シロートの、パソコン問題がんばる日記と、日々思うこと。



カラフル夏の2デイズライブ、ライブレポ!part2(ベタメタル~Spherical)

福岡発、社会人バンドのライブイベントサークル、カラフルの一大イベント、夏の2デイズライブのレポ、part2です。
なんだかんだで、更新、アップが遅れてしまって申し訳ありません。

初日の8月3日、6番目は、ベタメタル。
e0188087_22282190.jpg

今回、正真正銘の助っ人として、ボーカル不在のベタメタルを助けて下さった、永友憲士さん、ベタでのラストライブでした。
最初は、ベタ楽器隊3人がオリジナルで作ったSEが流れる暗闇で、スタート。
e0188087_22292643.jpg

「悪魔の森の奥深く・・・」で始まる、「蝋人形の館」。
そして、永友さんのリクエストを受け、ギタリスト城島さんが、必死こいてギターソロの練習を積んだ、Bark at the moon。
e0188087_22314047.jpg

ヒュー!
練習中から、永友さん、最後の「アオーン」に命かけてました。
本番も、勝負をかけて「アオーン!」
e0188087_22324454.jpg

ライブ本番のとき、過ぎていく一瞬一瞬を、呼び止めたいような気持ちでした。
この3ヶ月間、本当に楽しい時間を過ごしました。
そして、この日、くしくも永友さん、誕生日!
前もって、ベタの楽器隊で打ち合わせておいて、バースデーソングをプレゼントしました。
会場のお客さまには、クラッカーを鳴らしていただくよう、お願いをしておきました。
e0188087_22365485.jpg

ご協力くださった、会場の皆さま、本当にありがとうございました!
このバースデーソングを機に、ラスト2曲となりました。
MORE、そして、永友さん初のギターソロをつとめる、Dr.Feelgood。
Dr.Feelgoodの前では、4人円陣を組んで手を合わせて、気合を入れました。
e0188087_22454654.jpg

実はわたし、ライブスタート前に、円陣組むの、一度やってみたかったんですよね。
実現できて、とってもうれしかったです。
永友さん、ギターソロ完璧!
e0188087_22484170.jpg

全てのセットリストが終わって。
e0188087_22491134.jpg

e0188087_22492618.jpg

一生忘れ得ない、大切なライブとなりました。
お互い長生きして、またいつか一緒にしましょう!

さて、2デイズライブ初日7番目は、BLACK SHEEP。
e0188087_8565597.jpg

1人1人、スーパー個性的メンバーが、1つにまとまると、こうなる。
そんなポリシーを感じるバンドです。
ギタリスト園田Tommyさん。
e0188087_8591272.jpg

毎回、信念ある「爆音系」ギタリストですが、今回、ハードロック感を損なわずして、マイルドな音に進化していたように思いました。
すると、1音1音のフレーズが、すごくハッキリ聴こえて、ハートにより響いてくるものがありました。
信念ある「爆音系」の音でのプレイも、もちろんカッコイイですが、前々からTommyさんが丁寧に弾かれるフレーズを、もっと耳で追いたい…と思っていたので、聴きごたえありました。
Tommyさんは、心の中に1点の曇りもない、天真爛漫な無邪気な方です。
過去にきっと、いろんな挫折や悔しい思いをされたこともあったかと思いますが、それらは、天性の天真爛漫さや、無邪気さを損なうことはなかった…と思います。
天真爛漫に、無邪気に、一生懸命に、丁寧に、紡いでいかれるギターのフレーズを、これからも、私たちに沢山届けてくださいね!

前回、Tommyさんの豹柄にひそかに対抗して、タイガーマスクのTシャツを着てきて、誰にも気づかれず、密かにスベった、とfacebookで告白された、ベースのHiroさん。
今回は…(^^)
e0188087_992552.jpg

「これはナンだ、熊か狸か、それともブタさんか」と目を皿のようにして、HiroさんのTシャツを凝視していたのは、絶対に私だけではなかった、と思います。
ええと、答は、クマさんだったかな?
Hiroさん、一体何本の指を使ってるんだっ
e0188087_9115169.jpg

3本指奏法。
これがまた、とっても滑らかでスピーディな動き。
ベーシストの末席に座る者として、ツイ、Hiroさんの指ばかり見てしまいます。

そして、Hiroさんのバックで、BLACK SHEEPの女神降臨。
e0188087_914484.jpg

Tommyさんが、ギターを抱いて眠るイメージがあるとしたら、Yukaさんは、それこそキーボードと添い寝してるような感じの方です。
e0188087_916355.jpg

キーボードとの一体感に、毎回圧倒されます。

ご存知Cozy Enomotoさん。
e0188087_9174231.jpg

この、スティック回してる瞬間の画像を切り出したくて、何度もやり直しました。
これが最大限。
次回はもっといい画像を切り出したいです。

BLACK SHEEPの皆さんには、その1つ前のベタメタルの「永友さんハッピーバースデー」で、クラッカーと投げテープをお願いしていました。
お願いに上がったとき、「オッケー!任せといて!」と言ってくださったのが、とてもうれしかったです。
バンドとはチーム。
チーム感を大切にしなければ、と常日頃思う私ですが、BLACK SHEEPの在り方に、いつも学ばされます。
e0188087_9224524.jpg

ありがとうございました!
次にまたご一緒できるときが楽しみです!

さて、初日は残り2つとなりました。最後の2つは、キーボードYukiさんが、ラストライブとなるバンドです。
8番目出演、ROVER。
e0188087_111056.jpg

始まる前、客席では、ドラマーNabeちゃんと、ROSSOのベーシスト本庄さんが、楽しげにしておりました。
e0188087_121427.jpg

リッチーブラックモア大好き(元)少年、リッチー前川さん、気合が入っております。
e0188087_134244.jpg

e0188087_1466.jpg

ハウリングも。
e0188087_1104213.jpg

今回の主役は、卒業するキーボード、Yukiさん。
ベースの、ROVERリーダー内田さん、Yuki父、Yukiさんのプレイを盛り立てます。
e0188087_152415.jpg

こういう光景っていいですねえ。
私は4人も子どもいますけど、誰1人として音楽やってません。
親子で練習できる、とか、親子でステージに立てる、なんて、すごく幸せなことだと思います。
MCでも、Yuki父は、そのようなシミジミとした話をしておりました。

Yukiさん、みんなの期待にこたえて、熱演。
e0188087_165881.jpg

e0188087_171176.jpg

父との2ショット。
e0188087_185570.jpg

自分でも、いいショットを切り出した、とちょっと自慢のショットです。
父も熱唱。
e0188087_192870.jpg

毎度のことながら、ROVERは疾走感溢れる演奏で、スタートからラストまで、一気に駆け抜けたステージでした!
次回見るときには、また違うROVERなのでしょうが、この疾走感はきっと変わらないことでしょう。

さて、2デイズライブから10日もかかって、やっと初日のラストに来ました。
カラフル2デイズライブ初日のトリは、Spherical。
e0188087_9153028.jpg

始まる前、ステージを見守る、Sphericalのメンバーのパートナーさんたち。
e0188087_9163039.jpg

Sphericalは、大体において、このような「パートナーさんの応援」があります。
いーなぁ。
ドラマー夏田さんのパートナー、Lilyさんは、夏田さんがセッティングをする時、見てないようでいて(私たちと喋っていながらも)、ちゃんと見ています。この日も、「あ、時間かかってる」と言って、すぐ手伝いにステージへ。
こういうところ、本当にステキだと思います。
そして、こういうところを、夏田さんは見たことがない(当たり前ですけど)、と思うんですよね。
知って欲しいなあ、と思います。

さて、ROVERの時とは、また違うYukiさん。
メンバーから贈られた、輪飾りのレイを首にして、リーダー斉藤さんの隣でプレイ。
e0188087_9223580.jpg

また、斉藤さんは、今回の主役はYukiさん、と思うが故に、ステージから落っこちそうな端っこに立たれていました。
Sphericalのメンバーによる、Yukiさんへのお別れの呼びかけもあり、和やかな、楽しいステージでした。
e0188087_9242299.jpg

e0188087_9244432.jpg
e0188087_9245762.jpg
e0188087_9251357.jpg

ボーカルのカルベさんが、途中、「本当にやめてしまうんですね。」とYukiさんに。
この時、私たちベタメタルと同じく、過ぎていく1瞬1瞬を、呼び止めたいような気持ちだったのだろう、と思います。
最後まで、和やかな、Sphericalらしいステージでした。
e0188087_9273986.jpg


実はちょうどSpericalの最後の方で、唐津からご参加の、ドラマー鍋島さんが、終電に間に合うべく会場を出られなければなりませんでした。
なので、私は最後の曲を見ることができませんでした。
しかし、会場に戻ってみると、これまた和やかな、Yukiさんお別れの花束贈呈が、ステージで行われていました。
e0188087_93052.jpg

写真がうまく撮れてなくて、ごめんなさい。
ROVER、Sphericalのメンバーによる、心のこもった「今までありがとう」の式でした。

カラフル2デイズライブ初日は、こうして幕を閉じました。
最後に、鍋島さんが、Cavern Beatから帰られるときの1ショットを。
e0188087_932767.jpg

鍋島さんからは、翌日、「本当に楽しかった。またこれからも出たいし、カラフルの方たちと、セッションもしてみたい」と、とても嬉しいメッセージをいただきました。

カラフルは、社会人バンドによる、ライブイベントサークルですが、「音楽」を基点にして、信念と志をもって、これからも活動の輪を広げていきたいな、と思います。

…というところで、初日のライブレポ、これにて終了です!
次は2日目のライブレポのスタートです!
by taka_hornetblue | 2013-08-11 22:51 | colorful(カラフル)
<< カラフル夏の2デイズライブ、ラ... カラフル夏の2デイズライブ、ラ... >>


職場で突然蔓延したスパイウェア対策から、このブログを立ち上げました。けれど、パソコンに限らず、日々の生活の中で気づくこと考えることなどを書いています。いろいろな情報を共有していきましょう。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧