8月1日、カラフル夏の2デイズライブ初日のライブレポ♪          

さて今日は8月13日。
世の中お盆シーズンでありますが、私は粛々と? ブログの更新をしてまいります。
後先になりましたが、ただいまより、カラフル恒例、夏の2デイズライブ、初日のライブレポをスタートします♪
まずは、ラストにみんなで撮った記念写真から。
誰かがよければ誰かが横向いてたりうつむいてたり、という感じなので、3枚一挙にアップ!
e0188087_19403738.jpg

e0188087_19404535.jpg
e0188087_19405390.jpg


この日は参加バンド数6、と、とてもこじんまりした感じのライブでした。
なので、なんとなく最初から、和気藹々モードが充満しておりました。
リハーサルの時、第二営業部のタケちゃんは、「どのくらい練習していいですか?」と口をすべらかし、おっとっと、となっていました(^ ^)。
e0188087_19433148.jpg

急遽3人編成のPRESENCE。
e0188087_194419.jpg

e0188087_19441043.jpg

リハしながら、「こりゃダメだ、他のにしよう」と打ち合わせしたりして。
一方、こちらは真剣にリハ、T-Guns。
今回、ベタメタルの城島さんサポートです。
e0188087_19463152.jpg

ところが客席では、アウトレットの和菓子を、ポケットマネーで、善意で、買い込んできたあーちゃんに、リッチーさんが「ソレなら食べれる、ソレはいらん」と、和菓子を選びまくっていました。オイオイ。
e0188087_2004119.jpg


そしていよいよライブ開始!
この日、パレットの大村総監督が、お子さん連れで見に来てくださいました。
2番目の第二営業部はアコースティックだからいいとして、1番目のT-Gunsはロック、3番目のベタメタルは、まぁメタルの範疇に入るので、2歳と3歳のお子さんにはどうかなぁ、泣き出さないかなぁ、と、少々心配でした。
ところが!
e0188087_19503416.jpg
e0188087_19504242.jpg

大音量の中、カメラ目線にはなるわ、ギタリストに手を振るわ、たいしたものでございました。
さて、T-GunsはBON JOVIのカバーを主としてしているバンドで、今回も
・Always
・Someday I'll Be Saturday Night
・It's my life
・Livin’ on a prayer
など、聴いたことのある、いい曲ばかりのセットリストでした。
第二営業部のミッチさんと並んでみていましたが、彼女は以前、BON JOVIバンドのキーボードであったといい、2人で歌ったりしながら楽しみました♪
T-Gunsの演奏風景。
e0188087_2015617.jpg

e0188087_2025669.jpg

e0188087_2032231.jpg

e0188087_2033883.jpg

そして、じっとステージを見上げる少年。
e0188087_202635.jpg

T-Gunsの皆さん、ありがとうございました!

2番目は、カラフル2デイズライブは初参加となります、第二営業部です。
e0188087_203434.jpg

キーボードとギター、そしてボーカル担当のミッチさんと、
e0188087_20351526.jpg

同じくキーボード、ギター、ボーカル担当の、タケちゃんのデュオです。
e0188087_2035578.jpg

荒井由美のナンバーから、
・12月の雨
・翳りゆく部屋
の2曲を。とくに「翳りゆく部屋」はオルガンが印象的な曲だけれど、あえてピアノで、と。
とても素敵でした。
この2曲の後も、たけちゃんいわく、「ポルノグラフィティに作らせた影法師」だとか、「Daydream Believer日本語バージョン」とか(間奏で、たけちゃんが奏でるハモニカがとてもステキでした!)、亜麻色の髪の乙女とか(2人のハモリが、とっても素晴らしかったです)、ハードロック、メタル系バンドの中にあって、まさしく「清涼飲料水」のような、そんな演奏でした。
e0188087_20441330.jpg

e0188087_20442784.jpg

e0188087_20443560.jpg

第二営業部のお2人、ありがとうございました!

3番目はベタメタル。
今回、初めて私がキーボードを弾いて、TOTOの、Child's Anthemからスタート。
e0188087_21121680.jpg

e0188087_21123744.jpg

どうも「勝手が違う・・・」感じで、妙におとなしいフロント3人でした(^ ^)。
私はバンドの中でキーボード弾くのに憧れがありましたが、この日を限りに断念。
やっぱり、ステージで練習と同じくらい弾きこなすには、「ステージでの年季」が必要なんですね(・・・と今更ながら)。
2曲目、残酷な天使のテーゼから、ちょっとずつ本来の姿へ。
e0188087_21175923.jpg

慣れ、というのは大事です、ほんと。
3曲目からは、私はベースに戻り、
・Bark At The Moon
・Shot in the Dark
・紅蓮の弓矢
・Let It Go
と一気に飛ばしました。
e0188087_21251643.jpg

e0188087_21253668.jpg
e0188087_2126653.jpg

この日、総監督のほかに、同僚が2人見に来てくれていました。
始まる前は、「今日はちょっとオトナしめにしなきゃ」と思っていましたが、始まると吹っ飛んでしまいました。
でも、楽しかった、と言ってくれたので、それを素直に、その通り受け取っておきたい、と思います(^^)。
ベタの皆さん、秋もライブが次々ありますが、一致団結して、がんばりましょう!

そして4番目は、PRESENCE。
今回、8月1日も休みがない、というボーカルのTarumiくんは参加できず、初の3人編成PRESENCEです。
e0188087_14483028.jpg

今回、PRESENCEのテーマは、「それぞれの自己実現」ということだそうで、ギターの王子さんは「喋ります」と、1枚の紙を。
それには、ジャイアンの絵が描かれていました。
e0188087_14495190.jpg

ジャイアンは、「俺のものは俺のもの、オマエのものはオマエのもの」という、実に手前勝手なキャラクターとして描かれていますが、そこから話を紡いで、「それぞれのいいところを見つけなければ」という話をされました。
PRESENCEは3人編成だろうが4人編成だろうが、サウンドは思い切りロックなので、そういう音楽の合間に、このようなMC、とても印象的でした。
Zuntaさんは、もちろんMCで自己実現?
今回は、「お湯を捨てるスパゲティを、カップラーメンと勘違いして作ったら、激マズだった」というエピソードを、「港のヨーコヨコハマヨコスカ」風にアレンジ。
e0188087_1505219.jpg

多才な方であります。

さて、今回、ボーカルのいないPRESENCE、全曲インストにするかと思いきや、3人でボーカル輪番制に。
王子さんが歌ったり、
e0188087_1452786.jpg

Zuntaさんが歌ったり、
e0188087_14524038.jpg

ついには、ドラマーの百田さんが歌ったり!
e0188087_14531595.jpg

百田さん、ZuntaさんのMCで、
「次の曲はさっぱり爽やかに歌い上げたいと思います。百田さんが。」
と紹介されてましたが、本当に爽やかな歌声で、びっくりでした。
3人で、多彩な演出で魅せてくださった、PRESENCE、ありがとうございました!
e0188087_14591252.jpg

次回はフルメンバーそろうといいな・・・と思います♪
が、しかし、今回のように、もし揃わなくても、ぜひ参加してくださいね!

いよいよ2デイズのライブレポブログも大詰めです。
毎回応援に来てくださる、環さんと、The Lip⇒Liesの須川さんの写真などチョイと挟みまして、
e0188087_15394100.jpg

初日5番目はThe Lip⇒Lies。
e0188087_1613696.jpg

環さんには、いつも集合写真のときのシャッター係などを引き受けてくださり、本当に感謝です。
さて、The Lip⇒Lies、今回、ライブ前にいろいろとあり、4人揃って練習できなかった・・・とのこと。
この日もいつもなら早々と会場入りされる、須川さん坂口さんの姿が、始まってだいぶ経っても見えず、心配しました。
けれど、始まってしまえば、あっという間にThe Lip⇒Liesの世界!
e0188087_15431512.jpg

「Happiness」でスタート。
「いつまでも一緒にいようよ」、「2人でいられさえすれば、幸せだよね」
「Happiness」に描かれているのは、文字通り幸せな世界です。
しかし、なんですね、この曲のみならず、基本、The Lip⇒Liesが演奏するのは、どの曲もオリジナルなんですよね。
The Lip⇒Liesの面々、まぁ若干お若い方もおられますが、平均すると物理的年齢の目盛りは、「青年」より「熟年」に近いと思われます。
しかし、こういう歌詞が書けて、自然に歌えて、伝わってくる。
すごいな、と思います。

さて、The Lip⇒Liesといえば、名物ドラマーのこの方。
e0188087_15511186.jpg

「恋のメンタルダメージ」では、途中4拍子の指揮のフリでシンバル叩いたり、
e0188087_15585074.jpg

ラストの曲ではサビのところで、いちいちキメのポーズをしたり。
e0188087_15593076.jpg

毎回、「1人完結型大暴れドラマー」さんでありますが、今回も期待を裏切りませんでした(^ ^)。

熱唱する坂口さん。
e0188087_167059.jpg

体調がきっと万全ではない中、「大切な人のために、魂こめて」歌われたのだと思います。
The Lip⇒Liesの皆さん、ありがとうございました!
e0188087_1682549.jpg


さて、初日ラストは進入禁止です。
e0188087_16214821.jpg

今回はガッツリ聖子ちゃんセットリストでした(^ ^)。
・裸足の季節
・青い珊瑚礁
・白いパラソル
・スコール
・夏の扉
「王道」夏歌セットリストでございました。
今回、私以外はみんな「ドレスコードは水玉」で(^^)v。
e0188087_1624422.jpg

e0188087_16245137.jpg

e0188087_1627832.jpg
e0188087_16245992.jpg

師匠も、いちお、ポロシャツは小さい水玉の柄でした。
今回、なかなかみんな揃えず、練習が足りず、どうなることかと思いました。
けれど、なんとか間に合ってよかったデス。

スコールの最初で、恒例、早着替え♪
1、ゆかたの帯をババっと外し(ファスナー式です)
e0188087_16295100.jpg

2、脱ぎ捨てると
e0188087_16293035.jpg

3、ジャーン!
e0188087_16295561.jpg

♪やっけたーはだぁー、つきさすよぉーにぃー♪
e0188087_16305979.jpg

そして、ラスト、「夏の扉」!
「みなさん、いきますよー!」
「フレッシュフレッシュフレッシューーー!」
e0188087_16322264.jpg

「夏の扉をあけてぇー!」
e0188087_1640416.jpg

進入禁止での私も、The Lip⇒Liesの上村さんと同じく(って失礼ですね)、「1人完結型大騒ぎボーカル」でございました。
「あんた、あれ、どこが松田聖子なん?」と言う方も、多々おられますが、仕方ありません、私ですから(^ ^)。

と、進入禁止で勝手に大騒ぎして、2デイズの初日は終了いたしました。
参加してくださったみなさん、お客さま、本当にありがとうございました!
この日の集合写真は、この記事の一番最初にアップしていますが、お客さまも一緒に撮影しました。
本当にありがとうございました。

ただいま8月14日16時45分。
これにて、夏の2デイズライブ、初日、そして2日目はvol.1、vol.2、全てのライブレポ、終了です♪
# by taka_hornetblue | 2015-08-13 20:13 | colorful(カラフル)

8月2日、カラフル夏の2デイズライブ2日目のライブレポ♪ vol.2

福岡発、社会人バンドサークル、カラフル恒例の、夏の2デイズライブ、2日目のライブレポ、後半です♪
今回、リハがなかったこともあってか、カラフルライブにしては珍しく、進行が押し気味になる中、6番め登場は、博多エキスプレスです。
e0188087_1431375.jpg

元は夏田さん、城島さん、吉村さんのトリオで、筑紫野ライブにも参加されました。
その後、時を越え、姿を変えて、現在の博多エキスプレスです。
e0188087_14435100.jpg

変わらずいらっしゃるのは、この方のみ。
e0188087_14222759.jpg

隔世の感あり・・・ですね。
2014年の年末ライブにも参加されましたが、今回、ニューフェイスがお2人!
e0188087_1462626.jpg

サックスはお馴染み、ナベちゃんです。
ベースの佐本さんは、かつて夏田さん、城島さんと一緒にトリオでセッションバンドをしておられ、私はお顔だけ知っていました。
久々にお顔を見て、とても懐かしく思いました。

さて、博多エキスプレスのセットリストですが、
・Run For Cover(Marcus Miller)
・Room335(Larry Carlton)
等など。
この日はフュージョン系バンドが多かったこともあり、参加者の声援がたくさん飛んでいました。
ほっとさん「なべちゃーん、なべちゃーんカッコイイぞー」
吉村さん「ラリー」
ラリーとは、村田さんに向けた声援なので、へー、ラリーカールトンって、こういう顔してるんだろか、と検索してみると(このあたりのジャンルが、よくわかっとらんもんで、ピントズレまくりですみませんm(_ _;)m)
e0188087_14155541.jpg

村田さん、というより、カレン・カーペンターのような方でありました。
それにしても、博多エキスプレスでは、村田さん、ギターのみならずMCと大活躍。
e0188087_14171553.jpg

「次は、暑い中でちょっと寂しげな曲を。誰が悪いかって、加藤さんが悪いんですけど。」
と先ほどのSphericalのカルコさんの真似をして会場を笑わせ、
続けてのOnly Yesterday((Larry Carlton)では、それはそれは熱いギタープレイ。
e0188087_14193964.jpg

この日も、「顔でギターを弾くオトコ」の異名どおりでありました。

ラストは渡辺香津美の、COKUMO ISLAND。
かつて城島さんがいたころ、転調の多いギターソロで苦労した、とのこと。
本当に難曲だそうで、演奏が終わったあと、私の前にいた吉村さんも「難しい曲だなぁ」と言われていました。
けれど、「難曲に取り組んでます」ということは微塵も感じさせない、軽々とした感じの演奏でした。
キーボードのあーちゃんも、「博多エキスプレスはとっても楽しい」とのことで、真剣な表情ながら、楽しげなキーボード演奏でした。
e0188087_142416.jpg

博多エキスプレスの皆さん、ありがとうございました!

さて、続きまして、7番目出演は、蔵人です。
「こんばんは、蔵人でーす!」
と、ボーカルMegちゃんのかわいい声で始まりました♪
e0188087_14412058.jpg

ほんとにMegちゃんはちっこくて、愛らしい女の子なのですが、歌えばパワフルだし、甘えん坊さんでは決してなくて、とてもしっかりしたオトナ女子です。
前回より、ベーシストさんが交代しています。
e0188087_14431455.jpg

蔵人は、オリジナルロックのバンドで、パワフルなロックの曲が多く、ギターの斜木さん、ボーカルMegちゃんは、アクション多めのステージです。
e0188087_14384215.jpg

しかし、その背後で、守護神参上。
e0188087_1439335.jpg

また、蔵人はコーラスが上手いバンドでもあり、どの曲もとてもコーラスが「きいて」います。
このあたり、わがベタメタル、進入禁止も目指すところで、「よかですなぁ」という思いで聴いておりました。
e0188087_14364135.jpg

また、基本的に私の所属するバンドは、どちらもカバーバンドですので、コーラスは基本、「本家のお手本」があります。
けれど、蔵人はオリジナル曲ですので、当然コーラスのラインも自分たちで作らなきゃいけないわけで、そこがまた、すごいなぁ、さすがだなぁ、と感じ入っているところです。

さて、Megちゃんは、Super Sonic Orchestraというホーンバンドではキーボードをつとめる方でもあるので、キーボードを弾きつつ歌うナンバーも。
e0188087_14435050.jpg

また、ギタリスト斜木さんは、ステージでエレキとアコースティックを持ち替えることもよくあり、最後の曲、「ポジション・ハイ」では、アコースティックギターで。
e0188087_14442787.jpg

この曲のとき、かつて蔵人に所属していた本庄さん、客席で大声で歌っていました!
e0188087_14444889.jpg

蔵人の皆さん、一気に流れるような楽しいステージ、ありがとうございました!

さて、日本語ロックバンドが続きます。
8番目は、@PRAUB。
SEにビートルズのA Hard Day's Nightが流れる中、スタンバイ。
そういえば、準備の時から、ギタリスト聖二さんのギターが、いままでの赤いギターから黄金のギターに変わっているのが話題になっていました。
前回まで赤、今回は金(^^)。
e0188087_1595974.jpg

ユニコーンの服部からスタート!
e0188087_15145718.jpg

わたしは一時期、ユニコーン大好きだったので、懐かしくもとても嬉しい選曲でした。
サビの「楽勝~、楽勝~」ってところは、思わず歌ってしまいます。

男は服部 女は真心
男は服部 女は愛敬
大人の恋なら キャリアが必要
その名も服部 世界を1人占め

ラストのところ、おっちーさんのガッツポーズの合いの手が!
e0188087_15141444.jpg

わたし、@PRAUBのおっちーさんの鍵盤弾く姿が、とってもカッコイイと、常々思っておりまして、私自身が軽量シンセを買ったことをきっかけに、私もバンドで時々キーボード弾こうかな、と思っていました。
ところが、今回、2デイズ初日のベタで1曲だけ弾いて、「ああ、おっちーさんの域に達するまでには、あと20年はかかる」ということを痛感しました。
早々と引退宣言を、1人でした次第です(>_<)。

そんなことはどーでもいいとして。
前回のピースライブでは、ツイストの曲は1曲もなく、「えぇぇ」という声が上がっておりましたが、今回は、服部のあとは、オール「ツイスト」!
ツイスト1曲目は、「SOPPO」
そして、「ついにこの曲をやることになりました。」とのMCの後始まったのは、
「あんたのバラード」!
ヒュー!
e0188087_15165786.jpg

そして、
「銃爪」
「燃えろいい女」
e0188087_15172764.jpg
e0188087_15174457.jpg

e0188087_15175528.jpg

カラフル世代でツイストは、「青春時代よく聴いたバンド」である方が多く、サビなどはみんな歌って大合唱!
とても楽しいステージでした!
@PRAUBさんと、進入禁止は、11月、おそらく昭和歌謡祭的イベントで、ご一緒するんじゃないかな、と思ってて、今からとても楽しみです。
ぜひまた、ガッツリと世良正則&ツイスト、で!(と勝手なことを言ってます)
@PRAUBの皆さん、ありがとうございました!

さて、9番目はSuper Sonic Orchestraです。
e0188087_1744727.jpg

今回から(SSOのライブとしては、もう少し前からですが)、HJの石見さんがギターとして参加。
e0188087_1753594.jpg

石見さんは、とっても賑やかな方なのですが、バンドの中では、けっこう寡黙なスタイルで、ここSSOでも同じでした。ひたすら曲に集中してギターを弾いておられました。
そして、1曲目knight in the daylight から、いきなり絵美ちゃんメイン!
e0188087_1703627.jpg

そして1曲目が終わると、客席から、かわいーい、という声が♪
そしてまた、2曲目Tスクエア「Romantic city」が終わるとまた、「かわいーい」という声が!
暗がりの中、必死こいてスマホをいじくって写真を撮り、
e0188087_174613.jpg

facebookに投稿中のほっとさん。(^ ^)
e0188087_173350.jpg

なかなかに微笑ましき眺めでありました。

今回、ライブ中に、ビックリのお知らせがありました。
トランペッターのゆりやさんが、1年間留学のため、このステージを区切りとして、しばしSSOをお休みするとのこと。
そして、それゆえか、初のゆりやさんソロ曲。
・Friday night fantasy
・I remember Clifford
とくにFriday night fantasy は、私たち世代なら、あ、金曜ロードショーのオープニングで慣れ親しんだ曲だり、かつ、胸をしめつけられるような、哀愁漂う旋律であり、本当に「しばらくお別れなんだ」ということが、心にしみました。
ピアノの美しい旋律で、しっかりとゆりやさんをサポートするYuyuさん。
e0188087_17101150.jpg

もちろんリズム隊あればこそ。
e0188087_1715564.jpg

e0188087_17155389.jpg

ゆりやさん、思いのたけを込めて!
e0188087_17105892.jpg

演奏が終わって、ゆりやさんの挨拶がありました。
e0188087_17161641.jpg

それがまた、バンマスのMASAさんに、「「・・・なんと言ったらいいんですか?」と後ろ向いて尋ねたりして。
そして、MASAさんが、「ありがとう、って言ったらいいんだよ」というと、
「あ、ありがとうございました!」・・・(^ ^;)・・・
ゆりやさんらしく、明るく、自然に締めくくったソロ演奏でした。
そして、ラストはMegちゃんボーカルで、Through the fire。
e0188087_17142984.jpg

素敵なステージでした。
Super Sonic Orchestraの皆さん、ありがとうございました!

10バンド参加の、ロングランライブも、いよいよラストとなりました。
ラストはゆらぎ。
本庄さんが戻ってきての、またまたテンションコードバリバリの、ゆらぎです。
「ゆらぎでーす」
e0188087_17511017.jpg

最初はカルコさん順子さん、オリジナルゆらぎでスタート。
e0188087_17514734.jpg

ステージ上のカルコさんを、じっと見守る、カルコさんのピングーバッグ。
e0188087_17522643.jpg

ピアノが壁際に置いてあるため、順子さんは基本的に、メンバーに背を向けての演奏になります。
e0188087_17531747.jpg

すると、そういうところにも、カルコ節がMCで炸裂。
「たまにはこっちみてください、順子さん」とか。
はたまた、「1曲目はスマイルという曲でした。2曲目はなんでしょう」とか。
客席から「知らんわ」と回答があっておりました(^ ^)。
そして、2曲目、藤圭子の「夢は夜開く」が終わると、
「ほんじょうさんおいでー」、とカルコさんが本庄さんをステージに呼び、ミッキーマウスマーチにのせて、本庄さん登場。
ここから3人編成のゆらぎです。
e0188087_175625.jpg

本庄参加で「シャララ」。
カルコさんが、「本庄さんがわけわからんことしてます」
というので、本庄さんの後ろから譜面を覗き込むと。。。
e0188087_17574563.jpg

というとおり、すごいコード数!
e0188087_17571880.jpg

本庄さん、「評判悪い・・・」とひとり言を。
続いては、
松任谷由美の「雨の街を」。
途中で4ビートになったりして、本庄アレンジだなぁと、つくづく。
また、最後の曲、「美空ひばりさんが歌っていた愛燦々」も、「これまた本庄さんがめちゃくちゃに」。
けれど、カルコさんも、順子さんも、とても楽しそうでした。
e0188087_180524.jpg

本庄さんが、立っていても座っていても「弾きまくる」のは相変わらず(^^)。
e0188087_1803423.jpg

癒されるような、「むむ、そう来たか?」と耳をそばだててしまうような、面白ユニークなステージでした。
ありがとうございました!

これで、カラフル夏の2デイズライブ、2日目の全ての演奏は終わったのですが、この日は最後にゆりやさんを送るゲートを作り、みんなで送り出しました。

実はSSOのラストくらいで、ゆらぎの順子さんと外でだだだっと打ち合わせをしていました。
だだだっと打ち合わせる中で、順子さんが、「よしわかった。(ゲートのBGMを)考える!」と頼もしい一言!
そして、ゆらぎのステージが終わってすぐ、私がステージに上がり、ゆりやさんゲートのアナウンスを。
続けてカルコさんも「みんなー、ならんでー」と。

実はカラフルのゲートは、「お別れのゲート」ではなく、「ほとんどの方が戻ってくるゲート」という、嬉しいジンクス(?)があります。
昨年末、賑々しく送り出した本庄さんは、半年後に今日のステージに戻ってきてくださいました。
また、ゲート第1号はBLACK SHEEPのヒロさんですが、彼はとっくにBLACK SHEEPに戻ってこられています。
きっとゆりやさんも、いつの日か必ず、カラフルのステージに帰ってきてくれる、と信じています。
「ゆりやちゃん、元気でね!」
「がんばってね!」
とみんなが声をかける中、ゲートをくぐりぬけていく、ゆりやさん。
e0188087_1895985.jpg

e0188087_1810997.jpg

そして、記念撮影。
e0188087_18103294.jpg

新幹線に間に合わへんから、これで、さいならー、と帰ったはずの本庄さんも、滑りこみセーフ。
e0188087_18111744.jpg

撮影は、カルコちゃんのだんな様。
e0188087_18113769.jpg

ビジネスの顔とは全然違う、いつも穏やかな、楽しい方で、みんな大好きな方です。

こうして、2日間に及ぶライブは終了しましたが(ブログはまだ初日を書いていませんが)、撤収が終わった後、みんなはあちこちで話に花を咲かせていました。
e0188087_18131468.jpg

e0188087_18132665.jpg

e0188087_18133558.jpg

e0188087_18134845.jpg

e0188087_18135930.jpg

e0188087_1814948.jpg

e0188087_18142090.jpg

e0188087_18143116.jpg

私は、ライブが終わった後の、こういう感じが大好きです。
いつまでも、こんな感じのライブができたらいいな、と思います。
2デイズ2日目参加の皆さま、本当にお疲れさまでした!
次は年末ライブ、12月26日、27日、どちらかでお会いいたしましょう!
# by taka_hornetblue | 2015-08-13 14:21 | colorful(カラフル)

8月2日、カラフル夏の2デイズライブ2日目のライブレポ♪ vol.1

2015年8月2日日曜日、カラフル恒例、夏の2デイズライブを、福岡市のCavern Beatで行いました。
初日のレポが、まだ影も形もないのですが、2日目を先に書き始めました。
2日目、Cavern Beatに「初パソコン持込ライブでブログアップ」にチャレンジしております。
なんとなれば、私がHJさんのゲスト出演だけで、かなり気持ち的にチョイ気楽であり、身体的にチョイ楽(←ココ大事)だから、ちとやってみようかな、と思い立った次第です。

12時40分頃、一番乗りかな?と会場についてみれば、すでに鍋島さんが到着。
ヤックルくんの愛らしくも、頼もしい姿が。
e0188087_13301087.jpg

この日、鍋島さんは、自力で天神から会場まで来られたそうです。
鍋島さんと和やかにお話している間に、濃すぎるオーラ発散させて、本庄さん登場!
着いて間もなくこの姿。
e0188087_13312285.jpg

リアル「ハクション大魔王」を見ました(^ ^)

さて、いまステージの上では、トップバッターの太陽ファンキープロジェクト(鍋島ファンキーバンド)のセッティングが行われています。
e0188087_1345887.jpg

e0188087_13452498.jpg

参加者の方もけっこう集まり、和やかに話がはずんでいます。
e0188087_1349342.jpg

写真手前では、SSOの大坪さんと、HJの吉村さんが、ガンダムのプラモデルの話で(多分)、盛り上がっています。
その大坪コレクションのプラモデルの1つを手にニッコリ、大坪ジュニア。
e0188087_13491511.jpg


さて、14時15分、2デイズライブの2日目、スタートしました。
トップバッターの、太陽ファンキープロジェクトです。
e0188087_14163567.jpg

1曲目は高中正義のブルーラグーン。
e0188087_14172952.jpg

今回は、ちょっと難しい曲に「ジプシーウィンドウ」にトライしたそうです。
本庄さんのスタイルは相変わらず。
ど真ん中の、バンドの中でも最も濃く暑苦しい、もとい、熱い存在感です。
e0188087_14252250.jpg

e0188087_14373144.jpg

e0188087_14374780.jpg

村田さんはブルースもいいのですが、フュージョンギタリストとしても素敵です。
何よりも音が。
「曲に応じた」というか、「場に求められている」音を出す方だと、いつも思っています。
e0188087_14265993.jpg

ドラマー鍋島さんは、ハンディを全く感じさせないドラミング。
e0188087_1428970.jpg

キーボードのNorioさん。
e0188087_14292845.jpg

MCも鍋島さんと一緒に担当され、メンバー紹介をされました。
すると、そのメンバー紹介の間、村田さんが「次の曲の予習」を(^ ^)
本庄さんから、「練習すな」と突っ込まれてました♪
ラストは名曲、メタル好きの私も大好きな「朝焼け」で、素敵なステージは締めくくられました。
e0188087_14383944.jpg

私個人的には、朝焼けの中の村田くんのタッピングが素晴らしかったです!
太陽ファンキープロジェクトの皆さん、ありがとうございました!

2番目は、カラフルの老舗バンド、HJ。
今回はバンマス田中ロンさんは帰って来れず、トリオのHJです。
e0188087_14593423.jpg

今回、ドレスコードは「帽子」なのかな?
e0188087_1515882.jpg

と思ったら、違いました(^ ^)
e0188087_1523696.jpg

1曲目がとても静かなシックな曲だったので、会場の皆さんは聞き入ってしまいました。
e0188087_1512223.jpg

すると、1曲目が終わって、ギターの石見さんが、
「ちょっと、シーンとしすぎじゃないですか?? 元気ですかっ」と。
なかなかにHJらしからぬ一場面でした。
ところが、すぐに2曲目に入ると、それは本当に、まったくもって、どこまでも広がるジャズの世界でした。

今回HJには、私がゲストで2曲参加させていただきました。
憧れのHJに、ゲスト参加のお声をかけていただいて、とても光栄でありました。
e0188087_17174247.jpg

私が大好きな「G線上のアリア」のボサノバアレンジと、HJが得意とする「スペイン」で、バイオリンを弾かせていただきました。
e0188087_21331432.jpg
e0188087_21332142.jpg

e0188087_21335231.jpg

この日の夏田さんは、とても軽いタッチのドラミングでした。
e0188087_21384665.jpg

夏田さんとは、本当に久しぶりにステージでご一緒して、とても楽しかったです。
バイオリンの中西俊博さんと同じバッキング奏法をベースでされる、吉村さんのベースソロを超特等席で見れて、ラッキー!
e0188087_21342458.jpg

しかし、しかし、この日バッキング奏法はありませんでした。しくしく。
スペインは、キメが多く、HJスペインのキメを把握しきれてなくて、とてもご迷惑をおかけしました。
けれど、とても思い出に残るゲスト演奏でした。
呼んでいただいて、本当にありがとうございました!

さて、次は一転、モトリークルートリビュートバンド、Motley Brueです。
e0188087_21375049.jpg

初めて、カラフルの2デイズライブに参加です。
2日目はメタルバンドは唯一、Motley Brueのみ、しかも初めて会う方が多く、きっととまどいや慣れない感じが多分にあられたことと思います。
けれど、そんなことは私が勝手に推察するだけで、そんなことは微塵も感じられない、とても楽しいステージでした。
モトリークルーといえば、この曲、Live Wireでスタート!
e0188087_2293747.jpg

自称「永遠のメタル少女」の私は、始まるやいなや、立ち上がってしまいました!
e0188087_2295093.jpg
e0188087_2210447.jpg

Girls Girls Girlsでは我慢できず、一番前へ。
学生時代、さんざんTVで見た、MTVで流れていたプロモーションビデオがよみがえります。
この日、たぶんコアのメタルファンは私と、盟友城島さんしかいませんでした。
案の定彼も前に来て、大騒ぎしていました(^ ^)。
e0188087_22122424.jpg

e0188087_22123219.jpg
e0188087_22124297.jpg

ラスト,、KICKSTART MY HEART まで、一気に。
あんだけ騒いだのは、私たち2人だけだったような。
勢いのある、あっという間のステージでした。
もう楽しくて楽しくて、演奏もしていないのに、汗まみれになりました!

私はメタルだけしか聴かない、ということはありません。トップバッターの太陽ファンキープロジェクトさんの「朝焼け」も大好きですし、クラシックも聴きますし、この頃は息子が聴いていた「EDM」というジャンルの「TOBU」あたりも、「いいもんやなぁ」と思います。
けれど、なんというんでしょうか、それらメタル以外の音楽を聴くと、「うきうき」したり「じぃぃぃん」としたりしますが、「血沸き肉踊る」ということはないように思います(少なくとも私は)。
メタルは、「うきうき」したりしませんが、「血沸き肉踊る」んですね。
この「血沸き肉踊る」感じが、やっぱり私はたまらない、と思うわけです。
きっと還暦になっても、ヘドバンしてるんじゃないか、と思います(^ ^)
Motley Brueの皆さん、いくつになっても、いまのスタイルを止めないでくださいね!

さてさて、今は8月13日の5時19分です。
2デイズ2日目から、気づけば2週間近くたってしまいました(>_<)。
しかもまだ2デイズ初日のライブレポは手をつけておりません。。。
がんばります。

カラフル恒例、夏の2デイズライブ2日目、4番目はSpherical。
ボーカルのカルコさんの、「はーじまーるよー」の声でスタート(^ ^)。
e0188087_5224450.jpg


ご覧のように、今回は6人編成です。
キーボードがお2人。
向かって右側のMakiさん、いつも長崎からはるばる、ありがとうございます(って私が言うのも変ですが)。
e0188087_5241917.jpg

相変わらず、カルコさんのトークに遠慮なく突っ込みを入れておられました。
Sphericalは、Swing Out Sisterの楽曲をよく演奏されます。
この日も、That's The Way It Goes、Heaven Only Knows、Circulateなどがセットリストに入っていました。
とくにHeaven Only Knowsの曲紹介が面白かったです。
「今まで、(Sphericalが演奏する曲は)、happyな、とか、楽しい、とか、愛に満ち溢れた、という曲は今までほぼほぼなかった。
だけど、次の曲はラブリーな感じで、とてもうれしい!」
そして、Heaven Only Knowsを楽しげに歌うカルコさん。
e0188087_5352791.jpg

楽器陣はみな超真剣な表情なので、その落差?が楽しかったりもします(^ ^)
e0188087_537632.jpg

e0188087_5371675.jpg
e0188087_5372717.jpg
e0188087_537477.jpg

で、「Heaven Only Knows」の歌詞が、そんなにハッピーかつ、愛に溢れておるのか、と不肖浅野、歌詞を検索して、当然英語はよーわかりませんので、Google翻訳に貼り付けてみました。
ぐっちゃぐっちゃの日本語で、何がなんやら、さっぱりわかりませんでした(^ ^)。
面白いので、ちょこっとだけ紹介。

歌詞
「Why the gift you've been given
Makes life worth living
Heaven only knows
Could it last any longer
Could it come any stronger
Heaven only knows
If you tried to disguise it
Could your heart hide it
Heaven only knows」

この部分のGoogle大先生の訳は、
「なぜギフトはあなたが与えられてきました
生命価値の生活をします
神のみぞ知る
それはもはや続く可能性
それはどんな強いが来ることができました
神のみぞ知る
あなたはそれを偽装しようとした場合
あなたの心はそれを隠すことができます
神のみぞ知る」

この翻訳で、「ほんまや、愛に溢れたハッピーな歌詞や!」という人がいたら、お目にかかりたい、って感じすらします。
で、この歌については、今度カルコさんに教えてもらうことにしたいので、また次もぜひお願いします♪
Sphericalの皆さん、ありがとうございました!

さて、ただいま8月14日の6時11分です。
続けてまいります。
5番目、ESS8。
e0188087_6125059.jpg

カラフルベンチャーズで活躍中の、笹田御大がパーカッションで参加しておられます。
e0188087_6134742.jpg

笹田御大は、この日、ギターも弾く、という噂があったのですが、弾かれませんでしたねぇ。残念。
さて、ESS8の演奏はOye como vaからスタート。
そして、歌姫お2人、マリーン&ジェーンさんが入って、
e0188087_645466.jpg

・Marlena ShawのFeel Like Makin’ Love
・夢で逢えたら
・真夏の夜の夢
と続き、ラストは
・Sunday Mornigで楽しく。
e0188087_6452276.jpg

e0188087_648586.jpg

e0188087_6473870.jpg

エリックのセッションバンドのESS8、セットリストからも伺えますが、メンバーが好きな曲を、「支離滅裂にやってます」とのことです(^ ^)。
ほぼ毎週火曜日夜、一緒に音楽を楽しんでおられるようで、演奏中も、和気藹々とメンバーどうし顔を見合わせたりしながら、とても楽しそうでした。
それから、この日、前回のZOEライブの時より、歌姫のお2人が更に活躍されていたことが印象的でした。
やはり「歌」が厚いと、いいものですね。
ESS8の皆さん、本当にありがとうございました!

・・・ここで、「8月2日、カラフル夏の2デイズライブ2日目のライブレポ♪vol.1」は〆たいと思います。
6番めからは、vol.2で!
# by taka_hornetblue | 2015-08-02 13:49 | colorful(カラフル)

7月11日、キラキラ七夕コンサート@グループホーム「おもやい」

7月11日、筑紫野市にあります、グループホーム「おもやい」で、パレットコンサートをさせていただきました。
恒例、最後のクラッカー!
e0188087_15145720.jpg

当日のプログラムです。
e0188087_15194887.jpg


今まで雨に降られたことのないパレットですが、さすがに台風には勝てず、ものすごい土砂降りの中の搬入となりました。
e0188087_1522226.jpg

しかも、私が道を間違えて大幅に遅れ、みんなを心配させる羽目に(>_<)。
e0188087_15225939.jpg

私(私が積んでる荷物)の到着を待っていてくれる、パレットの仲間。
皆さん、ご心配おかけしました。

さて、機材が到着してからは、いつものようにドドドドドーとセッティングします。
演奏チームが楽器のセッティング、PA、マイクのセッティングをする間に、大村舞台監督が、会場を一瞥して決めてしまう「イルミネーション構想」に従って、イルミネーションや看板の飾りつけをします。
今回は、セッティングする同じ場に、コンサートに参加される方がいらっしゃるため、マイクチェック、音のバランスチェッなどを、ざっと行い、本番へ。
e0188087_1525796.jpg

e0188087_1525212.jpg


そして、いよいよ、コンサート開始!
「こんにちは、パレットです!」
e0188087_15284491.jpg

続けて、オープニングへ。
ハードロック水戸黄門。
e0188087_15514578.jpg

古川格さん、「ええい、やかましいではないか、この紋所が目に入らぬか!」
e0188087_1552413.jpg

更に「もっと楽しい音楽はないのか、マツケンサンバなどどうじゃ?」
ということで、マツケンサンバ!
e0188087_16244378.jpg

e0188087_16252732.jpg

賑やかに終わった後は一転して、静かな曲へ。
ギターと歌による、「見上げてごらん夜の星を」。
e0188087_16271483.jpg

ピアノと歌による、唱歌。「赤とんぼ」と「ふるさと」。
e0188087_16275188.jpg

e0188087_16281867.jpg

e0188087_1628476.jpg

坂本九の「見上げてごらん」や、唱歌の「ふるさと」は、たくさんの方が一緒にうたってくださいました。
胸の中が、とてもとても温かくなりました。

続いては、「身体を動かす」コーナー。
パレットマスク登場です。
e0188087_16311512.jpg

ボクシングの動きを使った、エクササイズ。
e0188087_16314466.jpg

パレットマスク自身、人生の大先輩と向かい合って、「確実にできる簡単な動き」をすべきか、「本格的な、きちんとした動き」をすべきか、激しく迷うところがあったようです。
しかし、結局、彼は「確実にできる簡単な動き」を選びませんでした。
パレットメンバーも一緒に動き、後方支援しました。
e0188087_16364028.jpg

e0188087_1637230.jpg


エクササイズの後は、コンサートも終盤に差し掛かります。
「昭和歌謡コーナー」では、にしきのあきらの「空に太陽がある限り」と、美空ひばりの「真っ赤な太陽」。
そして、うきうきと楽しく懐かしく、エノケンの「私の青空」。
e0188087_16393648.jpg

e0188087_16405393.jpg

e0188087_16422269.jpg

e0188087_16455194.jpg

楽しんで、一緒にうたってくださる方。
e0188087_16425690.jpg

手を伸ばしてくださる方。
e0188087_16423576.jpg

楽しげに、隣の指導員の先生に話しかける方。
e0188087_16464144.jpg

この時、「いまこの瞬間、この楽しさを一緒に分かち合っている」と思えました。

最後は、いろんな思いを込めて、坂本九の「上を向いて歩こう」。
全員で演奏し、クラッカーを鳴らし、お開きといたしました。
e0188087_16485160.jpg

e0188087_1649699.jpg

「おもやい」の皆さまが、これからも、ずっとお健やかで過ごされますように。
そしてまたいつか、ご一緒に楽しい時間を分かち合えますように。
今回、初めてグループホームで演奏させていただき、パレットとして、反省すべきこと、修正すべきこと、多々ありました。
また自分たち自身を磨き、皆さまの前に立てますように。
本当にありがとうごさいました!
「おもやい」の皆さんと、パレットに橋をかけてくださった、音楽仲間のHALさんにも、この場を借りて、心からお礼を言わせていただきます。
ありがとうございました!
# by taka_hornetblue | 2015-07-24 15:35 | カラフル・パレット

7月5日、七夕コンサート@Misakiちゃん宅♪

7月5日、福岡市東区のMisakiちゃん宅にて、パレットで七夕コンサートをさせていただきました。
お父さん、お母さん、そして久しぶりに会った妹さんも一緒に、最後、みんなで撮った記念写真(^ ^)。
e0188087_12393287.jpg

パレットメンバー、最高の笑顔です♪
今回のプログラムです。
e0188087_12405037.jpg

Misakiちゃんちは集合住宅ということもあり、バンドでお伺いするのではなく、小編成ユニットをいくつか、というかたちで、毎回お伺いしています。
小編成ユニットでも、普段同じバンドで活動していない以上、事前練習が必要なことは当然で、前日、「Riraiza with 坂口」は練習して、細部の打ち合わせをしました。
e0188087_12521914.jpg

そして、当日。
みんなでテキパキと準備をして、コンサート開始!
大村舞台監督が、Misakiちゃんのベッド周りにも、イルミネーションを飾り付けました。
e0188087_12561398.jpg

カルコさんの優しく、澄んだ歌声、坂口さんの優しいギターの音色にのせて、「たなばたさま」が1曲目です。
e0188087_12571079.jpg

にこにこと、楽しそうに聴き入る、Misakiちゃんの笑顔。
e0188087_12583040.jpg

「たなばたさま」に続いて、Riraiza登場。
数年ぶりにMisakiちゃんの前に立った去年、初めて演奏した「アニバーサリー」を1曲目に、デュオでは初お披露目の「情熱大陸」を演奏しました。
Misakiちゃんに初めて見せた、ピアニカ。
じぃっと見てくれて、「ふぅーん、そんな音なんだねー」と、目で語りかけてくれているようでした(^ ^)。
e0188087_1334167.jpg

Riraizaの相方、城島さん、真剣そのものです。
e0188087_1344079.jpg

途中から私はしゃがんで、Misakiちゃんの目の前で弾きました。
何度も目があって、それはもう、幸せでした。
e0188087_135506.jpg

実は私はこの日、エレキバイオリンのアダプターを忘れ、アコースティックバイオリンで演奏しました。
これは音量の調節ができないため、コンサートが始まる前、かなり「失敗したなぁ・・・音量どうしよう・・・」と思っていました。
けれど、Misakiちゃんに見守られて演奏を始めると、そんなことは全く忘れてしまいました。
いま、目の前にいるMisakiちゃんに届くように!それしか考えなくなりました。
いつかNoriくんの家で、バイオリンの駒が演奏中に倒れた時もそうでしたが、MisakiちゃんやNoriくんたちの、純粋な、まっすぐな瞳は、私たちの心配や不安、焦りを消してくれるんですね。
そして、演奏する私たちを力づかせ、奮い立たせるもうひとつの力。
それは、Misakiちゃんを愛し、支えるご両親の愛です。
毎回、パレットコンサートの度に、駐車場まで下りてきて下さり、搬入を手伝い、ビデオを撮り続けてくださるお父さん。
e0188087_13134014.jpg

じっと娘を見守るお母さん。いつも凛として、毅然として、Misakiちゃんの盾となり、時には剣となって、娘を愛してこられました。しかし、偏愛するのではなく、妹さんと「平等に」愛してこられました。
まるで絵のような光景です。
e0188087_1314478.jpg

一方、ドアの外では、大村キッズと、Misakiちゃんの妹さんが、じっとコンサートを見守ります。
e0188087_13181069.jpg

次回は、「ベッドサイドでエクササイズ」を実現したい!という志をもつ格闘家の卵は、「じっと考え続けて」います。
e0188087_13195936.jpg


Misakiちゃんの前では、プログラムが進行し、坂口さんとカルコさんによる、「小さな空」になりました。
e0188087_13234238.jpg

 
 青空みたら 綿のような雲が
 悲しみをのせて 飛んでいった
 いたずらが過ぎて 叱られて泣いた
 こどもの頃を 憶いだした・・・

カルコさんの優しい歌声にのせて、部屋の中がふんわりとした雰囲気に包まれました。
e0188087_13244391.jpg

e0188087_13245426.jpg

続いては、坂口さんが高校時代大好きだったという、SIONの「このままが」。
熱唱する坂口さんに、Misakiちゃんも笑顔です。
e0188087_13263757.jpg

夜空のムコウ、薄荷キャンディ、パレット定番の銀河鉄道999。
一生懸命な、パレットメンバー。
e0188087_13281081.jpg
e0188087_13282125.jpg
e0188087_13283031.jpg
e0188087_13283856.jpg

私たちの思いと音を受け止め、聴き入ってくれるMisakiちゃん。
e0188087_13293826.jpg
e0188087_13294691.jpg
e0188087_13295480.jpg

今回は、パーカッションがいなかったこともあり、銀河鉄道999の演奏がイマイチ納得いかず、曲が終わった直後から「反省会」が始まってしまいましたが、そんな私たちの姿も、Misakiちゃんはニコニコと見つめていてくれました。
コンサートが終わって、Misakiちゃんからプレゼントを貰うパレットメンバー。
e0188087_13322865.jpg

(この時もらったお菓子、なかなか食べられずに、まだ冷蔵庫にあります。このブログを書き終えたら、食べることにします♪)
最後、みんなでMisakiちゃんに「ありがとう、またね!」と挨拶して、この日のコンサートは終わりました。
e0188087_13334920.jpg

演奏を振り返れば、ああすればよかった、もっとあそこをこうしたら・・・というのは、毎回尽きずにありますが、心がとても満たされたライブでした。
本当にありがとうございました。
パレット一同、自分たちの活動もきちんと行い、腕を磨き、叶うことなら、私たち自身の「価値」を高め、またMisakiちゃんの前に立ちたいと願っています!
# by taka_hornetblue | 2015-07-18 13:37 | カラフル・パレット

ブログを始めたきっかけは、100%パソコンのことでした。子どもたちのことがメインだったこともありました。今は音楽活動がメインのブログです。人生は移りかわっていきますね^ ^。


by taka_hornetblue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る