シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



8月2日、カラフル夏の2デイズライブ2日目のライブレポ♪ vol.1

2015年8月2日日曜日、カラフル恒例、夏の2デイズライブを、福岡市のCavern Beatで行いました。
初日のレポが、まだ影も形もないのですが、2日目を先に書き始めました。
2日目、Cavern Beatに「初パソコン持込ライブでブログアップ」にチャレンジしております。
なんとなれば、私がHJさんのゲスト出演だけで、かなり気持ち的にチョイ気楽であり、身体的にチョイ楽(←ココ大事)だから、ちとやってみようかな、と思い立った次第です。

12時40分頃、一番乗りかな?と会場についてみれば、すでに鍋島さんが到着。
ヤックルくんの愛らしくも、頼もしい姿が。
e0188087_13301087.jpg

この日、鍋島さんは、自力で天神から会場まで来られたそうです。
鍋島さんと和やかにお話している間に、濃すぎるオーラ発散させて、本庄さん登場!
着いて間もなくこの姿。
e0188087_13312285.jpg

リアル「ハクション大魔王」を見ました(^ ^)

さて、いまステージの上では、トップバッターの太陽ファンキープロジェクト(鍋島ファンキーバンド)のセッティングが行われています。
e0188087_1345887.jpg

e0188087_13452498.jpg

参加者の方もけっこう集まり、和やかに話がはずんでいます。
e0188087_1349342.jpg

写真手前では、SSOの大坪さんと、HJの吉村さんが、ガンダムのプラモデルの話で(多分)、盛り上がっています。
その大坪コレクションのプラモデルの1つを手にニッコリ、大坪ジュニア。
e0188087_13491511.jpg


さて、14時15分、2デイズライブの2日目、スタートしました。
トップバッターの、太陽ファンキープロジェクトです。
e0188087_14163567.jpg

1曲目は高中正義のブルーラグーン。
e0188087_14172952.jpg

今回は、ちょっと難しい曲に「ジプシーウィンドウ」にトライしたそうです。
本庄さんのスタイルは相変わらず。
ど真ん中の、バンドの中でも最も濃く暑苦しい、もとい、熱い存在感です。
e0188087_14252250.jpg

e0188087_14373144.jpg

e0188087_14374780.jpg

村田さんはブルースもいいのですが、フュージョンギタリストとしても素敵です。
何よりも音が。
「曲に応じた」というか、「場に求められている」音を出す方だと、いつも思っています。
e0188087_14265993.jpg

ドラマー鍋島さんは、ハンディを全く感じさせないドラミング。
e0188087_1428970.jpg

キーボードのNorioさん。
e0188087_14292845.jpg

MCも鍋島さんと一緒に担当され、メンバー紹介をされました。
すると、そのメンバー紹介の間、村田さんが「次の曲の予習」を(^ ^)
本庄さんから、「練習すな」と突っ込まれてました♪
ラストは名曲、メタル好きの私も大好きな「朝焼け」で、素敵なステージは締めくくられました。
e0188087_14383944.jpg

私個人的には、朝焼けの中の村田くんのタッピングが素晴らしかったです!
太陽ファンキープロジェクトの皆さん、ありがとうございました!

2番目は、カラフルの老舗バンド、HJ。
今回はバンマス田中ロンさんは帰って来れず、トリオのHJです。
e0188087_14593423.jpg

今回、ドレスコードは「帽子」なのかな?
e0188087_1515882.jpg

と思ったら、違いました(^ ^)
e0188087_1523696.jpg

1曲目がとても静かなシックな曲だったので、会場の皆さんは聞き入ってしまいました。
e0188087_1512223.jpg

すると、1曲目が終わって、ギターの石見さんが、
「ちょっと、シーンとしすぎじゃないですか?? 元気ですかっ」と。
なかなかにHJらしからぬ一場面でした。
ところが、すぐに2曲目に入ると、それは本当に、まったくもって、どこまでも広がるジャズの世界でした。

今回HJには、私がゲストで2曲参加させていただきました。
憧れのHJに、ゲスト参加のお声をかけていただいて、とても光栄でありました。
e0188087_17174247.jpg

私が大好きな「G線上のアリア」のボサノバアレンジと、HJが得意とする「スペイン」で、バイオリンを弾かせていただきました。
e0188087_21331432.jpg
e0188087_21332142.jpg

e0188087_21335231.jpg

この日の夏田さんは、とても軽いタッチのドラミングでした。
e0188087_21384665.jpg

夏田さんとは、本当に久しぶりにステージでご一緒して、とても楽しかったです。
バイオリンの中西俊博さんと同じバッキング奏法をベースでされる、吉村さんのベースソロを超特等席で見れて、ラッキー!
e0188087_21342458.jpg

しかし、しかし、この日バッキング奏法はありませんでした。しくしく。
スペインは、キメが多く、HJスペインのキメを把握しきれてなくて、とてもご迷惑をおかけしました。
けれど、とても思い出に残るゲスト演奏でした。
呼んでいただいて、本当にありがとうございました!

さて、次は一転、モトリークルートリビュートバンド、Motley Brueです。
e0188087_21375049.jpg

初めて、カラフルの2デイズライブに参加です。
2日目はメタルバンドは唯一、Motley Brueのみ、しかも初めて会う方が多く、きっととまどいや慣れない感じが多分にあられたことと思います。
けれど、そんなことは私が勝手に推察するだけで、そんなことは微塵も感じられない、とても楽しいステージでした。
モトリークルーといえば、この曲、Live Wireでスタート!
e0188087_2293747.jpg

自称「永遠のメタル少女」の私は、始まるやいなや、立ち上がってしまいました!
e0188087_2295093.jpg
e0188087_2210447.jpg

Girls Girls Girlsでは我慢できず、一番前へ。
学生時代、さんざんTVで見た、MTVで流れていたプロモーションビデオがよみがえります。
この日、たぶんコアのメタルファンは私と、盟友城島さんしかいませんでした。
案の定彼も前に来て、大騒ぎしていました(^ ^)。
e0188087_22122424.jpg

e0188087_22123219.jpg
e0188087_22124297.jpg

ラスト,、KICKSTART MY HEART まで、一気に。
あんだけ騒いだのは、私たち2人だけだったような。
勢いのある、あっという間のステージでした。
もう楽しくて楽しくて、演奏もしていないのに、汗まみれになりました!

私はメタルだけしか聴かない、ということはありません。トップバッターの太陽ファンキープロジェクトさんの「朝焼け」も大好きですし、クラシックも聴きますし、この頃は息子が聴いていた「EDM」というジャンルの「TOBU」あたりも、「いいもんやなぁ」と思います。
けれど、なんというんでしょうか、それらメタル以外の音楽を聴くと、「うきうき」したり「じぃぃぃん」としたりしますが、「血沸き肉踊る」ということはないように思います(少なくとも私は)。
メタルは、「うきうき」したりしませんが、「血沸き肉踊る」んですね。
この「血沸き肉踊る」感じが、やっぱり私はたまらない、と思うわけです。
きっと還暦になっても、ヘドバンしてるんじゃないか、と思います(^ ^)
Motley Brueの皆さん、いくつになっても、いまのスタイルを止めないでくださいね!

さてさて、今は8月13日の5時19分です。
2デイズ2日目から、気づけば2週間近くたってしまいました(>_<)。
しかもまだ2デイズ初日のライブレポは手をつけておりません。。。
がんばります。

カラフル恒例、夏の2デイズライブ2日目、4番目はSpherical。
ボーカルのカルコさんの、「はーじまーるよー」の声でスタート(^ ^)。
e0188087_5224450.jpg


ご覧のように、今回は6人編成です。
キーボードがお2人。
向かって右側のMakiさん、いつも長崎からはるばる、ありがとうございます(って私が言うのも変ですが)。
e0188087_5241917.jpg

相変わらず、カルコさんのトークに遠慮なく突っ込みを入れておられました。
Sphericalは、Swing Out Sisterの楽曲をよく演奏されます。
この日も、That's The Way It Goes、Heaven Only Knows、Circulateなどがセットリストに入っていました。
とくにHeaven Only Knowsの曲紹介が面白かったです。
「今まで、(Sphericalが演奏する曲は)、happyな、とか、楽しい、とか、愛に満ち溢れた、という曲は今までほぼほぼなかった。
だけど、次の曲はラブリーな感じで、とてもうれしい!」
そして、Heaven Only Knowsを楽しげに歌うカルコさん。
e0188087_5352791.jpg

楽器陣はみな超真剣な表情なので、その落差?が楽しかったりもします(^ ^)
e0188087_537632.jpg

e0188087_5371675.jpg
e0188087_5372717.jpg
e0188087_537477.jpg

で、「Heaven Only Knows」の歌詞が、そんなにハッピーかつ、愛に溢れておるのか、と不肖浅野、歌詞を検索して、当然英語はよーわかりませんので、Google翻訳に貼り付けてみました。
ぐっちゃぐっちゃの日本語で、何がなんやら、さっぱりわかりませんでした(^ ^)。
面白いので、ちょこっとだけ紹介。

歌詞
「Why the gift you've been given
Makes life worth living
Heaven only knows
Could it last any longer
Could it come any stronger
Heaven only knows
If you tried to disguise it
Could your heart hide it
Heaven only knows」

この部分のGoogle大先生の訳は、
「なぜギフトはあなたが与えられてきました
生命価値の生活をします
神のみぞ知る
それはもはや続く可能性
それはどんな強いが来ることができました
神のみぞ知る
あなたはそれを偽装しようとした場合
あなたの心はそれを隠すことができます
神のみぞ知る」

この翻訳で、「ほんまや、愛に溢れたハッピーな歌詞や!」という人がいたら、お目にかかりたい、って感じすらします。
で、この歌については、今度カルコさんに教えてもらうことにしたいので、また次もぜひお願いします♪
Sphericalの皆さん、ありがとうございました!

さて、ただいま8月14日の6時11分です。
続けてまいります。
5番目、ESS8。
e0188087_6125059.jpg

カラフルベンチャーズで活躍中の、笹田御大がパーカッションで参加しておられます。
e0188087_6134742.jpg

笹田御大は、この日、ギターも弾く、という噂があったのですが、弾かれませんでしたねぇ。残念。
さて、ESS8の演奏はOye como vaからスタート。
そして、歌姫お2人、マリーン&ジェーンさんが入って、
e0188087_645466.jpg

・Marlena ShawのFeel Like Makin’ Love
・夢で逢えたら
・真夏の夜の夢
と続き、ラストは
・Sunday Mornigで楽しく。
e0188087_6452276.jpg

e0188087_648586.jpg

e0188087_6473870.jpg

エリックのセッションバンドのESS8、セットリストからも伺えますが、メンバーが好きな曲を、「支離滅裂にやってます」とのことです(^ ^)。
ほぼ毎週火曜日夜、一緒に音楽を楽しんでおられるようで、演奏中も、和気藹々とメンバーどうし顔を見合わせたりしながら、とても楽しそうでした。
それから、この日、前回のZOEライブの時より、歌姫のお2人が更に活躍されていたことが印象的でした。
やはり「歌」が厚いと、いいものですね。
ESS8の皆さん、本当にありがとうございました!

・・・ここで、「8月2日、カラフル夏の2デイズライブ2日目のライブレポ♪vol.1」は〆たいと思います。
6番めからは、vol.2で!
# by taka_hornetblue | 2015-08-02 13:49 | colorful(カラフル)

7月11日、キラキラ七夕コンサート@グループホーム「おもやい」

7月11日、筑紫野市にあります、グループホーム「おもやい」で、パレットコンサートをさせていただきました。
恒例、最後のクラッカー!
e0188087_15145720.jpg

当日のプログラムです。
e0188087_15194887.jpg


今まで雨に降られたことのないパレットですが、さすがに台風には勝てず、ものすごい土砂降りの中の搬入となりました。
e0188087_1522226.jpg

しかも、私が道を間違えて大幅に遅れ、みんなを心配させる羽目に(>_<)。
e0188087_15225939.jpg

私(私が積んでる荷物)の到着を待っていてくれる、パレットの仲間。
皆さん、ご心配おかけしました。

さて、機材が到着してからは、いつものようにドドドドドーとセッティングします。
演奏チームが楽器のセッティング、PA、マイクのセッティングをする間に、大村舞台監督が、会場を一瞥して決めてしまう「イルミネーション構想」に従って、イルミネーションや看板の飾りつけをします。
今回は、セッティングする同じ場に、コンサートに参加される方がいらっしゃるため、マイクチェック、音のバランスチェッなどを、ざっと行い、本番へ。
e0188087_1525796.jpg

e0188087_1525212.jpg


そして、いよいよ、コンサート開始!
「こんにちは、パレットです!」
e0188087_15284491.jpg

続けて、オープニングへ。
ハードロック水戸黄門。
e0188087_15514578.jpg

古川格さん、「ええい、やかましいではないか、この紋所が目に入らぬか!」
e0188087_1552413.jpg

更に「もっと楽しい音楽はないのか、マツケンサンバなどどうじゃ?」
ということで、マツケンサンバ!
e0188087_16244378.jpg

e0188087_16252732.jpg

賑やかに終わった後は一転して、静かな曲へ。
ギターと歌による、「見上げてごらん夜の星を」。
e0188087_16271483.jpg

ピアノと歌による、唱歌。「赤とんぼ」と「ふるさと」。
e0188087_16275188.jpg

e0188087_16281867.jpg

e0188087_1628476.jpg

坂本九の「見上げてごらん」や、唱歌の「ふるさと」は、たくさんの方が一緒にうたってくださいました。
胸の中が、とてもとても温かくなりました。

続いては、「身体を動かす」コーナー。
パレットマスク登場です。
e0188087_16311512.jpg

ボクシングの動きを使った、エクササイズ。
e0188087_16314466.jpg

パレットマスク自身、人生の大先輩と向かい合って、「確実にできる簡単な動き」をすべきか、「本格的な、きちんとした動き」をすべきか、激しく迷うところがあったようです。
しかし、結局、彼は「確実にできる簡単な動き」を選びませんでした。
パレットメンバーも一緒に動き、後方支援しました。
e0188087_16364028.jpg

e0188087_1637230.jpg


エクササイズの後は、コンサートも終盤に差し掛かります。
「昭和歌謡コーナー」では、にしきのあきらの「空に太陽がある限り」と、美空ひばりの「真っ赤な太陽」。
そして、うきうきと楽しく懐かしく、エノケンの「私の青空」。
e0188087_16393648.jpg

e0188087_16405393.jpg

e0188087_16422269.jpg

e0188087_16455194.jpg

楽しんで、一緒にうたってくださる方。
e0188087_16425690.jpg

手を伸ばしてくださる方。
e0188087_16423576.jpg

楽しげに、隣の指導員の先生に話しかける方。
e0188087_16464144.jpg

この時、「いまこの瞬間、この楽しさを一緒に分かち合っている」と思えました。

最後は、いろんな思いを込めて、坂本九の「上を向いて歩こう」。
全員で演奏し、クラッカーを鳴らし、お開きといたしました。
e0188087_16485160.jpg

e0188087_1649699.jpg

「おもやい」の皆さまが、これからも、ずっとお健やかで過ごされますように。
そしてまたいつか、ご一緒に楽しい時間を分かち合えますように。
今回、初めてグループホームで演奏させていただき、パレットとして、反省すべきこと、修正すべきこと、多々ありました。
また自分たち自身を磨き、皆さまの前に立てますように。
本当にありがとうごさいました!
「おもやい」の皆さんと、パレットに橋をかけてくださった、音楽仲間のHALさんにも、この場を借りて、心からお礼を言わせていただきます。
ありがとうございました!
# by taka_hornetblue | 2015-07-24 15:35 | カラフル・パレット

7月5日、七夕コンサート@Misakiちゃん宅♪

7月5日、福岡市東区のMisakiちゃん宅にて、パレットで七夕コンサートをさせていただきました。
お父さん、お母さん、そして久しぶりに会った妹さんも一緒に、最後、みんなで撮った記念写真(^ ^)。
e0188087_12393287.jpg

パレットメンバー、最高の笑顔です♪
今回のプログラムです。
e0188087_12405037.jpg

Misakiちゃんちは集合住宅ということもあり、バンドでお伺いするのではなく、小編成ユニットをいくつか、というかたちで、毎回お伺いしています。
小編成ユニットでも、普段同じバンドで活動していない以上、事前練習が必要なことは当然で、前日、「Riraiza with 坂口」は練習して、細部の打ち合わせをしました。
e0188087_12521914.jpg

そして、当日。
みんなでテキパキと準備をして、コンサート開始!
大村舞台監督が、Misakiちゃんのベッド周りにも、イルミネーションを飾り付けました。
e0188087_12561398.jpg

カルコさんの優しく、澄んだ歌声、坂口さんの優しいギターの音色にのせて、「たなばたさま」が1曲目です。
e0188087_12571079.jpg

にこにこと、楽しそうに聴き入る、Misakiちゃんの笑顔。
e0188087_12583040.jpg

「たなばたさま」に続いて、Riraiza登場。
数年ぶりにMisakiちゃんの前に立った去年、初めて演奏した「アニバーサリー」を1曲目に、デュオでは初お披露目の「情熱大陸」を演奏しました。
Misakiちゃんに初めて見せた、ピアニカ。
じぃっと見てくれて、「ふぅーん、そんな音なんだねー」と、目で語りかけてくれているようでした(^ ^)。
e0188087_1334167.jpg

Riraizaの相方、城島さん、真剣そのものです。
e0188087_1344079.jpg

途中から私はしゃがんで、Misakiちゃんの目の前で弾きました。
何度も目があって、それはもう、幸せでした。
e0188087_135506.jpg

実は私はこの日、エレキバイオリンのアダプターを忘れ、アコースティックバイオリンで演奏しました。
これは音量の調節ができないため、コンサートが始まる前、かなり「失敗したなぁ・・・音量どうしよう・・・」と思っていました。
けれど、Misakiちゃんに見守られて演奏を始めると、そんなことは全く忘れてしまいました。
いま、目の前にいるMisakiちゃんに届くように!それしか考えなくなりました。
いつかNoriくんの家で、バイオリンの駒が演奏中に倒れた時もそうでしたが、MisakiちゃんやNoriくんたちの、純粋な、まっすぐな瞳は、私たちの心配や不安、焦りを消してくれるんですね。
そして、演奏する私たちを力づかせ、奮い立たせるもうひとつの力。
それは、Misakiちゃんを愛し、支えるご両親の愛です。
毎回、パレットコンサートの度に、駐車場まで下りてきて下さり、搬入を手伝い、ビデオを撮り続けてくださるお父さん。
e0188087_13134014.jpg

じっと娘を見守るお母さん。いつも凛として、毅然として、Misakiちゃんの盾となり、時には剣となって、娘を愛してこられました。しかし、偏愛するのではなく、妹さんと「平等に」愛してこられました。
まるで絵のような光景です。
e0188087_1314478.jpg

一方、ドアの外では、大村キッズと、Misakiちゃんの妹さんが、じっとコンサートを見守ります。
e0188087_13181069.jpg

次回は、「ベッドサイドでエクササイズ」を実現したい!という志をもつ格闘家の卵は、「じっと考え続けて」います。
e0188087_13195936.jpg


Misakiちゃんの前では、プログラムが進行し、坂口さんとカルコさんによる、「小さな空」になりました。
e0188087_13234238.jpg

 
 青空みたら 綿のような雲が
 悲しみをのせて 飛んでいった
 いたずらが過ぎて 叱られて泣いた
 こどもの頃を 憶いだした・・・

カルコさんの優しい歌声にのせて、部屋の中がふんわりとした雰囲気に包まれました。
e0188087_13244391.jpg

e0188087_13245426.jpg

続いては、坂口さんが高校時代大好きだったという、SIONの「このままが」。
熱唱する坂口さんに、Misakiちゃんも笑顔です。
e0188087_13263757.jpg

夜空のムコウ、薄荷キャンディ、パレット定番の銀河鉄道999。
一生懸命な、パレットメンバー。
e0188087_13281081.jpg
e0188087_13282125.jpg
e0188087_13283031.jpg
e0188087_13283856.jpg

私たちの思いと音を受け止め、聴き入ってくれるMisakiちゃん。
e0188087_13293826.jpg
e0188087_13294691.jpg
e0188087_13295480.jpg

今回は、パーカッションがいなかったこともあり、銀河鉄道999の演奏がイマイチ納得いかず、曲が終わった直後から「反省会」が始まってしまいましたが、そんな私たちの姿も、Misakiちゃんはニコニコと見つめていてくれました。
コンサートが終わって、Misakiちゃんからプレゼントを貰うパレットメンバー。
e0188087_13322865.jpg

(この時もらったお菓子、なかなか食べられずに、まだ冷蔵庫にあります。このブログを書き終えたら、食べることにします♪)
最後、みんなでMisakiちゃんに「ありがとう、またね!」と挨拶して、この日のコンサートは終わりました。
e0188087_13334920.jpg

演奏を振り返れば、ああすればよかった、もっとあそこをこうしたら・・・というのは、毎回尽きずにありますが、心がとても満たされたライブでした。
本当にありがとうございました。
パレット一同、自分たちの活動もきちんと行い、腕を磨き、叶うことなら、私たち自身の「価値」を高め、またMisakiちゃんの前に立ちたいと願っています!
# by taka_hornetblue | 2015-07-18 13:37 | カラフル・パレット

6月24日、福岡東医療センターで、パレット七夕コンサートを行いました♪

6月24日水曜日、福岡東医療センターで、パレットで七夕コンサートをさせていただきました。
e0188087_14491925.jpg

ここ数年、年に2回、学校の授業の中で実施させていただいています。
前回のクリスマスコンサートより、ベッドサイドでのコンサートも許可されました。
今回も、病棟のご理解とご協力を得て、許可が下りました。
なので、まず、ベッドサイドでコンサートをした後、広いホールでのコンサートを実施いたしました。
準備に余念のない、パレットメンバー。
e0188087_14532652.jpg

e0188087_14534428.jpg

しばしの休息、れなさん。
e0188087_1454118.jpg

今回、午前中から私1人でセッティングを開始したのですが、時間のかかることに、改めて驚きました。
いつも、みんなで協力しあって、30分くらいでサッとセッティング、サッと撤収をしているので、1人だと、「こんなに時間がかかるのか・・・」と、改めて、チームで活動できることの有難さが、身にしみました。

さて、準備が整い、パレットメンバーは二手に分かれます。
・ベッドサイドコンサートに行くグループと。
・ホールに残り、楽器体験コーナーを担当するグループと。
いつも、楽器体験コーナーでは、子どもさんたちに、自由に楽器に触っていただくのですが、今回は、学校の先生方の手が少々足りない、とのことで、先生方に「模範体験」(?)をしていただきました。
これは、ギターを体験された先生。
e0188087_14591781.jpg

なんでも、「コードのGを前日に予習してきました」ということでした(^ ^)。

二手に分かれること25分。
ベッドサイドコンサートに行っていたグループがホールに戻り、いよいよ、ホールで七夕コンサートがスタートします。
オープニングは、「ハードロック水戸黄門」~マツケンサンバ!
e0188087_1544245.jpg

e0188087_155947.jpg

e0188087_1552312.jpg

写真が撮れてなくて残念なのですが、順子さん、れなさんも、Ikuちゃんと一緒にキレキレのダンサーぶりでした!

オープニングの後は、順子さんと、れなさんが、心にしみいる美しい曲を。
e0188087_15272671.jpg

今回のお2人のセットリストは、
・童神
・広い河の岸辺
・アヴェマリア(カッチーニ)
でした。
ホールの隅々にまで、順子さんのピアノの音色と、れなさんの歌声が響きます。
e0188087_15291925.jpg

e0188087_15294810.jpg

私たちも、心洗われる時間でした。

そして、引き続き、西坂さんをサポーターに迎え、ベタメタル・パレットwith順子、で「情熱大陸」。
e0188087_15382610.jpg

e0188087_15402291.jpg

e0188087_1539865.jpg

先ほどのオープニングで、格さん役からマツケンサンバ熱唱の古川さん、着流し姿のまま、ベースを演奏(^^)。
e0188087_15363814.jpg

「情熱大陸」は、学校の仲間、Noriくんも大好きな曲です。
楽しさが伝わるように、と願いながら演奏しました。
e0188087_1540695.jpg

この曲の最後で、仕事に戻らなければならない、順子さんとれなさんを紹介し、お2人には撤収していただきました。
パレットは、みな、他に生業をもっていますので、常に仕事との折り合いを考えつつ、プログラムを考えています。生業なくては、ボランティア活動など、とても不可能になってしまいますから。

さて、情熱大陸に続いて、今度は洋楽ロックとアニソン。
e0188087_15484971.jpg

セットリストは、
・It's My Life
・ペガサス幻想
でした。
古川さん、着流し姿で熱唱!
e0188087_15502036.jpg

e0188087_1550544.jpg


元気いっぱいに「ペガサス幻想」が終わった後は、今度は坂口さんによる、弾きがたり、「星空」。
e0188087_15525344.jpg

このように、2,3曲ごとに、元気いっぱいの曲、静かな曲を入れ替えながら、プログラムが進んでいきます。
e0188087_1605841.jpg

後ろでは西坂さんが、坂口さんの歌を聴きながら、静かにリズムを刻むなどのサポートをしてします。
そして、私と城島さんが入って、「薄荷キャンディ」。
e0188087_1625312.jpg

e0188087_16363.jpg

アコースティックギター2本の響きは、本当に美しかったです。

オープニング(元気)⇒順子&れな(静か)⇒情熱大陸とアニソン(賑やか)⇒星空と薄荷キャンディ(静か)、とこうきまして、ラストはいよいよ、みんなで賑やかに楽しく。
まずは、「星のかけらを探しにいこう」
e0188087_1691123.jpg
e0188087_1692512.jpg
e0188087_1693581.jpg
e0188087_1694620.jpg

東医療センターでボーカルするのは初めてで、実はけっこう緊張していましたが、始まってしまえば、坂口さんのハモリが素敵で、とても楽しく歌えました。
途中何度か、保護者の方や生徒さんたちと目が合い、そのたびにニッコリ笑いかけてくださることが、本当にうれしかったです。

ラストは定番、銀河鉄道999!
e0188087_1613455.jpg

e0188087_16131970.jpg
e0188087_16133056.jpg

最後でメンバー紹介を行い、恒例のクラッカーを鳴らし、楽しく終了いたしました。
そして、また今回も、児童生徒の皆さんが、時間をかけて、一生懸命につくってくださった、プレゼントをいただきました。
楽譜を入れたりするのに、ちょうどいい大きさのバッグでした。
大切に使いたい、と思います。

学校の授業の一貫として行うコンサートは、たくさんの先生方の協力の上に成り立っています。
プレゼント作りを計画、立案し、授業で取り組んでくださる先生。
当日まで、いろいろと受け持ちの生徒さんたちに、コンサートに向けた授業を組んでくださる先生。
前日の放課後、当日の朝、準備を手伝ってくださる先生。
本当にありがとうございました。
パレット一同、腕を磨きつつ、また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています!
# by taka_hornetblue | 2015-07-17 15:12 | カラフル・パレット

6月21日、毎年恒例の、Rainy Season Live@ZOEのライブレポ♪

もう何年目になるでしょうか、毎年6月には、カラフルのホームハウス、大橋駅前のZOEにて、Rainy Season Liveを行っています。
今年も6月21日、ZOEのオーナー、Mayumiさんの全面的な協力のもと、楽しく開催させていただきました♪
最後の集合写真。
e0188087_9245089.jpg
e0188087_924584.jpg

撮影は環さん。
いつもありがとうございます(^ ^)。
人数が多いので、「みんなの顔が見えて、笑顔」という写真は、なかなか撮れません。
みなさん、集合写真のときは遠慮しないで、顔をヌーと突き出してくださいね!

さて、オープニングアクトは、Riraiza feat.坂口豊。
自分たちの演奏にイッパイイッパイで、写真なんぞ撮る余裕がなく、この写真は、6月24日の、パレットライブでの同じユニットの演奏風景です。
e0188087_9351813.jpg

西坂さんとRiraizaのトリオを、Riraiza+Zaka(西坂の坂)で、Riraiza.kaと呼んでますが、気づけばRiraza feat. 坂口豊もRiraiza.Saka(坂口の坂)で、Riraiza.kaなんですね。
Riraizaは2人でボチボチやってるんですが、超発展途上バイオリニスト浅野と、アコギただいま学習中のギタリスト城島さんのデュオなもんで、しょっちゅう行き詰っております。
Riraiza.kaの「ka」の方により比重を置かせていただきつつ、将来の展望を開いていきたい・・・と手前勝手なことを考えております(^ ^)。
さて、この日の演奏曲は
・夜空のムコウ(Vo.坂口 Gt.城島 Vi.浅野)
・薄荷キャンディ(Vo.& Gt.坂口 Gt.城島 Ba.浅野)
でした。
キンキキッズの薄荷キャンディという曲が、歌詞も含めて大好きで、一度してみたいと思っていたので、この日実現できて、とてもうれしかったです。
また、想像通り、我らが坂口豊の声がピシャリでした。
「竜巻みたいな 時代に生きても 君となら 上手にやれるさ」
とくにこの歌詞が大好きです。

アコースティックな2曲の後は、いよいよカラフルライブが本格的にスタート!
トップバッターは、ベーシスト神田さんが「酔いつぶれる前に」演奏しなきゃの、カラフルベンチャーズです。
e0188087_9412329.jpg

カラフルベンチャーズは、ベンチャーズ世代の神田さん、笹田さんが、ガッキとバンドメンバーの首根っこを押えてるバンド・・・ではあるまいか、と思うのですが、あろうことかこの日、このお2人は、ZOE前の路上で「まだ店が開いとらんもんねー」と言って、
e0188087_946199.jpg

これこのように、路上に座り込んで「ダベ」っておられました。
若いですなぁ・・・。
さて、カラフルベンチャーズ、1曲終わったところで、
夏田さん「夏田」
神田さん「神田」
笹田さん「笹田」
全員で「カラフルベンチャーズ!」
と言っておられましたが、バラバラ~(^.^)。
会場から「もちっと練習してこにゃ」という声が上がってました(^^;)。
リッチーさん大活躍のカラフルベンチャーズ。
個人的に、リッチーさんが一番目立ってるバンドって、カラフルベンチャーズだと思います。
e0188087_9511727.jpg

e0188087_9512563.jpg

夏田さん、キマってました!
e0188087_9521917.jpg

笹田さん、この日のセットリストの1曲、「朝日のあたる家」の採点は「95点!」
カラフルベンチャーズでは、あーちゃんがMCを一手に引き受けます。
e0188087_954260.jpg

なかなかに紅一点で、よろしき感じなのですが、サザンアクセンツの松尾さん、あーちゃんのことを
「介護の看護師さんみたいねー」と(^ ^)。おいおい。
カラフルベンチャーズ、ラストは恒例、「10番街の殺人」で締めくくり、いつものように楽しいステージでした!
夏は引っ張りだこのカラフルベンチャーズ、野外も多いでしょうが、体調に気をつけて頑張って下さいね!

カラフルベンチャーズの次は、ゲストバンドさん登場!
CHEGGY☆
お1人除いて、ZOEでの演奏は初めてということもあり、仲間でPA関係をサポートします。
e0188087_14281328.jpg

毎回書いてるように思いますが、こういうところが、カラフルの仲間のステキなところだな、と思います。
基本的に自分の演奏以外は会場の外、という方はいらっしゃらない(ですよね?^^)。
何かトラブルがあれば、みんなでサポートしあい、応援しあう。
毎回、そんなライブが繰り広げられていることを、本当に幸せに思います。
さて、CHEGGY☆のドラマーはこの方です。
e0188087_14305622.jpg

ベタメタルの元ドラマー、Sakoちゃん!
3年ぶりくらいに、カラフルに帰ってきてくれました。
気分一新、ステージネームもSakoからHideに改め、久々に力強いドラミングを聞きました!
客席から、「おかえりー」という声も飛んでいましたね♪

ギタリスト、セーイチさんのギターは、私にははじめて聞く名前でしたが、「B.C.Rich」というギターを持っていらっしゃいました。
e0188087_14373321.jpg

高校時代、このギターに憧れた、というベタのギタリストが、客席から絡んでおりました。
B.C.Richというメーカーのギターは、公式サイトで他のギターを見ても、なかなかにコワモテのギターですが、セーイチさんはとっても明るく、にこにことした方で、そのミスマッチ感がまた絶妙でした。
ベースのBowさんは、とても寡黙なスタイルで、
e0188087_14395041.jpg

ボーカルのちえぴ♡さんは、底抜けに明るい感じのする方で、(実際、いつ見ても笑ってるような方でした^^)
e0188087_14424069.jpg

Sakoちゃんの、再びのバンド仲間が、こんなにいいメンバーでよかったなぁ、と要らざるおせっかいながら、心から思い、とてもうれしく思いました。

さて、CHEGGY☆のセットリストは、全曲ZIGGY!
セットリストは、
1、I'M GETTIN' BLUE
2、GLORIA
3、SING MY SONG
と、ZIGGYの1st、2nd、3rdシングル!
かつてZIGGYのカバーバンドをやってた、というリッチー前川さんが、隣で激しく盛り上がっておりました。
写真を何枚か撮りましたが、あんまし激しく盛り上がってたため、ブレブレで1枚もちゃんと撮れてませんでした(>_<)。
その楽しいステージの様子をズラっと。
e0188087_1519490.jpg

e0188087_15192223.jpg
e0188087_1519306.jpg
e0188087_15194280.jpg

この日以来、わたしは時々気づくと「グローリアー」と口ずさんでおります。
ぜひまた、カラフルライブに出ていただきたいな、と思います!
CHEGGY☆さん、またお会いいたしましょう!

そしてお次は、カラフル初登場(^ ^)、「MACCA企画」です。
e0188087_17025.jpg

私は「まっかきかく」と読んでおりましたが、ベースのアンディ古川さんによると、「MACCA企画」と書いて「マッカーサー」と読むのだとか。
そんでもって、今回強力サポートギタリスト、弓削さんは「マッカーサー企画」とfacebookに投稿しておられたので、間をとって、「マッカーサー企画」ということで参りたいと思います。(前置きが長い。。。)
MACCA企画を率いるのは、中村Yukiさん、となれば、これはまたマニアックなピンポイントセットリストではあるまいか、と容易に想像がつきます(^ ^)。
この日のセットリストは、
「1971年に発表されたポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーの共作アルバムRAM」(by wiki)のA面、でした。
・Too Many People
・3 Legs 
・Ram On 
・Dear Boy
・Uncle Albert/Admiral Halsey
・Smile Away
です。
私が全然RAMを知らなかったので、wikiその他で調べますと、このアルバムからのシングルカットは、「各国の特色に合わせて、アルバムの曲をシングルカットした」そうです。
面白いですねぇ。

さて、今回、RAMを知っていようが知っていまいが、かなり楽しめる「工夫と仕掛け」が満載でした!
どどどーっと写真でご紹介いたします。
Yukiさん、メガホンで熱唱♪
e0188087_224402.jpg

メガホンを通した声というのも、なかなかに味がありました。
途中、3曲くらい、照明を落とし、かなり暗い中で演奏。
e0188087_2265644.jpg

私のデジカメでは、これが精一杯でございました。残念。
それから、Yukiさんがウクレレを弾きつつ歌う、という仕掛け?もありました。
これはきっと、このカバースタイルですね。
e0188087_2292146.jpg


今回、とにかく盛りだくさんの仕掛けだったのですが、サポートギタリスト弓削さん、素晴らしいサポートでした!
[#IMAGE|e0188087_2241470.jpg|201506/30/87/|mid|500|531#
キーボードKikoさん、キーボードにコーラスにと、大活躍でした。
e0188087_22105993.jpg

MACCA企画、次回のカラフルライブへのご参加はいつでしょうか?
今回、RAMのA面、ということでしたので、きっと次回はB面ですね!
また楽しみにしています(^ ^)v

さてさて、ライブが終わってから、はや3週間。
もしや今回は途中棄権か?
という一抹の不安漂う中、再開いたしました。
この間にパレットライブが2本、そして学期末のこととて、モロモロの業務がありました。そんでもって、合間には娘たちと競い合っている、「つむつむ」などにも取り組まねばならず(^ ^)、本日までノビノビになってしまいました。

寄る年波には勝てず、タッタ3週間前の出来事が、遠い昔の出来事かのように、記憶が薄れつつある恐怖と戦いつつ、カラフルRainy Season Live、お次はSOUTHERN ACCENTSです。
e0188087_22581817.jpg

バンド名「SOUTHERN ACCENTS」、私はニッポン英語をしゃべる身でありますゆえ、ツイ、何度も、ごく自然に「サザンアクセント」と、最後の「S」を無視して書いてしまい、バンマスの田中さんより、「アクセンツです」と指摘されました(>_<)。いやはや、失礼いたしました。

SOUTHERN ACCENTSは、そのバンド名が表すごとく、サザンロックを愛し、演奏するバンドだということです。
いまやこのバンドのシンボルマークとなりつつある、「南部連合旗」(詳しくはバンマスにお聞きください(^ ^))
が、毎回、ステージのどこかに飾られます。
今回はマイクスタンドでしたね♪
今回から、ギタリストが2人となりました。
村田さんと、
e0188087_2303762.jpg

デューク松尾さん。
e0188087_2305730.jpg

この日のステージの、一番の見せ場はこのお2人の掛け合いでしょう。
e0188087_2315819.jpg

e0188087_2321814.jpg

実に楽しそうにギターを弾きまくるお2人。
見ている私たちも、とっても楽しい気分になりました。
この日のセットリストは、
・Don't pass me by
・You're no good
・Love Hurts
・Me and Bobby MacGee
・Wipping post
でした。(村田さん、全面的に強力していただき、感謝です)
ご夫婦ボーカルも、
e0188087_2354672.jpg

久々にお会いした、ベースの藤野さんも、
e0188087_236529.jpg

しばらく病気療養中だった、ドラマー夏田さんも
e0188087_23618100.jpg

皆さんがひとつになって、とても素敵な演奏でした。
SOUTHERN ACCENTSの皆さん、ありがとうございました!

さて、お次は、ベタメタル・パレットでした。
今回、写真ナシでございます。
ベタメタル・パレットは、私がいるバンドでして、そして、いつも気を利かせて写真撮ってくれるIkuちゃんも、今回は演奏チームに入ってるもんで、写真を撮らずじまいでした。

写真ナシでちょっとだけレポしますと、今回、セットリストのほとんどをバイオリン曲で組みました。
「あれ、ベタはROSSOになったんですか?」と聞かれる向きもありました(^ ^)。
これはこれで、面白い試みでありました。
私としては、ROSSOでバイオリン弾いてた頃から、やってみたいと思っていた「残酷な天使のテーゼ」を、今回、初めてバンドで、バイオリンで、演奏することができて、とても楽しかったです。
この時は「ベタパレ」なので、決してメタルアレンジではありませんが、次回、ベタでもこの曲は取り組む予定で、その時には思い切りメタルアレンジでできないかな、と思っています。
ベタパレは、パレットライブも忙しいのですが、チームワークで、これからも頑張っていきたいです。
・・・というところで、ベタメタル・パレットでした!

さて、カラフルのホームハウス、ZOEでのRainy Season Liveもいよいよラストとなりました。
今回のラストは、坂口豊さん!
今回は、ご自分のバンド、The Lip⇒Liesではなく、ソロでの演奏・・・のはずでしたが、必ず応援に駆けつける、The Lip⇒Liesのメンバー、須川さんが、急遽サポートに入り、1/2Lipsとなりました。
e0188087_9205911.jpg

The Lip⇒Liesはもちろん好きなのですが、個人的には、臨機応変ライブユニット、1/2Lipsを、かなり楽しみにしております。
今まで、この須川坂口ペアのほかに、坂口木村ペアを見ていまして、今後はぜひ、坂口上村ペア、なんてのも見てみたいな、と思っています。
さて、久々にDahan-Dahanがセットリストに入って、とても楽しいステージでありました。
私のベースで名サポート、須川さん。
e0188087_9505457.jpg

ヘアスタイルが変わってから、時々坂崎幸之助に見えたりします(^ ^)。
助っ人を得て、ノビノビと歌う坂口さん。
e0188087_9515698.jpg

坂口さんとは、カラフルを母体とする、音楽ボランティアサークル、パレットでもご一緒に活動させていただいています。
そして、その活動の中で出会った、呼吸器の子どもたちをテーマに書き下ろした歌、「星空」。
今回も、星空はセットリストに入っていました。
そして、呼吸器の子どもたちのことを、MCで紹介してくれました。
「たたずまいのキレイな子たちがいるんです。今度も会えることになっていて、とても楽しみなんです。」
とても重篤な障がいをもつ子どもたちのことを、「たたずまいのキレイな子たち」と表現してくれたことに、とても感激しました。
「ああ、そういう目で見てくれているんだな。」と、改めて。
坂口さん、須川さんに見守られつつ、とても素敵なステージでした。
e0188087_9572813.jpg

e0188087_959984.jpg


こうして、カラフルRainy Season Live、無事に終了いたしました。
参加された皆さん、お疲れさまでした!
次回は、これも恒例となりつつあります、8月の2デイズライブです。
すでにタイムテーブルも決定しています。
また、楽しい2日間を、皆さんと一緒に過ごしたいと思います!
# by taka_hornetblue | 2015-06-27 09:34 | colorful(カラフル)


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧