「時間の習俗」・・・和布刈神社に行ってきました。

和布刈神社(めかりじんじゃ)といえば、松本清張の愛読者なら、「時間の習俗」という作品を思い出すのではないでしょうか。
「時間の習俗」という作品の、最初に出てくるのが和布刈神社で行われる「和布刈神事」です。

「和布刈神事」とは、毎年旧暦元旦の未明に三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、神前に供える、という神事です。
今も行われているようで、今年もニュースなどでその様子が報道されていました。

私は松本清張の作品が好きなので、時間の習俗を読んだときから、一度は和布刈神社に行きたいと思っていました。同じ福岡県ではありますが、なかなか「よいしょ」と思い立たないと行けないものです。
しかし、やっと行ってきました。
e0188087_22385471.jpg

旧暦の元旦ほどではありませんが、3月はじめの、寒い日でした。
じゅうぶん、「和布刈神事」の寒さが想像できる寒さでした。

ここから神職の方たちが下りていかれるのでしょうか?
e0188087_22411343.jpg

上には関門海橋が見えます。
e0188087_2242656.jpg


そういえば、この日は下関にまず渡って、海響館という水族館に行ってから、関門トンネルで門司に渡って和布刈神社に来たのですが、下関から関門トンネルに入るまでのルートが本当にわかりづらかったです。
標識は最後のほうまでなく、もう少し標識を親切にしてもらいたいものだ、と思いました。
まあ、北九州市はバリアフリー的には優れている点が多々ありますが、昔から道路標識は不親切、という傾向がありますが。

さて、3月とはいえ、本当に寒そうなこの岩場です。
e0188087_22453527.jpg

すっかり冷え切ってしまって、甘いものが欲しくなった私は、帰りの高速道路のPAで、このような「あんぱん」を食べました。かわいいでしょう?
e0188087_22475788.jpg

下関の海響館をはじめ、どうも下関近辺は、「ふぐ一色」という感じがしました。
海響館でも「ふぐ」がクローズアップされていて驚きました。

さて、松本清張の作品に出てくる場所、他の箇所も今後訪れてみたいと思います。
やはり自分の目で見てみると、その小説がより現実的に味わえるものですね。
by taka_hornetblue | 2010-03-12 22:52 | 松本清張

ブログを始めたきっかけは、100%パソコンのことでした。子どもたちのことがメインだったこともありました。今は音楽活動がメインのブログです。人生は移りかわっていきますね^ ^。


by taka_hornetblue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る