宿題から現実逃避して、「切り紙工作」に熱中する小学校6年生。

夏休みも、あっという間に終わりつつありますが、4番目の小学校6年生は、宿題をほとんど手をつけていません。
昨日は左手に紙、右手にハサミを持ち、一心不乱にチョキチョキしてたかと思うと、まもなく、
「できた~!ほら、母ちゃん、これブログにアップしてぇ~!」
と見せてくれたのがこれです。
e0188087_21525080.jpg

たしかによくできております。
こういうのを、下絵もなく、あっという間にチョキチョキチョキっと切って作ってしまうなんて芸当は、私には生まれ変わってもできません。

そういえば、長女が小学校1年の頃、動物園でみたキリンを、足から描いていくのを見てビックリしたことがあります。
私は足から描いたら、頭まで画用紙に入りません。

絵は、本当に生まれ持ったものがあるように思います。
思い起こせば私が小学校1年のころ、学校で写生に出かけたのですが、私は画用紙いっぱい「木を1本」描いてあとどうしていいかわからず、ウロウロと歩き回っていました。
すると、同じクラスの男の子が、まさしく「遠近法」で、風景を切り取ったかのように描いているのを見て、ショックをうけました。
このとき、子ども心に、「才能のあるなし」ということを感じたように思います。

さて、工作はとても上手な4番目、今日も工作に現実逃避をしています。
さっきは紙粘土を買いました。もちろん、宿題とはなーんにも関係ありません。
「あんた、大丈夫なの?」と聞くと、
「大丈夫!だってこれがあるんだもんっ」
と、ドリルの別冊解答を高々と掲げて見せてくれました。
さては丸写しする気だな・・・。
by taka_hornetblue | 2011-08-24 22:01 | 小学生の工作と手芸

ブログを始めたきっかけは、100%パソコンのことでした。子どもたちのことがメインだったこともありました。今は音楽活動がメインのブログです。人生は移りかわっていきますね^ ^。


by taka_hornetblue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る