シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



バイオリンのピックアップからの出力に四苦八苦。PA接続編

バイオリンにピックアップをつけて以来、その出力方法を模索して四苦八苦しています。
前も書きましたが、私がつけたのはフィッシュマン(FISHMAN)のバイオリン/ビオラピックアップ(VIOLIN/VIOLA PICKUP)V-100です。
ローランドのジャズコーラスが無難だ、と聞くのでどこのスタジオに行ってもまずは「ジャズコーラス」にしてみますが、どうも納得いかないんですよね。
最初の一弓では「おおお~」と思うんですよね。音はパァーッと通るし、音も確かに悪くないし。
けれど、ずっと弾いているうちに音が痩せてくるような感じがするんです。
単なる気のせいなのでしょうか。

今日は何度目かの出力模索の1人スタジオ入り。
たまたまその時間、アンプやPAに詳しい、というスタッフがいたため、出力方法のアドバイスをもらいました。
するとそのスタッフは
「マーシャルにしろ、ジャズコーラスにしろ、このようなアンプは色つけるためにあるもので、楽器の持つ音をそのまままっすぐ出すのには向かない。PAのほうが向いている」とアドバイスして下さいました。また、バンドの中でバイオリンを弾くのならモニターからの返しがきちんとあったほうが良いと思われ、それもまたPAのほうがよい、ということも付け加えられました。アコースティックバイオリンを、ピックアップで出力してバンドで弾こうか、という人は、そうそう身近にいません。貴重なアドバイスでした。

では、以下、そのスタッフのアドバイスに従ってPA接続をしたときの接続の仕方を写真で。

最初は何もせず、普通のシールドでPAに通しました。けれどちゃんと音が出ず、マイク用のシールドを使うことにし、その際「ノイズを抑える」という、「ダイレクトボックス」を経由させることにしました。
e0188087_22514387.jpg


ダイレクトボックスの写真です。貼ってあるシールは、スタジオの名前です。
e0188087_2252215.jpg


PAにつないである部分。
e0188087_22522028.jpg


最初はHigh,Mid,Lowともに目盛りが上げてありました。すると音が割れてしまい、すべて目盛りを0にしました。最終的にはリバーブだけ少し上げました。
e0188087_22523291.jpg


PAの全体図
e0188087_22524920.jpg


ダイレクトボックスと、バイオリン側の接続面。
e0188087_22534361.jpg


ダイレクトボックスの、マイクケーブル接続面。
e0188087_22535350.jpg


まだまだ完全に納得しているわけではなく、PA接続を中心として、これからも当分の間は出力の仕方を模索することになりそうです・・・。
by taka_hornetblue | 2009-10-06 22:54 | バイオリンピックアップ
<< 入り込んでいた「4tddfwq... 秋の休日・・・大好き若戸渡船! >>


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧