やっとシネマ歌舞伎を見ました。

去年からみたいと思っていた「シネマ歌舞伎」をやっと見ることが出来ました。
「牡丹燈籠」をみました。

最初は役者さんたちがスクリーンいっぱいに大写しになるもんで(当たり前ですが)、かつらと顔の境界線とか、メイクとかがくっきり見えすぎて、うううんん・・・と思ったのですが、間無しに引き込まれてしまいました。
面白かったです。

歌舞伎は、10年前くらいに「一度くらい見てみるか・・・半分もわからないだろうけど・・・」と非常に消極的な気持ちで見に行ったのですが、幕があいた瞬間、たった2人の役者さんの立ち姿の迫力に圧倒されてしまい、以来とても好きになりました。
しかし、当然のこととはいえ、庶民がちょくちょく見に行けるお値段ではありません。

けれど、この「シネマ歌舞伎」は2000円、舞台の数分の1の料金で楽しむことが出来ます。
パンフレットによると、シネマ歌舞伎とは、「歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映するという、松竹が開発した、映画とは全く異なる映像作品」だそうですが、歌舞伎を身近に楽しめるものにしたという点で、とても評価できると思いました。ちゃんと「幕間」の設定もあるんですよね。劇場によってはお弁当を売っていたりするのかもしれませんね。

今回の「牡丹燈籠」で、初めて坂東玉三郎を見ました。
坂東玉三郎といえば、超美形の女形としてポスターなどで見るイメージしかなく、見たこともないくせに敬遠していました。

ところが、今更ですが、本当に素晴らしい役者さんなんですね。
いわば「おばちゃん役」としての登場だったのですが、実に実に楽しめました。
それから、前から思っていたことですが、歌舞伎役者さんたちの演技力というのは、なんというか、別格というか、ものすごく力強いですよね。

本当に楽しめました。

私は映画がけっこう好きで、この夏はこのシネマ歌舞伎のほかに「人生に乾杯!」、「サガン」、「サンシャイン・クリーニング」をみました。どれもとてもいい映画でした。
秋にはフランス映画の「ココ・アヴァン・シャネル」があるので、シャーリー・マクレーンの「シャネル」と見比べてみたいと思っていますが、シャーリーマクレーンの「シャネル」はあまりに人が多すぎて、まだみていません。
あまりに人が多いと、映画をみた気がしなくて・・・。
今週中には「エル・カンタンテ」がみたいなあ、と思っています。
# by taka_hornetblue | 2009-08-20 01:14

CCCクリーナーその2

「初志貫徹だ!」とCCCクリーナーを実行しようとして、インストールすべく使用許諾書に目を通していたら、そのソフトの一部はトレンドマイクロが開発していたということを知りました。
従って、このソフトを使うには、トレンドマイクロ社の使用許諾書にも目を通し、「同意する」にチェックを入れないと先には進めません。

トレンドマイクロ、ウィルスバスターですね。
ううーーん。
ウィルス対策ソフトって、ユーザーの好みが反映されるところで、私はどうもいまひとつ・・・。
ウィルスバスター2009はやたら評判いいし、とくに私が何かあったわけではないので、まあ単に「好み」の問題と言っていいのですが。

何度もしつこいようですけど、「総務省・経済産業省」なんてところが大元ですよね。
一企業がその開発事業の一部を請け負ったわけですね。

私も甘い考えだったと思いますが、なんとなく、「総務省・経済産業省」が独自で全て開発したように思ってました。どうしてトレンドマイクロになったのでしょうね。
その経緯を知りたい、と思う人って、きっと私だけではないと思います。

最初「お、これはこれは、無料ウィルス検査ソフトとは、オカミもしゃれたことを・・・」と思ったのですが、なんだか知るにつれイヤーな気分になってしまいました。

前言撤回します。
あんまり宣伝しなくていいかもしれません・・・。
# by taka_hornetblue | 2009-08-18 23:01

CCCクリーナーを実行しようとしたら・・・。

さて、今日こそ「総務省・経済産業省 連携プロジェクト」Cyber Clean Center発「CCCクリーナー」を実行しようと思い、はりきって帰ってまいりました。

ところが、8時近くに買い物抱えて帰っても、すっかり夏休みモードの子どもたちはテレーっと「憩い」の時間で、ご機嫌よろしくゲームやネットの真っ最中。きゃつらは大学生をアタマにする4人きょうだいで、幼児ではありません。ご飯ひとつ炊いていないのに激怒しつつ(それって「お手伝い」とかではなく、共同生活者としての義務みたいなもんではありませんか?)、やっとこさ何もかも終わらせてパソコンを立ち上げました。

そして、改めて詳しく「総務省・経済産業省 連携プロジェクト」のCCCクリーナーのところを見ると・・・。

んんん???
私はなんとなくイメージ的に、ウィルス対策ソフトと競合せずにスキャンできるスパイウェアドクターとか、アドアウェアとかスパイボットとかみたいなもんかと思っていたのですが、なんかどうも違うような。

最終的には「ちゃんとウィンドウズアップデートをして、ウィルス対策ソフトを入れなければいけません」と書いてあり、終了後はCCCクリーナーをゴミ箱に捨ててください、と書いてあります。

ということはなんでしょうか、一時的な検査のものなんですね。
そして、これでも一応駆除はできるけれどもウィルス対策ソフトを入れなければいけませんよ、というものみたいですね。

それなら初めから「ウィルス対策ソフトを入れましょう」ではいけないものでしょうか。
「ウィルス対策ソフトが入っていなければこうなりますよ」という具体例を示したほうが「そうか、ウィルス対策ソフトを入れなければこんな怖いことになるのか」とみんな思うのではないでしょうか。

それから・・・。
私は最初の記事に書きましたが、トロイが職場に蔓延したとき、norton360を入れていましたがすり抜けました。セキュリティソフトには得意不得意があるという現実を、身をもって痛感しました。
税金使って(多分)開発したようなソフトなら、このあたりを総括的に網羅しようと努力すべきで、最終的には「ウィルス対策ソフトを入れましょう」という結末をもってくるのは納得いかない・・・のは私だけでしょうか。

さてさて、はりきって帰ってきたから初志貫徹でとりあえずCCCクリーナーかけてみるか。
なんか説明読んでるとめんどくさくなってきて、迷ってます。

この点に関しても、もしもCCCクリーナーが、「ウィルス対策ソフトも入れていないような、パソコンにあまり詳しくないユーザー」を対象としているなら、もうちょっと簡便にすべきじゃなかったかと思います。
私は説明読むのとか決して苦手ではありませんが、CCCクリーナーの説明を読んでると、本当に「めんど~」な気分になってしまいます。
これも私だけでしょうか?

全国でどのくらいこのソフトが使われているのか知りたいです。
# by taka_hornetblue | 2009-08-18 22:27

もっと宣伝して下さいよ~

ボットウィルス、という名前をこの頃知りました。
「総務省・経済産業省 連携プロジェクト」のサイトによると、

「ボットウイルスは、感染をしていても利用者に気づかれないように密かに活動を行います。一度感染すると悪意の第三者が、あなたのパソコンが遠隔コントロールし、迷惑メールの送信、フィッシング詐欺などの犯罪行為に荷担してしまうばかりか、あなたのパソコン内のあらゆる情報やあなたが入力した情報を盗み出し、あなたに被害を与える危険なウイルスです。」
ということで、ずいぶんと怖いウィルスです。

そしてこのウィルスの駆除ツール「CCCクリーナー」が、フリーでありました。
それは、「総務省・経済産業省 連携プロジェクト」の「サイバークリーンセンター」(Cyber Clean Center)というサイトにあります。

まだ私は駆除ツールをダウンロードしてやってみていませんが、どうしてもっと宣伝しないのでしょうか。
これって知らない人はものすごく沢山いると思います。
「総務省・経済産業省 連携プロジェクト」、という名前からして、税金が使われていますよね、きっと。
ということは、広く国民に知らせるべきで、もっと宣伝してほしいものです。

・・・・しかしまあ、次から次へといろいろ出てくるものですねえ。
ネットの世界はイタチごっこですね。きっと「終わり」ってないんでしょうね。
# by taka_hornetblue | 2009-08-18 01:48

年老いた父と車の運転

「年老いた父が、いつまで車の運転をするのを賛成できるか」

これは本当に難しい問題だな、とつくづく思います。
私の父は80近く。
まだまだ元気一杯で、地域のいろんな役も引き受け、忘年会の数など、いちおう現役社会人である私の3倍くらいあります。11月末くらいから、毎週末の予定はぎっしり、という状態です。
うらやましい限りで、私も退職後はこんな風に地域の中で生きられたらいいな、と思ったりします。
いや、「地域」に限らずとも、「仲間」と一緒に生きていけたらいいな、というか。
退職後、自分の人間関係が職場の中で完結していた、と思い知るのは辛いです。

そうそう、父の運転の話でした。

このように父は「元気一杯」なのですが、そのことと、「車という一歩間違えば走る凶器」を「安全に走行させることができる」のとは、やはり違うようにこの頃痛感することが多くなりました。
昔の父と比べて判断が鈍くなったとか、道を間違えたときに落ち着いて対処しにくくなり、母に当り散らしたりする、というようなことを母から聞くたび、暗澹たる気持ちになります。

先日はかなり遠方にある父の実家まで(走行距離にして片道800キロ程度)車で行く、と言いだし、真っ青になって止めました。「長距離だから疲れ方も半端じゃないし、向こうであっちこっち移動するわけじゃないんだから新幹線で行ったほうが私も安心だ・・・」と。父のプライドを傷つけないように、私なりに無い知恵を絞っていろいろと話しました。

しかし、車の運転に関して自信満々の父は「危ないはずがないじゃないか!」と一蹴。まったくの平行線でした。

この件はまったく別件の影響を受けて、父は新幹線で行くことが決まり、やれやれ、と思ったのですが、とにかく「年老いた父と車の運転」の問題の難しさを痛感した一件でした。
# by taka_hornetblue | 2009-08-16 12:32

ブログを始めたきっかけは、100%パソコンのことでした。子どもたちのことがメインだったこともありました。今は音楽活動がメインのブログです。人生は移りかわっていきますね^ ^。


by taka_hornetblue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る