2011年 05月 24日 ( 1 )

露地もののバラ。

バラを育てる名手、という人は昔からいるものですが、バラはそのような「名手」にお庭で育てられると、素晴らしい香りがします。
いただいたバラの花。
窓辺に置くと、風にのってどこまでも香ります。
露地もののバラ。_e0188087_2233523.jpg

温室咲きのような繊細なバラではなく、野趣あふれるバラの花です。
露地もののバラ。_e0188087_22341064.jpg

2日ほど経って。
開ききってしまった花たちですが、香りはまだ馥郁としています。
露地もののバラ。_e0188087_22353644.jpg

この方から、今までも時々バラの花をいただいてきました。
いつも私の顔をみては、「あらっ」と急いで持たせてくださるので、たいていは新聞紙に包んだだけの状態でいただきます。
けれど、しっかり育ったバラは、新聞紙にざっと包んだ状態で車に揺られても、ビクともせずに家にたどり着きます。
そして、数日間、本当に豊かな気持ちにさせてくれます。
by taka_hornetblue | 2011-05-24 22:39 | 日常

ブログを始めたきっかけは、100%パソコンのことでした。子どもたちのことがメインだったこともありました。今は音楽活動がメインのブログです。人生は移りかわっていきますね^ ^。


by taka_hornetblue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る