カテゴリ:音楽( 38 )

バイオリンロックバンドROSSO、博多ケントスライブ動画。

バイオリンロックバンドのROSSOが、8月28日の日曜日、博多ケントスのハウスライブで、ライブさせていただきました。
バイオリンロックバンドROSSO、博多ケントスライブ動画。_e0188087_1513198.jpg

プレイは「わやくちゃ」なんですが、スペイン→ラ・イスラ・ボニータ→情熱大陸、のラテンメドレーをyoutubeにアップしました。
バイオリンロックバンドROSSO_博多ケントスライブ

私が一番の「わやくちゃ大将」であります。
どだい私はハカセタロウ氏ではないので、お客さんと一緒に盛り上がろうと思った段階で、
・騒がずにきちんとプレイに専念。
・プレイを捨てて大騒ぎ。
この二者択一しかありません。
(で、後のほうをとったわけですね)
で、なぜ恥かくことをものともせず、このような動画をアップしたかといいますと、博多ケントスライブの、この客席との一体感を、少しでも味わっていただけたらな、と思ったからです。

ケントスは、オールディーズメインのライブハウスで、常連さんはみんな曲により、「お揃いのステップ」を踏んで踊ったりするのですが、別に「揃いのステップを踏まんでも仲間はずれにならない」、というおおらかさがあります。
ほら、よくありますよね、常連さんがハバをきかせていて、同じステップ踏んだりできないと、「この新参者め」という感じで、なんとなく仲間はずれっぽい雰囲気になるってことが。
けれど、博多ケントスは、そんなこと全然ありません。
どんな妙ちきりんなステップであろうが、まったくオッケー!みんなで盛り上がろうよ!という雰囲気に満ちています。

だから、私たちのバンドが、オールディーズのエッセンス皆無であっても、会場のこの盛り上がり、この声援です。
本当にあたたかな、楽しい場所です。
会場とのこの一体感、みんなで青春時代、のこの雰囲気を、少しでも味わっていただけたらうれしいです。

徐々に、騒いでもきちんとプレイできるようになっていく所存ですので、プレイのアラは、どうぞ情愛をもって「笑って許して」くださいませ。
by taka_hornetblue | 2011-08-30 01:51 | 音楽

バイオリンロックバンド、ROSSOの博多ケントスライブ、終了。

バイオリンロックバンド、ROSSOの、博多ケントスでのライブが終了しました。
これで、この夏のライブはすべて終了です。
例によって、最初に演奏する箱バンがもう、うまいのなんの、という感じな上に、お客さんとの一体感がすばらしく、ケントス出演3回目にして、出番前に指先が冷たくなるくらい、緊張してしまいました。

ところが、ステージに上がってしまえば、お客さんのあたたかな雰囲気、箱バンのメンバーはじめスタッフの「盛り上げてあげよう」という心意気に、私はいつも以上にハジけたライブとなりました。

バイオリンロックバンド、ROSSOの博多ケントスライブ、終了。_e0188087_136739.jpg

このギターは、やっぱり基本形はメタルです。本人は否定しますが、間違いありません。
バイオリンロックバンド、ROSSOの博多ケントスライブ、終了。_e0188087_1363056.jpg

私の大好きな、そして尊敬する、人生の先輩がフロアで踊ってくださいました。
(ROSSOはサンバはしますが、ツイスト系はレパートリーに持っていません)
もううれしくて、私もフロアに降りて大騒ぎ。(音はずしまくりでした。ぜんぜん後悔してませんけど)
初めてバイオリン弾きながら踊りました。難しいもんです。
だけど、演奏クオリティを気にせず、踊ることメインに気持ちをシフトすれば、とても楽しい!
ワイヤレスにして本当によかった、と思った時間でもありました。
(ちなみに、ワイヤレスを装着しているバックは手作りです。GWに、ちくちくと手縫いしました)
バイオリンロックバンド、ROSSOの博多ケントスライブ、終了。_e0188087_1364881.jpg


あんまりはしゃぎすぎて、足が痛いです。

大好きなシャドウズのベーシストさんのプレイを、今日はじっくり見ることもできました。
ものすごく、ものすごく、勉強になりました。ため息が出るくらい、かっこいいプレイでした。
うちのドラマーは、シャドウズのドラマーのプレイが、ものすごく勉強になった・・・と言っていました。

それから!
日の里祭りのスタッフだった方が、ご夫婦で来てくださいました。
今日はスタッフTシャツではなく(当たり前)、しかもとてもオシャレにキメてきてらっしゃったので、最初からいらしたにもかかわらず、声をかけていただくまで気づかず、本当に失礼いたしました。
奥様とお二人で、とてもステキなたたずまい、いいなあ・・・、と惚れ惚れと見てしまいました。
お忙しいのに、箱バンの演奏も見ず、アマチュアのROSSOだけを見に来ていただいて、とてもとても恐縮してしまいましたが、本当にうれしかったです。
とても静かなたたずまいの方なのですが、内に秘めたものは熱く、ブログの記事をみせていただいても、ほとばしるような思いをいつも抱いていらっしゃる方なんだなあ、と思います。
本当に、本当にありがとうございました。

この夏最後のライブは、最高にステキなライブでした。
今後につなげます。
by taka_hornetblue | 2011-08-29 01:48 | 音楽

明日は博多ケントスでROSSOがライブです。

明日8月28日の日曜日は、福岡は中洲にある、博多ケントスのハウスライブにROSSOが出演します。
私は、今年になってから、「ベタメタル。」と進入禁止で2回、出演させていただいています。
ケントスは、箱バンの演奏がめちゃくちゃ素晴らしいので、明日がとても楽しみです。

毎回、15時半開場、16時スタートです。
明日は、ROSSOは16時45分演奏開始だそうです。

チケットは2000円ですが、ドリンク、フード、なんでも持ってきていいそうです。
お客さんはケントス常連さんがほとんどなので、毎回、「勝手知ったる・・・」という感じで、イロイロ食べ物を持ってこられてテーブルに広げ、なんとなく「遠足」の光景に似てたりもして、とてもほのぼのとしています。

今まで、ゴスの衣装で出ていましたが、明日は相方のバイオリンの子と相談して、もうちょっと「場に合った」衣装を着ようかな、と話しています。

今から、練習です。
ケントスは箱バンのバンドマンたちが、毎回本当に親切で、きちんとして下さるので、妙な演奏はできないな、と気合が入ります。
とくにシャドウズのベーシストさんは、毎回、とてもフレンドリーで、私も大ファンであります。
明日はお会いできるかな?

このブログをご覧になったみなさま、お時間ありましたら、ぜひおいで下さいませ。
そして、私たちにも一言、声をかけてくださいね♪
お待ちしております☆
by taka_hornetblue | 2011-08-27 19:52 | 音楽

今更ですが・・・この年になって「ベタメタル。」をしてるのは、

「悪魔の音楽、ヘビィィィメタルゥゥゥ」をしたいからではありません。

もちろん、「ベタメタル。」のメンバー全員、そんなことはこれっぽっちも思っていず、閣下のパフォーマンスは、あくまでもパフォーマンスです。

そして、私にとっての「ベタメタル」は、どちらかというと日本メタルです。
洋楽メタル、洋楽ロックは、かなり後になって聴きました。高校時代くらいまで、存在すら知らなかった、と言っても過言ではありません。

私の両親は2人とも「クラシックかぶれ」していて、長い間、クラシック以外の音楽を家で聴くことができませんでした。
小さい頃から、ピアノのコンサート、バイオリンのコンサート、いろいろ連れて行かれたのですが、ほとんど覚えていません。早く終わらないかなあ、とたいてい椅子の上で思っていたものです。
ただ唯一覚えているのが、著名なバイオリニストがアンコールで弾いた、ビリーバンバンの「白いブランコ」。
小学校3年くらいだったと思いますが、初めて全身ぞわぞわぞわっと鳥肌がたちました。
今、バイオリンをしているのは、この時の感動がずっと身体の中に残っていたからだと思います。

ステレオは居間にしかなく、中学時代、ミッシェルポルナレフ、ベイシティローラーズ、カーペンターズといった音楽を聴くのも、親がいないときにこっそり聴いていたものです。
そうそう、中学時代、こういう音楽を聴いていると、親はよく「不良みたいな音楽を聴いて」と言っていましたねえ。
今思い出すと、かえってほのぼのとしてしまって、笑えますが、当時は本当に窮屈でした。

高校時代くらいから、少しずつステレオでカーペンターズのレコードなんかをかけても怒られなくなり、(こう振り返ると、わたしってなんていい親かしら~、と思ってしまいます)
そして、テレビの歌番組はちょこちょこ見てもオッケーになり・・・
ある日、レイジーのDREAMERに出会いました。
私には衝撃的でした。
レイジーのDREAMERが、私をロックの世界に連れて行ってくれた、と思っています。
ですから、いまも私のロック、メタルの原点はレイジーのDREAMER、そしてそれに続くラウドネス、アンセム、アースシェイカー、VOWWOWなどの日本メタルです。

高校時代くらいから、フォークソングの弾き語りを始めていたので、「ベタメタル。」の閣下のバンドにひょんなきっかけで入るまでは、ロック・メタルといった音楽はほぼ日本メタルだけしか聴いていないと記憶しています。

長々と書きましたけど、つまり、私にとって日本メタルに代表される「ベタメタル。」は、青春の音楽そのものなんです。
そして、その頃輝いていた日本メタルの旗手たちの幾人かは、すでにこの世を去っています。
レイジーも、ベースとドラマーの2人を失っています。

私が、この年になって「ベタメタル。」というバンドをとても大切なものに思い、一生懸命やっているのは、こういう音楽を風化させたくない、という気持ちがあるからです。
「ベタメタル。」の演奏を聴いてくださる方がいたら、ぜひオリジナルを聴いて、その素晴らしさを知ってもらえたらな、と願っています。
by taka_hornetblue | 2011-08-24 01:06 | 音楽

引き続き、祭りライブでの「ベタメタル。」を1曲。

流れに沿って全部アップする、というのもアリでしょうが、とりあえず先日の祭りライブレポートの記事に対するコメントで、住民の方がお褒め下さった、エルドラドをアップしました。

閣下は健在です。
引き続き、祭りライブでの「ベタメタル。」を1曲。_e0188087_18513928.jpg

このパフォーマンスに同級生ながら頭が下がります。
立派。
終盤で、マイクの音を半分以下に下げられてしまうのですが、彼はどうしたかというと、迷わずステージの下に飛び降りて、地声で歌っていました。
閣下ステージ下に飛び降りた瞬間。
引き続き、祭りライブでの「ベタメタル。」を1曲。_e0188087_211581.jpg

この心意気を100歳になっても失わないでね。

youtube:福岡のミーハーメタルバンド「ベタメタル。」_EL DORADO
by taka_hornetblue | 2011-08-23 18:48 | 音楽

「港のヨーコヨコハマヨコスカ」博多弁バージョン

8月20日土曜日の、福岡県宗像市のお祭りライブでの、進入禁止の動画をyoutubeに1曲あげました。
昔なつかし、ダウンタウンブギウギバンドの「港のヨーコヨコハマヨコスカ」。
これをうちの大将が博多弁に変えて歌いました。
「港のヨーコヨコハマヨコスカ」博多弁バージョン_e0188087_21242645.jpg


youtube:港のヨーコヨコハマヨコスカ_博多弁ver

この曲、静岡弁バージョンもありますよね。

今回練習するにあたって、改めてちゃんと聞いたのですが、ダウンタウンブギウギバンドって、カッコイイバンドだったんだなあ、と今更ながら思いました。

しかし、私も生粋の博多っ子ではないので(小学校時代は転校ばかりで、3校行ってます。)、大将が歌う博多弁、ところどころわからないところがありました。
ギターのリッチーさんは福井県、ドラムのトリーさんは愛知県の出身で、更に「へええ」という感じだったのではないでしょうか?
「港のヨーコヨコハマヨコスカ」博多弁バージョン_e0188087_2125195.jpg

原曲を博多弁に変えるとこんな風になるんだなあ、と思っていただけたら、うちの大将も博多弁に翻訳?した甲斐があったことと思います。

おまけ?
福岡の王様、キング小淵が歌う「夏の憂鬱」(サマータイムブルース)
youtube:福岡のゆる系ロックバンド進入禁止_夏の憂うつ
by taka_hornetblue | 2011-08-23 18:27 | 音楽

さすがに野外ライブ2日連続は疲れました...

ということで、本日わたくし遅ればせながら夏季休暇でございます。
雨模様の2日間、気温的にはまったく問題なかったのですが、機材搬入、搬出があるライブで、雨模様というのは厳しいものがあります。
ともかくも、この夏の野外ライブは終了。

今回は、私が所属するバンド3つが出たのですが、見事なまでに「常識的な一般熟年受けするか否か」がハッキリ分かれたライブでした。

・進入禁止:和気あいあいモード→アンコールあり。
さすがに野外ライブ2日連続は疲れました..._e0188087_10523198.jpg

・ROSSO:「すばらしかったですぅ。来年もまた出て下さいねぇ。」
さすがに野外ライブ2日連続は疲れました..._e0188087_10524921.jpg


ところが、「ベタメタル。」では!!!!!
うちのミーハーメタラーの男子高校生が大喜びするような、絵に描いたような展開となりました。
(写真データは真ん中の娘のIPhoneに入っているので、後日アップします)

①演奏開始。
②閣下登場
③小さい子どもたちがステージ前に出てきて閣下みながら踊りだす。
④高校生含むヤングピーポーにはそこそこ受ける
⑤常識的熟年層の一部、あまりのうるさい音楽に、怒りがジワジワこみ上げてきて、ついに大爆発!
(さあ、ここからの展開です!)
⑥「音がでかすぎる!」「やめろ!」の熟年男性の怒号(メンバーが撮った動画にばっちり入ってました)
⑦怒り狂った、かの熟年男性、PAの音量を半分以下に曲の途中で下げに来る。

以下略。

念のために言っておきますが、「ベタメタル。」は血気盛んなヤングピーポーのバンドではなく、メンバー全員40オーバーです。
したがって、音量その他で無茶をすることはない・・・と本人たちは思っています。
まあ、音楽の好みもあったと思いますが、この年になると、メタルPVのような展開のライブに滅多になるものではないので、よき体験ができました。
しかしもう面倒なので、「ベタメタル。」は来年は祭りライブ撤退です。

遠征で来れなかった、高校生の息子がじかに見れなかったことを悔やんでおりました。
「メタルするなら、そこで最後は殴り合いをして終わらにゃ。」とこれまた、バカなことを言ってました。
最初の曲だけIPhoneで動画を撮ってくれた双子の娘に、「なんで全部撮っとかんとや?何しとうとや?」と文句をいい、娘は娘で「は?なんかっちゃ、やかましいったい!」と不穏な空気に・・・。

しかし、連日通して思ったのは、どんな状況であれ、「しないほうがいいライブなんかない」ということです。
「ベタメタル。」ハプニングは、うちの子たちの応援モードを一気に高めてくれました。
それは私としてはとてもうれしいことです。
今後、息子はベタメタルのライブは極力行く、と言っています。
また、今回は進入禁止とベタメタルがきっかけになって、ロッソも翌日出たのですが、ロッソの時には前後がオトナバンドで固められていたため、オトナミュージシャンと交流ができて、とても有意義でした。
私は練習スタジオが地元でないため、地元ミュージシャンをまったく知らない、といっても過言ではありません。
ううむ、「カラフル宗像」をつくってもいいなあ、なんてちょびっと思ったりしました。
その地元ミュージシャンの1人が、ROSSOの動画をyoutubeにあげてくださいました。
ROSSOとしても初めてです。
日の里祭 2011 ROSSO
感謝感謝です。
そして、これがきっかけになって、やっと私もどっこいせ、と名実ともに重い腰を上げて、youtubeのアカウントを取り、ROSSO動画をアップしてみました。
娘たちが撮ってくれた動画ですので、ご愛嬌動画ですが。
よければご覧くださいませ。

ROSSOライディーン

ROSSOタイタニック

ROSSOラテン
by taka_hornetblue | 2011-08-22 10:58 | 音楽

8月20日、21日は宗像市の日の里祭りでライブです!

今週末8月20日と21日は、宗像市日の里である、日の里祭り(今年でもう36回目だそうです)の特設ステージでライブです。

8月20日土曜日、18時10分~19時
・進入禁止
・「ベタメタル。」

8月21日日曜日、14時10分から14時35分
・ROSSO

進入禁止は、70年代ゆる系ロック、懐かし系ロックで、練習も毎回のどか~です。
8月20日、21日は宗像市の日の里祭りでライブです!_e0188087_2329410.jpg

「ベタメタル。」は世紀の大馬鹿者軍団。
練習もライブもまったくかわりません。スタジオだろうがステージだろうが、毎回大騒ぎです。
8月20日、21日は宗像市の日の里祭りでライブです!_e0188087_23301426.jpg

メンバーは全員40オーバーです。

ROSSOはバイオリンが2台いて旋律を担当するロックバンドです。
これは「ベタメタル。」と違って、騒いで形になるバンドではなく、毎回3歩進んで2歩下がり、2歩進んでは3歩下がる・・・という感じなのですが、そのぶん、一味違う達成感や面白さがあります。
8月20日、21日は宗像市の日の里祭りでライブです!_e0188087_23322152.jpg


20日は夜店の賑わいもたけなわの時間帯。
21日はバンドが集まる時間帯で、JKソロ→オヤジバンド→ROSSO→オールディーズ、と続きます。

暑いですが、お近くの方はどうぞいらしてくださいませ。
・・・ちょっと雨が心配ですが・・・。
今週は本当によく降りますよね・・・。
by taka_hornetblue | 2011-08-18 23:34 | 音楽

さよなら、福岡市南区のスタジオ「アーサズスクエア」。

福岡市南区にあるスタジオ、アーサズスクエアが、7月15日をもって営業終了することになりました。
昨日、最後のアーサでの練習がありました。
もうここに来ることはありません。
さよなら、福岡市南区のスタジオ「アーサズスクエア」。_e0188087_145467.jpg

さよなら、福岡市南区のスタジオ「アーサズスクエア」。_e0188087_14632.jpg

最後にふさわしく、9年やってる3人編成の「ジェイバンド」の練習でした。
練習前に、スタッフに頼んで記念撮影を。
さよなら、福岡市南区のスタジオ「アーサズスクエア」。_e0188087_1462337.jpg

9年前、博多駅ロックイン(この楽器屋も今は博多駅にはありません)に貼ったメンバー募集をきっかけにして、アーサにこの3人が集まったのが、全ての原点です。
カラフルも、この3人が集まらなければ実現しませんでした。
そう思うと、感無量のものがあります。
練習が終わったあとのSSスタジオ。
さよなら、福岡市南区のスタジオ「アーサズスクエア」。_e0188087_1482136.jpg


ロビーの写真は撮りませんでしたが、すでに「営業終了」の影は濃く落ちていました。
思えば、この9年の間に、私が通っていたスタジオ「バグハウス」もなくなり、先に書いた楽器屋「ロックイン」も博多駅での営業を終了しました。また、「ヨシダ楽器」の古賀サンリブ店もなくなりました。
すべてが移り変わっていく中で、変わらず存在しつづける、ということの大切さと尊さを改めて思いました。
by taka_hornetblue | 2011-07-10 14:14 | 音楽

Avenged Sevenfoldの「Buried alive」に涙涙・・・。

数年前、子どもが欲しいと言って買ったCDがAvenged Sevenfoldでした。

買ったCDを帰りの車でかけた瞬間、私の方がAvenged Sevenfoldにハマってしまいました。

そして、2009年年末にドラマーのレヴが亡くなったときは、彼の死と、彼の死に対してのメンバーのメッセージをyoutubeで見て号泣してしまいました。

とても悲しい出来事でしたが、日々の忙しさに、しばらくAvenged Sevenfoldから離れ、ここのところあまり聴いていませんでした。

しかし、今日、ふとしたことからBuried aliveという曲を聴き、そしてyoutubeでその曲のライブを見、もう涙が止まりません。

Avenged Sevenfoldについて、しばしば感じるのはその「仲間意識」ですが、レヴが亡くなった後のアルバム「Nightmare」は特にそのカラーが強く出ているように思います。
プレイヤーが魂の奥底から叫びだす音楽は、やはり聴く人の魂を揺さぶります。
久しぶりに涙の夜でした。
by taka_hornetblue | 2011-05-03 04:09 | 音楽

ブログを始めたきっかけは、100%パソコンのことでした。子どもたちのことがメインだったこともありました。今は音楽活動がメインのブログです。人生は移りかわっていきますね^ ^。


by taka_hornetblue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る