久しぶりに涙。森絵都の『ラン』を読み終わって。

森絵都の『ラン』を、先ほど読み終わりました。
e0188087_21313432.jpg

私は読む時には本屋さんのブックカバーをかけて読み、読み終わったらブックカバーを外します。
昔からですが、ブックカバーを外す時には、達成感があります。

さて、『ラン』は、13歳で家族を全て失い、孤独に生きる主人公「環」が、偶然贈られた自転車に導かれ、死んだはずの家族が暮らす「冥界」にたどり着き・・・そして・・・というストーリー展開の小説です。
タイトルの『ラン』はもちろん、Run。
彼女が、どこに「Run」していきたい、と願うのか、何を感じて「Run」していくのか。
最後数ページ、涙、また涙でした。

今、この記事を書いていても、泣きすぎて目がはれぼったいのですが、森絵都の小説を読み終わった後は、いつも「風が吹き抜けていく」ように、さわやかです。
この現実世界で、私も、しっかり生きていこう、と知らず知らずのうちに思わされます。

森絵都の『ラン』。
この夏、オススメの1冊です。
久しぶりに声上げて泣きましたが、哀しみではなく、不思議な明るさに心が満たされます。
by taka_hornetblue | 2013-07-04 21:45 | 日常

ブログを始めたきっかけは、100%パソコンのことでした。子どもたちのことがメインだったこともありました。今は音楽活動がメインのブログです。人生は移りかわっていきますね^ ^。


by taka_hornetblue
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る