シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



スターゲイトライブのライブレポその2。(4回目更新終了)

年度末のことで、なかなか更新できず申し訳ありません。
今日はTOMMY  GARDENのレポートを。

この日3番目は雛祭りライブに続いて、スターゲイトにも出てくださった、TOMMY GARDEN。
e0188087_1501145.jpg

今回から、TOMMYさんとは昔からの音楽仲間であるという、ベースのHiroさんが参加されています。
すでにライブレポの最初の記事にコメントをよせて下さっています。
柔らかな風貌に、笑顔にとっても癒される方です。この日お会いできて本当にうれしかったです。
e0188087_22322299.jpg

そして、ヘルプドラマーはROVERのドラマー、エノさんでした。
毎度のことですが、1人、「自己完結型盛り上がり」をみせるリッチー前川さん。
e0188087_22334432.jpg

いつものことですが、TOMMYさんのギターには「意志の力」があります。
e0188087_1503662.jpg

一音一音、「オレはこの音を出してるんだ!」という、強い意志の力が感じられます。
そして、その意志的な音を、Yukaさんのキーボードが優しく受け止める、というサウンドです。
私はいつもYukaさんのキーボードを聴いていると、岩崎宏美の「マドンナたちのララバイ」を思い出します。
♪こーのーまちはぁー戦場ーだからー♪
この部分を思い出します。

TOMMYさんは、普段はとても温和な方です。
いつかバンドの話になったときに、
「自分は一番後ろに立つ人に並んでやっていきたい」
と言われたのが印象的でした。
そのように優しく温和な方なのですが、ひとたびギターを持てば、決して流されない、鋼鉄のギタリストです。
昔馴染みの仲間が加わって、これから先、もっともっと意志的なギターになっていくのでしょうか。
e0188087_1573910.jpg

楽しみです!

さて、今回は初めての箱でのライブ。
タイムテーブルは、かなり厳密に組んで行いました。
少しでも入れ替えのロスを少なくするため、3番目から7番目まで、ずっと重なるメンバーがチェーンのようにつながっていく展開です。
TOMMY GARNDENでヘルプドラマーとして登場してくださったエノさんがドラマーをつとめる、ROVERが4番目に出演です。

ROVERでのエノさん。
アクションがカッコよすぎて、私のデジカメではなかなか動きが追えないのが残念です。
e0188087_2339982.jpg

「自己完結型1人盛り上がり」から一転、ROVERでのリッチー前川さん。
e0188087_23395439.jpg

別人でございました。
ROVERはいつ見てもカッコいいし、安定しています。
e0188087_23404541.jpg

ここんとこ、「ベタメタル。」が活動をお休みしてるので、閣下は、脱・閣下路線であります。
※7月7日七夕ライブには、サポートドラマーを迎えて、久々に「ベタメタル。」復活の予定です。
オール「ダウンピッキング」のROVERベーシスト、KENさん。
e0188087_23424436.jpg

私にはとてもできません。
かなりの高速ダウンピッキング。
見ているだけで手がツリそうです。

5番目は、「天国」。
このライブを最後に、ベーシスト西原さんが脱退されます。
e0188087_031398.jpg

最後の「天国」ライブ、今までで一番、ベースが光ったライブだったように思います。
とくに「移民の歌」のベースは、本当にカッコよかったです。

いつも遠くから駆けつけて下さるため、綱渡りタイムスケジュールのドラマーはっくさん、今日は無事間に合い、全員揃って演奏をスタートできて、本当によかったです。
e0188087_051018.jpg

ギターのYukiさん、どんどんアクションが華やかになりつつあります。
e0188087_061661.jpg

そして、今回は前をはだけた衣装。
おおおっっ 腹筋が割れておる!ことを発見。
演奏そっちのけで、ついつい目がYukiさんの腹筋に釘付け・・・(反省)

今回、最後の曲はTOMMY GARDENのYukaさんをゲストキーボーディストに迎えて、「天国の階段」でした。
e0188087_082484.jpg

聴き入ってしまったため、写真がいい加減になってしまい、すみません。

さて、「天国」に続きましては、「天国」のベーシスト西原さんがリーダーとして牽引する、「LoudBells」。
カラフルライブ初出演です。
インコグニートや、スティービーワンダーをカバーする、大編成バンドです。
e0188087_1411673.jpg

とにかく大編成バンドなもので、全体を撮るのが難しいです。
カラフルでは、今までにないような感じでした。

とても華やかなバンドで、スターゲイトという「場」によく合っていました。
e0188087_1433737.jpg

ボーカルさん以外は、定位置に立って演奏されていて、きちんとまとまっていました。
他のバンドさんの、このような真面目な姿をみると、わが身が省みられます。(反省)

おとなしそうな風貌で、「アタシがアタシが」という感じでは全くないのですが、キーボードAyanoさん、めちゃウマのプレイでした。
e0188087_1455523.jpg

ベタ、ジェイ、チームNで全てを投げ出して大暴れのMr.ジェイ、さすがにこの中にあっては真面目にプレイしてらっしゃいます。
ホーン隊は、独自にPAを立てての演奏でした。
e0188087_148985.jpg

せっかくだから、次回は「振り付け」なども検討してくださいませ!
わたしブラストが好きなので、ホーンが複数並ぶと、自然にアクションを期待してしまいます。

では、本日はここまでにします。
1日に1バンド更新。
だけど地道にまた明日も更新予定です!
おやすみなさい。
by taka_hornetblue | 2012-03-24 01:58 | colorful(カラフル)
<< スターゲイトライブレポその3 カラフルスターゲイト「春一番」... >>


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧