体を動かすもので、「これは楽しいな」と、記憶の引き出しにしまっていました。
今回、最初に「ケアビクス的何か」を取り入れようと思い、研究しようと思ったのです。
2冊の本をズズズーイと見渡し、読み、「青い山脈」で「簡単な体操」をしてみることに。
小道具もつくりました。
キラキラバトン。
e0188087_22441082.jpg

100円ショップに売っているB4サイズの画用紙を半分に切り、それをくるくるっと丸めて、先に切れ目を入れたキラキラシートを貼り付けて作りました。
失敗は、持ち手にシールを貼ったこと。
すぐはがれてきてしまいます(>_<)。
病院での演奏の時などには、これはやめたほうがいいです。

この日のプログラムは、
・・・★・・・★・・・★・・・
【第1部】音楽レクでこんにちは♪
・「青い山脈」で簡単体操(^^)
・「幸せなら手を叩こう」で、あたまの体操をしながら、盛り上がりましょう!
【第2部】懐かしい曲で癒されてください♪
・ここに幸あり(大津美子)
・私の青空(エノケン)
【第3部】フィナーレ! ご一緒に盛り上がりましょう♪ 
・情熱大陸
・歌謡メドレー(瀬戸の花嫁⇒男の子女の子⇒青い珊瑚礁⇒夢の中へ⇒どうにも止まらない)
・・・★・・・★・・・★・・・
でした(^ ^)

さて、パレットは、本番前に必ず、行くメンバーで集まって、練習、リハーサル、確認を行います。
今回は歌謡メドレーがあるので、曲と曲のあいだの「つなぎ」などを、より綿密に打ち合わせました。
e0188087_2248313.jpg

そうして迎えた本番。
協力しあって、すばやく準備。
e0188087_225613.jpg

準備完了!
e0188087_22561877.jpg

いよいよ、施設長挨拶、入所者様代表挨拶、お謡いなどがあり、パレット登場。
前に出る前、メンバーから、「今日ばかりは、誰もイエーイ、とか言ってくれないよ」と言われましたが、そんなこたぁ先刻承知、全てをさらけ出して、全身で先輩方に向かい合うだけです。
e0188087_22584689.jpg

「青い山脈」パレット体操バージョン、「幸せなら手を叩こう」順子バージョン、どちらも、先輩方に笑顔で受け入れていただき、一緒に楽しんでいただき、本当にうれしかったです。

そして第2部、パレットが誇るシンガーソングライター、「坂口豊」が、ギターの弾き語りで、懐かしい曲をお届けしました。
e0188087_232224.jpg

途中、ちょっとパーカッションが入ったほうがいいな、というところは、すかさず西坂さんがサポート。
e0188087_2331163.jpg

このあたりの呼吸、さすがでした。

さて、全て終わって、私たちは施設の調理師の方たちが、入所者の方たちのために、「4時出勤」してきて、整えられた、素晴らしい薬膳料理をお相伴にあずかりました。
e0188087_2333369.jpg

e0188087_2334049.jpg

品書きを書いた紙1つ1つに、心がこもっていました。
目に美しく、身体にもよい、そんなお料理が整えられていました。

今回、様々なことを考え、心に刻ませていただきましたが、分けても、入所者の代表の方の挨拶の言葉は、胸に響きました。
「若かった日々は夢のように過ぎ、こんな年になってしまった・・・」
私たちも遠からず同じ思いを抱く日がきます。
人生の先輩方の日常に、「非現実的」な何か、「普段は身近にない楽しみ」に、私たちがお役に立てるとしたら、こんな嬉しいことはありません。
次回、またお話があるとしたら、更にステップアップして、臨みたいと思います。

様々なことを、わずか40分くらいの間に教えてくださった、人生の先輩方、本当にありがとうございました。
自己研鑽を積み、またお目にかかりたいと願っています。
by taka_hornetblue | 2014-09-25 23:11 | カラフル・パレット

9月14日、今年最後の、カラフルZOEライブのライブレポ♪vol.2

本当は、ライブレポ、全部を1つにまとめるつもりでしたが、最後のゆらぎを書き終わってアップしようとしたら、エキサイトブログから、
「内容が多すぎまっせ、2880字くらい減らさんですか」
と言われたので、6番以降をvol.2として、再アップいたします♪

今年最後のカラフルZOEライブ、いよいよクライマックスに差し掛かりました。
6番めは、1/2Lips。
e0188087_14284952.jpg

元々、9月にカラフルアンプラグドライブを組んでいたのを、ZOEライブと統合させたので、今回はアコ系多めのライブです。
アコ系バンドの中でも、「正統派」と言いたいような、昔懐かしいフォークソングなどの弾き語りデュオでした。
私も学生時代はフォーク研でしたが、かぐや姫とか、風、五十嵐浩晃をメインにしていたので、今回の1/2Lipsのセットリストは、なかなかに趣深いものがありました♪
すがわさんの手。
e0188087_14312793.jpg

私はプレイヤーの「手」「手元」を見るのが好きで、このように周りで見ることの少ない「フィンガーピック満載」?の手を見ると、写真を撮らずにはいられません。
はるか昔、フォーク研にいた頃、私もフィンガーピック、サムピック、様々使ってみたものでした・・・。懐かしい。
もちろん、使いこなすに至っておりません(>_<)。
今回のセットリストは、
・あの素晴しい愛をもう一度
・風
・さすらいの人の子守唄
・悲しくてやりきれない
・イムジン河
・恋のメンタルダメージ
・戦争を知らない子どもたち
でした♪

「あの、すばぁらしいーあーいーを、もーぉーいちーどー」
なんて、誰でも記憶の片隅にある曲で、みんな思わず歌っておりました。
とても穏やかで優しく、そして昭和な時間が流れていきました。
e0188087_1450156.jpg


個人的に、昔から、ふとした折に心に浮かんできていたのは、「風」(はしだのりひことシューベルツ)の、この1節です。
♪何かを求めて、振り返っても、そこにはただ、風が吹いているだけ♪
この曲は昭和44年のヒット曲、とあるので、私が小学校1年くらいの時に聴いたと思われますが、子ども心に、「何かを求めて振り返っても」、求めるものはそこにはなく、「ただ風が吹いている」だけだった、というのは、とても心に残る歌詞だったのだろう、と思います。
おそらく、私は初めて、目の前で、生演奏でこの歌を聴いたと思います。
感慨深いものがありました。
すがわさんの「口笛」。
e0188087_14545861.jpg


さて、アコースティックのデュオ1/2Lips、今回、ハウリング等のPAトラブルが最初続きました。
しかし、そこは仲間のライブですから、みんなすぐにサポートします。
e0188087_1448418.jpg

PAのツマミが利かない!と、聖二さんと、城島さんが対処法を慌しく話し合っています。
e0188087_14481279.jpg

けれども、結局はうまくいき、最後まで、素敵な演奏を、私たちは楽しむことができました。
e0188087_1456219.jpg


そうそう、今回1曲だけセットリストに入っていたオリジナル、「恋のメンタルダメージ」。
デモがアップされた時から、私はとても好きで、はよライブでやらないかなー、と思っていました。
今回聴けてうれしかったです。
ラインのメッセージなどが「既読」にならない、と身を揉むような思いになる「オトコ」の「女々しい恋心」を歌った、とのことです。(と、私は解釈しました)
「既読にならない、孤独のメッセージ・・・」とはよく言ったもんだ、と、そういうところに耳が吸い寄せられたりして(^ ^)
ラストの「戦争を知らない子どもたち」まで、和やかなれど、あっという間のステージでした。
e0188087_151516.jpg

1/2Lipsの坂口さん、すがわさん、本当にありがとうございました!

さてさて、ラスト2つとなりました。
そして、大波乱の7番目「ベタメタル・パレット」(通称ベタパレ)。
今回、ドラマーのGunちゃんが病みあがり、ボーカルの古川さんが発熱、と病人だらけでございました。
古川さん「出番ギリギリまで寝てきます」とのことで、ギリギリに会場入りされるはずでしたが・・・。
1/2Lipsが終了した段階で、まだ会場に現れず。
カラフルは、過去様々な経験から、「順番入れ替えはしない」ことに、かなり前から決めています。
なので、ボーカル不在のまま、ライブスタートしました。
1曲目、メリッサ。
2曲目、情熱大陸(with Junko)。
どちらもメンバー全員頭に血が上っておりまして、私も記録のビデオカメラを回すのをスッカリ忘れ果てていました。
1曲目は私がベースを捨てて歌いました。
2曲目は、ライブが終わったばかりの、1/2Lipsの坂口さんを拝み倒して、ベースをヘルプしてもらいました。この曲ゲスト参加のJunkoさんは、怪我した指をものともせず、最後立ち上がって弾きまくって盛り立ててくださり、本当に感激しました。
お2人に感謝!です。
そして、この曲の演奏中、古川さんは会場に到着!
入ってこられるのを見た瞬間、「地獄で仏」的気分になりました。

3曲目から、古川さん合流して、ベタパレスタート!
e0188087_160110.jpg

e0188087_1601141.jpg

「ほっ」とした表情のギターのジェイくん。
e0188087_1603457.jpg

「ベタパレ」では、ギターはアコギを使うため、生ドラムでは特に神経を使うプレイの、ドラマーGunちゃん。
e0188087_1604833.jpg


「ベタメタル・パレット」は、カラフルを母体とする、ボランティア演奏サークル、パレットで活動する時のために、
・「カッコイイ」「楽しい」音楽、流行のアニソン、みんなが知ってるアニソン等を、
・「メタルサウンド」ではない形で、
・箱を選ばずできる形で、
・誰にでも耳なじみのいいサウンドで、
プレイしよう、というコンセプトで活動しています。
ベタメタルとは楽器構成も異なり、ギターはエレキではなくアコギですし、キーボードが参加します。
セットリストも、「自分たちの趣味」より、「広く知られている」ことを重視して組みます。
今回は、
・メリッサ(鋼の錬金術師テーマ)
・情熱大陸(テレビ番組「情熱大陸」テーマ)
・紅蓮の弓矢(進撃の巨人テーマ)
・CHA-LA HEAD-CHA-LA(ドラゴンボールテーマ)
・銀河鉄道999(銀河鉄道999テーマ)
がセットリストでした。
キーボードIkuちゃん、大健闘でした。
e0188087_1694538.jpg

Ikuちゃんの真剣に取り組む姿を、私も真似しないといけないです。
ボーカルが入った後半3曲、私たちらしく、楽しめました。
e0188087_1612120.jpg

e0188087_1612917.jpg

ベタパレは、翌日、このセットリストに「スラムダンク」のテーマ「世界が終わるまでは」をプラスし、宗像ユリックスの中庭で演奏させていただきました。
赤ちゃんを抱っこした若いご夫婦や、お子さん連れなど、たくさんの方が、楽しそうに聴いていただき、本当にうれしかったです。
e0188087_16185194.jpg

これからも、ベタメタル、とは一線を画し、頑張っていきたいです。

さてさて、2014年最後のカラフルZOEライブ、いよいよ最後のバンドとなりました。
横山ほっと本庄さんが加入して、カラフルで初ライブ!の「ゆらぎ」です。
e0188087_23401463.jpg

正直なところ、みんな普段のほっとさんのプレイスタイルを熟知している分、あの超癒し系「ゆらぎ」に入って、どんな音になってしまうのか、とっても不安だったと思われます(^ ^)
ところが!
なんとまあ。
ほっとさんの音の滑らかでマイルドなこと。
フレットレスベースを使われましたが、ゆらぎサウンドにピッタリでした。
サザンオールスターズの「シャ・ラ・ラ」を楽しげに歌うカルコさんと、普段とは全然違う、大人しいお姿でベースを弾くほっとさん。
e0188087_23424077.jpg

e0188087_2344656.jpg

順子さんは、ベースをほっとさんに任せたせいか、今までよりもはるかに、自由に鍵盤を操っていたように思います。
歌うように弾く順子さんのプレイスタイルは、毎回見るのが、とても楽しみです♪
e0188087_23435236.jpg

八神順子の「思い出は美しすぎて」を、ゆらぎアレンジで演奏中♪
e0188087_23465919.jpg

カルコさんは、Sphericalでもボーカルをとられていますが、ゆらぎでは、また全く違う魅力を見せてくださいます。
会場じゅう、うっとり、と聞き惚れ、かつ、のんびりと癒される時間でした。
そんな、ゆったりとした曲ばかりかというと、そうではなく、「ベタメタルに捧げます」と言って演奏されたのは、
「魔法使いサリー」。
なんでベタに捧げる歌が「魔法使いサリー」なんだ?
と思ったら、「だって、ベタメタルさんは、アニソンをしてるじゃないですかぁ」というカルコさんの返事。
内心、かなりズッコケたりして。
そうそう、カルコさんは、ベタのボーカル古川さんが「発熱して、今も38度くらいあるんですが」と言われたら、「テング(テに点々がありませんでした)熱ですか?」と無邪気に言ってらっしゃいました。
天狗熱とはなんぞや。お江戸あたりで話題になってるのは、「デング(テに点々アリ)熱」かと(^^;
何につけても面白い方です。
・・・てな話はいいとして、「魔法使いサリー」、軽快なアレンジで、とっても楽しかったです。
e0188087_23545570.jpg

e0188087_23551147.jpg

ラストは、「リトルウィングスさんに捧げます」と、ポール・マッカートニーの、「My Love」でした。
e0188087_2357988.jpg

ステキな時間でした。
ほっとさんが加入して、トリオとなったゆらぎですが、なんと次回、年末ライブがラストライブです。
サラリーマンの宿命とはいえ、ほっとさんが、転勤・・・のようなのです。
年末ライブの1日は、「ほっとさん祭り」になりそうな感が、今からありますが、みんなで盛り上げていきたいと思います♪

これにて、カラフル秋ライブ@ZOEのライブレポ、終了です!
長々とおつきあい頂き、本当にありがとうございました♪
by taka_hornetblue | 2014-09-24 00:03 | colorful(カラフル)

9月14日、今年最後の、カラフルZOEライブのライブレポ♪vol.1

9月13日、14日、15日の3連休、あちらこちらで音楽関連のイベントが沢山ありました。
我らがカラフルも、14日、今年最後のZOEライブを行いました。
恒例となりました、集合写真です。
撮影は、毎回のように見に来てくださる、Tamakiさん。
e0188087_21513759.jpg

この写真はライブ終了後に撮ったのではなく、ラストの「ゆらぎ」の前に、急遽撮影しました。
発熱のため遅れられた、ベタパレ(ベタメタル・パレット)の古川さんが、この後仕事に行かれるからでした。
「みなさぁん、ゆらぎのセッティングを壊さないよう、急いで並んでくださーい」
の呼びかけに、会場にいたカラフルの仲間がサササーと並び、「チーズ」?「バター」?(^ ^)
皆さん、輝くばかりの笑顔です。

2014年9月14日のカラフルライブは、私個人的に、深い思いを込めさせていただいたライブでした。
この日、初めてゲスト出演された、「あるこるず」さん。
6月のカラフルライブにゲスト参加されるはずでありながら、ボーカルさんが病に倒れられ、その後、急逝されました。
メンバーさんは全員、高校の同級生であるとのこと。
どれだけ深い哀しみがあったか、それは察するに余りあるものがありました。
この悲しい知らせを聞いたのは6月のことでしたが、残されたメンバーで今後を話し合われ、「やはり、続けよう」と決断され、9月14日、カラフルライブへの初参加が叶いました。

「あるこるず」のリハーサル風景。
e0188087_2215198.jpg
e0188087_2215825.jpg
e0188087_222473.jpg

みんなで、アンプのことを初め、出力についてはサポートしました。
カラフルライブは、全体的に「みんなでつくる」ライブですので、「自分のバンドの音」も「自分以外のバンドの音」も、どちらも大切に思い合う雰囲気があるように思います。
今回、新メンバーで(?)参加の、1/2Lipsのリハーサルの時も、誰か彼か、前に行っては出力を手伝いました。
e0188087_2245624.jpg

この時間が私はとても好きです。

・・・と、このように温かな(って、手前味噌すぎるでしょうか?)雰囲気で、カラフル秋ライブ@ZOE、始まりました!

さて、トップバッターは、2月の箱崎水族館以来の、Riraizaです。
e0188087_22542350.jpg

互いに一緒に活動することが多い割には、Riraizaとして、スタジオでちゃんと練習することが少なく、そのツケはちゃんとライブで払うことと、相成りました(>_<)
けれど、今回、横浜から帰ってきていたトーコさんが、2曲、カホンで参加!
e0188087_22564791.jpg

さすがに3人ではスタジオに入り、1回だけでしたが、練習しました。
トーコさんのカホンの音がとてもステキでした。
低音がよく響く、硬質な音というのか、一緒にしていて、とても楽しかったです。
e0188087_22584542.jpg

e0188087_22585762.jpg

トーコさんが福岡でバリバリと音楽活動をされている頃、私はあまり接点がなく、本当に最後の最後に、一緒に活動させていただきました。
悔やまれます。
けれど、こうして、年に1回でも、一緒にすることができているだけ、幸せだと思います。
トーコさん、次回も、ぜひ、Riraizaに参加してね♪

さて、Riraiza、今回の最後の曲はユーミンの「アニバーサリー」でした。
そして、その曲の前に、谷川俊太郎の詩、「さよならは仮の言葉」を、朗読しました。
仲間を失われ、その哀しみを乗り越え、高校時代の同級生で結束して、バンド活動を続けていくと決めた、「あるこるず」さんに捧げるつもりで、準備しました。
詩の一節、「誰もいなくならないと僕は思う」。
人は、肉体がこの世から消えても、「存在感」は残り、残された人々の中に宿りつづけ、共に生き続ける。
そういう意味だ、と私は思います。
この詩とともに弾いた「アニバーサリー」は、この日が「カラフル記念日」となって、あるこるずさんのメンバーさんたちが、新たな仲間と出会い、楽しい時間をみんなと過ごせていけますように。
・・・そんな気持ちでした。
Riraiza、次は12月のパレット活動での演奏です。
今度は、しっかりとスタジオに入って準備します!

さて、2番目は、メンバーさんはカラフルでお馴染みの方ばかりですが、バンドとしては、カラフル初登場の、「博多エキスプレス」。
e0188087_2394482.jpg

バンマス村田さんによると、「ベタフュージョン」バンドだとか(^ ^)。
サックスに、Super Sonic Orchestraの、ナベちゃんこと、渡辺さんが参加してます。
e0188087_231243.jpg

村田さん、ギターだけではなく、カツラまでかぶって、MCもイケてました。
e0188087_23151632.jpg

博多エキスプレスさんは、とても熱心に練習を積んでいるバンドさんで、かなりの難曲ばかりだとお聞きしましたが、素晴らしい演奏でした。
会場も楽しいなー感満載です♪
e0188087_23154299.jpg

そして、楽しくなければチラとも笑わないオトコの、この笑顔。
e0188087_23161717.jpg

夏田さんは、フュージョンはもう大好きなので、「ベタフュージョン」の世界では、「笑わんとこ、思っても笑えてくる・・・」という感じの笑顔が、絶えず浮かんでおりました(^ ^)
ナベさんと村田くん、絡みあったりして、なかなかに魅せます!
e0188087_23184863.jpg

この手の音楽になくてはならぬキーボードは、あーちゃん。大健闘でした♪
e0188087_23264971.jpg

そして、ベースは「ただ座ってるだけでも存在感でかすぎ」の、ほっとさん。
e0188087_23274276.jpg

なんか、途中で「ミスタレイディー!」(と聞き取れましたが。。。)と、浮かれ騒ぐ曲があり、ほっとさんは一番に浮かれ騒いでおられました。
e0188087_232832.jpg

楽しい演奏でした!
実のところ、わたし、いかに「ベタフュージョン」であっても、ほとんど曲を知りません。
けれど、とても楽しかったです♪
博多エキスプレスさん、カラフルに参加してくださるとのことで、次回は年末ライブです。
また楽しいステージ、どうぞよろしくお願い致します!

さて、3連休3ライブという、50代にはちょいとコタエタ連休明けの週を終えて、今日は金曜日です。
本日は、3番目の、進入禁止からです♪
e0188087_22111342.jpg

秋のライブですから、聖子ちゃん秋歌からスタート!
私の大好きだった、「野ばらのエチュード」を選びました。
イントロが聴こえてくると、もうスルスルっと歌詞が出てきます。
e0188087_22125528.jpg

若い頃好きだった歌とは、ずっと覚えているものですね。
歌えてるかどうかは、そっと棚の上に上げておいて、とっても気持ちよく歌いました。
e0188087_22145962.jpg

今回のセットリストの、「野ばらのエチュード」には、「愛をみつーめて二十歳のエチュードー」という歌詞がありましたし、「Eighteen」は文字通り「18」で「わたしはエイティーン」と、高らかに歌う歌詞がありました。
この2つ足しても、まだ私のトシにはなりません(>_<)
しかし、そんなことはものともせず、永遠の25歳の進入禁止女子、わたくしとあーちゃん、ノビノビと、気持ちよく、演奏させていただきました♪
これからも永遠の25歳道を、2人で極めてまいる所存でございます(^ ^)v
e0188087_22184035.jpg

今回、久しぶりにアンルイスの曲を2曲しました。
「天使よ故郷を見よ」と、「ああ無情」の2曲です。
「天使よ故郷を見よ」が、アースシェイカーのボーカル、マーシーの曲だなんて、全然知りませんでした。
ツイ、「お、それなら、この曲はベタでも使いまわしできるか・・・」と、せこいことを考えたりしました。
アンルイス大好きな師匠、今回は妙なマスクをしておりました。
e0188087_2221748.jpg

アンルイスの曲は思い切りロックで、ギターがカッコイイものが多く、リッチーさん、大活躍でした!
e0188087_2221577.jpg

e0188087_2222557.jpg
e0188087_22221731.jpg
e0188087_22222593.jpg

一番前で応援してくださっていた、デューク松尾さん、ノリノリの応援、リッチーさんに成り代わりまして、お礼申し上げます!
最後は浴衣ドレスを脱ぎ捨て、スパンコール衣装で、聖子ちゃんの「スコール」。
e0188087_22325476.jpg

あとで動画を見ていたら、後ろでリッチーさんが私を見ながら、「ビューティビューティ、ビューティペアー」と、振り付けつきで、歌っておりました。許せん。
ま、しかし、ともかくも、無事に終わった進入禁止でした。
次回は9月28日の、ナイスビームショー。
この時には、あと1曲足さなければならないのですが、もう新曲は間に合わず、師匠の、
「夏の扉でいいんじゃないでしょうか? ♪夏の扉をしめーてー♪ と歌えばいいんじゃないかと思いまーす。よろしこー」
という、超脳天気なメールにて、あっさり「あと1曲」は決まってしまいました。
こちらは、普段、なかなか一緒にライブしたりしないバンドさんとご一緒ですので、頑張りたいと思います!

さて、4番目は、(私の)念願かなって、ゲスト参加、あるこるず!
e0188087_2246015.jpg

歓迎モード満載で、ライブ開始前のセッティング時から、「ナマ着替えはないんですかぁ?」とか、いろんな声がステージに飛んでいました。
全員高校の同級生という、カラフルでも初めてのメンバー構成のバンドさんです。
e0188087_2247497.jpg

始まってすぐ、「なんやボーカルの声が小さいような」
と、すぐさま、応援に来てくださっていた、SSOと@PRAUBのギタリスト、聖二さんが、さっとステージに駆け上がっていかれました。
e0188087_2249586.jpg

今回、聖二さん、本当に大活躍でした。
どのバンドさんも聖二さんのサポートがあればこそ、もしくは、聖二さんが前に控えていて下さればこそ、安心して演奏することができました。
本当にありがとうございました。
さて、カラフルのギタリストさんは、ギターの位置があまり高くない方が多いように思いますが、あるこるずさんの藤間さん、ギターの位置が低い!
久々に、こんな低い位置でプレイされるギタリストさんが、カラフルに入ってこられました♪
e0188087_2302014.jpg

もう1人のギタリストさん、元木さんは、私の同僚です。
e0188087_22512981.jpg

前の勤務地でもご一緒でしたし、私が今の職場に転勤して3年目に、また同じ職場に転勤してこられました。
とはいえ、そんなにめちゃくちゃ親しくさせていただいていたわけではなく、足掛け5年は同じ職場にいるはずなのですが、トータルで60分、話したことがあるだろうか?と思います。
けれど、音楽あればこそ、このように別な場所でつながることも出来るんだな、と思いました♪
「ふぅーん、本当にギター弾くんだぁ」
とそんな感じでツイ見てしまったりして。
e0188087_2353843.jpg

さて、ボーカルの信岡さん、とってもフレンドリーで、可愛らしい(と言っては失礼ですが)佇まいの方です。
e0188087_2363799.jpg

MCもどことなく愛嬌があり、会場の微笑みを誘います。
「ええと、ボク遅れてきたので、自己紹介してもいいでしょうか?」
すかさず、「イエーイ」と会場から声が飛びます。
e0188087_238364.jpg

あるこるずさんは、ほとんどがオリジナルソングなのですが、1曲だけ、ルースターズの「レザーブーツ」をカバーされました。
e0188087_2315757.jpg

私の後ろで「ゆらぎ」の順子さんが、「学祭を思い出すぅー」と言われてました(^ ^)
最後の曲は、なんと、みんなで高校生のときに作った曲、「ヨイコのロック」。
高校時代に作った曲を、53歳になって、みんなで演奏できている、という素晴らしさ。
e0188087_23121187.jpg

あるこるずさんは、カラフルに正式に参加してくださるそうで、年末ライブにも参加予定です。
これから、ぜひ、いろんな方と仲良くなっていただきたいな、と思います。
よろしくお願い致します!

さて、ついに、このレポを書くときが来てしまいました。
5番目、「カラフルウキウキガールズ」。
もう最初から、「ウキウキ」どころか「ドキドキ」でございました。
e0188087_425330.jpg

ウキウキガールズ、今回は前回の選曲ミスから学び、「3人がしたい曲」よりも「3人で形になる曲」をメインに考えました。
で、1曲目はスキマスイッチの「全力少年」。
これは私がピアノ担当で、もう弾き始めから緊張のあまり、指先がつめたーくなって、弾きなおすことに。
e0188087_4314577.jpg

低音域をトーコさん、高音域をあーちゃんが担当して、熱唱♪
e0188087_4322714.jpg

この曲が終わって、どんなにホッとしたことか。。。
それで、ホッとしたあまり、客席から愛情イッパイの視線で、トーコさんを見つめるトーコさんのご主人に、結婚前のトーコさんの喜びのコメントを披露してしまったりして。
e0188087_4332884.jpg

2曲目は、トーコさんボーカルで、Stevie Wonderの「I Just Called to Say I Love You」。
有名な曲ですが、私は初めてこの曲のベースを弾きました。
けれど、皆さん知っている方が多く、サビの「I Just Called to Say I Love You・・・」では、大合唱に(^^)
ともかくも、なんとか無事にこの曲も終わりました。
実際、ウキウキでは、1曲終わるごとに、心の中で「いっちょ上がりぃー」とコールしております。
さて、3曲目は、トーコさんウクレレ初披露の、「風になる」。
映画「猫の恩返し」の曲だそうです。
全体に私は知らない曲が多く、スキマスイッチの「全力少年」、つじあやのの「風になる」、どちらも今回のウキウキで初めて聞きました。
トーコさん、緊張の面持ちでウクレレスタート!
e0188087_4374829.jpg

あーちゃんのほんわりしたボーカルに、この曲はマッチしていた・・・と思います。
さて、ウキウキでは私は結構忙しく、4曲目ゆずの「夏色」では、ギターでした。
フォークソング研にいて、毎日アコギを弾いていた若き日と違い、今はギターをほとんど触らないので、カッティング(っぽく弾くこと)が、ピック持ってできなくなっておりました。
もう私1人、真剣そのもの。
e0188087_4423574.jpg

ウキウキところか、真剣すぎて目がすわっておりました。
反省。
しかし、あーちゃんトーコさんのボーカルコンビは、かなりよかった、と思います。
さて、つつがなく終わってきたウキウキガールズ、いよいよ最後の曲です。
最後は、あーちゃんにガッツリ、エレクトーンで伴奏してもらい、「学園天国」!
e0188087_4445518.jpg

私のビデオがバッテリー不足で、このあたり動画が撮れてません。
それで、この写真は聖二さんのfacebookのウォールからダウンロードさせていただきました。
この写真を聖二さんがアップされたとき、「流石に、若干怖いσ^_^;」とコメントしておられました。
怖いはずないじゃありませんか!(ふはははは)
この曲のとき、会場にいるカラフルガールズは、後ろにみんな並んでもらい、みんなで踊りました。
とっても楽しいひと時でした。
トーコさんは、この日、ライブ後ご主人と「もつ鍋」に行き、福岡帰省を満喫して横浜に帰りました。
次回のウキウキを、今からとっても楽しみにしています!
by taka_hornetblue | 2014-09-15 22:07 | colorful(カラフル)

USBフラッシュメモリが壊れると。。。

久しぶりにパソコン関係の記事です。
USBフラッシュメモリに寿命がある、ということは、案外、知られていないように思います。
職場でも、「ええっ そうなんですか! わたし、全然バックアップなんて取ってません!」という方は、全然珍しくありません。

では、USBフラッシュメモリが壊れると、どうなっていくのか。
私の例を、画像でお見せしたいと思います。

まず、異変に気づいたのは、昨日。
私は定期的に大切なUSBフラッシュメモリのバックアップを取っています。
フォルダ名を、バックアップ取った日(2014_0902等)とし、その中に、USBフラッシュメモリの中身を全部「コピペ」しておくのです。
これは、2014年7月28日にバックアップしたフォルダ。
e0188087_2275379.jpg

昨日、いつもと同じように、「2014_0901」というフォルダを作り、その中にUSBフラッシュメモリの中身を全部「コピペ」しようとしました。
中身を全選択したところ。
e0188087_2294113.jpg

あとは、これを「2014_0901」フォルダの中に「コピペ」するだけでした。
ところが、何度やっても「コピペ」できません。
おかしいな、もしや・・・と思い、1つずつ、フォルダをコピペしていきました。
すると、1つどうしてもコピペできないフォルダが見つかりました。
上の画像の、一番上の段、左から2番目の、このフォルダです。
e0188087_2211848.jpg

このフォルダを開きます。
e0188087_22115465.jpg

更にこの中の、一番上のフォルダ「ゲイツライブ」を開きます。
e0188087_22135385.jpg

すると!
e0188087_22154792.jpg

無茶苦茶なものになっています。
このフォルダの中身は、2014年7月28日現在、これでした。
e0188087_22165089.jpg

9月1日の段階では、もはや元のデータの跡形もありません。
しかも、その「ゲイツライブ」フォルダのプロパティをみると、
e0188087_22174437.jpg

このフォルダの容量は、なんと54,6ギガ!
あのぉ、このUSBフラッシュメモリ、2ギガしかないんですけど。。。
7月28日にバックアップ取った時の、同一フォルダのプロパティ。
e0188087_22204060.jpg

1メガないんですよね(^ ^)。

さぁ、このように壊れてしまうと、このフォルダを削除することも、どうすることもできないです。
(もっとパソコンできる方なら、ナントカされるのかもしれませんが、私はできませんです)
オンナの意地を見せて(?)、フォーマットしてしまいました。
e0188087_22224066.jpg

無事にすっからかんに。
e0188087_2223411.jpg

しかし、もうこのUSBを使うことはないでしょう。
廃棄処分です。

私が、USBフラッシュメモリに寿命がある、ということを身をもって知ったのは、8年くらい前のことだったでしょうか。
ついさっき、USBフラッシュメモリのデータをプリントアウトしたのに、いきなりデータを取り出せなくなりました。
それ以降、必ずバックアップをこまめに取るようにしています。

もしも、USBフラッシュメモリを使っての作業や、データそのものに異変を感じたら、「もう限界」かもしれません。速やかに取れるデータを吸出し、新しいものに移すのが賢明かもしれません(^ ^)
by taka_hornetblue | 2014-09-02 22:27 | コンピュータ


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧